冬の草 の俳句

冬の草 の俳句

冬草

例句を挙げる。

くれなゐの巫女の歩めり冬の草 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
しなやかさ海草に似て冬青草 高澤良一 燕音
たうたうと冬草色して川ながれ 高澤良一 さざなみやっこ
つぶやきて生きるとは何冬青草 楠本憲吉
なしとも言へず冬草にまろびけり 田中裕明 花間一壺
ツンドラ・スワン冬草喰めり日本の田 沢木欣一 往還以後
何嗅ぐとなく冬草へ俯せて 中田剛 珠樹以後
冬の草太根真白に持ちてをり 菅裸馬
冬の草幻住庵をおとなへば 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
冬の草眼に見あるけば限りなし 石鼎
冬の草落葉かむりてかつ青し 高橋淡路女 梶の葉
冬の草誕生石の無色なれば 長谷川かな女 牡 丹
冬の草近しものぐさ太郎読む 斉藤夏風
冬草となりて酸葉ながらへし 耳動子
冬草に下ろす大きな臼の尻 辻田克巳
冬草に列柱遠くかぎろへり 伊丹さち子
冬草に坐りぬ話しすこし長く 松本つや女
冬草に托鉢僧の影させる 白岩三郎
冬草に放りあげたる池の魚 野中亮介
冬草に日のよく当たる売地かな 渋沢渋亭
冬草に犬放ちゐて子も駆けぬ 近藤伸子
冬草に露やどしたる日の啓示 小枝秀穂女
冬草に黒きステッキ挿し憩ふ 西東三鬼
冬草のあをさ裏返してみても 高澤良一 さざなみやっこ
冬草のかわきゆく音測量す 田中とし子
冬草のつづきし道の一里塚 五十島典子
冬草のみどり明るく御魂やすらかにおはす 人間を彫る 大橋裸木
冬草のむらさき極む耐ゆるさま 青邨
冬草の一つに瑠璃の玉を秘む 上村占魚 『石の犬』
冬草の栞の帖をひらきけり 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
冬草の紫だちしものは何 白山
冬草の茫たるさきの女身仏 林 徹
冬草の踏まれながらに青きかな 斎藤俳小星
冬草の都ちかくや鳥の声 諷竹
冬草の青々として海地獄 亀田 俊美
冬草の青き力をせちに欲る 風生
冬草の青さがサロン翅の午後 榎本嵯裕好
冬草はわれ生かしをり少女遊ぶ 岩田秀一
冬草は絹の手ざはり久女の墓 加藤知世子 花寂び
冬草やがくんと弱し歯も酒も 上林 裕
冬草やはしご掛けおく岡の家 乙二
冬草やナイル河ぞひ萌ゆるてふ 小池文子 巴里蕭条
冬草やパウロと記す父の墓 山下喜代子
冬草や会へばはげしきことを言ふ 夏井いつき
冬草や干鰯さらひ去ぬ山鴉 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
冬草や廻しつ運ぶ石の臼 邊見京子
冬草や径を緑リになしも得ず 尾崎迷堂 孤輪
冬草や耳たぶ汚れなき青春 爽波
冬草や黙々たりし父の愛 富安風生
冬草を抜いてやすらぐ母の墓 大木あまり 火球
冬草を見るべく見てゐるにはあらず 加倉井秋を 午後の窓
冬草を踏んで蕪村の長堤 星野麥丘人
冬青草根こそぎにして発掘溝 高澤良一 随笑
冬青草細葉吹かれてきらめく針 高澤良一 燕音
冬青草緬羊牧に放ちけり 根岸善雄
利根堤冬草青く山羊とりつく 山口青邨
口癖は「大人になれば」冬の草 高野万里
只今の草の穂絮の覚束な 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
吹かれ来て遊ぶ鳥なり冬の草 白水郎句集 大場白水郎
土よりも低く花つけ冬の草 高井北杜
城壁の罅をつゞりて冬の草 田村木国
塚原や日はつれなくも冬の草 馬光 (はせを忌)
大阿蘇の冬草青き起伏かな 稲荷島人
崖までの枕木にして冬の草 中田剛 珠樹
工場園冬草鉄の蔭に咲く 細谷源二 鐵
彼もまた冬草見るか加餐せよ 宇佐美魚目
戦死より情死が赤し冬の草 矢島渚男 船のやうに
日に月にまことを尽し冬の草 長谷川双魚 『ひとつとや』
朝日子やここに青める冬の草 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
木に鴉冬草踏みて村医くる 柴田白葉女 雨 月
枕木の井桁に組まれ冬の草 平子公一
柔道着で歩む四五人神田に冬 草間時彦
森はまだ冬草ねずみ捨てにゆく 長谷川双魚 風形
棺縛しての余り縄冬草へ たむらちせい
母長寿たれ家裾に冬の草 林火
気球二つを結びてありぬ冬の草 磯貝碧蹄館
煉瓦館声なし冬草あをあをと 山本一糸
瓦礫の中の冬青草よ濃くなりぬ 久保田月鈴子
病む三鬼杖にてさぐる冬の草 沢木欣一 地聲
病癒え庭の冬草踏むことも 滝青佳
皆濡色冬草尽きても散松葉 香西照雄 素心
神垣に沿ふて小さき冬の草 関 秀穂
神饌の田の荒れ放題や冬の草 伊藤みのる
秘密なきふたりといへず冬の草 大木あまり 雲の塔
縞なして冬青草や紙干場 石田波郷
肥後の赤牛豊後黒牛冬草に 鈴木真砂女 夕螢
胸あつく冬青草が目にありき 楸邨
花街の雨の冬草故郷かな 長谷川双魚 風形
荷車を曳く冬の草見つづけて 齊藤夏風
血を頒けて少し風ある冬の草 廣瀬直人
術後のわれ冬の空地の草でよし 栗林千津
裾すこし冬の草ある砂丘かな 大石暁座
貨車の間の冬草青し江東区 岩田昌寿 地の塩
金網の裾冬草の濃かりけり 館岡沙緻
鉄焼けて冬青草をこゝに見ず 水原秋櫻子
銭持たずなか~冬草の緑 中塚一碧樓
鎌倉や冬草青く松緑 高浜虚子
青といふ色の靭さの冬の草 後藤比奈夫 金泥
風の吹く様子知られぬ冬青草 田中裕明 櫻姫譚
風ばかり吹いてつまらぬ冬の草 斎藤玄
風呂跡のモザイクタイル冬青草 都筑智子
風強き池畔冬草びしとはる 松村蒼石 雁
鶴の踏む冬草青む日南かな 長谷川かな女 雨 月

冬の草 補遺

かかる冬青草の辺に手をあはす 佐藤鬼房
ストの日の冬草青し鉄路の間 伊丹三樹彦
ちゝ母の国の冬草馬大王 高野素十
わがこゝろとまりぬ野路の冬草に 日野草城
浦みちの細り細りて冬の草 石田勝彦 秋興以後
皆濡色冬草尽きても散松葉 香西照雄 素心
柿の木の下平らかに冬の草 右城暮石 句集外 昭和六年
鎌腹を崇めかがやく冬の草 橋閒石 卯
桑落葉冬草しげくなりにけり 飯田蛇笏 家郷の霧
刑にゆく裸足焦土の冬青草 角川源義
畦々や冬草の座のへこたれず 藤田湘子 てんてん
血を頒けて少し風ある冬の草 廣瀬直人 帰路
工場園冬草鉄の蔭に咲く 細谷源二 鐵
根以て立つ冬草なれば打ちふるふ 中村草田男
十二単いま紫の冬の草 山口青邨
菖蒲田の畦冬草の離々として 山口青邨
人の家の庭をとほりぬ冬の草 岡井省二 有時
水筒の捨湯しろじろ冬の草 岡本眸
生きいきとして冬草の小むらがり 細見綾子
生垣の内外もなく冬の草 山口青邨
青といふ色の靭さの冬の草 後藤比奈夫
千九百年生れの珈琲冬の草 永田耕衣
銭持たずなか~冬草の緑 中川一碧樓
太陽の美の逝く方や冬の草 永田耕衣
地の罅の冬青草も地震のあと 岡本眸
冬の草さら~として馴染まれず 細見綾子
冬の草心の隈にみどりなす 富安風生
冬の草青しはこべらとたんぽゝと 山口青邨
冬の草青し嬰児の首すわる 橋閒石
冬草に黒きステッキ挿し憩ふ 西東三鬼
冬草に天落ちかかる朝かな 山田みづえ まるめろ
冬草のいちじるしくて夕凪ぎぬ 日野草城
冬草のくれなゐの葉もうちしける 山口青邨
冬草のみどりに萱はもみぢせり 日野草城
冬草のむらさき極む耐ふるさま 山口青邨
冬草のむらさき濃きはつゆくさや 山口青邨
冬草の芽むしり 山羊の鼻息ぞ これ 伊丹三樹彦
冬草の十二単はむらさきに 山口青邨
冬草の茫茫たるを人は愛(め)ずる 金子兜太
冬草へ投げてホースの水余る 岡本眸
冬草みどり人を見失ひしみち 中川一碧樓
冬草も青し滾々と温泉がわけば 山口青邨
冬草や《必ず》と言う貌に風 永田耕衣
冬草や隠し子もなき夫の墓 岡本眸
冬草や雑木は枯るゝことごとに 日野草城
冬草や黙々たりし父の愛 富安風生
冬草や余さずものの焚かれあり 岡本眸
冬草を踏んで蕪村の長堤 雨滴集 星野麥丘人
冬草を耘りていこへば天聾す 飯田蛇笏 家郷の霧
冬草喰ひ緬羊姙りにも従順 橋本多佳子
鳶舞へる山の日表冬の草 松崎鉄之介
肥後の赤牛豊後黒牛冬草に 鈴木真砂女 夕螢
風強き池畔冬草びしとはる 松村蒼石 雁
風熄めば膝ほのぼのと冬の草 岡本眸
母長寿たれ家裾に冬の草 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
熔接す冬草せつに照るほとり 渡邊白泉
利根堤冬草青く山羊とりつく 山口青邨
呟きて生きるとは何冬青草 楠本憲吉 孤客
茴香の羽の葉かぐはし冬の草 山口青邨

冬草 続補遺 

へばりつく冬草の戸や菜雑水 路通
身をよする冬の朝日の草のいほ 炭太祇
青~とあはれは深し冬の草 一笑(金沢)
冬の手を見せても青し庭の草 紫白女
冬草にちからもつけず涙哉 早野巴人
冬草の都ちかくや鳥の声 諷竹
冬草やはしごかけ置岡の家 松窓乙二

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 03:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング