冬薔薇 の俳句

冬薔薇 の俳句

冬薔薇

例句を挙げる。

あの窓に恋始まりし冬薔薇 田口風子
あま照らす日のしたゝりに寒薔薇 西島麦南 人音
いづくより湧く楽の音や冬薔薇 栗田素江
かりそめの色にはあらず冬薔薇 片山由美子 水精
ぎりぎりの省略冬薔薇蕾残す 津田清子 礼 拝
げに淋しげな寒薔薇よ採りて挿さん 高田蝶衣
こころ炎となりて冬薔薇ふるわかれ 仙田洋子 橋のあなたに
さしこぼす水珠なせり寒薔薇 西島麥南
さし溢す水珠なせり寒薔薇 西島麦南 人音
しろたへに鵜匠の門の冬薔薇 石原八束
たくましき棘つつましき冬薔薇 河野美奇
ひらかんとする冬薔薇に天無風 西島麥南
ほのぼのと紅をさしきし冬薔薇 青柳照葉
よき言葉聴きし如くに冬薔薇 後藤夜半 底紅
ヒロシマや血のかたまりの冬薔薇 藤岡筑邨
一日の汚れが爪に冬薔薇 二村典子
一疋の雄の夜明けぬ冬薔薇 石塚友二 方寸虚実
一輪の冬ばら投げてフィギュア終ふ 小川濤美子
一輪の冬ばら遠ちに干潟の穢 神尾久美子 掌
一輪の冬薔薇隅には置けず 鈴木栄子
会葬が再会の場に冬薔薇 長谷川治子
僕が主人公の童話を語る冬薔薇 林桂 銅の時代
冬ばらに芝のみどりの乱れけり 林原耒井 蜩
冬ばらに華美な下着や椅子の客 阿部みどり女 笹鳴
冬ばらに落葉乏しくなりにけり 阿部みどり女 笹鳴
冬ばらに静夜明けゆく聖母の図 柴田白葉女 遠い橋
冬ばらの一輪を陽のいたはりて 砂田貴美子
冬ばらの崩るるまでの彩保つ 山王堂正峰
冬ばらの影まで剪りしとは知らず 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬ばらの愁眉をひらくとき見たり 青木重行
冬ばらの真紅に未来うるほへり 柴田白葉女 『夕浪』
冬ばらの蕾の日数重ねをり 星野立子
冬ばらや弱き人のみ傷つきて 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬ばらや父に愛され子に愛され 星野立子
冬ばらや臨時職わが腰かがめ(某庁にて) 細川加賀 『傷痕』
冬ばら抱き男ざかりを棺に寝て 中尾寿美子
冬薔薇いよいよ年の空深く 高澤良一 燕音
冬薔薇おや指姫のひそみゐる 角川照子
冬薔薇が匂ふ毒薬溶き居れば 品川鈴子
冬薔薇たつた二輪の誕生日 星野椿
冬薔薇にかならず人の遠くより 古舘曹人 能登の蛙
冬薔薇にもう泣かぬ顔あげにけり 鈴木真砂女 夕螢
冬薔薇にわれより若き人ねむる 川島彷徨子 榛の木
冬薔薇に名づけて真珠日和かな 久保田万太郎 流寓抄
冬薔薇に土の香たかくなりにけり 飯田蛇笏 霊芝
冬薔薇に山羊の乳濃ゆく搾られぬ 西島麦南 人音
冬薔薇に旅の時間のありあまる 大峯あきら
冬薔薇に時の流れの止まりけり 今橋眞理子
冬薔薇に開かぬ力ありしなり 青柳志解樹(1929-)
冬薔薇のここのみならず鳴ける虫 木津柳芽 白鷺抄
冬薔薇のメスに映るをちらと見き 木下夕爾
冬薔薇の咲いてしをれて人遠き 日野草城
冬薔薇の咲きためらへる日数かな 吉江八千代
冬薔薇の咲くほかはなく咲きにけり 日野草城
冬薔薇の束抱き無灯のわが家見る 小檜山繁子
冬薔薇の芯すひ落すローリング 横光利一
冬薔薇の花弁の渇き神学校 上田五千石 田園
冬薔薇の蕾のままに昭和果つ 五島久子
冬薔薇はじめの一ひらほぐれ難し 中嶋秀子
冬薔薇は法楽の死の黄なるべし 小檜山繁子
冬薔薇は色濃く影の淡きかも 水原秋桜子
冬薔薇ふたりに別々の時間 為成暮緒
冬薔薇まなこ乾けるまで眺む 長山順子
冬薔薇やどこも痛まず病み臥る 北野民夫
冬薔薇やなにへともなき憤り 稲垣きくの
冬薔薇やわが掌が握るわが生涯 野澤節子 花 季
冬薔薇やわが饒舌を君に愧づ 五十崎古郷句集
冬薔薇や仕事で逢ひて好きな人 岡本 眸
冬薔薇や月日の奥に夫との日 山田孝子
冬薔薇や海に向け置く椅子二つ 館岡沙緻
冬薔薇や聖書に多き罪の文字 原田青児
冬薔薇や賞与劣りし一詩人 草間時彦
冬薔薇や陽を失うてあえかなる 日野草城
冬薔薇を二本いただき散会す 大津幸奈
冬薔薇を剪りしその夜は旅にあり 原田青児
冬薔薇を受くタブラオに目を合はせ 仙田洋子 橋のあなたに
冬薔薇を唇にくはへて誇りたる 仙田洋子 橋のあなたに
冬薔薇を抱へ花野にゐるごとし 関森勝夫
冬薔薇を贈られてその棘に触る 山口波津女 良人
冬薔薇アポロも獣も安息時 川口作子
冬薔薇アルヘンティナの舞の裾 文挟夫佐恵 黄 瀬
冬薔薇一輪剪りていと小さし 山下さぎり
冬薔薇一輪風に揉まれをり 高浜虚子
冬薔薇傾けて置くワインの壜 伊藤いと子
冬薔薇反逆の白崩れゆく 伊藤 梢
冬薔薇咲ききる力ありや剪る 豊島 峰
冬薔薇咲くや海越え来し吾子に 羽部洞然
冬薔薇嘘の如くに大輪に 波多野爽波 鋪道の花
冬薔薇墓碑に刻みし齢若く 京極杜藻
冬薔薇子へ共稼ぎ金送る 羽部洞然
冬薔薇我が大熱に開きけん 矢田挿雲 第一挿雲句集
冬薔薇散る一片は鞭の上 原田青児
冬薔薇日の金色を分ちくるゝ 細見綾子 花 季
冬薔薇星のひとつを受信せり 大西泰世 『こいびとになつてくださいますか』
冬薔薇棘ささぬ術知り二十七 谷口桂子
冬薔薇活く鋭き棘を水に沈め 山口波津女 良人
冬薔薇潮が川を膨らます 横山白虹
冬薔薇石の天使に石の羽根 中村草田男
冬薔薇笑み子が打つ胸を母隆ヵ々 川口重美
冬薔薇紅く咲かんと黒みもつ 細見綾子 雉子
冬薔薇蝕めるものさらになし 加藤三七子
冬薔薇見て来し紅を引きなほす 大場美夜子
冬薔薇透きとおらんと反りて落つ 対馬康子 吾亦紅
冬薔薇金色の日を分ちくるゝ 細見綾子
冬薔薇電子音楽堂に満ち 伊藤京子
冬薔薇高尾太夫の気っぷもて 高澤良一 随笑
初鶏やカアテン垂れて冬薔薇 竹下しづの女 [はやて]
厨ごと終りて活ける冬薔薇 山崎道子
咲きかはり枝をかへたる冬薔薇 高濱年尾
咲きなやむ冬薔薇の香のきこえけり 西島麦南 人音
咲き闌けて冬薔薇風にたはむるゝ 西島麦南 人音
堕胎期を過ぎ大輪の冬薔薇 対馬康子 吾亦紅
塀の根に冬薔薇一つ夕明り 草坡句集(水野草坡遺稿) 水野草坡
塩田をよぎる目あての冬薔薇 佐野まもる 海郷
壁に吊る木偶の手足や冬薔薇 太平栄子
夢ゑがき臥す夜を匂ふ冬薔薇 古賀まり子 洗 禮
大島を指呼に冬薔薇たぐり剪る 奈良文夫
大輪となるべかりしに冬薔薇 河野美奇
夫とゐて冬薔薇に唇つけし罪 鷹羽狩行(1930-)
妬心神にも冬薔薇枯れゆけり 柴田奈美
妻の座は無韻冬ばら燃ゆるとも 柴田白葉女 花寂び 以後
婚約を心に許す冬薔薇 羽部洞然
帽子屋のあはせ鏡や冬薔薇 御子柴光子
心の角を誰か曲りぬ冬薔薇 中村明子
思はずもヒヨコ生まれぬ冬薔薇 河東碧梧桐
捨て切れぬ夢もありけり冬薔薇 原田和子
故しらぬ別れとなりぬ冬薔薇 上村占魚 鮎
教へ得ぬに学び得し子よ冬薔薇よ 香西照雄 対話
散るまへの光にゆだね冬薔薇 鍵和田釉子
日光浴冬薔薇咲けば淋しからず 川島彷徨子 榛の木
札所にも咲けば似合ひて冬薔薇 稲畑汀子
枝先の一花ゆゑの冬薔薇 松藤夏山 夏山句集
活けかへて命張りつめ冬薔薇 南禮子
活けられて寒薔薇真紅なる呪詛 嶋田麻紀
淋しさは愉しさに似て冬薔薇 中村芳子
湯の村に菊屋山茶花冬薔薇 泉鏡花
父の地の母の高さに冬薔薇 古館曹人
獄を出て冬薔薇に侍す地の明るさ 秋元不死男
生きるとは顔上ぐること冬薔薇 相原一枝
生誕の日や冬薔薇の紅の檄 楠本憲吉
病ひ軽き日は愁なし冬薔薇 村山古郷
病む瞳には眩しきものか冬薔薇 加藤楸邨
翳る冬ばら淡墨ながす前衛書 柴田白葉女
背創胸創冬薔薇は地に陽を叢む 磯貝碧蹄館 握手
脳内三遷して冬薔薇に座を正す 原子公平
航海図冬薔薇園に向き貼らる 石崎多寿子
花びらの縁より乾く冬薔薇 榎田きよ子
花びらを崩す気のなく冬薔薇 嶋田一歩
菊枯れて冬薔薇蕾む小庭かな 正岡子規
血小板数低し冬薔薇みなむらさき 河野南畦 『元禄の夢』
覓(もと)め来しその冬薔薇もいろうすし 篠田悌二郎 風雪前
速達で来る一束の冬薔薇 対馬康子 愛国
金を得る空想視野に冬薔薇 田川飛旅子 花文字
銀座には銀座の生活冬薔薇 高木晴子
鍵盤に落ちし一片冬薔薇 梅田実三郎
Aという役名冬の薔薇を持ち 対馬康子 純情
いづくより落つるひかりや冬の薔薇 神保作
かりそめの旅の間に咲き冬の薔薇 加倉井秋を 『胡桃』
ひとの家に冬の薔薇咲き兄逝く日 加倉井秋を 午後の窓
わすれゐし旋律うかぶ冬の薔薇 大島民郎
三面鏡ひらきてふやす冬の薔薇 朝倉和江
余所の家にしか冬の薔薇咲かず 加倉井秋を 午後の窓
光曳く一舟冬の薔薇の上 奈良文夫
冬の薔薇さだかならねど恋ならむ 成瀬桜桃子 風色
冬の薔薇すさまじきまで向うむき 加藤楸邨
冬の薔薇たくさん活けて誕生日 合原 泉
冬の薔薇コップに挿しすぐ忘れけり 加倉井秋を 午後の窓
冬の薔薇放物線の先に咲く 浜田扇風
冬の薔薇日々事なきはつまらなく 鈴木真砂女
冬の薔薇深紅なるジヨン・レノンの忌 坂口緑志
剛き詩が欲しや鉄器に冬の薔薇 飴山實 『おりいぶ』
加湿器のごぼと気を吐く冬の薔薇 坂本好子
四季咲きの薔薇の小さき冬の色 今井千鶴子
尼僧剪る冬の薔薇をただ一輪 山口青邨
彫深き顔と冬の夜の薔薇と 石塚友二
心臓の至近に大き冬の薔薇 星野明世
情炎は我れにあり冬の薔薇寂か 渡邊水巴 富士
戴いてその日咲ききる冬の薔薇 池田澄子
指で読む書は白かりし冬の薔薇 平井 葵
文芸は具象抽象冬の薔薇 阿波野青畝
朝なれば食器の音も冬の薔薇 細見綾子 花寂び
無名氏の薔薇咲かせたり冬の木戸 石塚友二
痛がりて青年が選る冬の薔薇 小檜山繁子
皿割りてより大胆な寒の薔薇 中村明子
破垣に冬の薔薇咲き鷦鷯 窪田桂堂
バラ枯れて玉簪を遺しけり 高澤良一 随笑
冬そうび虚空を統べて気韻さへ 高澤良一 随笑
冬薔薇妥協なき色不二の白 高澤良一 石鏡


冬薔薇 補遺

ぎりぎりの省略冬薔薇蕾残す 津田清子 礼拝
ケロイド無く聖母美し冬薔薇に 阿波野青畝
てのひらに磔刑血痕 冬薔薇 伊丹三樹彦
ひとつ咲いてすがれて居りぬ冬薔薇 山口青邨
フランスの一輪ざしや冬の薔薇 正岡子規冬薔薇
まつすぐに来しが冬薔薇は見ざりけり 加藤秋邨
よき言葉聴きし如くに冬薔薇 後藤夜半 底紅
一疋の雄の夜明けぬ冬薔薇 石塚友二 方寸虚実
雲に爆音石に冬薔薇我に此書 中村草田男
雲へ白く冬薔薇かかげ来たるかな 飴山實 おりいぶ
円通院冬ばらの紅いま雨に 佐藤鬼房
花しぼみ冬薔薇の葉はあたらしき 日野草城
海際の冬ばら大正期のホテル 佐藤鬼房
海坂の見えて冬薔薇咲ける垣 高屋窓秋
菊枯れて冬薔薇蕾む小庭かな 正岡子規 枯菊
居りながら居ぬといふ家の冬薔薇蹴る 中村草田男
教へ得ぬに学び得し子よ冬薔薇よ 香西照雄
金婚の甕蕾ばかりの冬薔薇 山口青邨
言へばわが心淋しむ冬薔薇 稲畑汀子
故しらぬ別れとなりぬ冬薔薇 上村占魚 鮎
公園の冬薔薇たはゝ「入るべからず」 西東三鬼
咲かぬ蕾の冬ばら挿して亡母恋ひ 三橋鷹女
咲きなやむ冬薔薇の香のきこえけり 西島麦南 人音
咲き闌けて冬薔薇風にたはむるゝ 西島麦南 人音
思はずもヒヨコ生れぬ冬薔薇 河東碧梧桐
思ひここに尽く冬薔薇のなまめく朱 楠本憲吉 隠花植物
賜ひたる冬薔薇なれど包むまま 岡本眸
水に散り落つる噴水冬薔薇 右城暮石 句集外 昭和二十九年
生誕の日や冬薔薇の紅の檄 楠本憲吉 方壺集
誰も叱つてくれぬ冬薔薇束生けに 岡本眸
男が挿す冬薔薇一本づつ離れ 細見綾子
築地行けば垣根の薔薇や冬の花 正岡子規冬薔薇
冬ばらにいまし移ろふ夕日あり 安住敦
冬ばらに手をひつかかれた 尾崎放哉 小豆島時代
冬ばらの渦のたしかさ老い俄か 楠本憲吉 方壺集
冬ばらや父に愛され子に愛され 星野立子
冬ばらを挿しし水滴葉が落す 細見綾子
冬バラを剪りたるか妻の貌消えし 秋元不死男
冬バラ冥想「侮る勿れ汝が死神」 楠本憲吉 方壺集
冬薔薇きちがひの貌に向きひらく 西東三鬼
冬薔薇にかならず人の遠くより 古舘曹人 能登の蛙
冬薔薇にくちぶえ意外なり傷兵 伊丹三樹彦
冬薔薇にもう泣かぬ顔あげにけり 鈴木真砂女 夕螢
冬薔薇に山羊の乳濃ゆく搾られぬ 西島麦南 人音
冬薔薇に女火照りて語一語 伊丹三樹彦
冬薔薇に土の香たかくなりにけり 飯田蛇笏 霊芝
冬薔薇のあはれ深紅の花しぼむ 日野草城
冬薔薇のゆるむつぼみのまくれなゐ 日野草城
冬薔薇の萎えて萎えざる思ひあり 稲畑汀子
冬薔薇の一輪りんご一個のみ 細見綾子
冬薔薇の唄を吐く黒人兵の唇 橋閒石 無刻
冬薔薇の黄の明るくて冱えにけり 日野草城
冬薔薇の花のひさしく来ぬひとよ 日野草城
冬薔薇の花瓣の渇き神学校 上田五千石 田園
冬薔薇の咲いてしをれて人遠き 日野草城
冬薔薇の咲きたはむるる一と枝かな 飯田蛇笏 山響集
冬薔薇の咲くほかはなく咲きにけり 日野草城
冬薔薇の刺にさされし血は甘し 鈴木真砂女 紫木蓮
冬薔薇の自然の供華を柵がこひ 鷹羽狩行
冬薔薇の色の大きく朽ちむとす 日野草城
冬薔薇の真紅の酷を黒といふ 上田五千石 風景
冬薔薇の数をつくして棺めく 角川源義
冬薔薇の妖しき媚びに応へむか 林翔
冬薔薇の棘に余韻の聖歌なほ 鷹羽狩行
冬薔薇の襞層々や指を組む 中村草田男
冬薔薇やがらんどうなる梅の幹 川端茅舎
冬薔薇やすぐふさぎたる指の傷 伊丹三樹彦
冬薔薇やピアノ弾かまくしつゝ病む 日野草城
冬薔薇やわが掌が握るわが生涯 野澤節子 花季
冬薔薇や強風注意報解除 日野草城
冬薔薇や仕事で逢ひて好きな人 岡本眸
冬薔薇や心の富める人を敬す 星野立子
冬薔薇や青天井に蔓まげて 阿波野青畝
冬薔薇や地獄組合の切符買ふ 角川源義
冬薔薇や燈台守はものを読む 水原秋櫻子 新樹
冬薔薇や秘めてをがみし観世音 水原秋櫻子 蓬壺
冬薔薇や非情身に添ふ事務机 草間時彦 中年
冬薔薇や陽を失うてあえかなる 日野草城
冬薔薇をとどけて午後の客となる 稲畑汀子
冬薔薇嘘の如くに大輪に 波多野爽波 鋪道の花
冬薔薇月山鍛冶の下りて居り 河東碧梧桐
冬薔薇紅く咲かんと黒みもつ 細見綾子
冬薔薇死よりも愛にこころ遣り 上田五千石 天路
冬薔薇神をおそれぬ瞳よ唇 富澤赤黄男
冬薔薇石の天使に石の羽根 中村草田男
冬薔薇土の香たかくなりにけり 飯田蛇笏 山響集
冬薔薇日の金色を分ちくるゝ 正岡子規 冬薔薇
汝が眼に映れとつぼむ冬薔薇を 細見綾子
彼よりも冬薔薇先に届きゐし 稲畑汀子
病軽き日は愁なし冬薔薇 村山故郷
夫とゐて冬薔薇に唇つけし罪 鷹羽狩行
夫佐恵女史にこの頃会はず冬薔薇 村山故郷
父の地の母の高さに冬薔薇 古舘曹人 能登の蛙
父訪ひ得ぬ葎のかたへ冬薔薇 森澄雄
妹がりに冬薔薇の紅匂ふべし 伊丹三樹彦
牝鶏は引き声ばかり冬薔薇 中村草田男
夜訪ひて冬薔薇顔の近くにあり 細見綾子
薔薇展昏れ冬薔薇に私語あるごとし 楠本憲吉 孤客

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 03:18 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング