万両 の俳句

万両 の俳句

万両

例句を挙げる。

わが庭のもの千両も万両も 森澄雄 游方
万両にかゝる落葉の払はるゝ 高濱年尾 年尾句集
万両にゆすらの花の白き散る 正岡子規
万両に土の締りて円覚寺 高澤良一 随笑
万両に庭の深さや妙圀寺 蓬丈
万両に日当ることのなかりけり 大橋越央子
万両に賽ころひらふ足袋はだし 河野静雲 閻魔
万両のしだれる先に雨雫 小久保ユウ
万両のひそかに赤し大原陵 青邨
万両の一房の実を楽しまむ 遠藤はつ
万両の万の瞳の息づきて 永方裕子
万両の下まだ濡れずしぐれをり 耕二
万両の向うを通る水のこゑ 高澤良一 宿好
万両の実の多かりしめでたさよ 栗田 菊枝
万両の実の赤かりし一慶事 沢村芳翠
万両の実は沈み居る苔の中 高浜虚子
万両の実を盗りにきて鵯がとぶ 和知喜八 同齢
万両の平等院にきてをりぬ 藤平寂信
万両の掛もめでたし御帳綴 筏井竹の門
万両の日にぬくみゐる我もまた 森 澄雄
万両の白たいせつに喪正月 嶋田麻紀
万両の紅をかざりてのぼり窯 白葉女
万両の紅己が胸裏にも 豊田曳峰
万両の見ゆる端まで開け放つ 鳥居美智子
万両の鉢を土産に母見舞ふ 伊阪美祢子
万両の雨見る熱き炬燵あり 大峯あきら
万両の雪に明けある茶の間かな 橋本鶏二 年輪
万両の零れる紅を掃初に 堀之内和子
万両は兎の眼もち赤きかな 千代女
万両やつねのこころをたひらかに 森澄雄
万両やとび石そこに尽きてゐる 五十崎古郷句集
万両やふつと兎の目となりて 平井照敏 天上大風
万両や一峯に向く半跏仏 古舘曹人 樹下石上
万両や万両たりし妻死にし 森澄雄 所生
万両や使ふことなき上廁 富安風生
万両や大みささぎを借景に 石倉啓補
万両や夫亡く夫の生れし家 今井つる女
万両や尼の庫裡とて軒低き 原 柯城
万両や市の女の声透る 原田 逸子
万両や幾代湧きつぐ隠し井戸 吉田知暁
万両や待つともなしに待つこころ 素人閑
万両や暦日めぐること速し 風三楼
万両や母に告ぐべきこと選ぶ 神蔵 器
万両や父亡きあとの母の日々 江頭 信子
万両や病み月の娘の薄化粧 高間礼子
万両や癒えむためより生きむため 石田波郷
万両や着丈合ひたる借衣裳 龍太
万両や紅玉吊つてたばしれる 林之助
万両や配流の戸に古双六 古舘曹人 樹下石上
万両や雪の滲みゆく檜皮葺 山田孝子
万両をたまたまつゝむ茶の烟 阿波野青畝
万両を木伝ふ雨となりにけり 清崎敏郎
不読の日つづき万両雪新らた 宮武寒々 朱卓
千両か万両か百両かも知れず 星野立子
千両の実も万両の実も赤し 稲田 重子
千両五百圓萬両三百圓 佐々木六戈 百韻反故 初學
夕闇に万両隠れ去りにけり 左兵子
実万両女がひそむ喪服妻 高萩篠生
寺町の劣りし寺の実万両 澄雄
座について庭の萬両憑きにけり 萬両 阿波野青畝
御霊屋の萬両の冷え千両に 山口都茂女
房なして万両まつ赤月日また 広瀬直人
杉苔に万両溺れ寂光土 富安風生
生き残りたることかなし実万両 野見山朱鳥
碑の梶井万両になほ喀血し 能谷愛子
苔にして万両の朱の四粒沁む 三樹彦 (西芳寺庭園)
茶の花や万両の赤き実の下に 北原白秋
萬両の実にくれなゐのはいりけり 千葉皓史
萬両や使ふことなき上厠 富安風生
萬両や物指もちて隣家へ 山本洋子
裸寺の雪浄土なる実万両 竹亭
雪吊の大小の小実万両 森澄雄
雪染めて万両の紅あらはるゝ 鈴木宗石

万両 補遺

わが庭のまづしやそこら万両のみ 山口青邨
わが庭のもの千両も萬両も 森澄雄
わが庭の万両林の如く森の如く 山口青邨
われ富めり千両万両くれなゐに 山口青邨
一ツ葉に万両の実の赤さ哉 正岡子規 一つ葉
我が梅雨入万両の実のなほ赤く 相生垣瓜人 負暄
極月の萬両あかき微恙かな 富安風生
肩馬の干両万両福かつぐ 阿波野青畝
座について庭の万両憑きにけり 阿波野青畝
志万両剪るも菊剪るも 後藤比奈夫
寺町の劣りし寺の実萬両 森澄雄
実万両午後の日ざしは揺れ易し 清崎敏郎
垂訓のごとくに垂れて実万両 鷹羽狩行
雪吊の大小の小実萬両 森澄雄
千両か万両か百両かも知れず 星野立子
千両ならず万両ならず藪柑子 清崎敏郎
千両も万両もわが庭は富む 山口青邨
苔にして万両の朱の四粒沁む 伊丹三樹彦
苔浄土 万両十顆に 露十顆 伊丹三樹彦
庭の石巨きと見れば万両媚び 山口青邨
万両にうすき日ざしや煤払 山口青邨
万両に日向移りて午後の景 岡本眸
万両に日当り一月も過ぎし 山口青邨
万両のいとけなけれど所を得 阿波野青畝
万両のさはに賀客の句ごころに 山口青邨
万両のひそかに赤し大原陵 山口青邨
万両のむらがり赤し賀客庭に 山口青邨
万両の日にぬくみゐる我もまた 森澄雄
万両の万灯のごとく雑草園 山口青邨
万両の揺るるけはひのなかりけり 清崎敏郎
万両の落葉に埋もれつつ赤し 山口青邨
万両は猫間障子の画のごとし 阿波野青畝
万両もまた苔庭の景を為す 高浜年尾
万両も国原も手沢露涼し 山口青邨
万両も手洗鉢も高からず 阿波野青畝
万両やお顔おほきな地蔵尊 燕雀 星野麥丘人
万両やこころ解かねば旅ならず 上田五千石『琥珀』補遺
万両やしのび詣での如ふたり 上田五千石 天路
万両やひとついかりをもちつづけ 森澄雄
万両やふつと兎の目となりて 平井照敏 天上大風
万両やまたも一月駈け過ぎぬ 森澄雄
万両や一峯に向く半跏仏 古舘曹人 樹下石上
万両や詞すくなき俳句会 阿波野青畝
万両や身過ぎ世過ぎをきれいにし 上田五千石 天路
万両や人とどめたく茶を熱く 中村汀女
万両や着丈合ひたる借り衣裳 飯田龍太
万両や日の中にゐて面やつれ 岸田稚魚
万両や配流の戸に古双六 古舘曹人 樹下石上
万両や旅の間に増え文の嵩 鷹羽狩行
万両をたまたまつつむ茶の烟 阿波野青畝
万両を木伝ふ雨となりにけり 清崎敏郎
綿雪や雪をかむれる実万両 森澄雄
龍の玉潜み万両実を高く 山口青邨
萬両やつねのこころをたひらかに 森澄雄
萬両や使ふことなき上厠 富安風生
萬両や癒えむためより生きむため 石田波郷

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 04:00 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング