凍鶴 の俳句

凍鶴 の俳句

凍鶴

例句を挙げる。

かくまでも鶴啼くものか凍つる夜は 猿渡青雨
かたまつてゐて凍鶴となりにくし 後藤比奈夫 金泥
さざなみに凍鶴は眸をひらきけり 石原舟月 山鵲
ふりむけば角のかたちに鶴凍つ 河野多希女
また一人来て凍鶴の前に立つ 銀漢 吉岡禅寺洞
ゆつくりと来て老鶴の凍て仕度 能村登四郎 菊塵
クロイツェル・ソナタ折り鶴凍る夜 浦川 聡子
一対の凍鶴何の黙示なる 上田五千石 風景
世の汚濁しりぞけて鶴凍てにけり 鈴木真砂女
丹頂の鶴の白玉凍りけり 渡邊水巴
二歩三歩その後まつたく鶴凍てし 鈴木真砂女
人声にさとくふたたび鶴凍てぬ 鈴木白祇
伯牙断絃つくづく鶴の凍てにけり 龍岡晋
公傷の指先とほく鶴凍てし 細谷源二 鐵
凍ての鶴悲のきはまりにかうと啼く 高澤晶子
凍て鶴の火を蔵したる胸かたち 能村登四郎
凍とけや野づらに高き鶴の脛 松岡青蘿
凍解けて鶴の臭ひの身に戻る 鷹羽狩行
凍鶴が羽ひろげたるめでたさよ 阿波野青畝
凍鶴が羽根ひろげたるめでたさよ 阿波野青畝(1899-1992)
凍鶴とならざるために歩を運ぶ 樋笠文
凍鶴と逢ふはひとりの饗宴にて 横山白虹
凍鶴にとゞく日ざしもしりぞきぬ 星野立子
凍鶴に一つ菫の咲いてゐし 岸本尚毅(1961-)
凍鶴に人を待ちつつ弱くなる 石川桂郎 含羞
凍鶴に今日の日薄くなりにけり 米沢吾亦紅 童顔
凍鶴に冬木の影の来ては去る 富安風生
凍鶴に大地従ひゆく静寂 稲畑汀子
凍鶴に寸の日差しも来ずなりぬ 齋藤玄 『無畔』
凍鶴に忽然と日の流れけり 石橋秀野
凍鶴に村は乏しき灯を洩らし 佐藤艸魚
凍鶴に躬ひとつの影寄り佇たす 稲垣きくの 牡 丹
凍鶴に金色の額縁を嵌めよ 田仲了司
凍鶴に銑鉄の蔓からみつく 八木三日女 赤い地図
凍鶴に隣の檻のさわがしく 鈴木真砂女
凍鶴のうなじも見えず立てりけり 増田龍雨 龍雨句集
凍鶴のかくも間近かにゐてかなし 安住敦
凍鶴のごとく棺におはすかな 吉屋信子
凍鶴のしかと魂抱きをり 香川千江子
凍鶴のたしかに向きを変へてをり 高橋三柿楼
凍鶴のつういつういとー漁り 阿波野青畝
凍鶴のふたゝび閉ぢし瞼かな 河野静雲 閻魔
凍鶴のほとりの土の雀かな 中村三山
凍鶴のやをら片足下しけり 高野素十
凍鶴のわれをうかがふ頸のべぬ 木下夕爾
凍鶴の一歩を賭けて立ちつくす 山口青邨(1892-1988)
凍鶴の佇ちては神にそよぎけり 齋藤玄 『無畔』
凍鶴の凍ての外なる木の根つこ 原裕 青垣
凍鶴の凡字の如くたてるかな 龍岡晋
凍鶴の啼かむと喉をころろころろ 山口誓子(1901-94)
凍鶴の啼くとき頸を天にせる 岸風三樓
凍鶴の嘴さし入れて水澄めり 右城暮石 上下
凍鶴の地軸となりし脚玄き 渡辺恭子
凍鶴の声なき息のあはあはと 大竹朝子
凍鶴の声もて星につながれり 吉野義子
凍鶴の夢のはじめに火色雲 鷹羽狩行 七草
凍鶴の大きく足の指ひらく 岸本尚毅 舜
凍鶴の寂しさ脚に極まれり 永井たえこ
凍鶴の徹頭徹尾凍てにける 長尾宗一
凍鶴の日翳れば一木叢なり 平井照敏 天上大風
凍鶴の梵字の如くたてるかな 龍岡晋
凍鶴の檻に降り込む雨となり 岸本尚毅 舜
凍鶴の水を銜ば仰ぐなり 楠目橙黄子
凍鶴の澎湃と尻吹かれけり 八木林之介 青霞集
凍鶴の火のやうな声発しけり 石嶌岳
凍鶴の生きてゐる喉動きけり 合田ミユキ
凍鶴の白き羽毛と黒き羽毛 右城暮石 声と声
凍鶴の目覚めたるとき足降ろす 対馬康子 吾亦紅
凍鶴の瞬くを待つ瞬かず 向笠和子
凍鶴の祈りにも似て風に向く 藤井吉道
凍鶴の羽摶たむと佳き形せり 右城暮石 声と声
凍鶴の翼に金ンの生れけり 永田耕衣
凍鶴の脚踏み替えて又凍てぬ 遠藤雪花
凍鶴の身の透くまでに立ちつくす 長田 等
凍鶴の隻脚の地に刺さりをり 石井とし夫
凍鶴の頸に始まる一星座 対馬康子 吾亦紅
凍鶴の首を伸して丈高き 高濱虚子
凍鶴は夜天に堪へず啼くなめり 山口誓子
凍鶴は首を曲げずに遠く見る 鈴木八駛郎
凍鶴やきらきら零す風邪薬 堺 信子
凍鶴やけぶりの空をかづきたる 後藤夜半 翠黛
凍鶴や入場券の他になし 対馬康子 純情
凍鶴や必ず松に片がくれ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
凍鶴や沖の暁雲茜さす 野村喜舟
凍鶴や湿原の川海へ入る 佐野農人
凍鶴や足を下ろして歩みそめ 清水賀名生
凍鶴をいとしみ星よ疾く光れ 雑草 長谷川零餘子
凍鶴をやがてひとりの我も去る 永井龍男
凍鶴を指すに花束をもつてしぬ 加倉井秋を
凍鶴を見しより孤独ふかみけり 成瀬桜桃子 風色
凍鶴を見てきぬ皿に肉赤き 波多野爽波 『湯呑』
凍鶴を見る人もなき落葉かな 比叡 野村泊月
凍鶴を解くまじき影歩きだす 稲垣きくの 牡 丹
凍鶴を詠ふや人に負けまじく 波多野爽波 『一筆』以後
凍鶴を詠みてそれより誓子病む 岸風三楼 往来
動かねば凍鶴の翳雪に濃し 佐藤たみ子
去年の鶴去年のところに凍てにけり 水原秋櫻子
双鶴の影をかはして凍てにけり 西島麥南 金剛纂
園長の采て凍鶴に佇ちにけり 篠原鳳作
垣なして月明の鶴凍つるなり 原裕 出雲
夕影のかぎりをつくし鶴凍つる 大岳水一路
夫婦鶴凍鶴となり相寄らず 大串 章
妻に秘めむ恍惚鶴もろともに凍て 古館曹人
子の鶴も親にならひて凍てはじむ 波多野爽波 『一筆』以後
子供等にいつまで鶴の凍つるかな 石田波郷
折鶴のごとくに葱の凍てたるよ 秋を
東伏見宮御下賜の鶴凍てにけり 龍岡晋
水飲みて凍を強めし凍鶴よ 鷹羽狩行
淋しさの置きどころなく鶴凍てぬ 有馬籌子
爪立ちに鶴を覗ひ妻凍つる 原裕 出雲
白き事動かざること凍鶴に 稲畑廣太郎
空間がくづれる凍鶴歩き出し 松村禎三
菓鋪街の鴻池邸鶴凍てぬ 宮武寒々 朱卓
藁塚の辺に来てゐたる凍鶴よ 高木良多
踏み替へてまた凍鶴に戻りけり 栗島 弘
踏襲のままの姿勢に鶴凍てり 上田五干石
身を掻けば穢がぽろぽろと鶴凍つる 波多野爽波 『一筆』
身一つに耐へて凍鶴眠りけり 永井龍男
雙鶴の影をかはして凍てにけり 西島麦南 人音
雲に凍鶴声をはなちけり 西島麦南 人音
電燈の明るさに鶴凍てにけり 渡辺水巴 白日
鞠躬如その凍鶴の歩みけり 古舘曹人 砂の音
鴛鴦の水かがやき鶴は凍てにけり 岸風三楼 往来
鶴の棲むところと聞けば凍ゆるむ 山口青邨
鶴よりも先に己レの凍ててをり 菅原章風
鶴一羽凍を完成してをりぬ 京極杞陽
鶴凍つて一羽毛すら散らさざり 能村登四郎
鶴凍つる舞ひおさめたる一歩より 大岳水一路
鶴凍ててとほき湊の白浪す 大野林火
鶴凍てて夕空高く鳴りにけり 藺草慶子
鶴凍てて気にせしものに腕時計 稲垣きくの 牡 丹
鶴凍てて水ほとばしる蛇口かな 岸本尚毅 舜
鶴凍てて紙の如くに羽吹かれ 深見けん二
鶴凍てて能面一つづつ違ふ 岸本尚毅 舜
鶴凍てて花の如きを糞りにけり 波多野爽波 『湯呑』
鶴妙に凍ててともしきいのちかな 飯田蛇笏 春蘭
霜の鶴土へふとんも被されず 榎本其角
丹頂の頭巾似あはむ霜の鶴 高井几董

凍鶴 補遺

おおははを憶ふ浅黄の凍鶴よ 三橋鷹女
かたまつてゐて凍鶴となり難し 後藤比奈夫
ひともがきして凍鶴の凍てを解く 能村登四郎
ひと揺ぎせり凍鶴に夢ありや 能村登四郎
むらさきに凍鶴昃りそめにけり 後藤比奈夫
一対の凍鶴何の黙示なる 上田五千石 風景
雲に凍鶴声をはなちけり 西島麦南 人音
雲の影きて凍鶴となる百羽 鷹羽狩行
眼をあけて偽凍鶴となりきりし 能村登四郎
鞠躬如その凍鶴の歩みけり 古舘曹人 砂の音
公傷の指先とほく鶴凍てし 細谷源二 鐵
真正面より凍鶴へ歩み寄る 鷹羽狩行
身を掻けば穢(え)がぽろぽろと鶴凍つる 波多野爽波
水飲みて凍を強めし凍鶴か 鷹羽狩行
水底に凍鶴白く映り佇つ 右城暮石 句集外 昭和三十年
水翳に凍鶴の羽の吹かれもす 飯田蛇笏 白嶽
世の汚濁しりぞけて鶴凍てにけり 鈴木真砂女 夏帯
前世に約されしごと鶴凍つる 上田五千石 風景
壮行歌遠のきゆふべ鶴凍てき 伊丹三樹彦
足と嘴はなしたる鶴凍てにけり 阿波野青畝
朝光にけむらふごとく鶴凍てき 伊丹三樹彦
頂の丹より凍鶴解けはじむ 鷹羽狩行
鶴凍ててとほき港の白浪す 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
鶴凍てゝ一羽毛すら散らさざり 能村登四郎
鶴凍てて花の如きを糞りにけり 波多野爽波
鶴凍てて紙の如くに羽吹かれ 深見けん二
鶴凍てて日輪心細くなる 後藤比奈夫
鶴凍てて夕べ山影伸び切りし 稲畑汀子
鶴凍てぬ 透きとほるまで凍ててあれ 富澤赤黄男
電燈の明るさに鶴凍てにけり 渡邊水巴 白日
凍強くして凍鶴の安らげる 鷹羽狩行
凍鶴が羽ひろげたるめでたさよ 阿波野青畝
凍鶴が動き四五人うごきけり 藤田湘子 てんてん
凍鶴とちがふところに病める鶴 能村登四郎
凍鶴となり長き脚長き嘴 鷹羽狩行
凍鶴となる際の首ぐぐと入れ 飯島晴子
凍鶴と見えはた老鶴とも思ふ 能村登四郎
凍鶴に近づく水輪何ならむ 水原秋櫻子 蘆雁
凍鶴に忽然と日の流れけり 石橋秀野
凍鶴に自照の光顕ちにけり 上田五千石 風景
凍鶴に十歩はなれて糞も凍つ 能村登四郎
凍鶴に人を待ちつつ弱くなる 石川桂郎 含羞
凍鶴に立ちて出世の胸算用 波多野爽波
凍鶴に隣の襤のさわがしく 鈴木真砂女 居待月
凍鶴のおろそかの瞳や神のごと 永田耕衣
凍鶴のごとくに老いよこひつまは 三橋鷹女
凍鶴のしかと締りし羽交ひかな 能村登四郎
凍鶴のつういつういと一漁り 阿波野青畝
凍鶴のひらかんとせし翼かな 永田耕衣
凍鶴の愛忘じたる立すがた 能村登四郎
凍鶴の一歩を賭けて立ちつくす 山口青邨
凍鶴の一本足の安定度 阿波野青畝
凍鶴の咽喉に寸の日ざしかな 林翔
凍鶴の羽ばたき散りしもの小さし 永田耕衣
凍鶴の羽摶たむと佳き形せり 右城暮石 声と声
凍鶴の眼の紅さしてかなしけれ 山口青邨
凍鶴の眼の瞠きてをりにけり 能村登四郎
凍鶴の金網羽毛ちりばめて 右城暮石 虻峠
凍鶴の群れて即かざる離れざる 鷹羽狩行
凍鶴の景をくづさず足替ふる 上田五千石 琥珀
凍鶴の思ひの外にわれ立てり 鷹羽狩行
凍鶴の首いつせいに伸ばすとき 鷹羽狩行
凍鶴の柔毛そよぐに任せたる 鷹羽狩行
凍鶴の上に檻の影あやまたず 飯島晴子
凍鶴の真顔は真顔もて愛す 三橋鷹女
凍鶴の真黒き羽毛を落しゐぬ 永田耕衣
凍鶴の水仰ぎ飲む一度きり 右城暮石 句集外 昭和四十九年
凍鶴の足上げ吾に歩み寄る 右城暮石 句集外 昭和三十八年
凍鶴の対なるものは寿 鷹羽狩行
凍鶴の吐息に触れし指の先 中村苑子
凍鶴の凍ての外なる木の根つこ 原裕 青垣
凍鶴の筒声天に冲しける 山口誓子
凍鶴の日翳れば一木叢なり 平井照敏 天上大風
凍鶴の白き羽毛と黒き羽毛 右城暮石 声と声
凍鶴の白き黙考つゞきをり 上田五千石『田園』補遺
凍鶴の膝折るところ見てしまふ 鷹羽狩行
凍鶴の片眼寄り行く吾を見る 右城暮石 句集外 昭和四十七年
凍鶴の夢のはじめに火色雲 鷹羽狩行
凍鶴の翼に金ンの生れけり 永田耕衣
凍鶴の翼ひろげて少し不幸 鷹羽狩行
凍鶴の佇ちの寂づけさ耐へがたし 安住敦
凍鶴の啼かむと喉をころろころろ 山口誓子
凍鶴の嘴さし入れて水澄めり 右城暮石 上下
凍鶴の嘴にてしごく風切羽 右城暮石 虻峠
凍鶴の嘴勁し餌の砂まみれ 右城暮石 句集外 昭和三十一年
凍鶴は夜天に堪へず啼くなめり 山口誓子
凍鶴やけぶりの空をかづきたる 後藤夜半 翠黛
凍鶴や孤松もまことたのもしく 山口青邨
凍鶴や頂へ丹を押し上げて 鷹羽狩行
凍鶴を詠ふや人に負けまじく 波多野爽波
凍鶴を見つめるわれも檻の中 鷹羽狩行
凍鶴を腸冷ゆるまで見てゐたり 能村登四郎
踏襲のままの姿勢に鶴凍てり 上田五千石 田園
二歩三歩その後まつたく鶴凍てし 鈴木真砂女
飛来数期待の 霜の鶴の里 伊丹三樹彦
夢ひとついま凍鶴の羽の中 加藤秋邨
葉牡丹の一塊凍鶴の檻の前 山口青邨
立ち跼り双の凍鶴汚れし午后 伊丹三樹彦
啼くときに凍鶴羽をすこし使ふ 鷹羽狩行
檻に彳ち凍鶴としておしとほす 上田五千石『田園』補遺
爛爛たる星座凍鶴並び立つ 山口誓子

凍鶴 続補遺 

丹頂の頭巾似あはむ霜の鶴 高井几董
霜の鶴土へふとんも被されず 其角

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:15 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング