寒蜆の俳句

寒蜆の俳句

寒蜆の例句

寒蜆晩年追はること多し 小林康治
とつぷりと湖の昏れゆく寒蜆 井伊直子
妻癒えぬ朝むらさきに寒しじみ 綾部仁喜
寒蜆夫婦ぐらしに合はせ買ふ 金子邦子
寒蜆掻くや神名備颪急 由木みのる
寒蜆母がとなへし唱名か 平橋昌子
寒蜆ひと夜の水に吐けぬ泥 小畑啓子
あいらしく白き舌出す寒蜆 大口公恵
寒蜆こつんこつんと口ひらく 大澤ひろし
赫き掌にころがして寒蜆なり 小林京子
味噌汁の寒蜆また湖の蔵(ぞう) 森 澄雄
こぼれても拾ふ一粒寒蜆 山野邊としを
寒蜆むらさきのいろせめぎあふ 岡本まち子
寒蜆生死わかたず積まれあり 飯村志音
枡こぼれ音立てまろぶ寒蜆 藤澤 石山
寒蜆故郷の砂を吐きにけり 野坂 民子
寒蜆むらさきのいろせめぎあふ 岡本まち子
火柱のごとき没日や寒蜆 中岡毅雄
寒蜆水傾けて売られけり 山本洋子
湖の雫もろともに買ふ寒蜆 横山美代子
入潮の川の囁き寒蜆 石川曲水
しやりしやりと三和土に売られ寒蜆 金箱戈止夫
磨かれて石さながらの寒蜆 宮津昭彦
寒蜆笊したたりもなく運ぶ 亀井糸游
寒蜆鼈甲くろき光りかな 松瀬青々
よべ買ひし寒蜆なり水の中 小澤碧童 碧童句集
美しく姑老いたまふ寒蜆 大石悦子
母の忌や桶にひつそり寒蜆 鈴木真砂女
寒蜆昭和ひと桁またも死ぬ 辻田克巳
味噌汁の寒蜆また湖の蔵 森澄雄 游方
寒蜆少し音を上げ煮らるるか 高澤良一 暮津
今日を生きて明日を恃みに寒蜆 松岡千代子
真夜中の内緒ばなしや寒蜆 西澤ひろこ
寒しじみ近江の人の話好き 庄子のぼる
宍道湖の香を一椀に寒蜆 五領田幸子
水にわがゆがむ顔あり寒蜆 富岡秋美
申訳けほどの砂吐き寒蜆 鶴田ちしほ
寒蜆かさこそかさこそ生きてゐる 油井和子
砂吐いて破顔一笑の寒蜆 三国谷美津代
寒蜆ふるさとの水吹きこぼす 池長露星
貝殻は死装束や寒蜆 丸山分水
哀しみの砂吐き切つて寒蜆 椎名智恵子
美しく姑老いたまふ寒蜆 大石悦子
寒蜆その粒粒を食べつくす 矢島昭子
明治よりつづくゆふぐれ寒蜆 八田木枯
寒蜆街の夕日の隅に買ふ 柴田白葉女
私と暮す気でゐる寒蜆 ふけとしこ 真鍮
湖の小石まじりし寒蜆 長谷川櫂 蓬莱
黒きまで澄みたる水に寒蜆 長谷川櫂 古志
美しく姑老い給ふ寒蜆 大石悦子 群萌
妻の座の短かかりしよ寒蜆 鈴木智子
火柱のごとき没日や寒蜆 中岡毅雄
寒しじみ掻く音に覚む瀬田泊り 北川英子

寒蜆 補遺

この町の小路の店に寒蜆 阿波野青畝
一笊やありていのまま寒蜆 森澄雄
味噌汁の寒蜆また湖の蔵 森澄雄
寒蜆双手掬ひに購へり 鷲谷七菜子 一盞
手の切れる水も今昔寒蜆 百合山羽公 樂土
松にゐて半日昏れぬ寒蜆 岡井省二 鹿野
母の忌や桶にひつそり寒蜆 鈴木真砂女 都鳥
水ふふむ重たさ貰ふ寒蜆 能村登四郎
義仲にゆかりの瀬田に寒蜆 森澄雄

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:22 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング