煮凝 の俳句

煮凝 の俳句

煮凝

例句を挙げる。

おもふなり月の吉原煮凝に 久保田万太郎 草の丈
寂寞と煮凝箸にかかりけり 萩原麦草
小匙にてすくふ煮凝り越の国 佐川広治
日ノ本暁ヲ覚エズ諸諸ノ肉ノ煮凝リ 夏石番矢 真空律
晴れた日の煮凝り北へ傾きぬ 坪内稔典
棚深く煮凝の皿小家族 井上雪
煮凝って何が起きるかわからない 田邊香代子
煮凝つて骨つながりし魚の眼 中戸川朝人 残心
煮凝てふ日暮たのしむにも似たり 神尾久美子
煮凝にするどき骨のありにけり 大牧広
煮凝にちちの目鼻をさがしゐる 白澤良子
煮凝にまづート箸を下しけり 久保田万太郎 流寓抄
煮凝に哀しき債おもふかな 久保田万太郎 草の丈
煮凝に島のどんぞこゆうらゆら 松澤昭 山處
煮凝に御座(おわ)さぬ母を封じたり 池田澄子
煮凝に春甦る一壺かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
煮凝に母なき月日始まりぬ 加賀美子麓
煮凝に箸しろ~と立てにけり 松村蒼石
煮凝に透けたる鯛の白さかな 今泉貞鳳
煮凝に鯛は片身をうしなひぬ 大石悦子 百花
煮凝のこごり始めを刹那とも 松田理恵
煮凝のつかみどころをさがしをり 西村純吉
煮凝のとけたる湯気や飯の上 鈴鹿野風呂
煮凝のはなればなれの目玉かな 須藤豊子
煮凝のゆつくりだらしなくなりぬ 櫂未知子 蒙古斑
煮凝の半信半疑鮃の目 高澤良一 随笑
煮凝の好きてふ人と見合さす 宮地れい子
煮凝の如き偏見一蹴す 高澤良一 燕音
煮凝の底に魚の目らしきもの 秋山巳之流
煮凝の忽ち溶ける飯の上 大畑利一
煮凝の果ての男と女かな 星野高士
煮凝の皿にとけ込む琥珀色 星野立子
煮凝の目玉大きなあらにかな 高木晴子 花 季
煮凝の眼らしきものを飲みくだす 大沢玲子
煮凝の磯もの鰭を張りにけり 水原秋桜子
煮凝の貧しけれども師と共に 雉子郎句集 石島雉子郎
煮凝の貧忘れめや一昔 寒烟(かんえん)喜谷六花、内田易川編
煮凝の鍋かくしあり角力茶屋 長谷川かな女 牡 丹
煮凝の頭の方を吾に呉るる 高澤良一 随笑
煮凝の馬面剥を引き起こす 大石悦子 百花
煮凝の鰍かなしき鰭張りて 小林黒石礁
煮凝はさびしきときに食すべきか 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
煮凝へ赤ちゃんが来て沈みます 坪内稔典
煮凝やいつも胸には風の音 石原八束(1919-98)
煮凝やいのち重しと呟くも 角川春樹
煮凝やうつけ泪のにじみくる 石原八束 『仮幻』
煮凝やおそろしきまで星の数 岩月通子
煮凝やかこつがほどに貧ならず 岩木躑躅
煮凝やこの世のはたと冥くなる 山口 剛
煮凝やしかと見届く古俳諧 村山古郷
煮凝やときに生死は紙一重 長田等
煮凝やともにこごりしちりれんげ 森川暁水 黴
煮凝やなべて夕餉は母ごのみ 白岩 三郎
煮凝やなんとかするとはどうするか 池田澄子 たましいの話
煮凝やにぎやかに星移りゐる 原裕 青垣
煮凝やにわかにふえし湖の鳥 野村はる子
煮凝やますます荒るゝ海の音 佐藤漾人
煮凝やまだ何かある棚の奥 皆川白陀
煮凝やゆうべけだるき土不踏 渡辺祥子
煮凝やわらつてすますうれひごと 森川暁水 黴
煮凝やわれを大事に宿の妻 森川暁水 黴
煮凝やニッケル製の厨匙 左右木韋城
煮凝や一人の昼餉いつよりか 阿部美恵子
煮凝や世に外れたる膝頭 小林康治
煮凝や二日つゞきし妻の留守 村上杏史
煮凝や人に知られず泣き上戸 吉本伊智朗
煮凝や他郷のおもひしきりなり 相馬遷子 山國
煮凝や凝るてふことあはれなる 轡田進
煮凝や凡夫の妻の観世音 日野草城
煮凝や単身赴任の台所 谷川みゆき
煮凝や去年の今夜泣いていた 池田澄子 たましいの話
煮凝や喘鳴の子に朝の椀 安井昌子
煮凝や夜の風に鳴る古墳の樹 久保 武
煮凝や夜は身近なる汽車の音 岩淵喜代子 朝の椅子
煮凝や大正古き世となりて 村井 二郎
煮凝や夫婦となれば恥もなし 山本歩禅
煮凝や女房も同じ浜育ち 彦井きみお
煮凝や妻にひとつの無尽講 青木重行
煮凝や子なき夫婦の相頼り 岸風三楼 往来
煮凝や小ぶりの猪ロのこのもしく 久保田万太郎 流寓抄
煮凝や思ひ出少しづつ溶かし 奥村 直女
煮凝や戦後を人のさまざまに 林徹
煮凝や昼の饒舌夜の寡黙 大島民郎
煮凝や昼をかねたる朝の飯 松尾いはほ
煮凝や時折風の音とぎれ 仙田洋子 橋のあなたに
煮凝や暮れて故山のみなまろし 大石悦子 群萌
煮凝や月夜のどこも葡萄棚 三森鉄治
煮凝や木曾の水車の止むころか 山田春夫
煮凝や歯のなき祖母のおかめ顔 藤森小枝
煮凝や死後にも母の誕生日 神蔵器
煮凝や海に奪はる河の波 河野南畦 『硝子の船』
煮凝や海まぎれゐる夜の方 坂口匡夫
煮凝や海も朝日も真赫にて 茨木和生 三輪崎
煮凝や涙もろさは生れつき 青木謙二
煮凝や父の濃き血を想ふとき 宮田和子
煮凝や父在りし日の宵に似て 草間時彦 櫻山
煮凝や父母の膝下に一と日あり 加倉井秋を 『胡桃』
煮凝や色あらはなる芹一片 碧雲居句集 大谷碧雲居
煮凝や親の代よりふしあはせ 森川暁水 黴
煮凝や言はでものこと口に出て 大石悦子 群萌
煮凝や言葉の暗さ思ひをり 小林康治
煮凝や詩盟おほかた遠国に 大峯あきら
煮凝や象牙の箸の父あらば 伊丹さち子
煮凝や赤きうるしの妻の箸 森川暁水 黴
煮凝や還暦といふ昭和の子 宮岡計次
煮凝や闇の中なる父の家 冨田正吉
煮凝や風やんで竹よく見ゆる 大峯あきら 鳥道
煮凝りて眼鼻なほあり鮒の貌 松本翠影
煮凝りて鰈の菓子のしづかな尾 秋元不死男
煮凝りにとぼしき酒を汲みかはし 浅井 詔子
煮凝りになりたる妻の縫目かな 穴井太 原郷樹林
煮凝りのひえ~と夜のかなしけれ 長谷川湖代
煮凝りのふくめば溶ける母の味 金子豊子
煮凝りの中なる雑魚の確かな瞳 逆井和夫
煮凝りの暗澹として澄みにけり 平井照敏 天上大風
煮凝りの鍋を鳴らして侘びつくす 尾崎放哉
煮凝りの魚の眼玉も喰はれけり 西島麦南
煮凝りは舌に溶けつつなまぐさき 行方克巳
煮凝りやたしなむ酒も処世術 服部八重女
煮凝りやにぎやかに星移りゐる 原 裕
煮凝りや世に外れたる膝頭 小林康治 『華髪』
煮凝りや母の白髪の翅のごと 土橋璞人子
煮凝りや無口の父の遺されて 北見さとる
煮凝りをこのみし祖父の忌日かな 大庭 光子
煮凝りをひらときれいな鼻濁音 内田美紗
煮凝りを箸にはさみて日本人 山口波津女
煮凝をくづして雨の一と日なり 仲原山帰来
煮凝をとろりと逃がし苦笑 影島智子
煮凝をひらときれいな鼻濁音 内田美紗 魚眼石
煮凝を探し当てたる燭暗し 高浜虚子
煮凝を皿にとりわけ文弥節 遊田礼子
煮凝を箸に上ぐるや山動く 松根東洋城
煮凝溶け魚の涙の流れけり 大木あまり 山の夢
猫終ひに帰らずこの夜煮凝りぬ 林原耒井 蜩
玲瓏と入江の鰈煮凝りぬ 水原秋櫻子
生れてこの方脇役のみや煮凝吸ふ 北野民夫
稲妻の野に煮凝りの沼ひとつ 小檜山繁子
荒海を泳ぎ来し眼も煮凝りぬ 渡辺恭子
魚の眼のさむき煮凝くづしけり 津田汀々子
鯛の目の澄みきるまでに煮凝りぬ 太田蘆青
妻の留主に煮凍さがすあるじ哉 高井几董
煮凍にともに著さす女夫かな 黒柳召波 春泥句集
煮凍の出来るも嬉し新世帯 正岡子規
煮凍へともに箸さす女夫哉 召波
煮凍やしかと見届く古俳諧 村上鬼城
煮凍や格子のひまを洩月夜 雁宕
煮凍や漁家の昼闇隣り合ふ 香西照雄 素心
煮凍や簀子の竹のうす緑 其角
煮凍や精進落るかねのこゑ 高井几董
煮凍や精進落る鐘の声 几菫
煮凍を旦夕やひとり住 召波


煮凝 補遺

わが釣の幸三四日煮凝りぬ 阿波野青畝
寒養生煮凝の切れぶるぶると 百合山羽公 樂土
煮こごりに音きて右往左往する 岡井省二 鯨と犀
煮こごりや江東の夜を友とゐて 松崎鉄之介
煮こごりを烏の如くついばめる 山口青邨
煮凝つてゐるぞと箸を弾きける 阿波野青畝
煮凝にうつりて鬢の霜も見ゆ 村上鬼城
煮凝に鰈の白き眼玉かな 右城暮石 虻峠
煮凝のうすくれなゐは正に鯛 阿波野青畝
煮凝のくだけおちけり老の膝 阿波野青畝
煮凝の磯もの鰭を張りにけり 水原秋櫻子 餘生
煮凝の皿にとけ込む琥珀色 星野立子
煮凝の石首魚といふ名のさかな 石塚友二 玉縄以後
煮凝の猪よ奢りはきのふのこと 鷹羽狩行
煮凝の白眼を最後まで残す 桂信子 草影
煮凝も心許なく妻没後 後藤比奈夫
煮凝やきのふの吾を不問にし 上田五千石『琥珀』補遺
煮凝やにぎやかに星移りゐる 原裕 青垣
煮凝やはろかなものに子守唄 岡本眸
煮凝やままこの皿も柿右衛門 阿波野青畝
煮凝や往生わるき一句抱き 上田五千石 天路
煮凝や形くづさず甘露鮒 村山故郷
煮凝や古稀まぢかなる拗け者 佐藤鬼房
煮凝や故郷あらば北が欲し 岡本眸
煮凝や今さらながら母の恩 鷹羽狩行
煮凝や指紋は常に悪に似て 三橋鷹女
煮凝や心に尖る悔の嘴 秋元不死男
煮凝や他郷のおもひしきりなり 相馬遷子 山国
煮凝や父への思ひつながらず 燕雀 星野麥丘人
煮凝や父在りし日の宵に似て 草間時彦 櫻山
煮凝や凡夫の妻の観世音 日野草城
煮凝や鰈全きうらおもて 水原秋櫻子 餘生
煮凝りにパセリの青き朝餉かな 中村苑子
煮凝りのぶるるんと身をふるはする 清崎敏郎
煮凝りの暗澹として澄みにけり 平井照敏 天上大風
煮凝りの鍋を鳴らして佗びつくす 尾崎放哉 大学時代
煮凝りも酢の香も寒の清さかな 右城暮石 句集外 昭和四年
煮凝りや彷彿として物の味 尾崎放哉 大学時代
煮凝りをながらく病みてゐたりけり 平井照敏 猫町
煮凝をかくも華麗に石の家 鷹羽狩行
煮凝を子と食ひちらし獄忘る 秋元不死男
煮凍につめたき腹や酒の燗 正岡子規 煮凍
煮凍の出來るも嬉し新世帶 正岡子規 煮凍
煮凍や漁家の昼闇隣り合ふ 香西照雄 素心
煮凍や北に向きたる臺所 正岡子規 煮凍
天井の龍の眼を煮こごりに 桂信子 草影
貧厨に何の煮凝二タ夜経ぬ 阿波野青畝
満月を上げて煮凝る鯛の目よ 波多野爽波
玲瓏と入江の鰈煮凝りぬ 水原秋櫻子 蘆雁
鈴の緒に月明りして煮凝るよ 波多野爽波
鰤の鎌それとはつきり煮凝に 右城暮石 散歩圏

煮凝 続補遺 

煮凍を旦夕やひとり住 黒柳召波
煮凍や簀子の竹のりす緑 其角
煮凍や夢の通ひ路あらさもし 三宅嘯山
煮凍や精進落るかねのこゑ 高井几董
煮凍にともに箸さす女夫かな 黒柳召波
妻の留主に煮凍さがすあるじ哉 高井几董
金でする二十四孝や凝鮒 許六

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:27 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング