寒晒 の俳句

寒晒 の俳句

寒晒

例句を挙げる。

なだるる日簀にせきとめて寒晒 木村蕪城
大冨士にひれ伏す軒端寒晒 勝又一透
寒晒す布に乗りたる流れかな 飯沼衣代
寒晒中将姫の寺の前 大峯あきら 鳥道
寒晒富嶽大きく裏に聳つ 西村公鳳
寒晒日を失へる桶二つ 猪俣勝太郎
寒晒遠くにごれる印旛沼 松崎鉄之介
寒晒雪散りながら月夜かな 大峯あきら
手足まで寒晒したる下部かな 一茶
明日のいろに白樺落葉松寒晒し 和知喜八 同齢
晴るゝ日も雪ちらつくや寒晒 再生
松に杖さくらに杖や寒晒 大峯あきら 鳥道
枯棗の影游ぐ戸や寒晒 高田蝶衣
水で責め水で宥めて寒晒し 右城暮石
荒神の灯りたまへる寒晒 勝又一透
越中の手延そうめん寒晒 松岡 よし子
遠山の晴れ退きぬ寒晒 勝又一透
隠岐の娘の濁世は知らず寒晒 中村苑子
風の来てくぼめし水や寒晒 肝付素方
寒曝富嶽大きく裏に聳つ 西村公鳳
寒曝野を夜歩きの鶴ならん 廣江八重櫻
工程の動より静へ寒曝 西村和子 かりそめならず
恐しき檜山の星や寒曝 大峯あきら 鳥道
水で責め水で宥めて寒曝 右城暮石
瞬間に彎曲の鉄寒曝し(広島原爆ドーム) 山口誓子 青銅
葛桶の箍まさをなる寒曝 西村和子 かりそめならず

寒晒 補遺

なだるる日簀にせきとめて寒ざらし 木村蕪城 寒泉
寒晒遠くにごれる印旛沼 松崎鉄之介
寒晒白一色を目ざすなり 右城暮石 散歩圏
軒にひとつ燕の古巣寒ざらし 加藤秋邨
仕上りし白を削れる寒晒 右城暮石 句集外 昭和四十八年
水が責めぬきし白さよ寒晒 右城暮石 虻峠
水で責め水で宥めて寒晒 右城暮石 句集外 昭和四十八年
水音の外に音なし寒晒 右城暮石 句集外 昭和四十六年
水澄めり太陽澄めり寒晒 右城暮石 句集外 昭和四十六年
庇あはひに雪狂ふ日も寒晒 阿波野青畝
風邪気の葛湯の寒晒しの葛の白さで 荻原井泉水
藁垣の外を舟行く寒ざらし 木村蕪城 寒泉

寒晒 続補遺 

大こんや天狗の鼻の寒ざらし 除風
寒晒土用の中をさかり哉 許六
寒くとも籠に水汲め寒ざらし 土芳

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:39 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。