寒天造る の俳句

寒天造る の俳句

寒天造る

例句を挙げる。

まよなかの星寒天をあますなし 長谷川素逝 暦日
もうもうと寒天小屋の居沈めり 阿波野青畝
一平野一寒天の下にあり 高野素十
冬の峡寒天干しも顔を干す 加藤楸邨
冬の田に寒天さらし顔さらす 滝沢伊代次
午下の日はあり寒天を晒す人 木村蕪城 寒泉
国境や寒天乾く路傍より 古舘曹人 能登の蛙
垣間見て枯れの一色寒天干し場 和地清
夏痩や寒天食うて夕ごゝろ 癖三酔句集 岡本癖三酔
夕凍の寒天深む透明度 羽部洞然
夜干し寒天守る燈更けても赭きまま 宮津昭彦
夜晒の寒天干し場にマッチ擦る 田中冬二 俳句拾遺
寒天に大晴れしたる花柊 飯田蛇笏 椿花集
寒天に棕梠の葉そよぐ見て登る 北原白秋
寒天に船渠の鎖長短あり 細谷源二 鐵
寒天に落葉松の尖針と揃ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
寒天の干し場にひとり日向ぼこ 田中冬二 麦ほこり
寒天の干し場干し場の藁囲ひ 田中冬二 俳句拾遺
寒天の打ち落すべき何もなし 梅沢一栖
寒天の日輪にくさめしかけたり 臼田亞浪 定本亜浪句集
寒天の田にうす墨の山凍る 原裕 青垣
寒天の重さ失ふまでは干す 木村滄雨
寒天の電柱老ひしと言ふべき乎 草薙朱砂郎
寒天やしやがまる妻の熱き映画 攝津幸彦
寒天や夕まぐれ来る水のいろ 芥川龍之介 我鬼句抄
寒天を冷やす平穏麻そよぐ 中山純子 沙 羅以後
寒天を凍らすけふの月のぼる 大橋桜坡子
寒天を干して人影なき山田 大橋櫻坡子 雨月
寒天を干して住みつく丹波人 森田峠 避暑散歩
寒天を干し鳥紋の直下かな 岡井省二
寒天を干す雪峰のまかがやき 内藤吐天
寒天を晒すや日没り月のぼる 大橋櫻坡子 雨月
寒天を造りどこやら流人めく 後藤比奈夫
寒天乾きおのづから捨つ海の色 大石悦子 群萌
寒天在所急ぎゆくもの水ばかり 大石悦子 群萌
寒天場いづこの海の潮の香ぞ 沢田弦四朗
寒天場日の色濁り初めにけり 窪田英治
寒天小屋の匂ひなか~馴染まざる 松尾緑富
寒天小屋出づる人影湯気曳きて 原 柯城
寒天小屋土間のくぼみを炉としたり 村上冬燕
寒天小屋寒天煮ずば乞食小屋 加藤かけい
寒天小屋棚に一枚男櫛 辻田克巳
寒天小屋男炊ぎの米こぼす 大橋敦子 匂 玉
寒天小屋裏漢のものの干しありぬ 大石悦子 群萌
寒天小屋覗き見て見ぬ顔をする 橋本美代子
寒天小屋隙間だらけの戸が重し 大橋敦子 勾 玉以後
寒天干場厄除け神が吹かれをり 米沢吾亦紅
寒天干場湖ゆ羽音のいくたびも 宮坂静生 樹下
寒天晒す野にうつくしき水流れ 鍵和田[ゆう]子
寒天杜氏百日雑魚寝してゐたり 安藤恵美子
寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子
寒天田生絹の翳のありにけり 北見さとる
寒天終ひ近し八ケ岳より*はやて来る 宮坂静生 樹下
寒天製す山村磯の香をこめて 鈴木鶉衣
山光や寒天に聳つ木一本 臼田亞浪 定本亜浪句集
嶺々わたる日に寒天を晒すなり 木村蕪城 一位
嶺おろし頬さす寒天晒しけり 伊東宏晃
干寒天星のかけらも混じりたる 辻田克巳
恵那山の渺と寒天造りかな 金子青銅
抱きゆく干寒天の大き嵩 大橋敦子 匂 玉
日のかぎり寒天を干す息を干す 小島千架子
星ひとつ風に飛ばされ寒天場 岬雪夫
昨夜の凍てとけゆく綺羅や糸寒天 水野富美
暁の星またゝく下に寒天干す 冨士原ひさ女
柊を挿して寒天小屋閉ざす 野崎ゆり香
森小春寒天質のわが肉体 折井眞琴
水槽に寒天浮いて夕さりぬ 芥川龍之介
氷の針奔り寒天緊りけり 羽部洞然
畑中に海の匂ひの寒天干す 西村和子 かりそめならず
白き山白き野寒天造りの子 橋本多佳子
白くさむく寒天干場日当りぬ 豊長みのる
粉雪舞ふ闇に寒天造りの燈 堤俳一佳
茜色さす寒天を晒しけり 西村和子 かりそめならず
蜜豆の寒天ごしの蜜黒し 如月真菜
蜜豆の寒天の稜の涼しさよ 山口青邨
隙多き寒天小屋の夜は如何に 久保佳子
雪ざらし月光ざらし寒天干す 野崎ゆり香
雪の峡寒天干しも顔を干す 加藤楸邨
雪汚し寒天運ぶ猫車 伊東宏晃
風出でて寒天干しは山を見る 宮岡計次
風花にたえず寒天干し返し 寺島美園

寒天造る 補遺

嶺々わたる日に寒天を晒すなり 木村蕪城 一位
白き山白き野寒天造りの子 橋本多佳子
凍雲の窺ふ寒天の干し加減 後藤比奈夫
耳藉しあひ雪の屋根師と寒天干 岡井省二 明野
午下の日はあり寒天を晒す人 木村蕪城 寒泉
寒天突き出すも 晒すも 白息劇 伊丹三樹彦
寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子
寒天干に濤のこゑして氷樽 岡井省二 明野
寒天干す 並べる 耳はとうにちぎれ 伊丹三樹彦
寒天を干すはすかひに水平に 右城暮石 句集外 昭和六十年
寒天を干し鳥紋の直下かな 岡井省二 明野
寒天の干場 しらしら 夕凍み待つ 伊丹三樹彦
もうもうと寒天小屋の居沈めり 阿波野青畝

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:45 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング