氷豆腐 の俳句

氷豆腐 の俳句

凍豆腐

例句を挙げる。

いささかの酒のみのこす凍豆腐 角川春樹
さみしさに煮て凍豆腐芭蕉の忌 小池文子 巴里蕭条
みちのくの藁しべ青き凍豆腐 平紀昭
凍豆腐おとなばかりの足音にて 小林秀子
凍豆腐かけて飯綱檐にあり 栗生純夫
凍豆腐からから骨の音をたて 宮坂静生 雹
凍豆腐つらなり乾く深廂 細野達子
凍豆腐とは凍らなくなりしもの 後藤立夫
凍豆腐に空頼もしき北斗かな 河野静雲 閻魔
凍豆腐のよく出来にけり鳴雪忌 田中冬二 行人
凍豆腐今宵は月に雲多し 松藤夏山 夏山句集
凍豆腐仕置のごとく折れ曲り 栗島 弘
凍豆腐千早の月にさらしけり 山下秀子
凍豆腐夕日の赤も温みなし 八牧美喜子
凍豆腐故郷の山河まなうらに 阿部みどり女
凍豆腐月の猪垣遠巻きに 大竹きみ江
凍豆腐月は諏訪湖に傾ける 金子雅博
凍豆腐煮て佳き酒を尽しけり 水原秋櫻子
凍豆腐編みたる藁の青さかな 館岡幸子
凍豆腐編みてしびれて嫁の座や 村上一葉子
凍豆腐編む天窓の雪明り 加藤弥子
夜となれば晴るゝ空やな凍豆腐 五十嵐播水 播水句集
天龍のひびける闇の凍豆腐 木村蕪城 一位
宿坊の厨に届く凍豆腐 細川螢火
戸隠の天へつらなる凍豆腐 佐川広治
星夜毎傷つきあへり凍豆腐 倉石永夫
暁け近き月光巌し凍豆腐 京谷圭仙
月に吊り日に外しけり凍豆腐 高浜虚子
杉山に月のぼるなり凍豆腐 岡井省二
比叡よく晴れ熱湯へ凍豆腐 鈴木鷹夫
生凍豆腐叩く谺や寒未明 小佐田哲男
田の畦の凍豆腐に月させり 加藤楸邨
白馬凍豆腐とありて閉ざしゐる 田中冬二 俳句拾遺
舌裏に赤きが見ゆる凍豆腐 老川敏彦
軒毎に凍豆腐干し隠れ耶蘇 早水ふみを
雪すこしかかりて暁けの凍豆腐 細見綾子
雪山のむらさきに出す凍豆腐 平沢洲石
雪重く浅間座れり凍豆腐 堀口星眠
高い高いと子どもあやされ凍豆腐 金子兜太
くっついてゐる二三枚寒豆腐 鈴木 康永
喪鴉や高野豆腐の色ふかめ 岡澤康司
宿坊に高野豆腐の由来きく 中野つぎの
寒豆腐干し塞ぎたる旅籠かな 松藤夏山 夏山句集
寒豆腐干場はさみて旅籠かな 松藤夏山 夏山句集
雪の寺正月三日の高野豆腐 中山純子 沙羅

氷豆腐 補遺

凍豆腐比良の裏側いま日南 阿波野青畝
凍豆腐諏訪の凍星われも知る 後藤比奈夫
田の畦の凍豆腐に月させり 加藤秋邨
天龍のひびける闇の凍豆腐 木村蕪城 一位
新藁の色に送られ凍豆腐 松崎鉄之介
雑草園こよひは作る凍豆腐 山口青邨
久保田家に吊る二タ縒りの凍豆腐 石田勝彦 雙杵
花冷や高野豆腐は薄味に 鈴木真砂女 夏帯
屋根に沈む北斗の杓や凍豆腐 山口青邨

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:50 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング