スケート の俳句

スケート の俳句

スケート

例句を挙げる。

こころ鋭き日よスケートのエッヂ拭く 文挟夫佐恵 黄 瀬
やつてみせくれしスケートジャンプかな 京極杞陽 くくたち下巻
スケートに乗れば忘れてしまふこと 稲畑汀子
スケートに孤高の男居りにけり 森田峠 三角屋根
スケートに幼女を送る空すこし 林田紀音夫
スケートに酔うてさびしきこともなし 河野南畦 『花と流氷』
スケートに青きかなしき空の色 平畑静塔
スケートのきほへば飛雪また飛雪 大島民郎
スケートのこけしはずみや朝日影 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
スケートのひも結ぶ間も逸りつつ 山口誓子
スケートのスピン重ねて人忘る 樋笠文
スケートの人輪を抜けて又人輪 森田峠 避暑散歩
スケートの今日は遅き娘手あげ来る 岸風三樓
スケートの倒影も脚踏み替ふる 轡田進
スケートの刃の傷あまた逆さ富士 遠藤芳郎
スケートの右手をちぢめて右廻り(浅間山麓鹽壺温泉滞在) 上村占魚 『霧積』
スケートの少女独楽なす円舞曲 西山青篁
スケートの左廻りや山囲む 松本たかし
スケートの影を走らす萱黄なり 岡田 貞峰
スケートの心に脚の従はず 嶋田一歩
スケートの憩ひジヤケツの身をほそめ 岸風三楼 往来
スケートの折腰ソビエート人が捷つ 百合山羽公 寒雁
スケートの汗ばみし顔なほ周る 橋本多佳子
スケートの渦うまれつつ夜明けたり 小林碧郎
スケートの渦に乗りゐて孤独なり 黒坂紫陽子
スケートの渦のひらがな文なさず 河野南畦 『硝子の船』
スケートの渦のゆるめり楽やすめり 石田 波郷
スケートの渦の中より吾娘となる 山田弘子 初期作品
スケートの渦ふところに山眠る 前田 鶴子
スケートの渦を外れてをり二人 行方克巳
スケートの湖二つ抱き山の村 上田えみ子
スケートの濡れ刃携へ人妻よ 鷹羽狩行(1930-)
スケートの父と子ワルツ疑はず 石田波郷
スケートの疲れを足に下萌ゆる 高木晴子 晴居
スケートの疲れ旋階降りるとき 岸風三楼 往来
スケートの紅緒紅顔の美少年 山口誓子
スケートの紐むすぶ間も逸りつゝ 山口誓子 凍港
スケートの終り降る雪真直なり 山崎秋穂
スケートの群に吾子をり常に見ゆ 手島 靖一
スケートの群より現れて妻匂ふ 上村忠郎
スケートの藍衣なびけば紅衣また 皆吉爽雨
スケートの襟留たまに閃光す 宮武寒々 朱卓
スケートの観覧席といふに上る 波多野爽波 鋪道の花
スケートの輪の外で考えており 五島高資
スケートの迅さやおのが影にのり 三宅 句生
スケートの靴が木椅子に夜の湖畔 根岸 善雄
スケートの靴に乗りたる青春よ 稲畑汀子
スケートの風の一団過ぎにけり 椎橋清翠
スケートやラツシユの襟のヒラ~と 河野静雲
スケートや右に左に影投げて 鈴木花蓑句集
スケートや子の手を取りて一周す 上島 幸重
スケートや忽ち遠く澄み見えて 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
スケートや月下に霞む一人あり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
スケートや連れ廻りをりいもせどち 鈴木花蓑句集
スケートや青くかなしき空の魚 平畑静塔
スケートを小脇に少女一人急ぐ 川崎展宏
スケートを見る人々に日の当る 阿部みどり女
スケートダンス離り別るゝときゆるく 岸風三楼 往来
スケートヘ幼女を送る空すこし 林田紀音夫
スケートリンク中央にして吾子の咲く 毛塚静枝
スケート場沃度丁幾の壜がある 山口誓子(1901-94)
スケート場海光の青の窓を嵌め 石田 波郷
スケート少女一周終へし貌あげぬ 畠山譲二
スケート脱ぐや靴下のまましびれをり 杉本寛
リンク一周してスケートの腰決まる 青野れい子
世紀終る夜セントラルパークのスケート 浅井愼平
充実やスケートが円描き続け 森田智子
吾子もゐるはずのスケート場混めり 佐藤宣子
嘆きは茶飯事 スケートリンクに鳥となり 伊丹公子 メキシコ貝
子の手とり母のスケート滑り出づ 後藤夜半 底紅
寄生木やスケート一団山に入る 堀口星眠 火山灰の道
少女提ぐスケート靴も細足首 品川鈴子
山蔭に村の手作りスケート場 高澤良一 随笑
峡の日はたかしスケートの線みだれ 水原秋櫻子
彼が見てゐるスケートを舞ひにけり 嶋田摩耶子
担ぎ来しスケートはじむ野の小池 兼田 幸苑
最後までスケート場の四隅混む 五十嵐研三
玻璃越しにスケート場に茶房あり 高濱年尾 年尾句集
石ころの如くスケートの子が走る 吉田巨蕪
碧落に聖火台嵌めスケート場 轡田 進
纏足斯くやスケート靴の赤い紐 宮崎二健
脚あげてスケートダンスちよと跳びぬ 岸風三樓
雪嶺とスケートの子の初景色 相馬遷子 雪嶺
風の子の路上スケート麦萌ゆる 関根淑子
鳶になり下駄スケートの子ら早し 松田ひろむ
鳶の翼スケートの人ら遥か下に 渡邊水巴 富士
氷滑りひとり離れて小さき田に 西村公鳳
スピードスケートカチカチバックストレッチ 高澤良一 石鏡
スピードスケート断トツリンクレコード出る 高澤良一 石鏡
チャールストン伴奏(バツク)にスケート露西亜ペア 高澤良一 石鏡
フィギュアのリフト高々ニューヨークニューヨーク 高澤良一 石鏡
フィギュア解説ニコライステップとは何ぞ 高澤良一 石鏡
疾風また旋風ともなりスケーター 高澤良一 石鏡

スケート 補遺

この世にて最も平スケート盤 山口誓子
スケーターまろべばジヤズが頭上より 山口青邨
スケートのをとこのにほひ濃かりけり 山口誓子
スケートのをんな狐臭を発しけり 山口誓子
スケートの渦のゆるめり楽やすめり 石田波郷
スケートの渦を一人の服を見る 石田波郷
スケートの楽太陽にロツクン調 平畑静塔
スケートの汗ばみし顔なほ周る 橋本多佳子
スケートの観覧席といふに上る 波多野爽波 鋪道の花
スケートの君は帽子のうちに眉 山口誓子
スケートの君横顔をして憩ふ 山口誓子
スケートの紅緒紅顔の美少年 山口青邨
スケートの左廻りや山囲む 松本たかし
スケートの若きふたりの殊に巧み 伊丹三樹彦
スケートの真顔なしつゝたのしけれ 山口誓子
スケートの刃に立ちゐても煙草吸ふ 山口誓子
スケートの折腰ソビエート人が捷つ 百合山羽公 寒雁
スケートの童子の群を見て楽し 百合山羽公 春園
スケートの濡れ刃携へ人妻よ 鷹羽狩行
スケートの紐むすぶ間も逸りつゝ 山口誓子
スケートの氷切る音山しづか 山口青邨
スケートの氷素足の犬踏まず 山口誓子
スケートの父と子ワルツ疑はず 石田波郷
スケートの面粉雪にゆき向ふ 橋本多佳子
スケートは小説よりも面白し 高野素十
スケートや握り拳を背に預け 阿波野青畝
スケートや雲の円蓋忘れ果て 中村草田男
スケートや青くかなしき空の魚 平畑静塔
スケートや雪被ぬはなき諏訪の山 水原秋櫻子 葛飾
スケートや童子の群のやすみなき 百合山羽公 春園
スケートや蹈みかはす足ゆるやかに 日野草城
スケートリンクトーテンポール魔除して 平畑静塔
スケート場海光の青の窓を嵌め 石田波郷
スケート場狐が渡るときもある 金子兜太
スケート場四方に大阪市を望む 山口誓子
スケート場芝区の街路海に出づ 石田波郷
スケート場沃度丁幾の壜がある 山口誓子
汚れたるスケート場は黄となんぬ 山口誓子
吾娘夫妻のスケート嘉す番傘携げ 中村草田男
山乙女スケートリンクのチケツ売る 山口青邨
山俄にスケートリンクの楽興る 山口青邨
四方の玻璃スケート場を映す夜ぞ 山口誓子
子の手とり母のスケート滑り出づ 後藤夜半 底紅
子等週末スケート靴の刃に頬触れ 能村登四郎
少年横抱きスケート先頭凱陣めく 中村草田男
少年等乙女等スケート研ぎに研ぎ 山口青邨
水張りつめてスケート不可能池 山口誓子
星燦とスケートの影濃く織り交ふ 伊丹三樹彦
雪去れりスケートリンク天と碧き 橋本多佳子
雪嶺とスケートの子の初景色 相馬遷子 雪嶺
前髪の乱れ髪の間スケート観る 中村草田男
全速のスケートの子よ顔失せず 平畑静塔
相合のスケートは手をあづけあひ 平畑静塔
太陽の熱スケートの冷え場にも 山口誓子
田の畦をわたり少年スケーター 山口青邨
鳶の翼スケートの人ら遥か下に 渡邊水巴 富士
日曜の子守はかなしスケート見て 山口青邨
箱根山スケート場の冷地獄 山口誓子
舞ひ澄みて鶴より白しスケーター 有馬朗人 天為
夜の樹々にスケートの楽絶えず湧けり 伊丹三樹彦

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 13:01 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26795099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング