寒月 の俳句

寒月 の俳句

冬の月 の例句


寒月 補遺

あはれさを裸にしたり寒の月 正岡子規 寒月
お地蔵は笑み寒月の父の墓 川端茅舎
この家の三和土を寒の月照らす 山口誓子
シャンツェに遅き寒月上りけり 飯田蛇笏 山響集
その夜夢に寒月の下の師の御言 相馬遷子 山国
なき魂も通ふか寒き月の冴 正岡子規 寒月
なき魂も通ふや寒き月の下 正岡子規 寒月
ひつじ田の寒月照らすやはらかさ 山口誓子
ひとり寝て眼に寒月を掲げたり 石塚友二 方寸虚実
ゆく道のあとさき照らす寒の月 山口誓子
わが島根寒月照りて侵し得ず 山口誓子
胃を病めり貝殻に似て寒の月 岡本眸
雲煙無用の寒月歩む木賊荷鳴る 中村草田男
科学自体は残酷ならず寒の月 中村草田男
貨車これの窓のみ兵に寒月光 伊丹三樹彦
階登り来しが寒月よそよそし 三橋鷹女
咳一家寒月に家縛されて 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
街角の産院なれば寒月浴び 中村草田男
街路樹の深手 まざまざ 寒月光 伊丹三樹彦
寒の月押し照る底に病めりけり 小林康治 四季貧窮
寒の月牡丹畑の上に高く 山口青邨
寒の月昂然として満ちてゆく 相生垣瓜人 負暄
寒の月酒にもまろみありとせり 相生垣瓜人 明治草
寒の月硝子に炎えて種痘かゆし 西東三鬼
寒の月瀬音を後に森よぎる 角川源義
寒の月白炎曳いて山をいづ 飯田蛇笏 家郷の霧
寒の月由々として満ちゆけり 相生垣瓜人 負暄
寒月が照らす死したる岩の谷 山口誓子
寒月が食ひ入る砂嘴の深轍 佐藤鬼房
寒月が星座の間明るくす 山口誓子
寒月が胴乱島を引くごとし 佐藤鬼房
寒月とならむ夕月白く淡し 林翔
寒月にこれがわが住む邸なるかと 山口誓子
寒月にそそり立ち折れ波頭 星野立子
寒月にぢんぢんと鳴る石の庭 山口誓子
寒月にばさとはばたき仲仕酔ふ 佐藤鬼房
寒月にもつとも近く居ると思ふ 三橋鷹女
寒月に一つら灯る野末かな 日野草城
寒月に雲飛ぶ赤城榛名かな 河東碧梧桐
寒月に我を放れて尿輝く 西東三鬼
寒月に瓦礫の中の青菜照る 西東三鬼
寒月に古き噴井の夜も滾つ 下村槐太 天涯
寒月に光琳笹の皆羽撃つ 川端茅舎
寒月に黒船遠きはしけ哉 内藤鳴雪
寒月に七つの焚火大きうす 日野草城
寒月に蝕あり誰の頭の影ぞ 山口誓子
寒月に水捨つひとの華燭の日 桂信子 女身
寒月に水浅くして川流る 山口誓子
寒月に大いに怒る轍あり 秋元不死男
寒月に道の石ころ皆昏き 右城暮石 句集外 昭和二十三年
寒月に白刃をかざす滝のあり 桂信子 花影
寒月に悲しすぎたり両大師 正岡子規 寒月
寒月に悲し過ぎたり善光寺 正岡子規 寒月
寒月に焚火ひとひらづつのぼる 橋本多佳子
寒月に無花果の土影なさず 右城暮石 句集外 昭和二十三年
寒月に縷の立ち顕つはわれ病むか 下村槐太 天涯
寒月の 肉に喰ひ込む くろき爪 富澤赤黄男
寒月のうしろに射すを耳が知る 能村登四郎
寒月のうつくしといふ閨の妻 山口青邨
寒月のかけらぶつかり合ふ怒濤 福田蓼汀 秋風挽歌
寒月のひかりにとほき星の闇 松村蒼石 寒鶯抄
寒月のらんらんとして怒れるか 川端茅舎
寒月のわれふところに遺書もなし 富澤赤黄男
寒月の一太刀浴びて火の如く 川端茅舎
寒月の運河に出でて割れ易き 秋元不死男
寒月の炎ゆるを窓に狂女眠る 西東三鬼
寒月の下閃きて星こぼる 山口誓子
寒月の下背をてらし犬はゆく 山口青邨
寒月の岩は海より青かりき 川端茅舎
寒月の弓弦心張れば鳴る 山口青邨
寒月の金の稚し水の上 角川源義
寒月の砕けんばかり照しけり 川端茅舎
寒月の細き枝にもうらおもて 山口青邨
寒月の載るや夜目にも錆びざる鉄 中村草田男
寒月の昨夜白かりし縁のさき 山口誓子
寒月の照すことなく燕の巣 三橋敏雄
寒月の照らせるままに夜はすすむ 山口誓子
寒月の照るしづけさに臥をつゞく 山口誓子
寒月の大いなるかな藁廂 星野立子
寒月の滝のごとくに灑ぐ石 山口青邨
寒月の通天わたるひとりかな 川端茅舎
寒月の天に見下す潦 山口誓子
寒月の統べし一湾鎮もりぬ 稲畑汀子
寒月の白地を蝕が通り抜け 山口誓子
寒月も素顔も寂びて旅しけり 高屋窓秋
寒月や きりきりしろき歯を鳴らし 富澤赤黄男
寒月やいたく更けたる公孫樹 日野草城
寒月やげに晴れわたる鶴の空 星野立子
寒月やこの世に神のあるごとし 鈴木真砂女 卯浪
寒月やたましひうせの裾野の燈 大野林火 青水輪 昭和二十四年
寒月やもつとも耐ふる松柏 齋藤玄 飛雪
寒月やわれ白面の反逆者 原石鼎 花影
寒月や芦鳴り閉ぢて靄うごかず 村山故郷
寒月や一筋光る田舍道 正岡子規 寒月
寒月や一本杉の一本 正岡子規 寒月
寒月や雲盡きて猶風はげし 正岡子規 寒月
寒月や駅には煙多くして 山口誓子
寒月や何やら通る風の音 正岡子規 寒月
寒月や海にこぼるゝ玉霰 正岡子規 寒月
寒月や牛市のこゑまだ宙に 百合山羽公 故園
寒月や空をつんざく五劍山 正岡子規 寒月
寒月や穴の如くに黒き犬 川端茅舎
寒月や見渡すかぎり甃 川端茅舎
寒月や原渺々として寺一つ 正岡子規 寒月
寒月や枯木の上の一つ星 正岡子規 寒月
寒月や細殿荒れて猫の聲 正岡子規 寒月
寒月や山を出る時猶寒し 正岡子規 寒月
寒月や人去るあとの能舞臺 正岡子規 寒月
寒月や吹き落されて岩の間 正岡子規 寒月
寒月や石塔の影杉の影 正岡子規 寒月
寒月や雪束の間の罠獲物 河東碧梧桐
寒月や造船場の裸船 正岡子規 寒月
寒月や大東京の灯まばら 村山故郷
寒月や地藏の首のあり處 正岡子規 寒月
寒月や痛くなりたる承泣(なみだたり) 川端茅舎
寒月や湯屋に行く子の駆け出して 山口誓子
寒月や灯影に冱てん白拍子 飯田蛇笏 山廬集
寒月や猫の眼光る庭の隅 正岡子規 寒月
寒月や氷ふみわる靴の音 正岡子規 寒月
寒月や表にものを取りに出て 上野泰 佐介
寒月や北風氷る諏訪の海 正岡子規 寒月
寒月や門をしめゐる前通る 波多野爽波 鋪道の花
寒月や翼の如くいのち去る 野見山朱鳥 曼珠沙華
寒月や立枯の芭蕉ものものし 正岡子規 寒月
寒月や笞刑の人の放たれて 河東碧梧桐
寒月や藪道戻る武者ぶるひ 正岡子規 寒月
寒月をまたぐに惜しき潦 桂信子 花影
寒月を顱頂に置きて歩みをり 上野泰 佐介
寒月下の恋双頭の犬となりぬ 西東三鬼
寒月下まぼろしの鶴彳ちにけり 山口誓子
寒月下暗渠を水の出るところ 山口誓子
寒月下一塊の雪病むごとし 野澤節子 未明音
寒月下煙を低く汽車来る 山口誓子
寒月下海浪干潟あらはしつつ 橋本多佳子
寒月下幹影印し小屋傾ぐ 香西照雄
寒月下子の落書を踏み戻る 香西照雄 素心
寒月下灯の濁りたる電車行く 中村草田男
寒月懸る内海の大海原 山口誓子
寒月光の遠き藁家に長泣く児 佐藤鬼房
寒月光男女つれだち出づるこゑ 桂信子 月光抄
寒月光柱をくだりつくしたり 加藤秋邨
寒月光電柱伝ひ地に流る 西東三鬼
寒月光背後見ずとも貨車通る 桂信子 晩春
寒月光夜もまがれる松の影 桂信子 月光抄
寒三日月不敵な翳を抱きすすむ 野澤節子 未明音
寒三日月目もて一抉りして見捨てつ 篠原梵 年々去来の花 皿
寒満月こぶしをひらく赤ん坊 三橋鷹女
寒満月山脈低み宙に浮く 相馬遷子 雪嶺
寒満月中天にあり忘れゐし 岸田稚魚 紅葉山
寒満月沈みたる日に照らされて 三橋敏雄
寒満月湯小屋の棟に鹿の角 福田蓼汀 秋風挽歌
寒満月白銀の笹そよぎ鳴り 福田蓼汀 秋風挽歌
簡素といふことの厳粛寒の月 山口青邨
丸い寒月泣かんばかりにドラム打つ 西東三鬼
顔に来し寒月光を掌にも享く 右城暮石 上下
禁欲や寒月光をふりかぶり 伊丹三樹彦
枯枝は邪魔にもならず寒の月 高浜年尾
虎吼ゆる畫に寒月と題すべく 正岡子規 寒月
降りし汽車また寒月に発ちゆけり 百合山羽公 故園
砂踏むや蹠崩るる寒三日月 加藤秋邨
妻を待つ寒月つむじまげにけり 野見山朱鳥 曼珠沙華
時計刻む音にさへ離り寒月下 中村草田男
自縛して寒月よりも細き身よ 古舘曹人 能登の蛙
遮断機の影身を下る寒月光 桂信子 晩春
手で梳くや寒月光の婆娑羅髪 佐藤鬼房
種牡蠣の死を経し海の寒月よ 佐藤鬼房
十五夜の寒月梅の南谷 川端茅舎
出歩くや寒月に髪ばさばさと 佐藤鬼房
晶々と寒月に照る木屑あり 山口誓子
心中を貫く光寒の月 桂信子 草影
人 穴を 掘れば 寒月 穴の上 富澤赤黄男
水栓締め雫ちぢまる寒月夜 山口誓子
繊しとも細き寒三日月なりけり 安住敦
地震國日本お粗末寒満月 三橋敏雄
池を干す水たまりとなれる寒月 尾崎放哉 須磨寺時代
竹叢の秀枝に激つ寒の月 山口青邨
痛さうに屋台たたまれ寒の月 鷹羽狩行
逃避行寒月圏を抜き得ずに 上田五千石『田園』補遺
同じ湯にしづみて寒の月明り 飯田龍太
道直に運河も直に寒月下 山口誓子
薙刀に寒月高し法師武者 正岡子規 寒月
破れ障子まゝよ木枯寒の月 正岡子規 寒月
馬駈けて寒月光の道のこる 桂信子 月光抄
白菊の魂とぶ寒の月明り 飯田龍太
白痴茅舎偲ぶや寒月白を研ぐ 中村草田男
半輪の寒月光に奈良照らす 山口誓子
美しき夜目の生垣寒の月 星野立子
病む父のありての家路寒の月 深見けん二
父母未生以前とは祖国寒満月 中村草田男
風騒の疼くばかりに寒の月 佐藤鬼房
風凪ぎて濤声のこる寒の月 水原秋櫻子 蓬壺
幅ひろき国道よぎる寒月下 山口誓子
兵となりあはれ寒月の洋をゆく 佐藤鬼房
暮れる前からのかゞやき寒の月 高浜年尾
抱く輪に金砂ちりばめ寒三日月 相馬遷子 雪嶺
眠剤を飲む寒月の夜のため 山口誓子
明日は花立てますよ寒月の父よ 川端茅舎
木兎や寒月落て塔高し 正岡子規 寒月
夜学の鐘やさし寒の月と雲に 古沢太穂 古沢太穂句集
夜半覚めて寒月瓶の菜の花に 山口青邨
湧き水を半分照らし寒の月 右城暮石 句集外 昭和二十三年
咆えてもみよ檻の中まで寒月光 中村苑子
寐んとしてなほ寒月を離れ得ず 西東三鬼
撓(たわ)走る寒月光の霊獣か 佐藤鬼房
撓走る寒月光の霊獣か 佐藤鬼房
暈を被て寒月小さき曲馬団 山口誓子
毟りたる一羽の羽毛寒月下 橋本多佳子
潦乾きて寒の月がさす 山口誓子
玻璃鳴らす寒月この家移らむか 岡本眸
眞黒な杉の林や寒の月 正岡子規 寒月
萬山の木のはの音や寒の月 正岡子規 寒月
訃至るや寒月あをき夜半の門 村山故郷

寒月 続補遺 

あかるさや風さへ吹ず寒の月 三浦樗良
烏飛て高台橋の寒の月 松岡青蘿
駕を出て寒月高し己が門 炭太祇
乾鮭を思ふ梢や寒の月 吾仲
寒の月川風岩をけづるかな 三浦樗良
寒月にうつし見む我かこち顔 高井几董
寒月によりそふ雲のちからかな 井上士朗
寒月に照そふ関のとざし哉 高井几董
寒月のどちへもつかず離の一字 惟然
寒月の加茂にもひとつ小家哉 成田蒼虬
寒月の額にちかしをとこ山 加藤曉台
寒月の燃付もせぬすゝき哉 田川鳳朗
寒月の門へ火の飛ブ鍛冶屋哉 炭太祇
寒月の柳などにはかたぶかず 夏目成美
寒月は涙こぼさぬ照やうぞ 松窓乙二
寒月やありともきかぬ須磨の藪 成田蒼虬
寒月やひとり破れしくすり瓶 夏目成美
寒月や雨さへもらぬやねをもる 桜井梅室
寒月や我ひとり行橋の音 炭太祇
寒月や居合をしへの葭がこひ 荷兮
寒月や空へ取らるゝ小室ぶし 三宅嘯山
寒月や枯木の中の竹三竿 与謝蕪村
寒月や狐なが啼地に倒る 高桑闌更
寒月や御鷹の宿もするあたり 松窓乙二
寒月や行ひ人の赤はだか 高井几董
寒月や三絃高く陰に入 三宅嘯山
寒月や自然枯の竹うてば鳴 長翠
寒月や柴ぬすまれし咄し聞 加舎白雄
寒月や衆徒の群議の過ぎて後 与謝蕪村
寒月や須磨の寝ざめも餅の音 馬場存義
寒月や白紙の飛狩のあと 加舎白雄
寒月や八十氏人の豆腐買 東皐
寒月や庖丁ひろふ納屋の門 田川鳳朗
寒月や野の一ッ家に子なく声 三宅嘯山
寒月や薬の帋のそらにとぶ 夏目成美
寒月や留守頼れし奥の院 炭太祇
寒月や礒の小松の親もなし 成田蒼虬
寒月や穢多が虎竹に肉の影 黒柳召波
寒月や頽れ塘に獺の穴 三宅嘯山
荒海に人魚浮けり寒の月 松岡青蘿
帷子に寒月白しすゝはらひ 三宅嘯山

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 15:31 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26795394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング