寒林 の俳句

寒林 の俳句

寒林

例句を挙げる。

(塩原)寒林の端シの早瀬や巌峙ち 尾崎迷堂 孤輪
いさゝかも寒林ひしめきを見せず 川田朴子
いのちあり寒林の見えはじめたる 野見山朱鳥
どの星も低し寒林抜けてより 出光牽牛星
わが行くにどの寒木も躯を躱す 三橋鷹女
一寒木から離れざる人のあり 金田咲子 全身 以後
一鳥も見ぬ寒林の峠さび 阿部みどり女
五倍子干して今も昔の温泉宿かな 美柑寒木
五十とはあまりに若しそゞろ寒 林 香翠
人見えぬまま寒林の遠こだま 桂信子 黄 瀬
人通り寒林に道あることを 稲畑汀子 春光
何かせつなく寒林を通り過ぐ 伊藤敬子
初霞猶寒林といふ外なし 長良扶沙子
千針生ふ*たらも寒林なせりけり 皆吉爽雨
哀しびや溶岩寒林に貂を撃ち 多田裕計
哭く女寒林の一木と化す 三谷昭 獣身
喜寿の胸張つて寒林の奥めざす 吉田未灰
大山の裾寒林となるはいつ 高木晴子 花 季
夫子眠る寒林遠き忌日かな 阿部みどり女
寂として寒林人を拒みけり 和田祥子
寒木が大きごむまり撥ね返す 香西照雄 対話
寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼
寒木が燃え遺棄死体陰つくる 細谷源二 鐵
寒木となる夕焼を力とし 奥名春江
寒木にひとをつれきて凭らしむる 石田波郷
寒木に夕日おだやかなる退庁 榎本冬一郎 眼光
寒木に大の男の上る見ゆ 相生垣瓜人
寒木に大音声の子が泣ける 桂信子
寒木に耳あてて何を聴かうとする 三橋鷹女
寒木の宙かすむ日の紙芝居 下村槐太 天涯
寒木の影が倒れてゐる畳 佐々木六戈 百韻反故 初學
寒木の影彼が負ふ我も負ふ 三好潤子
寒木の濡れて燈のなき夜学校 田中裕明 山信
寒木を挽く音ルオーの絵にある音 加倉井秋を 『欸乃』
寒林といふべくもなく暮れてゐし 藤田あけ烏 赤松
寒林といふ大いなる肺にゐる 木本英美
寒林といふ目の前の遠きもの 高橋謙次郎
寒林と言ふ響よき杜に入る 坂本山秀朗
寒林にその青空を映す水 野中亮介
寒林にまぎれず駈くる一騎あり 桂信子 樹影
寒林にゐてひくひくと喉佛 原 裕
寒林にゐて一木と思ふ身よ 上田日差子
寒林にデラシネの目のいくつ咲く 徳弘純 非望
寒林に一すじありし僧の道 上田 芳子
寒林に一人入りまた一人入り 石原八束 雁の目隠し
寒林に一刀三礼の仏とぞ 福田蓼汀 秋風挽歌
寒林に一禽一鼠なにもなし 古館曹人
寒林に一語の冴えをのこし去る 三谷昭 獣身
寒林に人参色の陽が沈む 村岡正明
寒林に入りて死に得ず返せしと 右城暮石 声と声
寒林に入りゆく影を失はず 野見山ひふみ
寒林に入るなまぐさき身を細め 篠田悌二郎
寒林に古墳ありけりやや高く 福田蓼汀 山火
寒林に向ひ獄舎は扉を閉す 福田蓼汀 山火
寒林に寒鳥のゐて崩御の日 今瀬剛一
寒林に待つは若者眉根濃し 星野麦丘人
寒林に散るもののなほ残りをり 岡安仁義
寒林に日あたり人は急ぐなり 椎橋清翠
寒林に日も吊されてゐたりしよ 木下夕爾(1914-65)
寒林に来て佯りし狂を解く 相生垣瓜人 微茫集
寒林に来て美しき羽根拾ふ 塚本烏城
寒林に歌消え後尾ちらちらす 横山白虹
寒林に泣き果てし子の軽くなる 森賀 まり
寒林に海の匂ひがよぎりけり 青木たけし
寒林に深入り鵙に咎めらる 岸風三樓
寒林に生きものの香の我あゆむ 篠田悌二郎(1899-1986)
寒林に行の滝とてかゝりたる 後藤暮汀
寒林に踏みにじりたる吸殻よ 上田五千石 田園
寒林に身を隠したき一樹なし 石川文子
寒林に近寄ることの絶えてなし 下村槐太 天涯
寒林に透く伊豆の空伊豆の海 稲畑汀子 汀子第三句集
寒林に雨だれの音夥し 西村和子 夏帽子
寒林に靄なびく日々病者ら貧し 赤城さかえ句集
寒林に風つらぬけりカミユ死す 小池文子 巴里蕭条
寒林に風聰くして七七忌 岸田稚魚 筍流し
寒林のごとく針挿し針祭る 後藤比奈夫
寒林のさきに酔眼据ゑてをり 仙田洋子 橋のあなたに
寒林のしきみは古き墓場かな 飯田蛇笏 山廬集
寒林のそばまで潤む鳥瞰図 小泉八重子
寒林のなかうつうつと幹ばかり 長谷川素逝 暦日
寒林のなかにある日のよごれはて 長谷川素逝 暦日
寒林のなかのどこかに日のこぼれ 長谷川素逝 暦日
寒林のひそけさに犬放つべし 内藤吐天 鳴海抄
寒林のゆらぐと見しや兵の列 岩田昌寿 地の塩
寒林のガソリンにほふ方落暉 石田波郷
寒林の一樹といへど重ならず 大野林火
寒林の一樹一枝も衰えず 一ノ瀬操
寒林の中の人ごゑつきとほる 長谷川素逝 暦日
寒林の中や一書を抱きゆく 上野美智子
寒林の仔馬を染むる海のいろ 石原八束 空の渚
寒林の入口にある厠かな 柏 禎
寒林の切株も壕のあとも壊ゆ 原田種茅 径
寒林の切株四五は木霊の座 能村登四郎
寒林の夕の雲は散り易し 福田蓼汀
寒林の奥にありたる西の空 鷲谷七菜子 花寂び
寒林の奥に慟哭あるごとし 青木重行
寒林の影あきらかに延び来たり 南上朱人
寒林の影起ち上る夕日かな 北野登
寒林の径消えなんとして尽きず 宮下翠舟
寒林の日ざしに想ひ綻びぬ 瀧春一 菜園
寒林の日すぢ争ふ羽虫かな 杉田久女
寒林の日向がさみし藁敷かれ 長谷川双魚 風形
寒林の松を数へて忘れたり 阿部みどり女 『笹鳴』
寒林の松声詩人は常緑 香西照雄 素心
寒林の枯笹静まるときのなき 阿部みどり女
寒林の栗鼠が落ちこむ空ま青 龍居五琅
寒林の沖ゆく犬や何を得ん 原コウ子
寒林の百幹に吾を加へたる 大岳水一路
寒林の空張りつめしまま暮れぬ 古賀まり子 緑の野
寒林の縞日に紙風船あがる 石原八束
寒林の色といふもの日当りて 桑田詠子
寒林の透きゐて愛の切なきまで 上田五千石 田園
寒林の陽を見上げては眼をつぶる 飯田蛇笏 山廬集
寒林の隙間だらけに咳ひびく 野見山ひふみ
寒林の音のたまれる竹の節 長谷川草々
寒林の風のぬけみち遮らむ 仙田洋子 橋のあなたに
寒林は平らな道とおもひ来し 田中裕明 先生から手紙
寒林へいざなふ紐のごときみち 伊藤敬子
寒林へけむりの上がる月日かな 吉田鴻司
寒林へにげし小鳥の透けて見ゆ 村井信子
寒林へ径一閃や狂へる窓 古舘曹人 能登の蛙
寒林へ来てしづかな日しづかな風 後藤比奈夫 初心
寒林やしろがね色に日の面テ 高橋淡路女 梶の葉
寒林やとつくに言葉消えやすく 石橋秀野
寒林やとらへて細き子の体 岩田由美
寒林やペン画の中にゐるおもひ 朝倉和江
寒林や一歩一歩が祈りの歩 石田あき子 見舞籠
寒林や人つ子通る昼日中 桑原三郎 晝夜
寒林や古書に埋もれゐるごとし 前田法比古
寒林や土耳古の旗の月と星 永井龍男
寒林や手をうてば手のさみしき音 柴田白葉女 雨 月
寒林や櫟ばかりが葉を鳴らす 阿部みどり女
寒林や男を離れ考える 高澤晶子
寒林や疲れ忘るる斧響き 河野南畦 湖の森
寒林より誰か鏡を光らせし 石川千里
寒林をでて雉子撃ちの貌ふたつ 村上しゆら
寒林をとよもして雉おどろけり 相馬遷子 雪嶺
寒林をゆく月光の縞を被て 岡本差知子
寒林を一筋洩るる仏の灯 高見岳子
寒林を三人行くは群るる如し 石田波郷
寒林を出てかなしみのいつかなし 三橋鷹女
寒林を抜けガリバーの馬の国 二村典子
寒林を行く影法師切られ折られ 福田蓼汀 秋風挽歌
寒林を見遣るのみにて入りゆかず 星野麥丘人
寒林を透く歯ぎれよき麦の畝 千代田葛彦 旅人木
寒林を透して見ゆる火色あり 稲畑汀子 春光
寒林讃根元根元で濃き夕映 香西照雄 素心
岐れても岐れても径寒林に 加藤燕雨
日の芯となり少年ら透く寒林 柴田白葉女 花寂び 以後
日を呑んでゆく寒林は歎異妙 熊谷愛子
月の出の寒林しづかなるが憎し 有働亨 汐路
月の青空寒林に昼透きとほり 鷲谷七菜子 花寂び
機銃音寒林の日をはじきしのみ 岩田昌寿 地の塩
汽車工場寒林を伐りて汽車を置けり 細谷源二 鐵
沼ねむり寒林これを見守れる 有働亨 汐路
泣くまじく寒木の嵐暮れかかる 加藤知世子 黄 炎
湖畔ゆく寒林こぼれ出ては人 亀井糸游
無垢の瞳となり寒林を出できたる 藤木倶子
父の如き寒林のあり去り難し 石川昌子
猟狗吠え寒林に風立ち易き 内藤吐天 鳴海抄
百の鴉いる寒林のさ迷い児 赤尾兜子
目を寄せてゐる寒林の透くばかり 栗林千津
矗々と寒木空の音つたふ 山口草堂
神の言葉隠り寒林青くなる 石原八束 白夜の旅人
秀才とをり寒林の曇枝 秋元不死男
繊強と言はん寒林の一若木 香西照雄 素心
羽ばたきの頭上匆々寒林へ 高澤良一 随笑
老木の寒木に眼を凝らす 秋元不死男
耶蘇名ルカ寒林ひびかせては名乗る 平畑静塔
菊戴寒林に頭を灯し来る 堀口星眠 営巣期
行僧を入れて寒林緊りける 毛塚静枝
追慕にも似て寒木の影淡し 平子公一
遠き寒林一眼はきと写しをリ 石塚友二
野の入日燃えて寒林の道をはる 水原秋櫻子
雑鬧を行くや寒林をゆくごとく 西島麥南
青春の隊長の葬寒林に 杉本寛
風韻をもて寒木をつなぎ合ふ 佐野まもる
飛行機工場寒林にとどく広場あり 細谷源二 鐵
鳥が知る 寒林の火事ひろがるを 松本恭子 檸檬の街で
鳥のゐない寒林人のゐない耕地 榎本冬一郎
鳥の眼をもて寒林を出づるなり 三田きえ子
鴛鴦や寒林の日の落椿 島村はじめ
黒き雲白きをのせて寒林へ 鈴木恵美子

寒林 補遺

いのちあり寒林の見えはじめたる 野見山朱鳥 愁絶
こだまして寒林の風谷に落つ 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
むきあへばカラーが眩し寒林に 桂信子 月光抄
わが行くにどの寒木も躯を躱す 三橋鷹女
一人づつ去る寒林の夕あかり 岡本眸
苑を観る寒林の日はつねに西 山口誓子
遠き寒林一眼はきと写しをり 石塚友二 玉縄以後
乙女の声して寒林を屍行く 石田波郷
寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼
寒木が大きごむまり撥ね返す 香西照雄
寒木が燃え遺棄死体陰つくる 細谷源二 鐵
寒木にひとをつれきて凭らしむる 石田波郷
寒木に耳あてて何を聴かうとする 三橋鷹女
寒木に生傷この意味はのこる 鷹羽狩行
寒木に大の男の上る見ゆ 相生垣瓜人 明治草
寒木に目白寄せたり鳥供養 石塚友二 玉縄抄
寒木のこずゑの声と根の声と 鷹羽狩行
寒木のさきざきに雲なびきをり 桂信子 月光抄
寒木の上にばらばら不在の巣 三橋敏雄
寒木の身を削り立つ浄閑寺 岡本眸
寒木の宙かすむ日の紙芝居 下村槐太 光背
寒木へ十歩の日和失へり 上田五千石『琥珀』補遺
寒木やガラスのごとき硬き空 桂信子 月光抄
寒木や或る投函に濡れて立つ 鷹羽狩行
寒木や湖岸またたきつつ点る 鷲谷七菜子 銃身
寒木や女を見ずの一日暮れ 上田五千石『琥珀』補遺
寒木を目で測りゐる男かな 石田勝彦 百千
寒林といふ数多なる目のなかに 岡本眸
寒林といへどはろかは見透かせず 上田五千石 天路
寒林となりて河港のマスト透く 鷹羽狩行
寒林と言ひならはして数知らず 岡本眸
寒林にオりオンの尾とともに入る 大野林火 白幡南町 昭和三十年
寒林にさへぎられたる町の屋根 大野林火 早桃 太白集
寒林にさみしさあまりわがおらぶ 伊丹三樹彦
寒林にして日の匂ひ濃きところ 鷹羽狩行
寒林にまぎれず駈くる一騎あり 桂信子 樹影
寒林にゐてひくひくと喉仏 原裕 葦牙
寒林に一禽一鼠なにもなし 古舘曹人 能登の蛙
寒林に一刀三礼の仏とぞ 福田蓼汀 秋風挽歌
寒林に近寄ることの絶えてなし 下村槐太 天涯
寒林に古墳ありけりやや高く 福田蓼汀 山火
寒林に吾が影おろかなり曳ける 三橋鷹女
寒林に向ひ獄舎は扉を閉す 福田蓼汀 山火
寒林に在り寒木の如く佇ち 三橋鷹女
寒林に待つは若者眉根濃し 星野麥丘人
寒林に池あり小さく且つ澄めり 水原秋櫻子 古鏡
寒林に踏みにじりたる吸殻よ 上田五千石 田園
寒林に透く伊豆の空伊豆の海 稲畑汀子
寒林に日暮の波のあがる見ゆ 廣瀬直人 帰路
寒林に入りて死に得ず返せしと 右城暮石 声と声
寒林に入る繃帯の指立てて 岡本眸
寒林に風の喇叭がああ黄昏 伊丹三樹彦
寒林に風聰くして七七忌 岸田稚魚 筍流し
寒林に来て佯りし狂を解く 相生垣瓜人 微茫集
寒林のいのちひそめし光かな 稲畑汀子
寒林のガソリンにほふ方落暉 石田波郷
寒林のごとく針挿し針祭る 後藤比奈夫
寒林のしきみは古き墓場かな 飯田蛇笏 山廬集
寒林のなかうつうつと幹ばかり 長谷川素逝 暦日
寒林のなかにある日のよごれはて 長谷川素逝 暦日
寒林のなかのどこかに日のこぼれ 長谷川素逝 暦日
寒林の一屋ゆすり飯噴く音 能村登四郎
寒林の一戸覚めたり霜柱 日野草城
寒林の一樹といへど重ならず 大野林火 青水輪 昭和二十五年
寒林の影の素直に伸びて午後 鷹羽狩行
寒林の奥にありたる西の空 鷲谷七菜子 花寂び
寒林の奥に松立ち道岐る 水原秋櫻子 残鐘
寒林の径だだくだりまだくだる 阿波野青畝
寒林の山はも神よ神代より 山口青邨
寒林の松声詩人は常緑 香西照雄 素心
寒林の梢かゞやき海の音 桂信子 月光抄
寒林の真中通る喪服着て 山田みづえ 木語
寒林の切株四五は木霊の座 能村登四郎
寒林の中の人ごゑつきとほる 長谷川素逝 暦日
寒林の中翡翠の過ぎしのみ 飯田龍太
寒林の透きゐて愛の切なきまで 上田五千石 田園
寒林の日すぢ争ふ羽蟲かな 杉田久女
寒林の白壁それを富士といふ 上田五千石『琥珀』補遺
寒林の貧寺焼けたり僧の留守 河東碧梧桐
寒林の陽にちちははの貌をゑがき 三橋鷹女
寒林の陽を見上げては眼をつぶる 飯田蛇笏
寒林の裏日だまりの鯉の池 上村占魚
寒林は火焚けり屍行きし後 石田波郷
寒林へ径一閃や狂へる窓 古舘曹人 能登の蛙
寒林へ来てしづかな日しづかな風 後藤比奈夫
寒林やとつくに言葉消えやすく 石橋秀野
寒林や花のごとくに夜の雲 岡本眸
寒林や女が鳥の声を出す 岡本眸
寒林や村の抜け道ゆくごとく 廣瀬直人
寒林や反哺の鴉の声に満つ 中村草田男
寒林や夕日が抜けて人ぬけて 岡本眸
寒林をしばらく兵のよぎりたり 石田波郷
寒林をとよもして雉おどろけり 相馬遷子 雪嶺
寒林をゆきつき牧舎あるぬくみ 能村登四郎
寒林をゆく若者は脚長に 石田波郷
寒林を往きてましろき巌に逢ひぬ 日野草城
寒林を咳へうへうとかけめぐる 川端茅舎
寒林を顔見せずゆく人のかげ 鷲谷七菜子 一盞
寒林を見遺るのみにて入り行かず 星野麥丘人
寒林を見遣るのみにて入り行かず 弟子 星野麥丘人
寒林を行く影法師切られ折られ 福田蓼汀 秋風挽歌
寒林を馳せたれば息新しき 細見綾子
寒林を透きし夕日の崖にあり 松崎鉄之介
寒林を抜け出て影に手足あり 岡本眸
寒林を抜け水音を抜けざりし 稲畑汀子
寒林を来てかなしみのいつかなし 三橋鷹女
寒林を隣の村と分かつなり 廣瀬直人
寒林讃根元根元で濃き夕映 香西照雄 素心
幹を叩きて寒木の齢を問ふ 鷹羽狩行
汽車工場寒林を伐りて汽車を置けり 細谷源二 鐵
句を選ばむとして寒林に来りけり 山口誓子
君が碑は寒木が辺に耀りゐけむ 桂信子 月光抄
月の青空寒林に昼透きとほり 鷲谷七菜子 花寂び
憲兵は馬上寒林に眼を交し 伊丹三樹彦
公傷の指を寒林にて鳴らせり 伊丹三樹彦
今日見るは明日の寒木なるや否や 秋元不死男
根を踏みてその寒木を仰ぎ見る 鷹羽狩行
死ぬるまで寒林に待つ馬蹄音 藤田湘子 神楽
時消しに入りし寒林抜けず帰る 松崎鉄之介
秀才とをり寒林の曇枝 秋元不死男
銃声おこる寒林の裏男行く 松崎鉄之介
女叱りゆく寒林の水明り 橋閒石
沼の眼に追はる寒林抜けてより 橋閒石
人見えぬまま寒林の遠こだま 桂信子 新緑
水の音寒木は夜もしづかに耀る 桂信子 月光抄
切株のほか寒木のけふあらず 上田五千石『田園』補遺
繊強と言はん寒林の一若木 香西照雄 素心
蒼天に午砲ありわれ寒林に 伊丹三樹彦
啄木鳥は頚うちふりて寒木に 山口誓子
啄木鳥は嘴かんかんと寒木に 山口誓子
朝雲や寒林すでに屍が通り 石田波郷
鉄板を積む寒林の喉元に 岡本眸
働く町一寒木に灯を括り 岡本眸
飛行機工場寒林にとどく広場あり 細谷源二 鐵
百の鴉いる寒林のさ迷い児 赤尾兜子 歳華集
病み疲れたり薄荷水二日分 佐藤鬼房
不興の午後寒木の影水に入る 大野林火 青水輪 昭和二十六年
亡ぶるにまかす寒林素通りす 岡本眸
緑濃き一寒木に対く宿り 岡本眸
佇めば寒木のごとし風の中 鷹羽狩行

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 15:34 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26795400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング