寒の雨 の俳句

寒の雨 の俳句

寒の雨

例句を挙げる。

あたゝかき宵なり寒の雨が降る 青木森々
うしみつや音に出でたる寒の雨 日野草城
うつほどに藁の匂ふや寒の雨 金尾梅の門 古志の歌
うとまれて声なすまでや寒の雨 小林康治 玄霜
おもむろに鉄塔濡らし寒の雨 五十嵐研三
から舟に鳧こぞりけり寒の雨 乙字俳句集 大須賀乙字
ぎつしりと金看板や寒の雨 川端茅舎
三日在りて灯なき病舎に寒の雨(俄に入院二句) 『定本石橋秀野句文集』
兄妹の焚火のあとの寒の雨 安住敦
北冥は納屋よりくらき寒の雨 古舘曹人 砂の音
厨窓町少し見え寒の雨 吉屋信子
寒の雨あがりて淵の澄みにけり 水原秋桜子
寒の雨からびし薪に音高し 広江八重桜
寒の雨しづかに御代のうつりつつ 山本洋子
寒の雨ぬらす軍馬の忠霊塔 成重昭女
寒の雨はじく反戦プラカード 飯田弘子
寒の雨リフト開きて乗り降りなし 岡本 眸
寒の雨人の脚見て寝ておりぬ 寺井谷子
寒の雨大降りとなりてあたゝかき 佐野青陽人 天の川
寒の雨小鳥またたき去りにけり 平井照敏
寒の雨山中に艶もどりたる 原田しずえ
寒の雨擁きて心屈しけり 小林康治 玄霜
寒の雨東京に馬見ずなりぬ 西東三鬼
寒の雨枯れたるものの華やげり 右城暮石
寒の雨楽堂の灯を明うせよ 柴田白葉女 『冬泉』
寒の雨洲の水の面に漾たたず 松村蒼石 雁
寒の雨煙の上を白く降る 篠原温亭
寒の雨牛王の鴉濡るゝかな 野村喜舟 小石川
寒の雨田舎の闇の完璧に 内藤吐天 鳴海抄
寒の雨窓に流れて母病めり 長野 豊子
寒の雨膳に映え疾く傘すぎし 宮武寒々 朱卓
寒の雨芝生のなかにたまりけり 久保田万太郎 草の丈
寒の雨鈴売りうどん来てかへす 小林康治 玄霜
寒の雨鉄鎖をぬらす園に来ぬ 田村了咲
寒の雨鳥も獣も宥められ 津田清子
履きつぶす靴は吾が顔寒の雨 和田耕三郎
庫裡口の潜り障子や寒の雨 河野静雲 閻魔
廃朝や馬も通らず寒の雨 子規句集 虚子・碧梧桐選
弥陀の母吾に在せり寒の雨 小原菁々子
昨日より姑の無口や寒の雨 小島 みどり
桃の木に紙屑の穢や寒の雨 西山泊雲 泊雲句集
桑畑がぬれるほど降る寒の雨 廣江八重櫻
梨肥の穴埋めてをれば寒の雨 冬の土宮林菫哉
横浜に焼売買へり寒の雨 石塚友二 光塵
死なばかゝる静夜にと思ふ寒の雨 青木健作 落椎
汐入りの水嵩さだまり寒の雨 石田勝彦 秋興
湯ぼてりの人とゆきあふ寒の雨 桂 信子
疾く鎖す橋番小屋や寒の雨 会津八一
病床のおろかなる身よ寒の雨 新井秋峯
盲ひたる土揺さぶつて寒の雨 松村蒼石
眼を閉づるごと寒の雨梢を落つ 大岳水一路
石山の大磐石に寒の雨 相良哀楽
神話読むや降れば昂る寒の雨 鍵和田[のり]子
簀囲ひの魚の潜みや寒の雨 河東碧梧桐
経読みしあとのしばらく寒の雨 鷲谷七菜子 花寂び 以後
葉椿にしづむ小鳥や寒の雨 金尾梅の門 古志の歌
貨車一つ忘られてある寒の雨 神山杏雨
釣竿屋硝子戸しめて寒の雨 増田龍雨 龍雨句集
鉢棚を叩く硬さや寒の雨 颯(しづの女小句) 竹下しづの女
障子あけて夜となる軒の寒の雨 及川貞 榧の實
雁さわぐ鳥羽の田面や寒の雨 松尾芭蕉
青々と菜の濡るゝほど寒の雨 廣江八重櫻
面に化す驚愕の顔寒の雨 平井照敏 天上大風
顔伏せてはたと齢や寒の雨 草間時彦 櫻山
飴玉の最後の固さ寒の雨 星野高士
鹿はみな置きたるごとく寒の雨 田村木国
氷上や寒九の雨のうちけむり 齋藤玄 飛雪
捨て灰をなだめ寒九の雨なりし 能村登四郎

寒の雨 補遺

あたらしき舎利塔にいま寒の雨 飯田龍太
うしみつや音に出でたる寒の雨 日野草城
うとまれて声なすまでや寒の雨 小林康治 玄霜
ぎつしりと金看板や寒の雨 川端茅舎
さわがしく綱打つてをり寒の雨 村山故郷
たばこやにたばこがない寒の雨ふる 種田山頭火 草木塔
ビー玉のかちあふ音や寒の雨 佐藤鬼房
或ることに心傷つき寒の雨 富安風生
宇治川の碧く曲れり寒の雨 日野草城
横浜に焼売買へり寒の雨 石塚友二 光塵
横濱に焼賣買へり寒の雨 石塚友二 光塵
寒の雨はじくからかさ通りけり 日野草城
寒の雨リフト開きて乗り降りなし 岡本眸
寒の雨枯れたるものの華やげり 右城暮石 一芸
寒の雨芝華やぐと夫も言ふ 細見綾子
寒の雨洲の水の面に漾たたず 松村蒼石 雁
寒の雨深夜ふたたび厠踏む 佐藤鬼房
寒の雨石人も古りわれも古り 高野素十
寒の雨鳥も獣も宥められ 津田清子
寒の雨東京に馬見ずなりぬ 西東三鬼
寒の雨舗道に散りて黒かりき 細見綾子
寒の雨擁きて心屈しけり 小林康治 玄霜
寒の雨鈴売りうどん来てかへす 小林康治 玄霜
顔伏せてはたと齢や寒の雨 草間時彦 櫻山
兄妹の焚火のあとの寒の雨 安住敦
光琳笹白しと思ふ寒の雨 山口青邨
鷺の蓑すこしみだるる寒の雨 山口青邨
笹原にふる寒の雨人の墓 山口青邨
三日在りて灯なき病舎に寒の雨 石橋秀野
汐入りの水嵩さだまり寒の雨 石田勝彦 秋興
捨て灰をなだめ寒九の雨なりし 能村登四郎
障子あけて夜となる軒の寒の雨 及川貞 夕焼

寒の雨 続補遺 

霰かとなじめば太し寒の雨 怒風
雷一声まことしからず寒の雨 加舎白雄
猫の声うかれ初けり寒の雨 三宅嘯山
栴檀の実にひよ鳥や寒の雨 蘆文
心にも花咲ばこそ寒の雨 支考
傘の内あたゝかや寒の雨 東皐
今朝がたや笛も聞へて寒の雨 蘆文
一はづみぬけたる寒の雨気かな 浪化

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 15:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26795437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング