寒潮 の俳句

寒潮 の俳句

寒潮

例句を挙げる。

しはしはと遡る寒潮川幅もち 松村蒼石 雁
ただ寒潮燈台チヨークほどに立つ 保坂春苺
はたと朝凪ふところの猫鳴き出だす 有田寒潮子
みなぎるは能登の冬潮岨片寄せ 堀 葦男
五百椿林寒潮音を断ち 高澤良一 随笑
兵送る楽器寒潮にうちたゝかれ 岸風三楼 往来
冬汐といへどもぬくし岬の果て 鈴木真砂女 生簀籠
冬潮に河口は澄みてみやこ鳥 飯田蛇笏 雪峡
冬潮に石見瓦の照るを見よ 中村汀女
冬潮のくづるる荒さ胸をせむ 稲垣きくの 黄 瀬
冬潮の岩をめぐりて相摶てる 椎橋清翠
冬潮の巻く波白しいたく恋ふ 川崎展宏
冬潮の透けて鮑の産卵期 高澤良一 燕音
冬潮や網つくろひの一目一目 大野林火
哭く女窓の寒潮縞をなし 西東三鬼
天つ日や寒潮の光岩屋まで 渡邊水巴 富士
寒潮にかもめ翼を張りどほし 池田秀水
寒潮にはじかれてかいづ釣れ上り 渡邊水巴 富士
寒潮に向かいおとこの青拳 松田ひろむ
寒潮に少女の赤き櫛が沈む 秋元不死男
寒潮に浸せし指のあたたかさ 澤木欣一
寒潮に磧石つみ垣とせり 柴田白葉女 『夕浪』
寒潮に鳴門の渦を重ねけり 磯野充伯
寒潮に鵜を指す舟の温泉客かな 宮武寒々 朱卓
寒潮のそのくろがねを峠より 大峯あきら
寒潮のとゞろく玻璃に身をかこふ 西島麥南
寒潮のはたと動かぬ逸史かな 板垣鋭太郎
寒潮の一つの色に湛へたる 高野素十
寒潮の叫らぶ満月照りにけり 石原八束
寒潮の岩踏めば戦さ近くなりし 渡邊水巴 富士
寒潮の引きしばかりの潮仏 伊藤いと子
寒潮の彼方夕黒雲がゆく 松村蒼石 雁
寒潮の日矢ことごとく消え去れり 大岳水一路
寒潮の昏きに蜑の声尖り 田村了咲
寒潮の海苔ふくむ蒼さザゝと岩に 渡邊水巴 富士
寒潮の濤の水玉まろびけり 飯田蛇笏 霊芝
寒潮の犇きゐるは解きがたし 山口誓子
寒潮の蒼光をどの馬も帯び 友岡子郷
寒潮の飛沫の中に灯る家 千田一路
寒潮の鵜が守る沖の一つ巌 石塚友二 光塵
寒潮へひとを信じて鳴らすギター 桂信子 花寂び 以後
寒潮やざう~岩を落ちる渦 渡邊水巴 富士
寒潮や小茜雲は早も紺 香西照雄 対話
寒潮や梵鐘の旭はソ領より 古館曹人
寒潮や蜜月の陸雪あふれ 石原八束 『秋風琴』
寒潮や蟹釣りの子の岩濡らす 石川桂郎 高蘆
寒潮や透明な言身をはなる 柴田白葉女 花寂び 以後
寒潮や針ぬくかいづ岩を摶つ 渡邊水巴 富士
寒潮をくぐりて鵜の眼青深む 星野恒彦
寒潮をくぐる釣船旗立てて 満田玲子
寒潮ををりをりに掃く日筋かな 大峯あきら
寒潮仏みな海女が名の白幟 佐野美智
巌あをく寒潮ながれ寄る日かな 稲垣法城子
日当りて来し冬潮の青さかな 清崎敏郎
流人墓地寒潮の日のたかかりき 石原八束 秋風琴
紅き海老網寒潮に沈めゆく 松村蒼石 雪
舳をあぐるとき寒潮のま向ひ来 岸風三樓
蟹の肉せせり啖へばあこがるる生れし能登の冬潮の底 坪野哲久
起ちてやまぬ寒潮誰の葬ならむ 寺田京子 日の鷹
釘を打つ寒潮走る窓枠に 林 徹
鵜が帰り来て寒潮の力づく 内藤吐天 鳴海抄
鵜の下りる寒潮紺を張るところ 皆吉爽雨
あたたかき両手をさげて冬の潮 石田郷子
明日葉に子守唄めく冬の潮 高澤良一 燕音
母の忌やゆたかに速き冬の潮 大木あまり 火球
浅草の灯のつぶらなる冬の潮 大木あまり 火球
空を経し羽一枚を冬の潮 依光陽子
話すより唄つておくれ冬の潮 如月真菜
落日やフェリーにしぶく寒の潮 河本好恵
鵜の首や昃れば濃き寒の潮 石田波郷
流離あり遠離ありける寒の潮 石田勝彦 秋興


寒潮 補遺

哭く女窓の寒潮縞をなし 西東三鬼
流離あり遠離ありける寒の潮 石田勝彦 秋興
浴室に裸体なり寒潮を見ず 日野草城
忘れ寒潮女人には水鏡 鷹羽狩行
飽食の美人わらへり寒潮に 日野草城
冬潮や網つくろひの一目一目 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
冬潮はかがやきわれを侘しくす 渡邊白泉
冬潮の引くや小石の音の列 渡邊白泉
冬潮のせせり上げくる崎の宿 松本たかし
冬潮に河口は澄みてみやこ鳥 飯田蛇笏 雪峡
冬汐木曳きずり焚く気さらになし 岡本眸
冬汐の満ちて静けさ得たりけり 鈴木真砂女
冬汐の引かねばならぬ刻至る 鈴木真砂女
冬汐のわがねむる間も満ちゐるや 鈴木真砂女 夏帯
冬汐のうごくさまなく昏るゝかな 鈴木真砂女 夏帯
冬汐といへどもぬくし岬の果て 鈴木真砂女
冬の日や馬関の潮瀬衰へず上村占魚
天つ日や寒潮の光岩屋まで 渡邊水巴 富士
朝船や寒潮を抽く朱一抹 日野草城
退屈なとき冬の潮引いてをり 岸田稚魚 紅葉山
窓の円半円は寒潮の紺 日野草城
船晴れて金属ひかる寒潮に 日野草城
船の灯の今は輝けり寒潮に 日野草城
生きてこの寒潮を当てなくも稚魚 高田風人子
死にし人とこの寒潮を見下しき 西東三鬼
紅き海老網寒潮に沈めゆく 松村蒼石 雪
巌がたたふる冬潮入日うすくなる 大野林火 冬雁 昭和二十一年
丸太積む上げの壮んな寒潮に 佐藤鬼房
寒潮を眺望す死狐肩に在り 日野草城
寒潮や針ぬくかいづ岩を摶つ 渡邊水巴 富士
寒潮や小茜雲は早も紺 香西照雄
寒潮や蟹釣りの子の岩濡らす 石川桂郎 高蘆
寒潮やざう~岩を落ちる渦 渡邊水巴 富士
寒潮の犇きゐるは解しがたし 山口誓子
寒潮の濤の水玉まろびけり 飯田蛇笏 霊芝
寒潮の彼方夕黒雲がゆく 松村蒼石 雁
寒潮の底ひのものの悲しけれ 高野素十
寒潮の底ひのものの栄螺売る 高野素十
寒潮の船尾泡だち馬耳塞へ 山口誓子
寒潮の声なく遠く巌をうつ 山口青邨
寒潮の彩油旅終りたり 山口誓子
寒潮の紺流れをる島門かな 松本たかし
寒潮の岩踏めば戦さ近くなりし 渡邊水巴 富士
寒潮の海苔ふくむ蒼さザゝと岩に 渡邊水巴 富士
寒潮の鵜が守る沖の一つ巌 石塚友二 光塵
寒潮の一つの色ゝに湛へたる 高野素十
寒潮のしづかなる日の稿をつぐ 高野素十
寒潮に浮ぶ赤文字ビニールの 右城暮石 句集外 昭和四十五年
寒潮に入りて電纜四国へ行く 山口誓子
寒潮に日かげなし船は淡き灯を 日野草城
寒潮に藻草闘ふ遊ぶごと 山口青邨
寒潮に雪降らす雲の上を飛ぶ 西東三鬼
寒潮に少女の赤き櫛が沈む 秋元不死男
寒潮にはじかれてかいづ釣れ上り 渡邊水巴 富士
寒潮にさからふ魚の列正し 山口青邨
海峡の老い寒潮に迅さ与ヘ 鷹羽狩行
闇の底に冬潮ふくれバッハおこる 加藤秋邨
ペチカ燃え*まどの寒潮鴎とべり 飯田蛇笏 山響集
しはしはと遡る寒潮川幅もち 松村蒼石 雁

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 15:57 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26795459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング