雪女郎 の俳句

雪女郎 の俳句

雪女郎

例句を挙げる。

かく行けば平家は住まず雪女郎 阿波野青畝
くれなゐの気配にありし雪女郎 伊藤通明
ことに眉青きは近江の雪女郎 吉田鴻司
この夜道誰かに逢はば雪女郎 福田蓼汀 秋風挽歌
さよならと顔上げしとき雪女郎 田畑美穂女
すいときて眉のなかりし雪女郎 森澄雄 游方
なみおとを戀歌ときき雪女郎 加藤三七子
ひとの世の遊びをせんと雪女郎 長谷川双魚 『ひとつとや』
みちのくに雪降るかぎり雪女郎 木村滄雨
みちのくの雪深ければ雪女郎 山口青邨(1892-1988)
みちのくの頬の真赤な雪女郎 渡辺二三雄
五箇山の明り障子の雪女郎 古戸ふき子
夜雪積む雪女郎こそ恐ろしや 小林康治 玄霜
奥阿蘇の妹許にして雪女郎 大久保橙青
子守唄風に遊ばせ雪女郎 今泉貞鳳
密会は黄昏が良し雪女郎 佐川広治
山の湯やふと囁ける雪女郎 磯 直道
山深く鴉連れ去る雪女郎 加藤知世子
岬へのみちはいつぽん雪女郎 草間時彦
峡深く鴉つれ去る雪女郎 加藤知世子 花 季
幼子の絵文をのぞく雪女郎 飯田龍太
息せきて来る雪女郎にはあらず 上田五千石 田園
故郷を白くしたるは雪女郎 稲畑廣太郎
新しき家へみしりと雪女郎 野沢節子 八朶集以後
書割りの雪をけちらし雪女郎 石原八束 空の渚
木にのぼりつめ水となる雪女郎 遠藤 煌
橋がかりうしろ姿の雪女郎 猪俣千代子 秘 色
死は遠く近く明治の雪女郎 河野南畦 湖の森
水いろの帯ながながと雪女郎 北園克衛 村
湯けむりや夕ベ湯殿山に雪女郎 佐川広治
湯屋暖簾分け出て真夜は雪女郎 倉田俊三
灯をひとつ消してゆきけり雪女郎 田井三重子
生臭き声捨てかねて雪女郎 辺見じゅん
立ちどまるたびに近づき雪女郎 京極杞陽
立てば雪女郎坐れば遣手婆 鷹羽狩行 第九
笹飴やいとけなかりし雪女郎 森澄雄 雪櫟
篠竹を曳きしあとあり雪女郎 山本洋子
紅きもの欲り且つ怖れ雪女郎 鷹羽狩行 七草
紅さしてゐしはまことか雪女郎 永井龍男
結綿に蓑きて白し雪女郎 泉鏡花
赤子泣く家を覗きて雪女郎 石嶌岳
追分本陣は焼けて終ひし雪女郎 永井龍男
道ならぬ道を迷はず雪女郎 木内怜子
鏡閉づ鏡の奥へ雪女郎 木内怜子
雪女郎いづれさみしき声ならむ 西川織子
雪女郎いま光りくる妻と識れり 石川桂郎 含羞
雪女郎おそろし父の恋恐ろし 中村草田男(1901-83)
雪女郎ときに吹雪を起しけり 鈴木真砂女
雪女郎とほりしや蘆折れたるは 関戸靖子
雪女郎になりて逢ひたき幾佛 関戸靖子
雪女郎に恋はありけり寒椿 中勘助
雪女郎に逢ひに戻りし湖の国 関戸靖子
雪女郎ねむりぐすりに覚めてをり 大森理恵
雪女郎の夏やすらぎの硫黄小屋 河野南畦 湖の森
雪女郎の眉をもらひし程の月 山田弘子
雪女郎の銀の簪拾ひたる 田中冬二 行人
雪女郎まなこの底の蒼かりし 西村和子 かりそめならず
雪女郎入れず戸口吹溜る 太田土男
雪女郎出そうな闇のついて来る 河野美奇
雪女郎去年見しかゝる月夜かな 雉子郎句集 石島雉子郎
雪女郎古き時計が夜を刻み 大津希水
雪女郎喚きて村の歪みたる 鈴木光彦
雪女郎恋文氷柱のペンで書く 黒田杏子
雪女郎振りむけば去る振り向かず 永井龍男
雪女郎星瞬きをやめしとき 菊池滴水
雪女郎枕の中を通りけり 鷹羽狩行 平遠
雪女郎棺に遠く立ちにけり 高橋栄子
雪女郎水子の寺へ立寄れり 高橋克郎
雪女郎消えて畦木のあるばかり 窪田 竹舟
雪女郎消え雪の香の濃きところ 長山あや
雪女郎添寝す笹のうすみどり 長谷川かな女 花 季
雪女郎湖が凍らば通ひ来む 西村和子 かりそめならず
雪女郎狂へば雪が狂ひ出す 檜 紀代
雪女郎狼山のうしろより 佐藤惣之助
雪女郎真北へ伸びる岬かな 大峯あきら
雪女郎美しといふ見たきかな 大場白水郎 散木集
雪女郎美女を描くといふ掟 庄子紅子
雪女郎近づく跫音聞きとめん 小林康治 『虚實』
雪女郎遠き町の灯あつまれる 田中冬二 俳句拾遺
雪女郎金襴緞子洗ひをる 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
雪女郎銀の半襟してゐたり 原田青児
雪女郎高野の僧とすれ違ふ 三好潤子
雪山のどのみちをくる雪女郎 森澄雄
青邨も青畝も亡くて雪女郎 坂内佳禰
風生れてすかさず乗りし雪女郎 深堀幸女
魂のぬけて急ぐや雪女郎 安田蚊杖
鱈売り女雪女郎となりにけり 田中冬二 行人
鳥追ひのしんがりに蹤く雪女郎 角川春樹
黒塚の月と遊べり雪女郎 櫛原希伊子
あをあをと鶴を織りゐる雪女 有馬朗人 耳順
かまくらを覗きゆきしと雪女 後藤比奈夫
こけし未だ白面雪女来て覗く 有馬籌子
こんな夜は雪女こんな夜に電話 藤本草四郎
さふるこの小坂こゆるや雪をんな 加藤郁乎 江戸桜
はるの雪女の裾にふりきゆる 長翠
まつさをに笑みこぼれけり雪をんな 林 翔
わが胸にいまもかくまふ雪女 岡本輝久
ガラス玉これ雪女の義眼です 橋本薫
ワープロの最後の文字は雪女 東 珠生
三日月の櫛や忘れし雪女 佐藤紅緑
五番街に堕天使あるいは雪女 五島高資
余生には能面ほしき雪女 田中君恵
吹雪く夜の半身すでに雪をんな 中村苑子
吹雪く夜は小窓覗くと雪女 国井月皎
四月の雪女神に詣で余生感 角川源義 『神々の宴』
埋めたての水子を掘りに雪をんな 木内彰志
契りきしゆゑ火影ひく雪女 石原八束 『幻生花』
小説を脱け出して哭く雪女 阿波野青畝
山に雪女に帰路といふものあり 細見綾子 花寂び
峠路をゆかばこのまま雪をんな 野沢節子 八朶集
愛怨の雪女なりけり雪を捨て 河野多希女 両手は湖
扮装も仮粧も風の雪女 高橋龍
指という指細長き雪女 二村典子
新しき雪の降る夜の雪女 後藤夜半 底紅
春浅し梅様まゐる雪をんな 泉鏡花
月あらば乳房にほはめ雪をんな 室積祖春
月ならで日をやさはりの雪女 大坂-透延母 俳諧撰集玉藻集
木枕の真中の凹み雪をんな 後藤綾子
板塀の求人票や雪女 徳丸峻二
梅が香や何所へ吹かるる雪女 千代尼
橋あれば雪をんな居て泣けりけり 岸風三樓
死角より躙り寄りたる雪女 柴田奈美
浅間鳴る嬬恋村の雪女 石原八束 『風信帖』
涅槃雪女性ま白き芯に燃ゆ 高澤晶子
灯をくぐるたび小さくなる雪女 吉岡満寿美
炉話に招きてみたし雪女 伊東宏晃
白狐いや雪をんな邪鬼一瞬 大里泰照
神鳴の腹がはりなり雪女 沾木 選集「板東太郎」
窓の雪女体にて湯をあふれしむ 桂信子
窯守の仮寝の小屋へ雪女 高野千代
箱根改め雪をんな脱ぐものぬぐ 平畑静塔
美しき汗をかくなり雪女 松浦敬親
聖堂の固き扉に泣く雪をんな 佐野まもる
肩の荷のにはかに重し雪女 小原啄葉
良寛と遊んでしまふ雪をんな 小島 健
蒲団重くなりしは妻か雪女か 神蔵器
見送り絵小雪舞はせて雪をんな 高澤良一 寒暑
道ゆづりしは雪女かも知れず 鷹羽狩行 五行
酔かなし雪女かも吾妹かも 京五紅
錦鯉は夜がくるまでの雪女 尾崎喜八
雁木(がき)に来て火事の炎をひく雪女 石原八束 仮幻の花
雪しろを流れ去りゆく雪女 柴田奈美
雪をんな佇ちたるあとか夢二の碑 椎橋清翠
雪をんな哥麿のかほで目が光る 京極杞陽 くくたち上巻
雪をんな来さうな雪の降りといふ 根元敬二
雪をんな歌麿のかほで目が光る 京極杞陽
雪をんな襦袢は真紅かも知れぬ 山元志津香
雪をんな黙つてゐれば歩が揃ふ 山田みづえ 木語
雪下駄にすべり止め打つ雪をんな 鳴瀬芳子
雪女おねば子種は煮こぼれたり 加藤郁乎
雪女となり母の魂遊べるや 山田弘子
雪女ねむり薬を買ひにくる 八牧美喜子
雪女まぎれてゐたり上野駅 黛 まどか
雪女めく就中汝が二皮瞼 清水基吉 寒蕭々
雪女先立つ暮坂峠越ゆ 伊東宏晃
雪女入ってゆきし雪の堂 前山 久子
雪女土間に雫の跡残す 荒井英子
雪女夜は間引子の墓を守り 八牧美喜子
雪女彳たせし井水汲みにけり 石川桂郎 四温
雪女旅人雪に埋れけり 子規句集 虚子・碧梧桐選
雪女母にも見えて母恋し 高橋秋郊
雪女炎の色は見せぬなり 櫛原希伊子
雪女白糸滝に入りしといふ 萩原麦草 麦嵐
雪女見しより瘧をさまらず 真鍋呉夫
雪女鉄瓶の湯の練れてきし 小川軽舟
雪女音なく香なく過ぎしなり 三谷昭 獣身
面影を見せよ芭蕉の雪女 立圃
馬塊が原たそがれこはし雪女 露沾 選集「板東太郎」

雪女郎 補遺

あをあをと鶴を織りゐる雪女 有馬朗人 耳順
かく行けば平家は住まず雪女郎 阿波野青畝
カチューシャを唄ふでもなし雪女郎 阿波野青畝
かまくらに留守の日はなし雪をんな 平畑静塔
かまくらの灯ともし頃を雪女 鷹羽狩行
かまくらを覗きゆきしと雪女 後藤比奈夫
カメラの目逃れ続くる雪女郎 相生垣瓜人 負暄
この夜道誰かに逢はば雪女郎 福田蓼汀 秋風挽歌
シベリアの雪女とは青き瞳か 鈴木真砂女 紫木蓮
すいときて眉のなかりし雪女郎 森澄雄
たそやかれ昼は鴉の雪女郎 鷹羽狩行
トラックの尾灯に赤く雪女郎 鷹羽狩行
ふところ手して雪女まかり出づ 鈴木真砂女 紫木蓮
まつさをに笑みこぼれけり雪をんな 林翔
みちのくの雪深ければ雪女郎 山口青邨
ももとせをももたび緊る雪女郎 三橋敏雄
わが阿鼻の火を掻きにくる雪女 佐藤鬼房
をりをりに消えをりをりに雪女郎 阿波野青畝
衣ずれの音をきかせよ雪女 鈴木真砂女 都鳥
飲まされし煮え湯いくたび雪女郎 鷹羽狩行
火の山の火種をもらひ雪女 鷹羽狩行
火の恋に身を溶かすまじ雪女 鷹羽狩行
解く髪のぬくさや雪女郎ならず 岡本眸
禁制の酒蔵のぞき雪女 鷹羽狩行
金槌の楔あまくて雪女郎 藤田湘子
月光に雀斑うばはれ雪女郎 鷹羽狩行
軒しづくはたとはばまれ雪女郎 鷹羽狩行
紅きもの欲り且つ恐れ雪女郎 鷹羽狩行
紅屋の前去りかねてゐる雪女郎 林翔
降りやみて出を待たされて雪女郎 鷹羽狩行
笹飴やいとけなかりし雪女郎 森澄雄
山の雪女郎うはさをすれば影 鷹羽狩行
七度生れ代りて汝は雪女郎 鷹羽狩行
終電の灯の遠のきて雪女郎 鷹羽狩行
諸々の女の中の雪女 相生垣瓜人 負暄
杖のなき雪女郎かも露天湯に 平畑静塔
新しき家へみしりと雪女郎 野澤節子 八朶集以後
新しき雪の降る夜の雪女 後藤夜半 底紅
人間は心貧しく雪女 後藤比奈夫
水鏡より現れし雪女郎 鷹羽狩行
水門におらび青冴え雪女 佐藤鬼房
瀬に下りて目玉を洗ふ雪女郎 秋元不死男
声出して笑つてみよや雪女 鈴木真砂女 紫木蓮
切林は森の傷跡雪女 佐藤鬼房
節婦とも毒婦ともなれ雪女郎 鷹羽狩行
雪しづかなればおのづと雪女郎 森澄雄
雪をんな叫びて裳裾ひるがへす 上田五千石『天路』補遺
雪をんな出を待つ杉の木がくれに 鈴木真砂女 都鳥
雪をんな黙つてゐれば歩が揃ふ 山田みづえ 木語
雪山のどのみちをくる雪女郎 森澄雄
雪女けふもみどりの布団にゐる 飯島晴子
雪女ときに吹雪を起しけり 鈴木真砂女 居待月
雪女ゆゑに売られずまた買はれず 鷹羽狩行
雪女解けいだしたる峠靄 野澤節子 八朶集以後
雪女橋の袂に佇つてをり 鈴木真砂女 紫木蓮
雪女出さうな雪の降りはじむ 後藤比奈夫
雪女出さうな夜の風邪心地 鈴木真砂女 紫木蓮
雪女出て来るほどの雪見たし 右城暮石 散歩圏
雪女消えたるあとの軒雫 鈴木真砂女 紫木蓮
雪女消え人型のうすあかり 林翔
雪女曾てヘルンを蠱惑せり 相生垣瓜人 負暄
雪女素足の冷えをかこちけり 鈴木真砂女 紫木蓮
雪女素足もとより血の気なし 鈴木真砂女 紫木蓮
雪女足手まとひの子は持たず 鈴木真砂女 紫木蓮
雪女男運なく消えにけり 能村登四郎
雪女灯りを消せばそこに佇つ 鈴木真砂女 居待月
雪女南の国に雪降らす 鈴木真砂女 紫木蓮
雪女来る頃ぎしと鳴る箪笥 有馬朗人 立志
雪女旅人雪に埋れけり 正岡子規 雪
雪女恋の手管は知りつくし 鈴木真砂女 紫木蓮
雪女恋の成就の片ゑくぼ 鈴木真砂女 紫木蓮
雪女郎いま光りくる妻と識れり 石川桂郎 含羞
雪女郎おそろし父の恋恐ろし 中村草田男
雪女郎かほと~覚ますわが眠り 鈴木真砂女 夏帯
雪女郎かほとほと覚ますわが眠り 鈴木真砂女
雪女郎が来るよ白鳥を従へて 草間時彦 中年
雪女郎消えたる萱の紅らみぬ 石田勝彦 雙杵
雪女郎乳房の傷はこの世のもの 鷹羽狩行
雪女郎枕の中を通りけり 鷹羽狩行
雪女彳たせし井水汲みにけり 石川桂郎 四温
雪女靄に盲ひて果てにけり 野澤節子 八朶集以後
雪女骰子(さい)を手ぐさに子を取りに 秋元不死男
雪田に足あともなし雪女郎 阿波野青畝
雪坊主夜の吹雪の中太りゐむ 角川源義
息せきて来る雪女郎にはあらず 上田五千石 田園
地蔵島あたりの礁を雪女 佐藤鬼房
地袋に血の滅びあり雪女 佐藤鬼房
導燈をめぐるは子連れ雪女 佐藤鬼房
道ゆづりしは雪女かも知れず 鷹羽狩行
道路鏡まで雪女郎来てをりし 鷹羽狩行
峠路を行かばこのまま雪をんな 野澤節子 八朶集
独り児を雪女郎より護りけり 中村草田男
濡縁に月がべつとり雪女 鷹羽狩行
白樺に衣を忘れし雪女郎 鷹羽狩行
白樺は姉のごと立ち雪女郎 鷹羽狩行
鼻かんで雪崩をおこす雪女郎 秋元不死男
付睫毛して雪女現れし 安住敦
風の道すなはち雪女郎の道 鷹羽狩行
満月の今宵会ひたし雪女郎 稲畑汀子
名告りても名告りても闇雪女郎 藤田湘子 てんてん
夜雪積む雪女郎こそ恐ろしや 小林康治 玄霜
友帰り行きて遇ひしや雪女郎 村山故郷
夕すでに木のすがたして雪女郎 森澄雄
幼子の絵文をのぞく雪女郎 飯田龍太
陸前は山王の駅(まや)雪女 佐藤鬼房
立ち姿のみ詠はれて雪女郎 鷹羽狩行
笄は白骨作り雪女 鈴木真砂女 紫木蓮
簪の星も消えゆき雪女郎 鷹羽狩行
衾はね出でて行きしは雪をんな 能村登四郎

雪女郎 続補遺 

白鷺はたつにも見るを雪女 尚白
梅がゝや何所へ吹るゝ雪女 千代尼
黒塚の誠こもれり雪女 其角

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 16:12 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26795500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング