氷柱 の俳句

氷柱 の俳句

氷柱

例句を挙げる。

あのやうに曲りて風の氷柱哉 寺田寅彦
いま落ちし氷柱が海に透けてをり 橋本鶏二
かけ橋に猿の折りたる氷柱かな 上島鬼貫
かゝる谷に住めば住まるゝ氷柱かな 清原枴童 枴童句集
さかさまに人逸れてゆく氷柱かな 中田剛 珠樹以後
さげて来る図抜けに太い氷柱哉 尾崎紅葉
その中の太き氷柱を折りきたる 辻桃子
たくましき犬と見てゐる氷柱かな 楸邨
とけ初めて藁屑垂るゝ氷柱かな 岡本松浜 白菊
にぎやかに氷柱しづくの障子かな 桜坡子
はなやぎて雫しそめし氷柱かな 草崖
はや出来て小さき氷柱や暮るゝ軒 高濱年尾 年尾句集
はや~と氷柱雫の止みし夜 奥田智久
はればれと昼の氷柱の水しぶき 飯田龍太
はんぱくが袂より出る氷柱哉 一茶
ひと睡り氷柱のあなた草みゆる 中田剛 珠樹
びいどろや氷柱をかざす笄売 露遊 選集「板東太郎」
へし折ってみたくなるもの氷柱の意地 高澤良一 素抱
べうべうと月は氷柱を渡りけり 金箱戈止夫
みしみしと喪の家とざす夜の氷柱 加藤知世子 花 季
みちのくの星入り氷柱吾に呉れよ 鷹羽狩行
みちのくの氷柱のひかり身に宿す 広治
みちのくの町はいぶせき氷柱かな 青邨
もてなしにトンネル内の氷柱見す 右城暮石 上下
ものあまた吊る軒さらに氷柱せり 原 柯城
やがて又延び来し氷柱ありにけり 高濱年尾 年尾句集
やがて日の雫はぐくむ草氷柱 三田きえ子
よべの雨暁樹々の氷柱かな 赤木格堂
をとつひのきのふのけふの氷柱かな 今井杏太郎
リズムもつ雫に解けてゆく氷柱 植木千鶴子
ロシア見ゆ洋酒に氷柱折り入れて 平井さち子
一擲の意図か氷柱を手折りしは 河野南畦 湖の森
一本の氷柱につたふ雫はげし 高木晴子 晴居
一本の氷柱街燈の笠より垂れ 高濱年尾 年尾句集
一雫しては入日の氷柱かな 蓼太
三尺の氷柱きらめき貧富あり 殿村莵絲子 牡 丹
不凍滝一石仏を氷柱秘む 西本一都
世の中を遊びごころや氷柱折る 高浜虚子(1874-1959)
丸太橇崖の氷柱を薙ぎゆけり 飯塚 秀城
丹青のついに氷柱となりにけり 五島高資
二重窓外の氷柱に旭さしくる 大場白水郎 散木集
井のもとの草葉に重き氷柱かな 上島鬼貫
人の世の往き来映れる氷柱かな 柏翠
人泊めて氷柱街道かがやけり 黒田杏子 水の扉
人煙や氷柱の端の玉雫 草田男
人間に近づく崖の氷柱かな 宇多喜代子
何ゆゑに長みじかある氷柱ぞや 鬼貫
何物の落下や氷柱皆落ちぬ 高濱年尾 年尾句集
余呉人に月の出おそき氷柱かな 大峯あきら
凍み柿に楊枝が程の針氷柱 高澤良一 随笑
凍滝の氷柱己を封じたり 野沢節子
凶器めく氷柱となつてしまひたる 浅利恵子
分校の子ら抱へゆく大氷柱 星 芳子
切ッ先に月光を溜め氷柱かな 西村和子 夏帽子
切通し岩石剥いで氷柱落つ 高澤良一 鳩信
初富士を見出でし岨の氷柱かな 秋櫻子
北丹後ぴかりぴかりと氷柱に日 宇多喜代子 象
北窓を貫くやうに大氷柱 中村萌子
十能の火のめでたさよ氷柱宿 草間時彦 櫻山
千本の氷柱の中にめざめけり 有馬朗人(1930-)
吐く息の影の流るる氷柱かな 森賀 まり
吾子得たり街の氷柱が眩しくて 有働亨 汐路
唐辛子斎へる軒の氷柱かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
嘆かへば夜学の氷柱樫のごとし 杉山広三
土屋の戸氷柱ながらの水を売る 桂樟蹊子
地上まで氷柱さがりて無人小屋 有賀玲子
坑氷柱泣かんばかりの坑裸燈 秋元不死男
垂れ下る氷柱の紐を結ばばや 虚子
塔よぎる鳥のちひさき氷柱かな 中田剛 珠樹
夕暮の氷柱は空の色をして 高木晴子 晴居
夕暮れの氷柱は空の色をして 高木晴子
夕焼けてなほそだつなる氷柱かな 汀女
夕風や社の氷柱灯のうつる 一茶 ■寛政四年壬子(三十歳)
夜は育つ軒瑞の氷柱湯もみ唄 内山美智子
夜汽車ゆく光圈来る氷柱去る氷柱 加藤楸邨
大いなる氷柱の先の折れてをり 行方克巳
大仏の鼻水たらす氷柱哉 正岡子規
大屋根の大祖の翳氷柱ふとる 成田千空 地霊
大屋根の氷柱小屋根に届きをり 坂本山秀朗
大氷柱かゞやき日輪動き出す 権田勇風
大氷柱より一滴のギリヤーク 松澤昭 山處
大氷柱住み捨てられし軒にかな 田守としを
大氷柱八百屋の品のとぼしさよ 及川貞 夕焼
大氷柱崩るゝ音す星明り 藤沢周平
天に氷柱地に水仙の草家かな 東洋城千句
天界へ向き大氷柱叩くなり 金箱戈止夫
女あたたか氷柱の雫くぐり出で 西東三鬼
女番長よき妻となり軒氷柱 大木あまり
嫁ぐ日来て涙もろきは母氷柱 中尾寿美子
嫋々と鴉が遊ぶ氷柱かな 小林康治 玄霜
家の中に少し人ゐる草氷柱 岸本尚毅 舜
宿までは氷柱明りの峠道 斎藤夏風
寄り添へばとけて離れず氷柱とは 照敏
寒垢離や氷柱の中に水細し 西山泊雲 泊雲句集
山の日の氷柱をのぼる梁框 古舘曹人 樹下石上
山の音封じ込めたる大氷柱 浅倉寒月
山中に氷柱を囲み詩仲間 村越化石 山國抄
山国のひかり頒け合ひ軒氷柱 清水 白郎
山国の土鈴氷柱をくぐり買ふ 大串章
山小屋のオンザロックの氷柱かな 成澤 零
山巓や氷柱に閉ぢし測候所 寺田寅彦
山川のひかりを集め太氷柱 北田栄
山棲の氷柱の丈に祝がれけり 村越化石 山國抄
山番は山を氷柱に預け去る 広瀬直人
岳の星家々氷柱そだつなり 及川貞 夕焼
峡の農夫は湯に長づかり氷柱の夜 森澄雄
峰の神大き氷柱をたれたまふ 一庭人
崖氷柱かすかな音に育ちゆく 阿部みどり女
崖氷柱こたびは何の下知飛ぶや 高澤良一 鳩信
崖氷柱刀林地獄逆しまに 松本たかし
崖氷柱太陽もいま氷の類 辻田克巳
崖氷柱我をめがけて殺気かな 松本たかし
崖氷柱薙ぎ金石の響きあり 福田蓼汀
巌生きて大き氷柱をかがやかす 内藤吐天 鳴海抄
干鱈は古び氷柱はあたらしき 八木林之介 青霞集
庖丁で氷柱をおとす二階より 川崎展宏
後の世に逢はば二本の氷柱かな 大木あまり 雲の塔
御手洗の氷柱吐きだす竜の口 杉山青風
心情は今も氷柱のごとき人 高澤良一 素抱
心願のいよいよとがる氷柱かな 平井照敏(1931-)
愛されてをり夜の氷柱輝けり 松本淳子
懸崖や氷柱の下の不動尊 寺田寅彦
我家や初氷柱さへ煤じみる 一茶 ■文化十四年丁丑(五十五歳)
戛々と過ぎる風あり草氷柱 藤木倶子
拓地夜は酒の匂ひす軒氷柱 松村蒼石 雪
掴まつて水休みをり草氷柱 中嶋鬼谷
日の氷柱夜のシャンデリア蜘蛛の金婚 殿村莵絲子 牡 丹
日の氷柱海近くても遠くても 長谷川双魚
日蓮の配所の寺の大氷柱 山本修巳
明け方の夙にみどりの氷柱かな 中田剛 珠樹
星もうつくし月もうつくし氷柱かな 山口青邨
晩年の倖せあるか痩せ氷柱 室岡純子
曇る日に氷柱並びつゝ影ありぬ 高濱年尾 年尾句集
曲り出でし氷柱やなほも延びにけり 高濱年尾 年尾句集
月かげのうつろひそめし軒氷柱 川端貞男
月の夜の氷柱の軒に戻りけり 高濱年尾 年尾句集
月光の研ぐ大寺の軒氷柱 田中俊尾
月光や氷柱すだれの休め窯 吉野トシ子
月天子氷柱も楽を奏すべし 下村梅子
月明の氷柱すだまを放ちけり 村上高悦
月星に氷柱は牙を磨きをり 松本たかし
月浅間氷柱ふとらす相聞歌 角川源義 『秋燕』
朝のものごい氷柱小路は駆けぬけて 寺田京子 日の鷹
朝の氷柱すくすくつひにもの書く力 寺田京子
朝凪に帆綱の氷柱払ひけり 碧雲居句集 大谷碧雲居
朝日かげさすや氷柱の水車 鬼貫
木臼彫る氷柱の村を水迅く 龍太
林間へ帰心矢なすや草氷柱 石塚友二
枯草の中に氷柱の光り見ゆ 高濱年尾 年尾句集
枯蔓に巻きつき垂るる氷柱かな 池内友次郎 結婚まで
柏原小学校の青氷柱 黒田杏子 水の扉
楯をなす大き氷柱も飛騨山家 野風呂
機影行く氷柱に晴れし舞踏室 宮武寒々 朱卓
機音のして三尺の氷柱かな 巻田 政野
水しぶき蔓の氷柱を怖れ飛ぶ 橋本鶏二
水窓の綱手もきるゝ氷柱哉 榎本其角
水飲んで水の世ぐしやりと軒氷柱 寺田京子
氷柱ある磧の青年黒く跳ぶ 和知喜八 同齢
氷柱くわえ泣きの涙の犬走る 西東三鬼
氷柱して受信所朝の紅茶沸く 宮武寒々 朱卓
氷柱しぬ柳の糸の細きより 臼井丁川
氷柱なす崖わが影もうつし得ず 杉山岳陽 晩婚
氷柱なめて生涯の貧まぬがれず 小林康治 四季貧窮
氷柱なめ立ち止りをる狩の犬 魚目
氷柱の芯に日籠る父の忌日 津田清子 礼 拝
氷柱の虹普羅の忌は夕べはや 文挟夫佐恵 黄 瀬
氷柱もて楽器ケースを敲きつつ 波多野爽波 『一筆』以後
氷柱より日の出る谿や車組む 橋本鶏二
氷柱並びて延び来しがやゝ太く細く 高濱年尾 年尾句集
氷柱伸び伸ぶ遁るゝべうはなかりけり 小林康治 四季貧窮
氷柱伸ぶ言葉ほきほき噛んでをり 仙田洋子 橋のあなたに
氷柱噛み馬橇の鈴をゆかしめき 小林康治 玄霜
氷柱噛んで童女の頃の歯音たつ 加藤知世子
氷柱垂る霧のアルプス展望所 小原菁々子
氷柱垂れ同じ構の社宅訪ふ 深見けん二
氷柱太しアイヌ民芸ひさぐ店 古賀まり子 緑の野以後
氷柱太る妻と励まし合へる夜も 栗田九霄子
氷柱宿寝髪凍つてしまひけり 小林康治 玄霜
氷柱宿暇っつぶしに夜更けの温泉(ゆ) 高澤良一 寒暑
氷柱打ち落す牛飼の一人つ子 太田土男
氷柱折って四十路の行途なきごとし 小林康治 玄霜
氷柱折つて寒九の水を汲みゆけり 茂里正治
氷柱折るゝ音と知る暗に眼ざめ居り 繞石句集落椿 大谷繞石
氷柱折る下に生るゝ蝶々かな 柑子句集 籾山柑子
氷柱日々伸ぶ支へて母は軽きかな 小林康治 四季貧窮
氷柱痩せ噴煙せつにしろき昼 堀口星眠 火山灰の道
氷柱雫下葉に受けし氷柱かな 阿部みどり女 月下美人
汽車汽笛湯気噴き上ぐる氷柱かな 永井龍男
波は洗ふ舷側砲の氷柱哉 寺田寅彦
滝の水もはや氷柱をつたはらず 横山白虹
滝ほとり岩も木立も氷柱かな 西山泊雲 泊雲句集
滝死なずおのが氷柱の群くぐり 金子 潮
滝氷柱しきりに落下する日なり 藤崎久を
滝氷柱まつしろに炎えゐたるなり 松澤昭 神立
火宅より火宅へ氷柱屈けらる 中原 道夫
灯のうつる水車の軒の氷柱哉 寺田寅彦
灼けにけり氷柱の先の遠い雲 佐野良太 樫
父母所生(ふもしょじやう)一家甚だ氷柱垂る 三橋敏雄 まぼろしの鱶
狩くらや氷柱をはらふ山刀 橋本鶏二
玉依姫氷柱の中に在しけり 長屋せい子
男女また日を失ひし氷柱かな 小林康治 玄霜
町の子の氷柱落しといふ遊び 新谷根雪
白玉楼中の人を遠くす滝氷柱 福田蓼汀 秋風挽歌
皇子の墓天の氷柱の垂れにけり 沢木欣一 二上挽歌
石投ぐや滝の氷柱の躍り落つ 高濱年尾 年尾句集
破れ軒を氷柱擬きと氷柱かな 坊城 俊樹
神割といふ断層の氷柱かな 茨木和生 倭
空の色映りて晴るゝ氷柱かな 深見けん二
竹馬の子が折り廻る氷柱かな 雉子郎句集 石島雉子郎
笹の葉をひとすぢ籠めの氷柱かな 辻桃子
箒もて氷柱落すも飛騨山家 鈴鹿野風呂
終の日の氷柱そのまゝ昇天す 窓秋
給水塔をかざる氷柱や鉄鳴りそむ 古沢太穂 古沢太穂句集
縄を綯ふ音とどきゐる氷柱かな 大串章
胃が痛むきり~垂れて崖の氷柱 秋元不死男
花束に氷柱しづくのかかりけり 岸本尚毅 舜
茶を飲めば眼鏡くもりて大氷柱 綾子
草一条氷柱の中に生きてをり 二川茂徳
藁屋根の氷柱みどりに早起き村 桜井博道 海上
見てあれば氷柱しづくの生れけり 大橋櫻坡子 雨月
誰そ彼をいちはやく知る氷柱かな 中原 道夫
貝の口いつせいに閉づ氷柱落ち 加藤秋邨 吹越
越中の碧くしづかな氷柱かな 佐川広治
身に垂るる氷柱のごときものと言ふ 石田勝彦 秋興
身構へてその前通る軒氷柱 高澤良一 寒暑
軒の氷柱に息吹つかけて黒馬よ黒馬よ 臼田亜浪 旅人
軒氷柱くらしの音のなきごとく 長谷川富佐子
軒氷柱やうやくに鳥かよふそら 中田剛 珠樹
軒氷柱よべの底冷えありのまゝ 高澤良一 寒暑
軒氷柱ホルスタインに楽流れ 白澤よし子
軒氷柱大事に半島北へ伸ぶ 太田土男
軒氷柱寝べきところにお人形 田中裕明 櫻姫譚
軒氷柱意志を通して阿らず 高澤良一 素抱
軒氷柱手折り光を手折りけり 葛原俊子
軒氷柱折れて小さき虹を生む 萩原まさえ
軒氷柱日当りてなほ太りけり 井上雪
軒氷柱曲げるわるさを風童子 村越化石
軒氷柱月のしづくをこぼしけり 奥田智久
軒氷柱燦としたたる日の山河 山口草堂
軒氷柱百姓の掌が一と薙す 細川加賀
軒氷柱陽を返しつつとけ始む 曽田ハツ
軒氷柱障子浄らに住みなせり 中村四峰
軒氷柱雪国の花舗暗かりき 古賀まり子
軒氷柱馬の首もつおしらさま 太田土男
軒雫止んで居りたる氷柱かな 森本水鶏子
逆鉾の氷柱の谷に通ひ路 楠目橙黄子 橙圃
遠き家の氷柱落ちたる光かな 高濱年尾 年尾句集
鉾先の少し反りたる大氷柱 岸田稚魚
隆々の鬼の金棒軒氷柱 高澤良一 寒暑
隧道の口に大なる氷柱かな 夏目漱石 明治三十二年
隧道や氷柱の下り石佛 寺田寅彦
雨降れば氷柱も細りつゝ落ちぬ 高木晴子 晴居
雪ちるや日ぐれの氷柱一二寸 古沢太穂 古沢太穂句集
雪女郎恋文氷柱のペンで書く 黒田杏子
雪崩にまじりて氷柱落ちたる光かな 高濱年尾 年尾句集
青空の流れてゐたる氷柱かな 茨木和生 倭
音もなし氷柱が刺せる最上川 加藤秋邨 吹越
風が氷柱とらへし高音分教場 八牧美喜子
風熄みて氷柱のうるむ夕茜 森田 博
風裏はあそび雪降る氷柱かな 松村蒼石
馬車駈けてゆきたる月の氷柱かな 山田弘子
魂のあおさ氷柱の塔におる 和知喜八 同齢
鳥である前に氷柱となりいたり 相原左義長
鳩の夫婦涙めきたる氷柱の奥に 細谷源二 砂金帯
黒氷柱吾が失着もまた絶景 永田耕衣 奪鈔
いま釣りし鯉の咽より垂氷かな 小原啄葉
こま~と垂氷す春の暁に 露月句集 石井露月
命日の軒の垂氷をくぐりけり 寺井谷子
夜話の人こそ知らぬ垂氷かな 露月句集 石井露月
寒垢離の灯りを外るる一垂氷 宮岡計次
山宿のみな吹き曲りゐる垂氷 岩佐こん
木琴の撥もて垂氷打ちおとす 津田清子
枯萩が下に筧の垂氷かな 筏井竹の門
樹に馳せて垂氷のごとし東風の猿 角川源義
炭俵売る午過ぎや垂氷落つ 石井露月
碧落の主峰垂氷を砦とす 岡田日郎
羽干し鵜の岩礁垂氷よろひけり 井口 秀二
蜂の巣をかこんで搾りゐる垂氷 竹中宏 句集未収録
見ん事に垂氷ぞしたる樋口かな 水原秋桜子
鷦鷯つつく湯殿の垂氷かな 梧朝 俳諧撰集「藤の実」
さて何本ここから見ゆる崖つらら 高澤良一 宿好
つらら、尻尾まで光を溜めてゐる 櫂未知子 貴族
つらら垂る竟の御空もこの碧さに 千代田葛彦 旅人木
つらら太りほういほういと泣き男 西東三鬼
つらら折れるころ向ふ机かな 室生犀星 魚眠洞發句集
つらら滴り書くべきことのあればこそ無し 折笠美秋 君なら蝶に
ひるすぎの筧つららを滴りにけり 室生犀星 犀星發句集
もう一本引きずられ落つ崖つらら 高澤良一 宿好
一塊の軒の雪より長つらら 素十
塩の道天碧む日の軒つらら 甲斐すず江
大文字は好きな山なり草つらら 波多野爽波 『湯呑』
巌つらら落ち碧潭をくつがへす 鈴木貞雄
恋白鳥つらら垂る胸反らしけり 鷲谷七菜子
日泛いてうすももいろの草つらら 岡井省二
昨日より今日を太りし軒つらら 椎橋清翠
月光の折りに来るなり草つらら 櫛原希伊子
母さん留守子とろ子とろと軒つらら 津田清子
滝つらら相思相愛とはなれず 金田咲子 全身 以後
父母昇天つららを垂らし早寝の戸 細谷源二 砂金帯
猟銃の銃口ひかる軒つらら 佐川広治
病巣をのぞいて見れば草つらら 越高飛騨男
裏山の女つららを食つてゐる 中鳥健二
軒つらら切つ先寸にして揃ふ 阿部子峡
軒つらら夢より長くならざりき 堤保徳
軒つらら石臼はさみしさに慣れ 長谷川双魚 『風形』
白川村夜陰につらら落す音 高澤良一 随笑
つららつらら隣のつららみて育つ 高澤良一 素抱

氷柱 補遺

*しな布(しなふ)織る軒にびつしり氷柱かな 松崎鉄之介
*のき端の氷柱の下に見送れる 清崎敏郎
くらがりにきらめく氷柱ひとりで過ぐ 加藤秋邨
このつらら華厳に打たれかく育ち 川端茅舎
この崖に幾哀歓の笹氷柱 加藤秋邨
この蔵窓氷柱襖と鉄格子 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
この路地の氷柱粛然入りがたな 山口青邨
シュミーズを干してありたる軒氷柱 清崎敏郎
しんしん与氷柱の先の先太る 阿波野青畝
その太き氷柱の中の美童かな 能村登四郎
たえだえに町並つづく氷柱かな 山口青邨
たくましき犬と見てゐる氷柱かな 加藤秋邨
つらゝして轆轤の雫絶えにけり 正岡子規 氷柱
つららは光の簾 丹波布織る頬燃え 伊丹三樹彦
つらら太りほういほういと泣き男 西東三鬼
つらら蝟の如くに華厳落つるなり 川端茅舎
トンネルのあるところまた氷柱垂る 右城暮石 一芸
はや出来て小さき氷柱や暮るゝ軒 高浜年尾
はればれと昼の氷柱の水しぶき 飯田龍太
ひかりの子散つて氷柱の落ちにけり 藤田湘子 神楽
ふし見ゆる軒端をつゝる氷柱哉 正岡子規氷柱
ほの暗き谷の垂氷に魅入りたる 佐藤鬼房
みちのくの星入り氷柱われに呉れよ 鷹羽狩行
みちのくの町はいぶせき氷柱かな 山口青邨
もてなしにトンネル内の氷柱見す 右城暮石 上下
ゆるびなき日輪迎ふ氷柱かな 飯田龍太
わらやしたしくつららをつらね 種田山頭火
握手となす笑いや拘置所の千の氷柱 古沢太穂 火雲
旭のさすや檐の氷柱の長短 正岡子規 氷柱
一滴が一語のつららしづくかな 鷹羽狩行
一瀑の玲瓏ことごとく氷柱 山口青邨
嘘吐いて 光彩(いろ)うつくしき つららかな 富澤赤黄男
駅柵に垂れて氷柱も柵をなす 鷹羽狩行
遠き家の氷柱落ちたる光かな 高浜年尾
屋根小さき外厠より氷柱垂る 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
温泉の町の氷柱の路地の暮しかな 清崎敏郎
音もなし氷柱が剌せる最上川 加藤秋邨
音無しに眠るや氷柱囲にて 佐藤鬼房
火口壁大き氷柱が柵をなす 山口誓子
解け休み解け休みしてつららかな 三橋敏雄
海鳴と鬼を遮ぎる軒つらら 橋閒石
開拓地に生れ育ちて氷柱落す 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
貝の口いつせいに閉づ氷柱落ち 加藤秋邨
崖氷柱我を目がけて殺気かな 松本たかし
崖氷柱刀林地獄逆まに 松本たかし
岳の星家々氷柱そだつなり 及川貞 夕焼
釜茹での湯気もうもうと軒氷柱 右城暮石 句集外 昭和六十三年
寒村を脱けぬ渋民痩氷柱 上田五千石『田園』補遺
巌つららぽつんと折れて柩通す 岸田稚魚 負け犬
岩窟の氷柱氷柱で薙ぎ払ふ 鷹羽狩行
願はくは火口の氷柱折らせ給へ 山口誓子
丘の上の寺の氷柱も見ゆるかな 高野素十
給水塔をかざる氷柱や鉄鳴りそむ 古沢太穂 三十代
郷倉は深雪・氷柱よ三百年 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
暁方の氷柱そだてむ天の幸 三橋敏雄
琴線に触れむと氷柱薙ぎ払ふ 鷹羽狩行
九十九日王子を照らす氷柱かな 飯島晴子
空の紺氷柱の瑠璃に深雪晴 松本たかし
月の軒氷柱かざして人住めり 高浜年尾
月の夜の氷柱の軒に戻りけり 高浜年尾
月まはり来て照らしたる氷柱かな 山口青邨
月光のつらら折り持ち生き延びる 西東三鬼
月光の氷柱めぐらし足袋脱ぐよ 角川源義
月山の木魂と遊ぶ春氷柱 有馬朗人 耳順
月星に氷柱は牙を磨きをり 松本たかし
月浅間氷柱ふとらす相聞歌 角川源義
見るからにうまし全透明氷柱 山口誓子
軒つらら心のひまの夕明り 中村汀女
軒の氷柱と晴天の神学校 飯田龍太
軒の氷柱に息吹つかけて黒馬(あを)よ黒馬よ 臼田亜郎 定本亜浪句集
軒を出づ氷柱の牙を逃れつつ 上野泰
軒氷柱下がり雪嶺突き立ちぬ 松本たかし
軒氷柱垂れたる先の曲りをり 清崎敏郎
軒氷柱打てば光りの空深し 飯田龍太
枯れてさがる檐の葱の氷柱哉 正岡子規 氷柱
枯れ蔓の檐に動かぬつらゝ哉 正岡子規 氷柱
枯山の氷柱一本二本垂る 右城暮石 句集外 昭和五十年
枯盡くす絲瓜の棚の氷柱哉 正岡子規 氷柱
五龍岳見えず大きな氷柱折る 藤田湘子 神楽
黒氷柱吾が失着もまた絶景 永田耕衣
紺青のつららひねもす見れど飽かじ 川端茅舎
紺青のつらら打ち落つ華厳かな 川端茅舎
山の日の氷柱をのぼる梁框 古舘曹人 樹下石上
山番は山を氷柱に預け去る 廣瀬直人
四十雀氷柱に影をして遊ぶ 右城暮石 句集外 昭和九年
四万川にぐわらりと春の氷柱かな 加藤秋邨
子供等も触るることなし畦氷柱 右城暮石 天水
死の薔薇となり氷柱に透きとほる 三橋鷹女
死神の双眸氷柱二本かな 林翔
詩は牙だ 鉱山町の氷柱折る 伊丹三樹彦
慈悲の山日当りは濡れ崖氷柱 佐藤鬼房
自動車を全員降りて氷柱見る 右城暮石 散歩圏
雫とも見えて氷柱でありしかな 稲畑汀子
手の触れし箇処より氷柱痩せ始む 三橋鷹女
樹に馳せて垂氷のごとし東風の猿 角川源義
終の日の氷柱そのまゝ昇天す 高屋窓秋
十字架のひつさげてをる氷柱かな 石田勝彦 百千
十能の火のめでたさよ氷柱宿 草間時彦
春の氷柱樹間に艶を尽しけり 林翔
女あたたか氷柱の雫くぐり出で 西東三鬼
照り氷柱ぐりぐりと山映しけり 岡井省二 明野
上下に密着したる氷柱かな 右城暮石 一芸
城案内図の小庇に氷柱垂れ 清崎敏郎
食みたしや朝焼染みし軒氷柱 能村登四郎
心願のいよいよとがる氷柱かな 平井照敏
心中の崖を見あぐる氷柱かな 秋元不死男
身に垂るる氷柱のごときものと言ふ 石田勝彦 秋興
水散つて白く氷柱を結びたり 右城暮石 句集外 昭和五十八年
水晶に朝日かゝやぐ氷柱哉 正岡子規 氷柱
水神の垂氷(たるひ)を舐めてゐる夕陽 佐藤鬼房
星もうつくし月もうつくし氷柱かな 山口青邨
生活の氷柱は青く背をつらぬく 富澤赤黄男
西へ鳶流れ残欠崖氷柱 佐藤鬼房
青き歯朶籠めてかなしき崖氷柱 橋閒石
青淵に岩根のつらら沈み垂り 川端茅舎
切先を磨ぎつつ氷柱太りたる 岸田稚魚 紅葉山
折れるまで氷柱大岩壁のもの 山口誓子
雪ちるや日ぐれの氷柱一二寸 古沢太穂 古沢太穂句集
雪山を冠りつららの峡は裂け 川端茅舎
雪庇そのまま氷柱庇なる 山口誓子
絶壁につららは淵の色をなす 川端茅舎
千本の氷柱かがやき路地ともる 山口青邨
千本の氷柱の中にめざめけり 有馬朗人 耳順
千万の氷柱すなはち滝なりけり 山口青邨
船橋に風の叫喚つらら照る 松崎鉄之介
全山の雲より垂れし氷柱かな 加藤秋邨
禅石の谷に育ちて青垂氷 佐藤鬼房
痩せもせぬ崖の氷柱や猿田彦 佐藤鬼房
草原に氷柱開拓村荒れて 右城暮石 句集外 昭和六十一年
草氷柱いつしか溶けし水たまり 桂信子「草影」以後
打水のつらら出来たり花八ツ手 日野草城
大瀧の音生きてをる氷柱かな 石田勝彦 百千
大谷川たぎち逆立つつららかな 川端茅舎
大氷柱小氷柱いまだ灯さず 山口青邨
大氷柱雪のとびつきざま凍る 岸田稚魚 紅葉山
大氷柱天の逆鉾地に向ふ 上野泰
大氷柱八百屋の品のとぼしさよ 及川貞 夕焼
大佛の鼻水たらす氷柱哉 正岡子規 氷柱
滝つらら瑞の深空展けたり 鷲谷七菜子 花寂び
滝岩に群がり立ちし氷柱かな 高野素十
瀧壺のつらら八寒地獄之図 川端茅舎
拓地夜は酒の匂ひす軒氷柱 松村蒼石 雪
谷の闇赤子生む灯の氷柱籠め 飯島晴子
男女また日を失ひし氷柱かな 小林康治 玄霜
茶をのめば眼鏡くもりて大氷柱(七尾線) 細見綾子
中山道古き家並に古垂氷 山口誓子
張り詰めし氷の上に氷柱投ぐ 右城暮石 句集外 昭和四十五年
朝は佳し氷柱の奥の笑ひ声 岡本眸
長氷柱杖とし突かば聖だつ 上田五千石 森林
鳥高し氷柱雫のひかる日は 飯田龍太
滴々とつららのしずく 舌熱く 富澤赤黄男
電気炉の火花むらさきにさす氷柱 加藤秋邨
湯煙のまつはりやまぬ氷柱かな 清崎敏郎
湯煙のもれゐる軒も氷柱垂れ 清崎敏郎
灯よ氷柱は闇の中にある 富澤赤黄男
頭もて氷柱欠きたる父貧し 佐藤鬼房
峠道行きて出会ひし大氷柱 右城暮石 天水
薙ぎ落し氷柱の色が白く変る 右城暮石 句集外 昭和四十年
日と氷柱そのほかなべて簡潔に 能村登四郎
日に痩せて月に太りし氷柱かな 上野泰
日輪も氷柱も呼吸始めたり 橋閒石 微光
日泛いてうすももいろの草つらら 岡井省二 山色
乳のごと熔岩の氷柱のならびたる 阿波野青畝
濡れづめの氷柱が滝の中に立つ 山口誓子
廃坑を鎖せる氷柱薙ぎ払ふ 山口誓子
白玉楼中の人を遠くす滝氷柱 福田蓼汀 秋風挽歌
麦青き上に掛樋の氷柱かな 河東碧梧桐
鳩の夫婦涙めきたる氷柱の奥に 細谷源二 砂金帯
板やねや氷柱吹き折る朝嵐 正岡子規 氷柱
枇杷の實の僅に青き氷柱哉 正岡子規 氷柱
百目氷柱一滴われを穿ちたり 鷹羽狩行
氷柱くぐるより口辺のうすわらひ 橋閒石 無刻
氷柱くはへ泣きの涙の犬走る 西東三鬼
氷柱して暗峠とやなさむ 岡井省二 猩々
氷柱とざす書窟乾燥花を挿して 山口青邨
氷柱なめて生涯の貧まぬがれず 小林康治 四季貧窮
氷柱の芯に日籠る父の忌日 津田清子 礼拝
氷柱の樋金剛光を放ちけり 阿波野青畝
氷柱ひん曲り啄木追はれし村 鷹羽狩行
氷柱ふとる仕込なき日の酒造蔵 伊藤白潮
氷柱ふとる日ごと女の匂なし 橋閒石 朱明
氷柱もて楽器ケースを敲きつつ 波多野爽波
氷柱をば折り珍らしみ掌にむなし 三橋敏雄
氷柱延びして老い行くや橋の上 永田耕衣
氷柱噛み馬橇の鈴をゆかしめき 小林康治 玄霜
氷柱見しことも一つに日記かく 右城暮石 句集外 昭和十六年
氷柱見て枯れきりし歯朶の葉を燃やす 右城暮石 句集外 昭和十六年
氷柱見にゆく土曜日の泊り客 廣瀬直人
氷柱見に行くドライブに誘はるる 右城暮石 散歩圏
氷柱細き晴旦木木の芽立ちかな 村山故郷
氷柱宿寝髪凍つてしまひけり 小林康治 玄霜
氷柱照る笛立てかけて逝きにけり 秋元不死男
氷柱伸び伸ぶ遁るゝべうはなかりけり 小林康治 四季貧窮
氷柱垂れ同じ構の社宅訪ふ 深見けん二
氷柱折って四十路の行途なきごとし 小林康治 玄霜
氷柱折り食ふ口中の脈打つよ 右城暮石 虻峠
氷柱折る一瞬先に水の音 飯田龍太
氷柱折る借切バスを停車して 右城暮石 天水
氷柱折れば街の一角雪となる 角川源義
氷柱窓夜々天界の美しき 飯田龍太
氷柱長し美しかりしよべの月 村山故郷
氷柱日々伸ぶ支へて母は軽きかな 小林康治 四季貧窮
氷柱利き簷をめぐらし大屋台 松本たかし
氷柱立ち聖母マリアの孤なりけり 阿波野青畝
不動明王垂氷の縛を甘んじぬ 阿波野青畝
父母所生一家甚だ氷柱垂る 三橋敏雄
父母昇天つららを垂らし早寝の戸 細谷源二 砂金帯
風通るとき洞窟の氷柱笛 鷹羽狩行
淵に触れさうな氷柱の解けはじむ 廣瀬直人
淵の上に垂れし氷柱は淵の色 清崎敏郎
分岐点たる駅貨車の裾氷柱 古沢太穂 捲かるる鴎以後
抱へたる重き氷柱に夕日さす 飯田龍太
法皇の滝に氷柱の落ちしきる 山口誓子
目的の一つ氷柱を見ることも 右城暮石 散歩圏
餅揚の折りては鵯みぬ軒氷柱 加藤秋邨
夜の山猪の真上の崖氷柱 金子兜太
夜は夜の風を籠らせ垂氷谷 佐藤鬼房
夕暁けてなほそだつなる氷柱かな 中村汀女
陽なくて太る垂氷に対ひ鍛冶親子 佐藤鬼房
蘭の根に蘭の如くにつららたれ 川端茅舎
裏川のここより曲り崖氷柱 佐藤鬼房
瑠璃光の瑠璃よりあをきつららかな 川端茅舎
零といふ無限の数や氷柱折れ 能村登四郎
恋白鳥つらら垂る胸反らしけり 鷲谷七菜子 天鼓
佛立つ大磐石の氷柱哉 正岡子規 氷柱
嫋々と鴉が遊ぶ氷柱かな 小林康治 玄霜
棕梠の葉の氷柱房なす朝かな 三橋鷹女
轣轆(れきろく)とゆけば しづるる つららかな 富澤赤黄男
雉の雄どよもし飛べば氷柱あり 右城暮石 句集外 昭和十五年

氷柱 続補遺 

かけ橋に猿の折りたる氷柱かな 鬼貫
はづかしく五木焼屋の氷柱哉 一笑(金沢)
びいどろや氷柱をかざす笄売 露遊 坂東太郎
芦の家は出しまにはらふ氷柱かな 寥松
鞍壺に瀧を負せん氷柱かな 建部巣兆
井のもとの草葉に重き氷柱かな 鬼貫
雨垂の氷柱となりて暮にけり 魯九
何ゆゑに長みじかある氷柱ぞや 鬼貫
葛の葉をつなぎて下る氷柱哉 紫貞女
小柴折る人の見え透く氷柱かな 寥松 八采1句纂
松の雪蔦に氷柱のさがりけり 其角
水窓の綱手もきるゝ氷柱哉 其角
数十丈見上れば岩の垂氷哉 高桑闌更
請太刀に成て見よとて氷柱哉 木因
川越せば馬の尾をひく氷柱哉 琴風
誰こけし跡や氷柱に欠け陶 東皐
朝日影さすや氷柱の水車 鬼貫
氷柱なき軒にふたゝび入日哉 高桑闌更
氷柱まで仏躰に皆拝みけり 凉菟
門閉て閑居をしゆる氷柱かな 琴風
約束の剣かけたる氷柱かな 蓼太 蓼太句集三編
冷じや窓に氷柱を打扇 万子

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 16:33 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26795542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング