しまき の俳句

しまき の俳句

しまき

例句を挙げる。

しまき(風巻)来る雪のくろみや雲の間 内藤丈草
しまきして烏賊釣る篝きえにけり 寺野守水老
しまきても晴れても北の海黝く 桑田青虎
しまき晴れ海鵜さみしき鳥となる 古賀まり子
ときならず塚に無明の雪しまき 古舘曹人 樹下石上
とどまればすでに止どまるしまき雲 堀越胡流
一しまき庇の落葉さらへけり 野村泊月
内海もおだやかならず雪しまき 谷内秀作
初花の一枝にしまき雪つぶて 加藤耕子
別れ雪思ひのたけをしまきけり 西村和子 かりそめならず
寒行僧早め来つるよ夕しまき 高田蝶衣
最上川しまき昏れゆく音を断つ 文挟夫佐恵 遠い橋
梅寒し野に一塊のしまき雲 内藤吐天
檣頭旗おしつつみたる雪しまき 五十嵐播水 埠頭
比叡山今日しまきをる*えりを挿す 中井余花朗
流氷やしまきて灯る蜑部落 伊東宏晃
海しまき見つ石階の日に去らず 宮武寒々 朱卓
海に日の落ちて華やぐしまき雲 角川源義
海鳴りに雪は沖よりしまき来る 大橋敦子 匂 玉
甲羅煮や窓雪しまき夜もはげし 松代嶺子
知床の山容奪ふしまきかな 戸川幸夫
荒海やしまきの晴れ間陽落つる 大谷句仏
薺打つ大瀬に雪のしまきつつ 龍太
藪の表を又過ぎ行くや雪しまき 西山泊雲 泊雲句集
雪しまき人消え人の現はるる 上野泰 佐介
雪しまき大地を伝ふ武器商人 水野真由美
雪しまき女の頬の匂ひ出す 森総彦
雪しまき日輪のひた走りけり 堤 保徳
雪しまき港の景をうばひけり 五十嵐播水 埠頭
雪しまき瓶洗ふ間も子に呼ばれ 細見綾子
雪しまき養ミンク場屋なさず 石川桂郎 高蘆
雪山に大汗はばむしまき哉 中勘助
鰤網を揚ぐる舸子らに雪しまき 松尾緑富
木の芽のえんじいろ もう風雪を おそれない 吉岡禅寺洞
笠もいざ風雪の夜を三千里 大谷句佛 我は我

しまき 補遺

しまきもす晴れもすはだら雪の比良 阿波野青畝
しまき雲崖の端まで馬ひき込む 橋閒石
しまき雲日の曼陀羅を洋に懸く 角川源義
しまき雲雄鹿雌鹿の唇あはせ 角川源義
しまき止む六つ星は濡れ瞼にて 佐藤鬼房
しまく玻璃とざす魚屋火を裡に 木村蕪城 寒泉
シャワー浴ぶごとくに樹雪しまき浴ぶ 上田五千石『森林』補遺
そば畑を打つ風雪の風のとき 平畑静塔
ときならず塚に無明の雪しまき 古舘曹人 樹下石上
とどまつは風雪に耐へ芽を花と 山口青邨
仮の世のわが黒砦雪しまく 佐藤鬼房
河口の州しまきて朝の日をふさぐ 佐藤鬼房
牙城の灯きらびやかなり風雪に 日野草城
海に日の落ちて華やぐしまき雲 角川源義
海苔そだの風雪となる舟に人居る 尾崎放哉 小豆島時代
苦患なき尸に夜の雪しまく 佐藤鬼房
行く年の眠りに籠る雪しまき 平井照敏
春しまき入定窟の高みより 佐藤鬼房
春の雪にもしまくてふ心あり 稲畑汀子
松過の風雪にある小家かな 富安風生
上臈山導燈の変雪しまく 佐藤鬼房
雛の夜の雪しまく夜ぞ吾子を召す 渡邊白泉
世は濁れど風雪の樹を支ふもの 佐藤鬼房
晴風雪合格以後の三日長し 相馬遷子 雪嶺
青潮を断つ風雪の鼻柱 橋閒石 風景
雪しまき 下校児遂に屈み込む 伊丹三樹彦
雪しまきしまき枯葉を舞ひたたせ 清崎敏郎
雪しまきやめば夕空あらはれし 清崎敏郎
雪しまきわが喪の髪はみだれたり 橋本多佳子
雪しまき黒団団と迫りけり 山口誓子
雪しまき小樽は滑り寿都(スツツ)泣き 渡邊白泉
雪しまき焦都しばらく窓に消ゆ 日野草城
雪しまき人消え人の現はるる 上野泰 佐介
雪しまき渡良瀬地隙つらぬけり 松崎鉄之介
雪しまき薄れきたれば畦木見ゆ 清崎敏郎
雪しまき瓶洗ふ間も子に呼ばれ 細見綾子
雪しまき夜を深くする渓こだま 角川源義
雪しまき養ミンク場屋なさず 石川桂郎 高蘆
雪しまき卍今又逆卍 上野泰
雪しまく姉取山は思慕の山 佐藤鬼房
雪しまく沼の軋りの中のわれ 佐藤鬼房
雪しまく壬申の世に還るかと 阿波野青畝
雪しまく幽明の牛立ちゐたり 平井照敏 猫町
窓際の電柱に夜の雪しまき 右城暮石 天水
大地なほ白まず風雪の棕梠騒ぐ 野澤節子 未明音
竹秋や雨露風雪の榻の寂び 飯田蛇笏 山廬集
庭木さへ隔てしほどの雪しまき 高浜年尾
日本海ゆさぶつて雪しまき来る 右城暮石 句集外 昭和五十八年
白髭の鳥居は境雪しまく 阿波野青畝
飯とらで父眠りたもふ雪しまき 大野林火 海門 昭和十一年
風雪となりける彼岸ならばままよ 岸田稚魚 紅葉山
風雪にたわむアンテナの声を聴く 山口誓子
風雪に眼鼻うたるる行者谷 角川源義
風雪に飾窓あり静かな灯 日野草城
風雪に耐へねばならぬ枝ばかり 桂信子 草影
風雪に満洲黄旗白く褪せぬ 山口誓子
風雪のあと百千鳥かくれなし 上田五千石『琥珀』補遺
風雪のまんじともゑを今もかな 山口誓子
風雪の一樹かなしき臓腑かな 中村苑子
風雪の火焔めら~はしる雉 富澤赤黄男
風雪の光りみだるる冬木原 飯田蛇笏 家郷の霧
風雪の春をさびしみ越路行く 村山故郷
風雪の明治天皇碑の脚下 山口青邨
風雪の嗜虐の曠野暖房車 山口青邨
風雪の棕梠や裂ける葉なほ裂きて 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
風雪をぬけ来て一路さだまりぬ 村山故郷
風雪を吹きつけて馬逡巡す 正岡子規 雪
風雪を老ゆるこころに卓の燭 飯田蛇笏 家郷の霧
蓑虫の蓑の風雪はじまりし 後藤比奈夫
夕市を一煽りして雪しまき 清崎敏郎
瑠璃光寺春くる雪のしまきをり 細見綾子 存問
髑髏すわる最高階に雪しまくは 橋閒石 無刻

しまき 続補遺 

しまき来る雪のくろみや雲の間 丈草

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 19:34 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26795967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング