寒鮒 の俳句

寒鮒 の俳句

寒鮒

例句を挙げる。

かげさせば寒鮒釣の振返り 林火
ともにゆく寒鮒釣のゆくみちを 久保田万太郎 草の丈
とも立てゝ寒鮒捕りの五六艘 松藤夏山 夏山句集
なびき藻の寂びて寒鮒潜むなり 水原秋桜子
また忍ぶ恋寒鮒のひかるとき 小川双々子
もてなさる焼きし寒鮒さらに煮て 草田男
ダイヤにヒスイにとれてとれて寒鮒 島津 亮
ペリカンの餌の寒鮒の泳ぐなり 日野草城
今にある寒鮒市の古き町 松吉 良信
吾が影が居て寒鮒を濁らしむ 鷹女
呼びこまん寒鮒売の老の声 小澤碧童 碧童句集
堤下りて寒鮒釣となりにけり 七里峡
夕焼けて寒鮒釣も堰の景 水原秋桜子
寒鮒が生きる一日水汚さず 中山純子 沙羅
寒鮒といちにち暮し湖匂ふ 関戸靖子
寒鮒にそえあたたかき飯なりき 古沢太穂 古沢太穂句集
寒鮒にそへあたたかき飯なりき 太穂
寒鮒にまじりて由々し手長蝦 普羅
寒鮒に千年かたちよき麓 松澤昭 山處
寒鮒のあを藻一すぢからみたる 篠田悌二郎
寒鮒のうごかぬひまも日脚かな 犀星
寒鮒のくちびる薄く釣られけり 安田誠一
寒鮒のはがねびかりに釣られけり 町田しげき
寒鮒のまだ一匹も釣れてゐず 本杉勢都子
寒鮒の一夜の生に水にごる 桂信子
寒鮒の口吸う泣きの男かな 永田耕衣 闌位
寒鮒の尾が地を叩く暮色かな 斎藤梅子
寒鮒の死してぞ臭く匂ひけり 永田耕衣 驢鳴集
寒鮒の死にてぞ臭く匂ひけり 永田耕衣(1900-97)
寒鮒の汲みかへられて澄みにけり 前田普羅
寒鮒の泥をはかせて客を待つ 前津 栄子
寒鮒の浮き来日ざしや木の葉舞ふ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
寒鮒の濁りの中に眼をひらき 鷹羽狩行
寒鮒の煮くづれて目玉こぼしけり 絵馬
寒鮒の煮つまる匂ひ女人講 吉沢利枝
寒鮒の生きてゐし血や流れもせず 綾子
寒鮒の瞳にまたゝきもなく売れし 原石鼎
寒鮒の空の青さに反りかへる 阿部寿雄
寒鮒の竹籠廃れし港かな 雑草 長谷川零餘子
寒鮒の竿ぬれてありいつまでも 秋津
寒鮒の籠も秤も粉雪かな 龍雨
寒鮒の跳ねてきまりし棹秤 中村汀女
寒鮒の近江にふかく入りけり 秋山巳之流
寒鮒の釣り上げらるゝ水面かな 前田普羅 新訂普羅句集
寒鮒の釣れて水垢もとのまゝ 秋櫻子
寒鮒の釣れて青空よみがへる 松村蒼石
寒鮒の釣上げし掌にほの暖し 蒼石
寒鮒の青藻一糸をまとひたる 山口青邨
寒鮒の鰓から垂れて藻ひとすぢ 中田剛 珠樹以後
寒鮒や四ッ手揚げたる日の光 白水郎
寒鮒をあげし後こそ湖あをき 桂樟蹊子
寒鮒をこごえた手で数へてくれた 尾崎放哉
寒鮒をころし喰ひたり今日さむし 中山純子 沙羅
寒鮒をまつくろに飼ひ双生児 原田喬
寒鮒をもろ手に受ける十あまり 瀧井孝作
寒鮒を剖けば湖鳴る夕かな 遠藤とみじ
寒鮒を堕して鳶の笛虚空 竹下しづの女句文集 昭和十二年
寒鮒を殺すも食ふも独りかな 西東三鬼
寒鮒を泳がせもして商へる 村中 美代
寒鮒を焼けば山國夕焼色 山口青邨
寒鮒を茶で煮る鍋のあるばかり 龍男
寒鮒を釣りたる雫一つかな 増田龍雨 龍雨句集
寒鮒を釣り大声の戻りけり 斉藤静枝
寒鮒を釣る親と子とならびけり 久保田万太郎 草の丈
寒鮒売子の橇借りて引ききたる 三宅 句生
寒鮒焼く戸に降るばかり山の星 有馬籌子
寒鮒釣りの男へ男さらに寄る 五十嵐研三
寒鮒飼ひ出稼家族音もなし 能村登四郎 合掌部落
尾を少し曲げて寒鮒釣られけり 松藤夏山 夏山句集
山のごとく寒鮒釣に堤あり 木国
山の如寒鮒つりに堤あり 田村木国
明日は死ぬ寒鮒の水入れ替へる 桂信子 黄 瀬
水を釣つて帰る寒鮒釣一人 耕衣
池を出ることを寒鮒思ひけり 永田耕衣 驢鳴集
湖ほとりに寒鮒ひさぐ釣舟屋 平田 千鶴
湖心澄むばかり寒鮒釣れぬなり 金尾梅の門 古志の歌
火に載せて寒鮒飛べり吾子押ふ 沢木欣一
灯りそむ寒鮒売の声のして 後藤郁子
煮くづれの寒鮒一尾母の酒 草間時彦 櫻山
甘露煮や寒鮒の金なほのこり 加藤楸邨
畦田神寒鮒釣のいぶしをり 田島秩父
病むひとへ小さき寒鮒扇ざし 嶋田麻紀
藁苞に寒鮒生かし送りけり 長谷川かな女
藪の池寒鮒釣のはやあらず 高浜虚子
藻の林寒鮒のゐて浮き添へる 五十崎古郷句集
血走れる寒鮒の眼に見据ゑらる 富安風生
貧交や寒鮒の目のいきいきと 加藤楸邨
酒造る家に寒鮒届きあり 田中裕明 山信
釣りて来し寒鮒串に聯ね焼く 雑草 長谷川零餘子
類なき寒鮒の瞳の美しさ 右城暮石 声と声
食せといふ寒鮒出羽のむくり鮒 下田稔
ふた夜さに生きると死ぬと寒の鮒 中山純子
今日ありて盥に生きて寒の鮒 中山純子
寒の鮒ことことと煮て田舎言葉 中山純子

寒鮒 補遺

かげさせば寒鮒釣の振返り 大野林火 早桃 太白集
ペリカンの餌の寒鮒の泳ぐなり 日野草城
もてなさる焼きし寒鮒さらに煮て 中村草田男
一茎の寒鮒釣の顔に折れ 阿波野青畝
寒鮒がうろくづ澄みて生きてゐる 細見綾子
寒鮒にそえあたたかき飯なりき 古沢太穂 古沢太穂句集
寒鮒にまじりて由々し手長蝦 前田普羅 普羅句集
寒鮒のいま骨までが煮ゆる音 能村登四郎
寒鮒のうろこ額に名もなき日 細見綾子
寒鮒の一夜の生に水にごる 桂信子 晩春
寒鮒の桶に血の糸縷々と引く 右城暮石 句集外 昭和五十二年
寒鮒の汲みかへられて澄みにけり 前田普羅 普羅句集
寒鮒の魚籠の暗さにあぎとへる 清崎敏郎
寒鮒の血にじむ鱗衆目に 細見綾子
寒鮒の古池を出ぬ喫茶かな 永田耕衣
寒鮒の死にてぞ臭く匂ひけり 永田耕衣
寒鮒の重き近江の日暮かな 有馬朗人 天為
寒鮒の上を手渡す銀貨かな 中村汀女
寒鮒の生きてゐし血や流れもせず 細見綾子
寒鮒の青藻一糸もまとはざる 山口青邨
寒鮒の青藻一糸をまとひたる 山口青邨
寒鮒の濁りの中に眼をひらき 鷹羽狩行
寒鮒の沈める底を思ひ寝る 鷹羽狩行
寒鮒の釣り上げらるゝ水面かな 前田普羅 普羅句集
寒鮒の鱗をはがし髪にもつく 細見綾子
寒鮒は黒き塊り水底に 細見綾子
寒鮒をこごえた手で数へてくれた 尾崎放哉 須磨寺時代
寒鮒を喰ふ今朝まで黒かりし 鷹羽狩行
寒鮒を殺すも食ふも独りかな 西東三鬼
寒鮒を焼けば山国夕焼色 山口青邨
寒鮒を尋ねて市に鯉を得つ 正岡子規 寒鮒
寒鮒を突いてひねもす波の上 村上鬼城
寒鮒を買ひ来てあそぶ月の下 加藤秋邨
寒鮒を貰ふや笊の雪もろとも 村山故郷
寒鮒黒し金魚昇天したるあと 西東三鬼
寒鮒飼ひ出稼家族音もなし 能村登四郎
寒鮒釣こなべ古墳に一人かな 松崎鉄之介
寒鮒釣ふかきところを見るごとく 飴山實 句集外
机上より寒鮒釣の見えにけり 永田耕衣
血走れる寒鮒の眼に見据ゑらる 富安風生
吾が影が居て寒鮒を濁らしむ 三橋鷹女
口あけて寒鮒に似しかと思ふ 加藤秋邨
妻子ある筈の 寒鮒釣の 孤座 伊丹三樹彦
煮くづれの寒鮒一尾母の酒 草間時彦 櫻山
書に倦めば寒鮒釣のいつかゐる 橋閒石
水に放つや寒鮒みんな泳いでゐる 種田山頭火 草木塔
水を釣つて帰る寒鮒釣一人 永田耕衣
菅浦へ寒鮒釣にさそはれし 飴山實 句集外
生きてしづかな寒鮒もろた 種田山頭火 草木塔
生き残りたる寒鮒の死ににけり 永田耕衣
池を出ることを寒鮒思ひけり 永田耕衣
到来の諏訪の寒鮒神も嘗む 山口青邨
梅折つて寒鮒釣は帰りゆく 山口青邨
比良颪寒鮒あぶる火を囲ひ 能村登四郎
貧交や寒鮒の目のいきいきと 加藤秋邨
幅びろの諏訪の寒鮒見てたのし 山口青邨
命短かし寒鮒に膝濡らさるる 永田耕衣
野の家や利根の寒鮒生かし置く 山口青邨
夕焼けて寒鮒釣も堰の景 水原秋櫻子 葛飾
類なき寒鮒の瞳の美しさ 右城暮石 声と声
狼に寒鮒を獻す獺の衆 正岡子規 寒鮒

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 21:13 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26796250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング