寒声 の俳句

寒声 の俳句

寒声

例句を挙げる。

寒声に嗄らせし喉を大事かな 高浜虚子
寒声のうたてき朝寝宵寝哉 島道素石
寒声のくりかへし居り一ところ 土居牛欣
寒声の天知る地知る御身よな 尾崎紅葉
寒声の水をわたりて冴ゆるかな 小泉迂外
寒声の瞳をてらす灯かな 飯田蛇笏 山廬集
寒声は女なりけり戻り橋 内藤鳴雪
寒声は槐の瘤にとどきけり 小澤實 砧
寒声やあはれ親ある白拍子 高井几董
寒声やうしろは暗き三輪の神 野島無量子
寒声や京に住居の能太夫 召波
寒声や口紅黒く頬蒼く 野村喜舟 小石川
寒声や古うた諷ふ誰が子ぞ 蕪 村
寒声や名乗をしつゝたが子供 風虎
寒声や城にむかへる屋敷町 飯田蛇笏 山廬集
寒声や山伏村の長づつみ(堤) 仙杖 芭蕉庵小文庫
寒声や扇子を顔にうつくしき 妻木 松瀬青々
寒声や月に修羅場の講釈師 尾崎紅葉
寒声や月のしみ入る喉仏 吉田冬葉
寒声や月下に浮御堂さらし 下田稔
寒声や柱のごとき富士応ふ 斎藤 玄
寒声や皆女房をもたぬ人 遊也 選集古今句集
寒声や目鼻そがるる向う風 青木月斗
寒声や親かたどのゝまくらもと 炭 太祇 太祇句選後篇
寒声や辰巳といへば橋いくつ 野村喜舟 小石川
寒声や闇をおそれぬ五人連 尾崎紅葉
寒声や隣は露のをみなへし 小杉余子
寒声や高誦のまゝの朝ぼらけ 芝不器男
寒声をあげ竹間に住みつける 飴山實 『花浴び』以後
寒声をつかひは来たり馬士節 鉄丸 選集「板東太郎」
寒声を引連る松の嵐かな 李由 極 月 月別句集「韻塞」
寒星や仰げばすでに声は無き 相馬遷子 山国
後夜起きをして寒声に出でゆける 岸田信乗
晩学の寒声嗄らし仏書読む 鈴木鈴風
裏声といふ寒声を出してをり 後藤比奈夫

寒声 補遺

きぬぎぬに寒聲きけは哀れ也 正岡子規 寒声
寒声といひ張り上ぐるのみならず 後藤比奈夫
寒声の女の臍を思ひをり 加藤秋邨
寒声の瞳をてらす灯かな 飯田蛇笏
寒声は女なりけり戻り橋 内藤鳴雪
寒声も修練により得たるもの 高浜年尾
寒声や城にむかへる屋敷町 飯田蛇笏 山廬集
寒声をあげ竹間に住みつける 飴山實 句集外
寒声を野中のごとくひゞかせて 右城暮石 句集外 昭和七年
寒聲は寶生流の謠かな 正岡子規 寒声
寒聲やかへりてあとは風の音 正岡子規 寒声
寒聲や一むれさわぐ鴨の聲 正岡子規 寒声
寒聲や横頬寒き小夜嵐 正岡子規 寒声
寒聲や歌ふて戻る裏の町 正岡子規 寒声
寒聲や誰れ石投げる石手川 正岡子規 寒声
裏声といふ寒声を出してをり 後藤比奈夫
夭々たり蓁々たりと寒声す 阿波野青畝

寒声 続補遺

あだづかい寒声つれなし土手通 凉菟
寒声に鬼やら暗し下馬の前 牧童
寒声の暁深し陀羅尼品 十丈
寒声の恨むが如し小傾城 吐月 発句類聚
寒声の中に越けり鉢たゝき 風国
寒声の連衆のそろふ余波哉 嵐青
寒声はみな夜咄の戻りかな 桃妖
寒声は永閑ぶしを鳴戸かな 素丸 素丸発句集
寒声は葬礼かきて仕舞けり 許六
寒声やあはれ親ある白拍子 高井几董
寒声やそも~是は番太郎 書林 誹諧当世男
寒声や京に住居の能太夫 黒柳召波
寒声や橋弁慶のあたり迄 蓼太 蓼太句集二編
寒声や蛍の飛しあたりまで 茶夕 皆白抄
寒声や山伏村の長づゝみ 仙杖
寒声や仕舞一声垣のうち 卓池
寒声や手拍子かゝる川向ひ 牧童
寒声や親かたどのゝまくらもと 炭太祇
寒声や相手にしたる水の面 貞佐 桑々畔発句集
寒声や昼は見しらぬ橋の反 早野巴人
寒声や湯漬くふ人くはぬ人 一笑(金沢)
寒声や南大門の水の月 其角
寒声や彼欄干に立つくして 上[古支] 江戸広小路
寒声や戻りに払ふ帯の霜 瀬川 発句題叢
寒声や役者の直すけら笑ひ 芦角
寒声を引つる松の嵐かな 李由
寒声を鬼もきけとや羅生門 夏目成美
寒声を空へちらす歟日枝颪 三宅嘯山
見送るに寒声消るわかれ哉 尚白
草庵は寒声つかふ舞台かな 存義 古来庵発句集

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 21:26 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26796290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング