寒餅 の俳句

寒餅 の俳句

寒餅

例句を挙げる。

ずつとおくれて来し寒餅の送り状 細見綾子 黄 炎
のつてきたりし寒餅の杵調子 綾部仁喜 寒木
一臼の寒餅搗けり山売れて 野沢秋燕子
寒の水寒餅ひたしたくはへぬ 室生犀星 魚眠洞發句集
寒餅と襖へだてて赤子かな 大峯あきら 宇宙塵
寒餅にとざせし北の座敷かな 癖三酔句集 岡本癖三酔
寒餅に罅戦争が始まりぬ 嶋田麻紀
寒餅のうす紫や水にひそみ 伊藤稚草
寒餅のとゞきて雪となりにけり 久保田万太郎 草の丈
寒餅のまだやはらかし辻の神 大石悦子 群萌
寒餅の上澄みに灯の透りけり 石原八束
寒餅の刃ごたへいよよ一徹に 河野南畦 『空の貌』
寒餅の届けば襖あけにけり 長谷川かな女 雨 月
寒餅の紅切れば艶老妻に 山口青邨
寒餅の罅の饒舌はじまりぬ 斎藤みゑ子
寒餅の胡麻よ豆よと搗きあがる 西村三穂子
寒餅の芯からあつく焼けにけり 梅原黄鶴子
寒餅の荷の釘づけの固しかたし 細見綾子 黄 炎
寒餅の黴うつくしく水の中 河野南畦 『黒い夏』
寒餅は水浅けれどいと沈む 細見綾子 花 季
寒餅も寒明け餅も少し搗く 久保 青山
寒餅やことに胡麻餅豆の餅 草間時彦 櫻山
寒餅やしん~として土間暗し 池上柚木夫
寒餅やむらさきふくむ豆のつや 室生犀星(1889-1962)
寒餅や埃しづめるひびの中 室生犀星 犀星發句集
寒餅や手力こめし山家搗 水原秋櫻子
寒餅や最後の癩の詩つよかれ 村越化石
寒餅や母のうしろに夜の色 草間時彦 櫻山
寒餅や秘仏に逢ひし夜は飢ゑて 井沢正江 以後
寒餅や金釘流の母の文 衣川砂生
寒餅を一口食ひて腹へりぬ 綾部仁喜 寒木
寒餅を搗かん搗かんとおもひつつ 松本たかし
寒餅を搗き終り土間掃き終り 大峯あきら 宇宙塵
寒餅を搗くとふまへし力足 河合佳代子
寒餅を搗く両隣に小さく住み 皆川白陀
寒餅を搗く日にしては温かりし 小谷鶴枝
寒餅を搗く日の山の面がまへ 大峯あきら 宇宙塵
寒餅を搗く時だけの大竃 前田壽子
寒餅を搗く音きこえすぐやみぬ 水原秋桜子
寒餅を搗けば日和の山の顔 大峯あきら
寒餅を焼くたのしさに火桶置く 水原秋櫻子
寒餅を食ふやはるかな欅見て 皆川盤水
寒餅吊しふつくりと巻く濃染和紙 高島筍雄
山の風寒餅に紅滲まする 村上しゆら
忽ちに食ひし寒餅五六片 日野草城
朝月や寒餅を搗く一とさわぎ 田住満夫
湖に響く寒餅搗きにけり 室積徂春
癒えし子に寒餅食ます強くなれよ 石塚友二 光塵
矍鑠の父の寒餅届きけり 高橋悦男
紅少し入れて寒餅搗きにけり 今井たけ
紐固く父寒餅を送りきし 山崎 喜八郎
老の膝よせて寒餅伸ばしをり 百合山羽公 故園
貸二階寒餅並べありにけり 藺村
青空がある寒餅を切り並べ 清水径子
けち~と暮して寒の餅もつく 鈴木花蓑句集
むつちりと手応へ寒の餅とどく 能村登四郎 民話
人も来ぬ藪の小家の寒の餅 大峯あきら 宇宙塵
住みつきし町がふるさと寒の餅 風間啓二
別れ棲む都会と田舎寒の餅 福田蓼汀 山火
定型の煮ても焼いても寒の餅 筑紫磐井 花鳥諷詠
寒の餅切る日あたりの古畳 松村蒼石 寒鶯抄
寒の餅割ればことばを吐くごとし 原裕 正午
寒の餅己れを裂きて火に抗す 河野南畦 『風の岬』
川面より低きに搗ける寒の餅 千葉皓史
身をかけし刃のしづみゆく寒の餅 野澤節子 遠い橋

寒餅 補遺

かばかりの佛供への寒の餅 石田勝彦 秋興以後
この世から餅供へけり寒見舞 飴山實 花浴び
ずつとおくれて来し寒餅の送り状 細見綾子 伎藝天
づつとおくれて来し寒餅の送り状 細見綾子
むつちりと手応へ寒の餅とどく 能村登四郎
寒の水餅つけてより夜のたしか 細見綾子
寒の餅切る日あたりの古畳 松村蒼石 寒鶯抄
寒深き黒田を前に餅を搗く 西東三鬼
寒蓬つみてつくりし蓬餅 細見綾子
寒餅に教師一家の足るごとし 能村登四郎
寒餅に胸のつかへや囲ひ者 日野草城
寒餅に蓬の香ありめでて焼く 水原秋櫻子 餘生
寒餅に罅はしらざるめでたさよ 水原秋櫻子 餘生
寒餅のひび割れ樫の空晴れて 細見綾子
寒餅の荷の釘づけの固しかたし 細見綾子
寒餅の紅切れば艶老妻に 山口青邨
寒餅の焦げて炎をあげにけり 水原秋櫻子 餘生
寒餅の生の重味を持たされし 能村登四郎
寒餅の切口厚し不揃ひに 水原秋櫻子 餘生
寒餅の反りて乾くはなつかしき 後藤比奈夫
寒餅は水浅けれどいと沈む 細見綾子
寒餅は網目匂はせ焼くべかり 水原秋櫻子 殉教
寒餅も彼の花巻の人の情 石塚友二 磯風
寒餅やことに胡麻餅豆の餅 草間時彦
寒餅や手力こめし山家搗 水原秋櫻子 蘆雁
寒餅や雪に摘みけむ蓬の香 水原秋櫻子 蘆雁
寒餅や日溜り蓬搗きまぜて 水原秋櫻子 餘生
寒餅や母のうしろに夜の色 草間時彦 櫻山
寒餅を焼くたのしさに火桶置く 水原秋櫻子 餘生
寒餅を焼くとて炭火ながめをり 水原秋櫻子 餘生
寒餅を切るか鈍重なる音す 山口誓子
寒餅を搗く音きこえすぐやみぬ 水原秋櫻子 重陽
寒夜市餅臼買ひて餅つきたし 西東三鬼
忽ちに食ひし寒餅五六片 日野草城
桜餅寒桜にも先がけし 相生垣瓜人 負暄
三彩の黴寒餅を固めけり 百合山羽公 樂土
水餅に寒九の水を重ねけり 百合山羽公 樂土
雀斑美しく寒餅焼き漕す 鷹羽狩行
切りごろを外さず切りし寒の餅 能村登四郎
別れ棲む都会と田舎寒の餅 福田蓼汀 山火
餅白し寒桜いま花ざかり 飯田龍太
癒えし子に寒餅食ます強くなれよ 石塚友二 光塵
流寓を寒餅黴びて甘やかす 百合山羽公 樂土
力瘤ほどに寒餅ふくれけり 橋閒石
老の膝よせて寒餅伸ばしをり 百合山羽公 故園
泪ぐむまで寒餅のやはらかし 能村登四郎

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 21:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26796346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング