雪掻 の俳句

雪掻 の俳句

雪掻

例句を挙げる。

くすり湯をわかし雪掻はじめけり 天正のぶ子
これが仕事にありついた雪掻人夫か 栗林一石路
たくし上ぐる法衣や雪掻雪に立て 河野静雲 閻魔
ゆづり葉の紅緒垂れし雪掻きにけり 室生犀星 魚眠洞發句集
世捨人ら雪掻いてをり初閻魔 小林寂無
世話人等雪掻いてをり初閻魔 井上猴々
入営や古兵笑ひつ雪掻けり 中島月笠 月笠句集
列車出しあとの雪掻き駅員等 高浜年尾
十一面さんに雪掻腰のばす 八木林之介 青霞集
地震去つて街の雪掻はじまりぬ 青葉三角草
夕づきては雲のちりゆく雪掻ける 金尾梅の門 古志の歌
大本山永平寺雪掻く音の低からず 橋本榮治 麦生
家毎に雪掻く灯影旅に似し 渡辺水巴 白日
屋根の雪掻きて地上に雪増やす 茨木和生 木の國
屠蘇祝ぎもなかば雪掻き立ちにけり 坂本山秀朗
川甚や吹雪の庭に雪掻ける 阿部みどり女 笹鳴
日のくれの雪掻かれありかるた宿 桜坡子
春の雪掻けば重たし戦止まず 相馬遷子 雪嶺
椎の木雪もつに触れず雪掻く シヤツと雑草 栗林一石路
橋の雪掻く夕ベの潮顔にかぶさつてくる 人間を彫る 大橋裸木
歩く幅だけの雪掻き仏守る 井上雪
汀まで雪掻き遊ぶ禰宜ふたり 殿村莵絲子 雨 月
温泉場雪掻き根雪ひっぺがし 高澤良一 寒暑
灰降りし雪掻きぬ小草秋萌えて 河東碧梧桐
牧守の夫婦雪掻き分れたり 田村了咲
田舎じることろり雪掻当番日 平井さち子 紅き栞
甲板の雪掻いて千鳥囃しけり 乙字俳句集 大須賀乙字
虚空蔵菩薩雪掻く音の中 橋本榮治 越在
雪掻いておどろく若さ雪食めり 藤原たかを
雪掻いてゐる音ありしねざめかな 久保田万太郎 草の丈
雪掻いて女は野兎の息したる 対馬康子 純情
雪掻いて妻が勤めの吾をとほす 小川千賀
雪掻いて普請はじまる弥生かな 阿部みどり女 笹鳴
雪掻いて橋より落とす男かな 高澤良一 素抱
雪掻いて雪の白さのなかにをり 日下部宵三
雪掻いて黄菊の花のあらはるゝ 高野素十
雪掻きし山家の庭に野猿坐す 中島美也
雪掻きし市内に来り橇難渋 中村汀女
雪掻きし後の手力魚おろす 平井さち子 紅き栞
雪掻きし手足の火照り抱きねむる 古賀まり子
雪掻きし火照りや志功観世音 神保弥生
雪掻きし道を辿れば鯉生簀 茨木和生 丹生
雪掻きていつかはひとりになる妻か 加倉井秋を
雪掻きてふゆる雪光生きる力 寺田京子 日の鷹
雪掻きて二日の店を開けにけり 榎本栄子
雪掻きて地肌なき駅出羽の国 茨木和生 木の國
雪掻きて小弓はじめや村すずめ 素 丸
雪掻きて汗に柔らぐ女身たり 白井米子
雪掻きて男うしろが鳴るごとし 寺田京子 日の鷹
雪掻きて賀状を待てる牧夫あり 服部鹿頭矢
雪掻きて高野を出でぬ身なるべし 森田峠 避暑散歩
雪掻きて高野出でざる身なるべし 森田峠 避暑散歩
雪掻きではじまる分校漱石忌 坂内佳禰
雪掻きに出でて寝馬をみまもりつ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
雪掻きのついつい因幡訛かな 向山隆峰
雪掻きのねぎらはれつつ人通す 馬場移公子
雪掻きのまばらと見えて総出なり 宮津昭彦
雪掻きのをはりもシヨベル雪に挿し 吉田鴻司
雪掻きのシヨベルを贈る新所帯 宮崎美代子
雪掻きの出合ひて丘の道通ず 大熊輝一 土の香
雪掻きの出揃ふまでを足踏みす 都筑智子
雪掻きの囚徒をちらと鉄の門 鷹羽狩行 七草
雪掻きの少年一途なる姿 柴田白葉女 遠い橋
雪掻きの時間も入れて早起きす 岡田順子
雪掻きの真似事する子裏通り 高澤良一 随笑
雪掻きの胸乳ぬらしてゐたりけり 菅原多つを
雪掻きの靴はき替へて出勤す 村井桂子
雪掻きの音闇うごきはじめたり 宮坂静生 樹下
雪掻きや有合の板おもしろに 野村喜舟 小石川
雪掻きを若き駅夫の励みをり 落合水尾
雪掻くに足らざる力愛しまるる 寺田京子 日の鷹
雪掻くや乾きし土を掘りいだし 加藤楸邨
雪掻くや狂女おしげも隣組 皆川白陀
雪掻くや神へ近づく道として 小林康治 『華髪』
雪掻くや行人袖を払ひ過ぐ 高浜虚子
雪掻く音さくさくとまた葱切る音 古沢太穂
雪掻けばえんじのつよき蕗の薹 瀧澤伊代次
雪掻けば直ちに見ゆる礼者かな 普羅
雪掻けば雪降る前の地の渇き 中村苑子
雪掻にうつて出るなりお嬶衆 平畑静塔
雪掻に童女も混る赤シャベル 稲葉三恵子
雪掻に聲かくまこと短か言 八木林之介 青霞集
雪掻のとりつきのぼる大伽藍 伊藤柏翠
雪掻のまばらと見えて総出なり 宮津昭彦
雪掻の一人となりし乳の神 斉藤夏風
雪掻の嬰児籠育ちの人ばかり 斉藤夏風
雪掻の巫女の緋袴舞ふに似て 田塚 公晴
雪掻は船の傾くまゝとせり 河野南畦 『花と流氷』
雪掻や僧若ものの声発す 平井さち子 鷹日和
雪掻を特技の項に足しにけり 櫂未知子 蒙古斑
雪掻人夫が大きな靴で踏み立つた雪朝 人間を彫る 大橋裸木
雪掻湯女あそんでいるのといはれもす 西本一都
雪降ればすぐに雪掻き妻なき父 寺田京子 日の鷹
つひに見ず深夜の除雪人夫の顔 細見綾子(1907-97)
シヤベル立てゝ除雪人夫の埋りゐる 龍胆 長谷川かな女
ラッセル車まだ置かれある桜かな 橋本榮治 越在
ラッセル車置かれしままに余花の雨 原田青児
ラッセル車翼たたみて鴉に似る 宮津昭彦
口赫っと開けて森ありラッセル車 依田明倫
吹雪く闇除雪夫の灯の泳ぐ見ゆ 石橋辰之助 山暦
小廻りの利く除雪車も出動す 山田弘子 螢川
日輪に除雪車雪をあげてすすむ 橋本多佳子
更けて又除雪車街をゆつくりと 深見けん二
束縛を蹴散らし除雪車の夜明け 櫂未知子 貴族
業務日誌連日除雪異状なし 福田蓼汀 秋風挽歌
橋の上の除雪夫朝の身はしなふ 平井さち子 完流
沿線の除雪森透く茜濃し(二月、磐田へ赴任) 飴山實 『おりいぶ』
炭小屋に行く道除雪してあらず 茨木和生 野迫川
熱の中ふりむかずゆく除雪の父 大井雅人 龍岡村
百年橋除雪車の来て村つなぐ 田中英子
窓掘り出して除雪の終りとす 千葉 仁
老父除雪女子供は家に居なさい 齊藤美規
近づいて来る除雪車の大き灯よ 長島衣伊子
除雪夫が吹雪を衝いて集り来 高濱年尾 年尾句集
除雪夫に吹雪のひゞき鉄路うつ 石橋辰之助 山暦
除雪夫に曉の日輪岳を出づ 伊東宏晃
除雪夫に白魔の闇の涯ぞなき 石橋辰之助 山暦
除雪夫の吹雪衝く夜の装なりぬ 石橋辰之助 山暦
除雪夫の寝姿爐火と凍み果つる 石橋辰之助
除雪夫の寝息冴えきて寝むらえぬ 石橋辰之助 山暦
除雪夫の憩ふといへど雪の上 山崎ひさを
除雪夫の灯を振り合ひてより別れ 岡田波流夫
除雪夫の炉火のおごりにわが泊つる 石橋辰之助 山暦
除雪夫の眼光たゞに炉火まもり 石橋辰之助 山暦
除雪夫の雪に耐へ住む顔きびし 石橋辰之助 山暦
除雪夫の雪凍む夜は寝にやすく 石橋辰之助 山暦
除雪夫ら酒飲みこぼす雪匂ふ 西村公鳳
除雪夫を北国烏見下ろしに 松崎鉄之介
除雪婦が並ぶ丸太のごとき腰 竹田青雨
除雪婦の細帯に雪濁るなり 林薫子
除雪車にあかつきの天昏かりき 水原秋桜子
除雪車にさらわれし人形のこと 対馬康子 愛国
除雪車に沖の鴎がたち騒ぐ 加藤楸邨
除雪車に目覚て雪を掻きにけり 遠藤 孝作
除雪車のあとさんさんと子が溢れ 岸田稚魚 筍流し
除雪車のそこのけそこのけお通りだい 高澤良一 随笑
除雪車のたむろしている駅に着く 福永鳴風
除雪車の傷だらけなりすれちがふ 八木林之助
除雪車の働く音の昏れて来し 山田弘子 螢川
除雪車の光芒闇を開き来る 金箱戈止夫
除雪車の力も及び難しとや 中田みづほ
除雪車の地ひびき真夜の胸の上 黒田櫻の園
除雪車の折返し点峡せばむ 中戸川朝人 尋声
除雪車の通りし道に初明り 関 秀子
除雪車の鎖は太し巻かれたる 長谷川櫂 古志
除雪車の駆けづり湖の町眠る 伊東宏晃
除雪車を優先させて救急車 津田清子
鳰ちかく湖駅除雪車汚れたり 宮武寒々 朱卓


雪掻 補遺

こゝに死ぬる雪を掻いてゐる 中川一碧樓
つひに見ず深夜の除雪人夫の顔 細見綾子
ぶつつりと切れたる除雪隊のはし 平畑静塔
駅逓古りドイツ唐檜の除雪林 松崎鉄之介
沿線の除雪森透く茜濃し 飴山實 おりいぶ
屋根楽になる雪掻もとび下りて 平畑静塔
家毎に雪掻く灯影旅に似し 渡邊水巴 白日
火のごとき朝焼の下雪を掻く 相馬遷子 山河
灰降りし雪掻きぬ小草秋萌えて 河東碧梧桐
干す舟の雪掻き落す日晴たり 河東碧梧桐
看護婦寮朝の雪掻きはじまりぬ 星野麥丘人
業務日誌連日除雪異状なし 福田蓼汀 秋風挽歌
更けて又除雪車街をゆつくりと 深見けん二
罪消ゆる日まで雪掻き雪卸し 鷹羽狩行
春の雪掻けば重たし戦止まず 相馬遷子 雪嶺
除雪軍の通りしあとに雪降れり 清崎敏郎
除雪車に雪降る海がうごきくる 加藤秋邨
除雪車のあとさんさんと子が溢れ 岸田稚魚 筍流し
除雪車のきらめく燈にもつもる雪 水原秋櫻子 秋苑
除雪車のプロペラ雪を噛みてやすむ 橋本多佳子
除雪車の日暮れて着きし月寒(ツキサップ) 渡邊白泉
除雪車の力尽きてはいこふ駅 水原秋櫻子 秋苑
除雪車を据ゑて通行禁止せり 右城暮石 天水
除雪車を優先させて救急車 清崎敏郎
除雪夫の涙顔して戻りけり 阿波野青畝
除雪夫を北国烏見下ろしに 松崎鉄之介
除雪婦へ死の闇死者らよみがへる 佐藤鬼房
信号手青旗に除雪車をゆかす 橋本多佳子
雪を掻き落して白し雪の上 右城暮石 声と声
雪掻いてゆくみづうみのにべもなし 廣瀬直人
雪掻いて黄菊の花のあらはるゝ 高野素十
雪掻いて元日の墓洗ひけり 星野麥丘人 2005年
雪掻いて村に一つの交差点 岡本眸
雪掻いて礫酬いし門辺かな 河東碧梧桐
雪掻きしスコップの柄の朱柄なる 山口誓子
雪掻きし路面ホテルの扉口まで 山口誓子
雪掻きてつなげり庫裡と本堂を 右城暮石 句集外 昭和五十九年
雪掻きて雪嶺に白き道つくる 山口誓子
雪掻きに遅速 出稼ぎ村でもある 伊丹三樹彦
雪掻きの囚徒をちらと鉄の門 鷹羽狩行
雪掻きの頬燃え通し 北国処女 伊丹三樹彦
雪掻きの老いのひとりの後生楽 寒食 星野麥丘人
雪掻くと稿半ばにて机立つ 安住敦
雪掻くやペンより重きシヨベルもて 安住敦
雪掻けば雪降る前の地の渇き 中村苑子
雪掻けば直ちに見ゆる礼者かな 前田普羅 普羅句集
中庭の雪掻く人に四方灯る 山口青邨
仲町や禿もまじり雪掻す 正岡子規 雪
通夜明けぬましろき雪を掻きにいづ 大野林火 海門 昭和十一年
湯の町の目貫短し雪を掻く 阿波野青畝
道路のみ雪掻き上げて太陽照る 右城暮石 句集外 昭和五十四年
文弱の親子で雪を掻きにけり 安住敦
母の墓の雪掻きをれば鳶緩し 安住敦
軋む梁 雪掻く明日へ 背を丸める 伊丹三樹彦

雪掻 続補遺

門~や積も定めず雪掻す 加舎白雄
百人の雪掻しばし薺ほり 其角

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 02:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26796798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング