雪まろげ の俳句

雪まろげ の俳句

雪まろげ

例句を挙げる。

あねいもとまたそのいもと雪まろげ 遠山昭次
もてあます女力や雪まろげ 内藤鳴雪
バスを待ち旅の父子の雪まろげ 太田土男
君火を焚けよきもの見せん雪まろげ 松尾芭蕉
大小の雪まろげ行きちがひけり 中田みづほ
雪まろげ大きなものに成にけり 甫尺 五車反古
雪まろげ母こそ消えね消えにけり 丸山海道
雪まろげ海のなぞへは暮遅し 角川源義
雪まろげ男まさりの女の子 高澤良一 寒暑
雪まろげ非番看護婦も加はりぬ 星野麦丘人
霜やけの手を吹てやる雪まろげ 羽紅

雪まろげ 補遺

雪まろげ海のなぞへは暮遅し 角川源義
手袋の指破れたり雪まろげ 正岡子規 雪丸げ
もてあます女力や雪まろげ 内藤鳴雪
さゝやかな力や妹が雪まろげ 正岡子規 雪丸げ

雪まろげ 続補遺 

わぎも子が爪紅粉のこす雪まろげ 探丸
霜やけの手を吹てやる雪まろげ 羽紅女
大きさをまはつてみるや雪まるげ 蘆本
中の町雪ころばしや香炉峯 得洲 園圃録
長橋の詰に着けり雪こかし 三宅嘯山
賭にして年とらせばや雪まろげ 紫貞女
二三日川に立けり雪こかし 三宅嘯山
来かゝりて袴ながらや雪まろげ 凉菟

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 02:21 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26796806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。