雪達磨 の俳句

雪達磨 の俳句

雪達磨

例句を挙げる。

この家の赤子のやうな雪達磨 大石悦子 百花
ドン・キホーテぞ雪達磨さゝやき合ふ 川口重美
両眼に潮の満ちたる雪達磨 杉野一博
二つ目の雪達磨あり作りかけ 高澤良一 素抱
八衢の夜ぞふけにけり雪達磨 西島麦南 人音
八衢の夜のふけにけり雪達磨 西島麥南 金剛纂
再びの雪に盲ひし雪達磨 竹下陶子
奇禍なきや雪達磨夜々雪肥り 成田千空 地霊
女生徒の作る豊胸雪達磨 楠節子
始業ベル雪塊雪達磨ともならず 津田清子 二人称
家々の灯るあはれや雪達磨 渡辺水巴 白日
崩れかけたる目鼻だち雪達磨 金子 蜂郎
庇かげはづれて月の雪達磨 五十嵐播水 播水句集
庭の雪使ひ果して雪達磨 湯川雅
弟作つてなか~溶けず雪達磨 中島月笠 月笠句集
月に寝し喪家の門や雪達磨 渡辺水巴
朝の日に濡れ始めたる雪達磨 稲畑汀子
木の下の草のみどりや雪達磨 岡本松浜 白菊
村の灯のことごとく消え雪達磨 木内彰志
東京の星低かりし雪達磨 望月たかし
松とるや小くなりし雪達磨 比叡 野村泊月
清水の舞台の上の雪達磨 五十嵐播水 播水句集
牧番の麓むけたる雪達磨 松本みどり
狂ひ寝や雪達磨に雪降りつもる 中村草田男
男泣きして雪達磨出来上る 杉野一博
芝まみれなる雪達磨いたいたし 大橋敦子
街にあふるゝ雪達磨職を得て帰る 川口重美
軍艦に乗って遙かな雪達磨 渡辺誠一郎
転学の子に友はなし雪達磨 福田蓼汀
雀もろとも夕焼けてをり雪達磨 村山古郷
雪がまた降り始めたり雪達磨 今瀬剛一
雪ふれば女子大もつくる雪達磨 山口青邨
雪塊を二つ重ねし雪達磨 右城暮石
雪達磨ありし処に消え失せぬ 池内たけし
雪達磨とうから人の前をゆく 杉野一博
雪達磨とけゆく魂のなかりけり 西島麦南(1895-1979)
雪達磨まはりのすでに暮れてゐし 香月 梅邨
雪達磨バケツの水で鍛えらる 山本紫黄
雪達磨大きく据ゑて始業式 橋本末子
雪達磨妓楼の時計刻打てり 磯貝碧蹄館
雪達磨家が灯れば歩き出す 小泉八重子
雪達磨怒らせてわが幼な顔 加藤知世子
雪達磨成りつゝもなほ駅の雪 石塚友二 光塵
雪達磨旅に作りて置き去りに 大橋敦子 匂 玉
雪達磨朝日にむいて赫と立つ 長谷川かな女
雪達磨眼を喪ひて夜となる 角川源義
雪達磨腹には黒きもの蔵す 柴田奈美
雪達磨草の庵をかためけり 川端茅舎
雪達磨解けて小石のたまりゐる 鈴木鵬于
雪達磨遅刻教師を迎へけり 南光翠峰
雪達磨闇がからんで肌荒らす 毛塚静枝
雪達磨青空ひろくなりきたる 下村槐太 天涯
雪降れば女子大もつくる雪達磨 山口青邨
頬ずりをさせて双体雪達磨 相馬沙緻
おぼえある町なり辻に雪だるま 水原秋櫻子
かく生きてかく忘れられ雪だるま 有馬朗人
たれやらに似し雪だるま見て過ぎる 伊東月草
もう誰もゐぬ校庭の雪だるま 立花文江
チヨコレート目玉に入れて雪だるま 青木起美子
二つあり芝生の上の雪だるま 長谷川櫂 天球
出稼の父待ち大き雪だるま 太田土男
初お目見え天気予報の雪だるま 高澤良一 随笑
初雪や土の混りし雪だるま 榎本栄子
天気図に楽しげにゐる雪だるま 青木夢子
天気図のみな東向く雪だるま 内田美紗 魚眼石
天気図の裏日本に雪だるま 高澤良一 宿好
学校初校門に雪だるま晴れ 柴田澄子
小児病棟前にほつそり雪だるま 須磨佳雪
居酒屋の灯に佇める雪だるま 阿波野青畝
崩れゆくああ東京の雪だるま 八木忠栄
愛知らず目鼻うしなふ雪だるま 中村明子
昏れてをり面潰えし雪だるま 山田みづえ
松ぼくり以て両の眼雪だるま 高澤良一 随笑
校庭にとりのこされし雪だるま 三嶋隆英
校庭に考へてゐる雪だるま 遠藤保資
欝としてはしかの家に雪だるま 辻田克巳
永劫に月は遅れて雪だるま 大坪重治
田の雪をころげきて立つ雪だるま 蓬田紀枝子
目玉入れあたたかきもの雪だるま 古堅蒼江
窓に溶け園児昼寝の雪だるま 杉本弥生
考へるさまに傾く雪だるま 大高千代
躰じゅう松葉だらけの雪だるま 高澤良一 随笑
達磨市富士は大きな雪だるま 本宮鼎三
酔ひ帰る教師に夜の雪だるま 新田祐久
雪だるま二年二組はみかんの目 山口ただお
雪だるま倒れて戸口塞ぎたる 伊藤いと子
雪だるま兄は潜水艦だった 相原左義長
雪だるま北なる肩を高くせり 岸風三樓
雪だるま午後は目鼻もなかりけり 池田秀水
雪だるま向きゐる海の荒れてをり 高橋麻男
雪だるま星のおしゃべりぺちやくちやと 松本たかし
雪だるま昼夜の生徒入れかわる 岩崎健一
雪だるま月の細きは届かずて 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
雪だるま残し旅人宿を発つ 新田千鶴子
雪だるま泣きぬにわかの月あかり 寺田京子
雪だるま男作るか女にするか 杉野黙男
雪だるま笑福亭の門前に 鷹野素十
雪だるま雪につつまれまたあした 高澤良一 随笑
頂上や人の匂ひの雪だるま 松尾隆信
鬱としてはしかの家に雪だるま 辻田克巳
鶏鳴いてころんだままの雪だるま 五島高資
きのうよりここにこうして雪兎 宇多喜代子
きらきらと氷つてゐたり雪兎 長谷川櫂 虚空
たましいの後れて消える雪兎 澁谷道
ひきつづき身のそばにおく雪兎 飯島晴子
人肌を知りてくろぐろ雪うさぎ 櫂未知子 貴族
分校の子供の数の雪兎 武田孝子
団欒にもすこし居たい雪兎 河合多美子
座すことも夢のひとつに雪うさぎ 大井 恒行
掌に載せて息吹きこみぬ雪うさぎ 橋倉葉久子
朱の盆に載せて丹波の雪うさぎ 草間時彦
泣きやめて師へ奉る雪兎 池田澄子
病みて臥す子の枕辺に雪兎 薦田伸子
盆の上に透けてきたりし雪兎 岡部渓子
目を入れて亡き子に似たる雪兎 大木あまり 火球
聡き耳持つ山の子の雪うさぎ 首藤基澄
自由が丘の夕ベは氷る雪兎 山田みづえ
赤きものあれば目となる雪兎 宇多喜代子 象
雪うさぎ恋生れし日のよみがへる 仙田洋子 雲は王冠
雪うさぎ柔かづくり固づくり 波多野爽波 『骰子』
雪うさぎ泣かされ役が捧げくる 文挟夫佐恵 遠い橋
雪うさぎ溶けて竃を残したり 五島高資
雪うさぎ溶ける 生きねば生きねばならぬ 折笠美秋 君なら蝶に
雪うさぎ熱き泪をもちながら 佐藤和枝
雪うさぎ眼からとびだし濁り酒 和知喜八 同齢
雪兎おのれ細りし水湛ふ 加倉井秋を
雪兎かしこきころの綴方 立原修志
雪兎ぐいと地球が回り出す 宇多喜代子 象
雪兎つくる夫婦に二人の子 木村蕪城 寒泉
雪兎わが家に娘なかりけり 岩城久治
雪兎一夜兎になりすます 宇多喜代子 象
雪兎作つて溶けて如意ヶ嶽 波多野爽波 『湯呑』
雪兎作りて婚期過ぎにけり 宮武章之
雪兎欲りし熱の子もう眠る 久保田月鈴子
雪兎雪被て見えずなりにけり 佐藤鬼房
青髭の松葉貰ひし雪兎 門馬圭子
とる年もあなた任せぞ雪仏 一茶
俤の眼にちらつくや雪佛 井上井月
午祭り待たで絵馬師や雪佛 石塚友二
天の戸の開帳なれや雪佛 重 供
山に雪仏が母の山に雪 平子公一
御ヒザに雀鳴也雪仏 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
拝む人のつみも消る雪佛 徳 元
月さえて二日に成ぬ雪仏 蒼[きう]
此下にかくねむるらん雪仏 服部嵐雪
裾の消て達摩かふじの雪仏 井原西鶴
雪佛消て跡にや佛の座 重 供
天気図の裏日本に雪だるま 高澤良一 宿好

雪達磨 補遺

おぼえある町なり辻に雪だるま 水原秋櫻子 殉教
かく生きてかく忘れられ雪だるま 有馬朗人 非稀
かけ落と叫び給ふな雪佛 正岡子規 雪仏
つぶてめり込む雪達磨溶けはじむ 西東三鬼
ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子
やがて工都の 陽がべたべたと 雪だるま 伊丹三樹彦
按摩この路地にあります雪だるま 阿波野青畝
運慶が子供遊びや雪佛 正岡子規 雪仏
遠隔に一孫春の雪だるま 百合山羽公 寒雁
家々の灯るあはれや雪達磨 渡邊水巴 白日
掛乞をにらむやうなり雪佛 正岡子規 雪仏
居酒屋の灯に佇める雪だるま 阿波野青畝
狂ひ寝や雪達磨に雪降りつもる 中村草田男
孤児園に雪降り太る雪達磨 飴山實 おりいぶ
昏れてをり面潰えし雪だるま 山田みづえ 忘
昨日見た處にはなし雪だるま 正岡子規 雪仏
始業ベル雪塊雪達磨ともならず 津田清子
子供等に楽しき紅茶雪だるま 星野立子
志比谷の道しるべなり雪だるま 阿波野青畝
耳立てて目もあちら向き雪兎 鷹羽狩行
自由が丘の夕べは氷る雪兎 山田みづえ 草譜
失意の歩戻れば迎ふ雪達磨 福田蓼汀 秋風挽歌
芝生転ぶに安し少年と雪だるま 三橋鷹女
春寒し見離されたる雪兎 杉田久女
女手の打擲に成る雪仏 上田五千石『琥珀』補遺
雀もろとも夕焼けてをり雪達磨 村山故郷
石階に立つ狩行作雪達磨 鷹羽狩行
雪うさぎ柔かづくり固づくり 波多野爽波
雪うさぎ女ひとりに溶け失せし 波多野爽波
雪だるまピカソの顔ができにけり 阿波野青畝
雪だるま犬も民話の中にあり 平畑静塔
雪だるま笑福亭の門前に 高野素十
雪だるま星のおしやべりぺちやくちやと 松本たかし
雪だるま中仙道を誤たず 阿波野青畝
雪だるま都心へ都心へ人いそぐ 村山故郷
雪だるま無用の礫くらひけり 藤田湘子 神楽
雪ふれば女子大もつくる雪達磨 山口青邨
雪よごれ最たるものに雪だるま 鷹羽狩行
雪塊を二つ重ねし雪達磨 右城暮石 虻峠
雪達磨わづか半日つきあひし 阿波野青畝
雪達磨眼を喪ひて夜となる 角川源義
雪達磨肩に金星ぽつと点く 鷹羽狩行
雪達磨左右の眉目異なれり 右城暮石 散歩圏
雪達磨成りつゝもなほ駅の雪 石塚友二 光塵
雪達磨青空ひろくなりきたる 下村槐太 光背
雪達磨草の庵をかためけり 川端茅舎
雪達磨二十世紀も半ば過ぎ 上野泰
雪兎つくる電気がついてから 飯島晴子
雪兎つくる夫婦に二人の子 木村蕪城 寒泉
雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子
雪兎援けず潮にわがそだつ 杉田久女
雪兎作つて溶けて如意ケ嶽 波多野爽波
雪兎雪に戻して一睡す 飯島晴子
雪兎雪被て見えずなりにけり 佐藤鬼房
雪兎断り下手といふことか 飯島晴子
雪佛われからにらみ崩れけり 正岡子規 雪仏
雪佛眼二つは黒かりし 正岡子規 雪仏
太平の刀ためすや雪佛 正岡子規雪仏
太陽がまぶしさ嫌ふ雪達磨 秋元不死男
太郎の雪だるま花子の雪うさぎ 鷹羽狩行
朝の日に濡れ始めたる雪達磨 稲畑汀子
潰えたる雪達磨かな御所を前 山口青邨
都鳥去って 闇くる 雪達磨 伊丹三樹彦
湯湧の湯ここよと夜半の雪達磨 阿波野青畝
逃げてゆく掏摸に触れけり雪だるま 阿波野青畝
八衢の夜ぞふけにけり雪達磨 西島麦南 人音
八衢の夜のふけにけり雪達磨 西島麥南 金剛纂
飛雪もて祝福さるる雪達磨 鷹羽狩行
不細工もよしよしと吾が雪兎 飯島晴子
方位失し目鼻もあらぬ雪だるま 中村草田男
郵便屋さんにも見せて雪兎 飯島晴子
老いたれば作つてみたる雪兎 飯島晴子

雪達磨 続補遺 

裙の消て達磨かふじの雪仏 井原西鶴
簑笠の形やすぐに雪仏 此筋
百年のけふこのごろ歟雪仏 完来
醜きは誰もくづさず雪ぼとけ 完来
終に扨見ずにすまして雪仏 諷竹
此春をなぶりおさめや雪仏 浪化
此下にかくねむるらん雪仏 嵐雪
光さゝぬうちにをがむや雪仏 高島玄札
月さえて二日に成ぬ雪仏 成田蒼虬
何をして六十馬鹿~雪仏 蝶羽
さむくともひになあたりそ雪仏 山崎宗鑑

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 02:33 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26796811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング