雪催 の俳句

雪催 の俳句

雪催

例句を挙げる。

あるこほる揮発せし指雪催 小川軽舟
あをじ去り頬白来り雪催ひ 島村元句集
えんぶりや雪止んでなほ雪催 藤木倶子
かたづけも遊びのひとつ雪催 上田日差子
からすみの琥珀色透く雪催 築城百々平
しやちほこの目の支へあふ雪催 大木あまり 山の夢
その中へ入りつつ暗し雪催 斎藤玄 雁道
ふたりゐてそれぞれの黙雪催 辻美奈子
もてなしの焚火かこむや雪催ひ 大場白水郎 散木集
オホーツクの没日環なす雪催 澤田 緑生
五百羅漢声あげてをり雪催 蓬田紀枝子
人中や風船ゆきて雪催 秋元不死男
人形の顔てらてらと雪催 阿部みどり女
凧ばいと売る古町や雪催 石川桂郎 高蘆
凧市の地より色顕つ雪催ひ 文挟夫佐恵 遠い橋
刃物屋の暗さが匂ひ雪催ひ 行方克巳
匂ふまで鴉が近し雪催 細川加賀 生身魂
北の海獣泣きして雪催ひ 上村占魚 『自門』
場違ひの赤貝貧し雪催 鈴木真砂女 夕螢
墨すつて昼暗くせり雪催 秋元不死男
声つぶす御伝鈔なり雪催ひ 赤松[ケイ]子
夢に見るふるさといつも雪催ふ 冨田みのる
大陸的気性ときどき雪催 櫂未知子 貴族
天蚕織りの彩の沈める雪催ひ 柴田白葉女 『月の笛』
妖村正二尺四寸雪催 稲島帚木
妻の煮るものあふれたがるよ雪催 吉田明
妻病めば子等諍かはず雪催ひ 相馬遷子 山国
対岸の焚火わらへり雪催ひ 石原舟月
封すでに切られし手紙雪催ひ 益永孝元
屋根裏にみんな来ている雪催い 永末恵子
屑買ひが見てわれが見て雪催 清水径子
山ふかき紅梅にして雪催ひ 有働亨 汐路
山頭火に酒零したり雪催い 川村三千夫
干してある索麺明り雪催ひ 桑田青虎
干魚の眼の抜けてゐる雪催ひ 福井 登
干鰈のはらの子あらは雪催ひ 高島筍雄
幻聴は般若心経雪催ふ 田川飛旅子 『山法師』
幼女早や内股あるき雪催 秋元不死男
庫裡に出て尼の手さぐり雪催 古舘曹人 砂の音
廃船の錆盛り上る雪催 森藤千鶴
弥太郎忌朝から山の雪催ひ 上村占魚 鮎
後産を山に埋めて雪催 茨木和生 遠つ川
悪相の魚は美味し雪催 鈴木真砂女
手の中に小さき手のある雪催 辻美奈子
拭き重ねゆく皿蒼し雪催 渡邊千枝子
拭ふても消えぬ手の染み雪催 井沢正江
明日分の薬はありて雪催 佐野笑子
本だなの抜きあと深く雪催い 川崎ふゆき
東塔の美しきゆゑ雪催ひ 後藤夜半
松過ぎや斑雪の上の雪催ひ 石田波郷
楢櫟枝を交へたる雪催 岸田稚魚 筍流し
死川に日輪白き雪催 永井東門居
母親になり損ねたな雪催 櫂未知子 貴族
水出づる魚は暗しも雪催 斎藤玄 雁道
泥鰌すてゝ闘ふ五位鷺や雪催ひ 佐野青陽人 天の川
火事跡のまた匂ひ出づ雪催ひ 鷹羽狩行
火渡りを待つはつきりと雪催ひ 竹中弘明
煌々と人離れゆく雪催 角川源義 『秋燕』
獅子舞や師走の空の雪催ひ 木歩句集 富田木歩
甍いろをひそめてひさし雪催ほす 川島彷徨子 榛の木
産月の馬屋見舞ふ灯や雪催 増田松枝
相逢うて仰くや路の雪催ひ 尾崎紅葉
短調の唄炉辺よりす雪催 文挟夫佐恵 雨 月
竹林の奥軋みゐる雪催 岡部名保子
紅殻の格子の冷えて雪催 小元洋子
綯ふ藁の馬となりゆく雪催 長野美恵子
綾取の橋が崩れて雪催 佐藤鬼房
織り上げて藍のにほへる雪催 根岸善雄
繭玉や霞むと見えて雪催ひ 増田龍雨 龍雨句集
膝つ子の人形屑にぬくもる雪催ひ 木歩句集 富田木歩
草焚けば草の香流れ雪催ひ 大場白水郎 散木集
藁灰の底のぞきみる雪催ひ 福田甲子雄
藪空や北斗も見えず雪催ひ 西山泊雲 泊雲句集
蜂蜜にげんげの匂ふ雪催 鈴木雪湖
袋の中のものの匂へる雪催ひ 村越化石
裏山の杉の香つよき雪催 落合伊津夫
足かけて鮫裂く女雪催 加賀美子麓
蹄鉄の伊那のこもり音雪催ひ 老川敏彦
蹇へて子と飴分つ雪催 小林康治 玄霜
蹼に乗つたる鳥や雪催 齋藤玄 『雁道』
辞書ひきに立つや二日の雪催 斉藤夏風
道急ぐ雪もありなむ雪催 清水径子
長生きの猫の目蓋雪催 宇多喜代子 象
雄鶏の二度は鳴かざる雪催 平子公一
雛の面に血のいろかよふ雪催 ほんだゆき
雪催せめて綿虫出でて舞へ 相馬遷子 山河
雪催ひことこと妻の土鍋煮ゆ 岸本砂郷
雪催ひまこと狢の鳴く夜にて 馬場移公子
雪催ひ刃物の町は水を恃み 長谷川双魚 風形
雪催ひ川一条の盆地かな 上村占魚 鮎
雪催ひ庇はみだす唐がらし 蓬田紀枝子
雪催ひ村のよろづ屋混みあひて 小沢梅鶯
雪催ひ発動船の鼓動聴く 殿村莵絲子 花 季
雪催ひ相馬赤牛首をふり 島ふで女
雪催ひ秋刀魚買はんと引つかへす 榎本冬一郎 眼光
雪催ひ菓子食ふならば灯に染めて 中村草田男
雪催ふをんなの熱き土不踏 神尾久美子 桐の木
雪催ふ夕べに垂れて榛の花 松村蒼石 雪
雪催ふ巷ゆ干鰯得てかへる 石塚友二
雪催ふ江の黝々と梅ひらく 松村蒼石 寒鶯抄
雪催ふ琴になる木となれぬ木と 神尾久美子
雪催ふ雲にぞ畳む嶺渡るは 石塚友二 光塵
雪催剥き蛤のなほ生きて 鈴木真砂女 夕螢
雪催小家に住める友ばかり 石田波郷
雪催松の生傷匂ふなり 上田五千石 森林
雪催毛蟹茹でねば紅生れず 鈴木真砂女 夕螢
雪催翔ちきつたるや鴨の青 齋藤玄 飛雪
雪催逃腰の石川啄木像 斎藤玄
雪催陸封されてわれありぬ 櫂未知子 蒙古斑以後
雪催雀の語り聴いてをり 村越化石
雪催骨まで冷えて患家出づ 相馬遷子 雪嶺
雪平の底の火あかし雪催ひ 石田波郷
青春の辞書の汚れや雪催 寺井谷子
魚の死は瞳をみはるなり雪催 鳥居おさむ
鮟鱇の肝蒸し上る雪催 鈴木真砂女
鯉跳んで雪の匂ひす雪催ひ 殿村菟絲子
鳥も木もうたがひぶかく雪催 千代田葛彦
あかあかとイクラ丼雪もよひ 辻 桃子
かぐらせり唄谺して雪もよふ 黒木千佳子
この里や雪積む上の雪もよひ 小杉余子 余子句選
ひとの香のたゆたふ湯船雪もよひ 谷口桂子
ふりむかぬ人の背幅や雪もよひ 鷲谷七菜子 黄 炎
アドバルン魂ぬけ揚る雪もよひ 山口青邨
一禽の一語をこぼす雪もよひ 岡田貞峰
丸二つ描きて乳房や雪もよひ 折井眞琴
嘘つきのバス時刻表雪もよひ 丸田余志子
大原へ帰る尼あり雪もよひ 角川春樹
大鷲の魚掴みたつ雪もよひ 加藤草杖
子をのせて漁舟出でしが雪もよひ 大島民郎
寄鍋やたそがれ頃の雪もよひ 杉田久女
延年の能舞ふ稚児や雪もよに 加藤三七子
掃初やかゝれとてしも雪もよひ 久保田万太郎 流寓抄
斧噛んで暮るる一幹雪もよひ 野中亮介
昼を鳴く鶏居て谷中雪もよう 長谷川かな女 牡 丹
檜皮剥ぐ音の緊まれる雪もよひ 西村梛子
湯帰りや灯ともしころの雪もよひ 永井荷風
父の忌の茶を濃く入るる雪もよひ 荒井正隆
稲滓火(しび)の関東平野雪もよひ 角川春樹
線路工夫の唄か嘆きか雪もよひ 石塚友二 方寸虚実
繭玉の紅うつくしや雪もよひ 角川春樹
群ぼつち日当りながら雪もよひ 角川春樹 夢殿
羽子つくや夕いよいよ雪もよひ 星野立子
膝にとる袂の重み雪もよひ 佐藤美恵子
落葉松は散るべくなりぬ雪もよひ 内藤吐天
藁灰を掻き散らす鶏や雪もよひ 富田木歩
街頭にはじまる暮色雪もよひ 中原 歌子
金魚田に金魚をさがす雪もよひ 大島民郎
雪もよひの夜の飾り竹の青き葉 人間を彫る 大橋裸木
雪もよひ余病たちまち入院に 朝倉和江
雪もよひ剃刀役のナース来る 鳥居美智子
雪もよひ川音ふかくこもるなり 柴田白葉女 花寂び 以後
雪もよひ芋をむく庵しづかなり 中勘助
雪もよひ銃後に白魚いでにけり 渡邊水巴 富士
雪もよふ雲に灯し常楽会 稲垣黄雨
青空のちぢめられゆき雪もよひ 阿部みどり女
鱈汁のたぎる夕べや雪もよひ 川村ひろし
顔擦って川原の雪気野天風呂 高澤良一 寒暑
叡山の雪気柱の朱を剥ぎに 高澤良一 燕音
叡山の雪気太肉締めつけぬ 高澤良一 燕音
いま憂季とや雪雲と何十の歌謡 阿部完市 春日朝歌
まつくろな雪雲鍬の浅使ひ 平畑静塔
オリオンやさしも雪雲なくなりぬ 渡邊水巴 富士
一抹の雪雲はしる春夕日 前田普羅 飛騨紬
名残雪雲にまぎれず山四月 阿部みどり女
心揺れ易し雪雲の乱れにも 相馬遷子 山河
恵那かけて雪雲とぢぬ戎市 水谷晴光
日の真珠光雪雲をあふれ出づ 岡田日郎
更に深く雪雲を追ふ旅にあり 椎橋清翠
河口より雪雲うつる神子秋沙 大森三保子
無相忌の鐘に雪雲うごくなり 遠山麦浪
白老山の春の片雪雲が克つ 古舘曹人 能登の蛙
紙干して雪雲より陽を誘ひだす 飯田旭村
茜さす雪雲に消え晴着の子 佐藤鬼房
郷に入る雪雲低きまま日ぐれ 木村蕪城 寒泉
酢海鼠や窓に雪雲圧し来たり 鈴木柏葉
陸奥昏ると虹のごとくに雪雲立ち 小林康治 玄霜
雪雲が押し来る海と一体に 茨木和生
雪雲にさへ立つ虹のあることを 稲畑汀子 ホトトギス汀子句帖
雪雲にはなやぎあがり船名旗 五十嵐播水 埠頭
雪雲に故郷はよそ貌油槽群 木村蕪城 寒泉
雪雲に檜山のかたちさだまらず 篠原梵 雨
雪雲に痰つまりたる見る悲し 龍胆 長谷川かな女
雪雲に色を変へつつ日本海 稲畑汀子 汀子第三句集
雪雲に触れ日輪のゆらぎけり 岡田日郎
雪雲に雪雲突つ込み崩れ合ふ 岡田日郎
雪雲に青空穴のごとくあく 高浜年尾
雪雲のかたちににじみ夕日消ゆ 岡田日郎
雪雲のまつはる山の青さかな 阿部みどり女
雪雲のもたらす風に出帆旗 五十嵐播水 埠頭
雪雲のやうやく低し船北へ 高濱年尾 年尾句集
雪雲の八方破れ日の光 岡田日郎
雪雲の尾のめぐる空卒業す 川崎展宏
雪雲の晴れ間の希望すぐに消ゆ 相馬遷子 山河
雪雲の穴ぽつかりと邪馬台国 津田清子
雪雲の赤松鮮やかに友と逢ふ 中拓夫 愛鷹
雪雲や敵と覚ぼしき砲の音 渋川玄耳 渋川玄耳句集
雪雲や波にもまれて沖の島 鈴木真砂女 夕螢
雪雲や鬼も肱を出だすべう 去来 俳諧撰集「藤の実」
雪雲をかざして岳と岳聳ゆ 岡田日郎
雪雲を愛す時計の大振子 対馬康子 吾亦紅
雪雲を洩る日かすかに薪にさす 川島彷徨子 榛の木
雪雲を海に移して町ねむる 八木忠栄
高野隠して雪雲の通過中 有馬いさお
鰈網おろす雪雲重るるところ 木村蕪城 寒泉
鳶・鴎乱舞雪雲沖に籠め 鈴木真砂女 夕螢
水とりや雪ぐもを日のまろび出づ 角川春樹 夢殿
分け入りてにわか雪空美濃馬場(ばんば) 高澤良一 ぱらりとせ
宇治発つと雪空にごりきたりけり 中田剛 珠樹
息のむや加賀雪空の街ばかり 完市
斑雪空へつながる海の紺 加藤憲曠
暮れてゆく雪空やいつか静まりぬ 高濱年尾 年尾句集
朝より雪空熱がまた出でむ 相馬遷子 山河
枝下しをる雪空の日洩れ 小澤碧童 碧童句集
母を呼ぶ声なき声や雪空ヘ 山本歩禅
海に出て見るに雪空裏日本 藤後左右
濠端犬つれて行く雪空となる 尾崎放哉
炎上の雪空に舞ふ鴉かな 橋本鶏二 年輪
猟師消ゆ老いも死もなく雪空に 佐藤鬼房 朝の日
石の上雪空となりゆれ通し(殺生石) 岸田稚魚 『筍流し』
窓しめて雪空遠き助炭かな 長谷川春草
雪空となりし三日の夫婦客 久保田万太郎 流寓抄以後
雪空と鐘にしらるゝ夕べ哉 井原西鶴
雪空にじむ火事の火の遠く恋しく 尾崎放哉
雪空に人あらはるゝ砂丘かな 大橋櫻坡子 雨月
雪空に堪へて女も鱈を裂く 細見綾子
雪空に滲みてきたる日ありけり 中田剛 珠樹
雪空に睡魔の描く大伽藍 野見山朱鳥
雪空に野火が舞はせる金砂子 能村登四郎 菊塵
雪空に霰ふるなる但馬かな 京極杞陽 くくたち下巻
雪空に黒鳥ひとつ渡りけり 中勘助
雪空のものうくて貨車うごき出す 桂信子 黄 炎
雪空の下水の花か糞湧き浮く 岩田昌寿 地の塩
雪空の最後の一つをもぐ 種田山頭火 草木塔
雪空の羊にひくし出羽の國 幸田露伴 江東集
雪空は駅の煙によごれけり 高濱年尾 年尾句集
雪空ややかんぼつくりこの子等の陣 木歩句集 富田木歩
雪空やよごれはてたる檣頭旗 五十嵐播水 埠頭
雪空や桐へ下りくる山鴉 大峯あきら 鳥道
雪空や檻の海鵜は遠く見る 阿部みどり女
雪空や死鶏さげたる作男 飯田蛇笏 山廬集
雪空や片隅さびし牛の留守 丈卿 俳諧撰集「有磯海」
雪空や襤の海鵜は遠くを見る 阿部みどり女
雪空をなまはげの闇おりてくる 平井照敏 天上大風
雪空をアンモナイトになる心 櫂未知子 貴族
雪空を落ちくるものもなかりけり 高浜年尾
雪空垂れて兵士のように乳児立つ 林田紀音夫
雪空暮れくるお地蔵の前の道をとる 人間を彫る 大橋裸木
飢ゆる都市雪空動くゆるやかに 三谷昭 獣身
鴉の声過ぎ雪空ににじむかとも 原田種茅 径
句集山河遺りぬ雪ぞら行くや君 及川貞
いつかまた建つ銅像や雪の空 松崎豊
さかまくやふりつむ嶺の雪の雲 内藤丈草
ちんどんやの先頭雪の空支ふ 磯貝碧蹄館 握手
京まではまだ半空や雪の雲 芭蕉
佐渡へ書く一簡佐渡は雪の雲 中島斌雄
冬至より来たるもいまだ雪の空 立花北枝
創熱やかうかうとして雪の空(小手術) 岸田稚魚 『負け犬』
白妙のどこが空やら雪の空 上島鬼貫
降る雪の空におしやべり拡声器 青葉三角草
雪の空動くと見しがやみてけり 原田種茅 径
髭のルーラン雪の空ゆく吾は地をゆく 磯貝碧蹄館 握手

雪催 補遺

アドバルン魂ぬけ揚る雪もよひ 山口青邨
オリオンやさしも雪雲なくなりぬ 渡邊水巴 富士
お祝儀と書いてにはかに雪催ひ 波多野爽波
けふも雪もよひのこんなに餅をもらうてゐる 種田山頭火 自画像 落穂集
サンダルの男思案の雪催ひ 飯田龍太
しばらくは笹も動かず雪模様 正岡子規 雪
その中へ入りつつ暗し雪催 斎藤玄 雁道
ともさねば厨は暗し雪催ひ 鈴木真砂女 夏帯
にんまりと蜂は死ぬべし雪催 秋元不死男
ふりむかぬ人の背幅や雪もよひ 鷲谷七菜子 黄炎
みつむればものひかりいづ雪曇 加藤秋邨
愛憎の愛の絶え絶え雪催 佐藤鬼房
茜さす雪雲に消え晴著の子 佐藤鬼房
悪相の魚は美味し雪催 鈴木真砂女 都鳥
綾取の橋が崩れる雪催 佐藤鬼房
暗く鋭く朴の苞芽や雪催ひ 石田波郷
一文字に雁去る朝の雪曇 石塚友二 光塵
一抹の雪雲はしる春夕日 前田普羅 飛騨紬
引き返す雪雲有視界飛行 稲畑汀子
陰湿な根強き噂雪催ひ 飯田龍太
羽子つくや夕いよ~雪もよひ 星野立子
鰻重に気持(うけ)悪くなる雪催 佐藤鬼房
往還を犬に慕はれ雪催 上田五千石『琥珀』補遺
押入の不機嫌の戸も雪もよひ 百合山羽公 樂土以後
屋根の上に島山青し雪催ひ 石田波郷
火事跡のまた匂ひ出づ雪催 鷹羽狩行
火床(ほど)の終り西空に張る雪雲よ 佐藤鬼房
絵図面の堀の水色雪催ひ 廣瀬直人
崖の上に犬吠えたつる雪曇 加藤秋邨
角巻の色の邃さの雪催ひ 後藤比奈夫
括り桑一枝撥ねたる雪ぐもり 鷲谷七菜子 銃身
眼の中の闇のかたまり雪催 飯田龍太
寄鍋やたそがれ頃の雪もよひ 杉田久女
機関車の車輪竝びたる雪催 三橋敏雄
却つて稚拙四十路の恋の雪模様 石川桂郎 含羞
京に入る日や大比叡の雪もよひ 村山故郷
峡の臭いつも雪空とんど焼 細見綾子
郷に入る雪雲低きまま日ぐれ 木村蕪城 寒泉
空籠の底の銭入れ雪催ひ 飯田龍太
月山の雷鳴に膽抜かれ来る 佐藤鬼房
庫裡に出て尼の手さぐり雪催 古舘曹人 砂の音
湖際のもの横流れ雪ぐもり 桂信子 初夏
交み椋鳥宙で分れて雪ぐもり 岸田稚魚 筍流し
厚き雪雲首ゆきて足ゆく挽馬 橋閒石 無刻
濠端犬つれて行く雪空となる 尾崎放哉 須磨寺時代
黒姫を雪雲の帯巻きにけり 松崎鉄之介
砂丘ゆく女人の手足雪催ひ 飯田龍太
妻病めば子等諍かはず雪催ひ 相馬遷子 山国
菜を茄でて顔ひた濡らす雪催 岡本眸
笹の葉のみだれ具合や雪模様 正岡子規 雪
山人の語尾くぐもれば雪催 上田五千石『琥珀』補遺
耳つまめば生のぬくもり雪催ひ 林翔
手に受けて雪雲いろの繭三つ 上田五千石『琥珀』補遺
重たく揺れてひょうと雪空青クレーン 古沢太穂 火雲
宿根の絡み貌見ゆ雪模様 永田耕衣
鋤刺して堆肥湯気立つ雪ぐもり 能村登四郎
小屏風に竹四五本や雪もよひ 星野麥丘人
少女は肩摶ち合ひ語る雪催ひ 石田波郷
松島の牡蠣到来や雪もよひ 山口青邨
鐘まぼろし水島は現れ雪空に 岡井省二 明野
場違ひの赤貝貧し雪催 鈴木真砂女 夕螢
心揺れ易し雪雲の乱れにも 相馬遷子 山河
神木の根の盛り上がる雪催ひ 廣瀬直人
薪割りの枕がとんで雪催 鷹羽狩行
身のどこか蝕進むらし雪催 佐藤鬼房
人中や風船ゆきて雪催 秋元不死男
水の香と木の香かよへり雪催 藤田湘子 てんてん
水出づる魚は暗しも雪催 斎藤玄 雁道
水滴を待つ硯あり雪曇 石川桂郎 高蘆
石の上雪空となりゆれ通し 岸田稚魚 筍流し
積む岩の重みの不安雪催ひ 飯田龍太
雪ぐもりして雨となる木賊叢 能村登四郎
雪ぐもり火星はもはや高からむ 山口誓子
雪ぐもり宮座にはかる婿養子 角川源義
雪ぐもり恋持つ女の眼おそろし 岸田稚魚 雁渡し
雪もよひたうとう雪になつてひとり 種田山頭火 草木塔
雪もよひ鎌首もてば鎌軽し 平畑静塔
雪もよひ銃後に白魚いでにけり 渡邊水巴 富士
雪もよひ赤城をまつる蚕飼村 角川源義
雪もよひ雪にならない工場地帯のけむり 種田山頭火 草木塔
雪もよひ窓拭きビルに貼り附きて 草間時彦 中年
雪雲が赤し海べり工場つまり 飴山實 おりいぶ
雪雲が通る儀礼の雪降らし 山口誓子
雪雲にさへ立つ虹のあることを 稲畑汀子
雪雲に故郷はよそ貌油槽群 木村蕪城 寒泉
雪雲に色を変へつつ日本海 稲畑汀子
雪雲に神の燃やす火攀ぢて見む 山口誓子
雪雲に青空穴の如くあり 高浜年尾
雪雲に檜山のかたちさだまらず 篠原梵 年々去来の花 雨
雪雲のおもきに疲れ眼鏡おく 角川源義
雪雲のとゞまる気配山頂に 稲畑汀子
雪雲のはしばし先を争へり 山口誓子
雪雲のやうやく低し船北へ 高浜年尾
雪雲のやがて青空連れて来し 稲畑汀子
雪雲の運河をのぼるうつむいて 佐藤鬼房
雪雲の縁を色どる冬日かな 正岡子規 冬の日
雪雲の空にたゞよふ裾野哉 正岡子規 雪
雪雲の支へきれざるものこぼす 稲畑汀子
雪雲の晴れ間の希望すぐに消ゆ 相馬遷子 山河
雪雲の素通り遠野物語 稲畑汀子
雪雲の朝より山脈を杳くせり 角川源義
雪雲の通路の伊吹雪嶺なり 山口誓子
雪雲の鉄骨を接ぐ火口(ひぐち)吼ゆ 佐藤鬼房
雪雲の天より暗き沼なりき 加藤秋邨
雪雲の頭にすがり来て灘光る 角川源義
雪雲の薄らぐ気配更に無し 右城暮石 句集外 昭和六十三年
雪雲の暮るるに筆を洗ひをり 水原秋櫻子 霜林
雪雲の暮るる間の小豆色 森澄雄
雪雲の裂けし蒼さに死を染めん 橋閒石
雪雲は脚を収めて勢ひ過ぐ 山口誓子
雪雲は重し雪嶽地帯過ぐ 山口誓子
雪雲へ炊煙あげてかわく巷 飴山實 おりいぶ
雪雲へ貌 叫ぶ聲はとどかずも 富澤赤黄男
雪雲や皆俯向きの墓地作り 岸田稚魚 負け犬
雪雲や砂丘の谷間風やはらか 草間時彦 中年
雪雲や波にもまれて沖の島 鈴木真砂女 夕螢
雪空にじむ火事の火の遠く恋しく 尾崎放哉 須磨寺時代
雪空に睡魔の描く大伽藍 野見山朱鳥 曼珠沙華
雪空に野火が舞はせる金砂子 能村登四郎
雪空に滲むともなき西明り 上田五千石『森林』補遺
雪空のところもかへず羽子をつく 中村汀女
雪空のものうくて貨車うごき出す 桂信子 女身
雪空の一隅赤き入日かな 正岡子規 雪
雪空の光疼きぬ骨疼きぬ 岸田稚魚 負け犬
雪空の最後の一つをもぐ 種田山頭火
雪空の針全の雪離れざる 阿波野青畝
雪空の雪にもならで亥子かな 正岡子規 亥の子
雪空は駅の煙によごれけり 高浜年尾
雪空へ掛声そろふ船起 上村占魚
雪空や死さげたる作男 飯田蛇笏
雪空や死鶏さげたる作男 飯田蛇笏 山廬集
雪空や藁火に竹のはしる音 正岡子規 雪
雪空や鴉群棲む町の中 村山故郷
雪空ゆるがして鴨らが白みゆく海へ 種田山頭火 自画像 層雲集
雪空をなまはげの闇おりてくる 平井照敏 天上大風
雪空を映してにぶき川の面 高浜年尾
雪空を支へ暮れたる公孫樹かな 橋閒石
雪空を発つはなびらのごときもの 上田五千石『森林』補遺
雪空一羽の鳥となりて暮れる 尾崎放哉 須磨寺時代
雪空火を焚きあげる雪散らす 尾崎放哉 須磨寺時代
雪催い都には幸棲むという 楠本憲吉 方壺集
雪催うすき膝抱く渡航船 角川源義
雪催からの木馬もはずみをり 草間時彦 中年
雪催せめて綿虫出でて舞へ 相馬遷子 山河
雪催ひ菓子食ふならば灯に染めて 中村草田男
雪催ひ水さしてゐるアセチレン 飯田龍太
雪催ひ川一条の盆地かな 上村占魚 鮎
雪催ひ全館灯す警視庁 中村汀女
雪催ひ焚火に水を撒くさまも 飯田龍太
雪催ふ雲にぞ畳む嶺渡るは 石塚友二 光塵
雪催ふ樫に不満のいろありし 飯田龍太
雪催ふ巷ゆ干鰯得てかへる 石塚友二 磯風
雪催ふ江の黝々と梅ひらく 松村蒼石 寒鶯抄
雪催ふ肌に触れ汝れかなします 岸田稚魚 雁渡し
雪催ふ仏頂面の甲斐の山 廣瀬直人
雪催ふ夕べに垂れて榛の花 松村蒼石 雪
雪催愛憐胸にうづきつつ 藤田湘子 途上
雪催牡丹は木(ボク)を緊めにけり 藤田湘子
雪催骨まで冷えて患家出づ 相馬遷子 雪嶺
雪催小家に住める友ばかり 石田波郷
雪催松の生傷匂ふなり 上田五千石 森林
雪催常闇に炉のうづくまり 秋元不死男
雪催心遣ひを墓守へ 星野麥丘人 2003年
雪催石に戻りし石の街 平井照敏 猫町
雪催剥き蛤のなほ生きて 鈴木真砂女
雪催毛蟹茹でねば紅生れず 鈴木真砂女 夕螢
雪催翔ちきつたるや鴨の青 齋藤玄 飛雪
雪曇財閥こゝに盤踞せり 日野草城
雪平の底の火あかし雪催ひ 石田波郷
雪模様ふゞくにや山のたゝずまゐ 河東碧梧桐
雪模様卒都婆の垣をかためけり 川端茅舎
線路工夫の唄か嘆きか雪もよひ 「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
草青む雪雲嶺をつつむ日も 飯田龍太
息吐いて雪雲雪となりにけり 加藤秋邨
俗名の太き一字名雪催ひ 廣瀬直人
凧ばいと売る古町や雪催 石川桂郎 高蘆
池水の刻々たまる雪催ひ 飯田龍太
朝より雪空熱がまた出でむ 相馬遷子 山河
町空は塔の高さに雪催 上田五千石『森林』補遺
爪ののびあまりにはやし雪曇 赤尾兜子 玄玄
鉄扉一枚開いて葱買ふ雪催 岡本眸
電熱のコイルが赤し雪催 右城暮石 散歩圏
鳶・鴎乱舞雪雲沖に籠め 鈴木真砂女 夕螢
楢櫟枝を交へたる雪催 岸田稚魚
剥制の鳥の凍爪雪催ひ 飯田龍太
白老山の春の片雪雲が克つ 古舘曹人 能登の蛙
風呂吹や小窓を壓す雪曇 正岡子規 風呂吹
防空燈雪雲とらへあそびをり 西東三鬼
墨すつて昼暗くせり雪催 秋元不死男
妹の宛名の小字雪催ひ 廣瀬直人
木の末に鳶雪催ひ雪の谷 佐藤鬼房
野の雪雲集(よ)りて仕へて白大山 橋本多佳子
弥太郎忌朝から山の雪催ひ 上村占魚 鮎
遊船のなかの足音雪催ひ 飯田龍太
羅漢谷 殊に 雪雲蟠る 伊丹三樹彦
陸奥昏ると虹のごとくに雪雲立ち 小林康治 玄霜
猟師(またぎ)消ゆ老いも死もなく雪空に 佐藤鬼房
嶺かくす雪雲 懸菜縮みきる 伊丹三樹彦
煌々と人離れゆく雪催 角川源義
癩園の空となく雪催しぬ 石田波郷
膠煮る香がどこかして雪催 能村登四郎
茹玉子掌に冷えきりて雪催 上田五千石『田園』補遺
蹇へて子と飴分つ雪催 小林康治 玄霜
鮟鱇の肝蒸し上る雪催 鈴木真砂女
鰈網おろす雪雲重るるところ 木村蕪城 寒泉
鰒釣や沖はあやしき雪模様 正岡子規 雪

雪催 続補遺

鵯の枯木さがしや雪ぐもり 風国
草臥て烏行なり雪ぐもり 路通
雪空や片隅さびし牛のるす 丈草
雪空に裸でふとる冬瓜かな 梢風尼
雪空と鐘にしらるゝ夕ベ哉 井原西鶴
雪雲や桜に志賀の墓まいり 除風
雪雲や鬼も肱を出すべう 去来
雪雲や横に折たる山の先 素行
雪雲は愛宕にたばふしぐれ哉 浪化
雪雲の引のき際をあられかな 浪化
雪雲のみせかけまでゞ月夜哉 如行
雪雲のとり放したる月夜哉 沙明
山ひとつ腰に付てや雪ぐもり 凉菟
狐鳴岡の昼間や雪ぐもり 丈草

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 04:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26796956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング