冬深し の俳句

冬深し の俳句

冬深し

例句を挙げる。

あなどりて真冬の蜂にさゝれけり 森田中霞
ここに又陸稲のみどり島の冬 深見けん二
なにか喰む猿の顔じゆうが冬深む 芦川源
なにもかも倒れて真冬深みたる 宇多喜代子 象
ひとり乗る真冬の奈良の昇降機 原田喬
わが木にて暗き杉立つ真冬かな 中村苑子
一盞のベルモット書斎冬深し 山口青邨
乳の形あることはあり冬深む 上野さち子
二三日父母を見ず冬ふかむ 橋本榮治 麦生
五本杉五本囁く冬深空 殿村菟絲子 『菟絲』
人*かんの真冬をわたる筬の音 飯田蛇笏 椿花集
人の言ふ反革命や冬深む 相馬遷子 雪嶺
冬ふかき日の吹かれをり桑畑 金尾梅の門 古志の歌
冬ふかき月のひかりを離さぬ木 中田剛 珠樹
冬ふかくほとけの彫りも見えがてに 室生犀星 犀星発句集
冬ふかく風吹く大地霑へり 飯田蛇笏 椿花集
冬ふかしとつぶやけば又深くなりぬ 草間時彦
冬ふかし仏飾るに花鳥の図 土橋石楠花
冬ふかし朝は煤降る映画街 金子潮
冬ふかし薔薇園石の天使おく 原田青児
冬ふかし豆挽く揺れのなかにあり 中田剛 珠樹
冬ふかむかな音もなく隣り合ひ 岡田 和子
冬ふかむさびしさ限りなき砂丘 伊東宏晃
冬ふかむ父情の深みゆくごとく 飯田龍太
冬帽の真冬の浪花男かな 攝津幸彦
冬深き井戸のけむりよ朝まだき 室生犀星(1889-1962)
冬深き坂の途中の岐れけり 小島良子
冬深き志野の湯呑の肌ざはり 大場美夜子
冬深き癌研灯り砦なす 菖蒲あや あ や
冬深く墓掘る者は低唱す 有馬朗人 知命
冬深く萎えし花々幾日ぞ 室生犀星 犀星発句集
冬深しいちじくの根に灰撒いて 鈴木しげを
冬深しからだ全部で振り向きぬ 須川洋子
冬深し二俣川といふところ 鈴木しげを
冬深し思ひのままに土乾く 松村蒼石 雪
冬深し手に乗る禽の夢を見て 飯田龍太 山の木
冬深し柱の中の濤の音 長谷川櫂(1954-)
冬深し海も夜毎のいさり火も 八木絵馬
冬深し秤が元へ戻る音 成田千空 地霊
冬深し老と死の字は六字画 宮本はるお
冬深し老婆がどこにでも坐り 長谷川双魚 風形
冬深し脱ぎすてし靴の朝は穿く 瀧春一 菜園
冬深し藪へ入り込む川の砂 大峯あきら 鳥道
冬深し闇に濃き闇薄き闇 柏禎
冬深し闇に踏みたるひとの尾も 河原枇杷男
冬深し顔を作れば黒子泛き 長谷川双魚 『ひとつとや』
冬深し鼈甲いろの漬菜にも 細谷鳩舎
冬深むとも春近しとも木々の色 橋本榮治 逆旅
冬深む刻字うするる支那小凾 加藤三恵子
冬深む息つめしわが影の黒 櫛原希伊子
冬深む漬物石の重たさに 渡辺寛子
冬深む蒼空ばかり身延線 森澄雄
冬深む黙契のごと双拳 村越化石 山國抄
冬深井みんな無口になつてゐる 栗林千津
出で行くはむしろ不安の真冬の道 石田波郷
切株も獣顔して冬ふかむ 岡本まち子
喪の中に幹立ち真冬始まれる 和田悟朗
噴煙の伏して崩れず冬深し 米谷静二
四囲の音聴き澄ますとき冬深く 加藤楸邨
堪忍と鳴る鹿威し冬深し 佐々木六戈 百韻反故 初學
山上は真冬の小鳥うららに人に鳴き寄る 人間を彫る 大橋裸木
山猫もどんぐりも冬深むなか 大串 章
峡湾の碧さや牟婁の冬深き 内藤吐天 鳴海抄
島真冬船より投ぐる餌に猿来 太田嗟
師恩友情妻子の情冬ふかむ 相馬遷子 山河
干魚あぶる市中に来て冬深き 室生犀星 犀星発句集
愛染と墨書して冬深まれり 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
故人みなよき顔に冬深し 宇多喜代子 象
方丈の寸尺狂ひなき真冬 庄司圭吾
日の当る方へ歩みて冬深む 朝倉和江
晩餐図椅子一つあけ冬深し 有馬朗人 天為
樅の葉の結晶満ちて冬ふかし 堀口星眠 営巣期
歯を磨きながら死にたい 真冬ガソリンスタンドの床に降る星 穂村弘
死支度など捗どらず冬深む 井出寒子
母を責めひとり真冬の海にくる 江川貞代
水墨の槎(いかだ)に孤客冬深む 小澤實(1956-)
水音にそそぐ水音冬深し 行方克巳
波かもめ遠啼きに冬深めたり 河野南畦 湖の森
煮えてきて蜆おどろく冬深し 辻桃子
爪かけて木原の斜陽冬ふかむ 飯田蛇笏 椿花集
父と子のかげる真冬の昆虫館 長谷川双魚 風形
猩々の一物突起せる真冬 高澤良一 燕音
田を截つて大地真冬の鮮らしさ 飯田蛇笏
男鹿に冬ふかむ廃船壊ちつゝ 能村登四郎 合掌部落
白樺の枝こまやかに冬ふかむ 石田あき子
真冬の故郷正座してものおもはする 飯田龍太 春の道
真冬の洞単身で来て顔とがる 澁谷道
真冬日のマンシヨンに棲む聖マリア 平田栄一
真冬日の割れそうな壺売られおり 關根 巧
真冬日の古城のほかは海である 高橋比呂子
真冬日の夕ベは死螢ばかりとぶ 佐々木宏
真冬日の絞めやすくある鶏の首 海老名衣子
真冬日の鼻の先より昏れにけり 成田昭男
真冬日をバスは二時間来ぬつもり 櫂未知子 貴族
真冬日を死なずさぶがる鯉も又 齋藤玄 『雁道』
石山そぎ立ち真冬の鴉鳴きかかる 人間を彫る 大橋裸木
砂丘ゆく人すぐ遠く冬ふかむ 伊東宏晃
祖母の形見少しづつ減り冬深む 古賀まり子 緑の野以後
神輿屋の神輿に埃冬深む 林翔 和紙
窯出しの紅のにじみや冬深む 遠藤律
笹にまじるあやめみどり葉冬深き 室生犀星 犀星発句集
糊皿に一雷鳴や冬深し 外川飼虎
老母の煮炊き常凡冬ふかむ 上野さち子
耐へよとや真冬一と間に塩と綿 成田千空 地霊
胎児にとって真冬のフォルテは必要不可欠 夏石番矢
脚絆も黒く若き君等の冬深まる 鈴木六林男 第三突堤
薙刀と絵皿ならべて冬深し 中田剛 珠樹以後
親星を子星はなれず冬深む 木附沢麦青
角砂糖しみじみ溶けて真冬なり 中山純子 沙 羅以後
足掛け一日真冬さながら弁護人 宮崎二健
踏切りが振るつよき白旗真冬の豚 寺田京子 日の鷹
遠く咲く真冬の花火ピアニスト 高橋謙次郎
銀山や真冬の清水たばしりぬ 辻 桃子
鍋の向こうに力士の手形冬深し 大山キヌ子
馬駆くる鉄の壁掛冬深き 田村了咲
鯔網に冬ふかみつつ空つ風 飯田蛇笏 雪峡
鳶は輪をひたすらなぞり冬深む 中 拓夫
麻姑の手の指のかたちに冬深む 長谷川久々子
あしの皮はぎおちる冬の深みけり 室生犀星 犀星発句集
とくさまつすぐな冬の深さよ 室生犀星
シエーバーの充電冬の深みけり 林 誠司
峠教ゆ冬の深みのなつかしく 村越化石 山國抄
干鰯たやさぬ冬の深まりて 室生犀星 犀星発句集
好きなことばかりしてゐて深む冬 高澤良一 石鏡

冬深し 補遺

タンゴ弾く男のひげの冬深し 有馬朗人 耳順
にこにこ聞いてる笑くぼの深き冬夜の子 古沢太穂 火雲
わが木にて暗き杉立つ真冬かな 中村苑子
鴎来て常願寺川冬深む 上田五千石『風景』補遺
眼のごとき沼あり深き冬の山 鷲谷七菜子 銃身
巨船目の前に真冬の風車売り 飯田龍太
現実の相を真冬の水かがみ 飯田蛇笏 家郷の霧
吾とわが鍔迫り合ひの真冬なり 佐藤鬼房
鯉のかげ鯉に重ねて冬深し 鷹羽狩行
甲冑の無言の列に深き冬 有馬朗人 立志
黒猫のひげ見てをれば冬深し 飯田龍太
魂痩せて真冬の夢を見つづけし 三橋鷹女
砂山のすぐ散らかつて冬深き 岡本眸
思ひ出し廻りの水車冬深む 上田五千石『琥珀』補遺
寺の子に真冬みどりの島ひとつ 飯田龍太
受験苦に迫る真冬の蜘蛛の糸 飯田龍太
熟柿いくつも食ふ百姓の冬ふかし 飯田龍太
春へ手のとどかぬごとく冬深し 能村登四郎
女づれ子連れの凪の深き冬 原裕 青垣
昇天の鳶に真冬の曼珠沙華 飯田龍太
深き冬日吏の小幸をあたためて 飯田龍太
真冬となる山いくつもありみづうみは一つあり 中川一碧樓
真冬の故郷正座してものおもはする 飯田龍太
真冬の樹海は茫然と豊饒と 飯田龍太
真冬日や絵馬の蹄のよく描けて 佐藤鬼房
真冬日を死なずさぶがる鯉も又 斎藤玄 雁道
神輿屋の神輿に埃冬深む 林翔 和紙
身のまはり手で掃いて冬深まりぬ 岡本眸
人の言ふ反革命や冬深む 相馬遷子 雪嶺
人は喪に真冬のいろを上げし石蕗 三橋鷹女
人寰の真冬をわたる筬の音 飯田蛇笏
水掴みどほし真冬の蒟蒻屋 岡本眸
切飴の切口の艶冬深む 松崎鉄之介
早鞆の凪の二夜に冬深む 上田五千石 天路
草の果て日の果て真冬来つつあり 廣瀬直人 帰路
大いなる真冬の金魚口ひらく 加藤秋邨
滝音を山の音とし冬深む 桂信子 花影
男らや真冬の琴をかき鳴らし 飯島晴子
弔問の扉を押して冬深かりき 鷲谷七菜子 一盞
鉄路わかれ又岐れ冬深むべく 岡本眸
田の果てに夕日真冬のバンガロー 飯田龍太
田を*きつて大地真冬の鮮らしさ 飯田蛇笏 家郷の霧
冬ふかき森ゆく斧を光らせつ 草間時彦 中年
冬ふかしことに灯笠の緋を極め 飯田龍太
冬ふかし臼を日向に干すこゑも 飯田龍太
冬ふかし小銭あつめし結婚賀 草間時彦 中年
冬ふかし鉄くろがねと読むことも 飯田龍太
冬ふかし熱出て身の香あることも 森澄雄
冬ふかし肥満の童児地に坐り 飯田龍太
冬深き言葉上下す寝台車 岡本眸
冬深き広辞苑とも親しまず 安住敦
冬深き樹石の姿晴れ渡り 松本たかし
冬深き罌粟一輪をデッサンす 草間時彦
冬深く主見知らぬ家二軒 飯田龍太
冬深く墓掘る者は低唱す 有馬朗人 知命
冬深しなまぐさきこと女いふ 寒食 星野麥丘人
冬深しねむくなりたる猫の眼も 飯田龍太
冬深しひとの眼を見るインコたち 飯田龍太
冬深しふたたび海を見たるとき 飯田龍太
冬深しわきて眼病みの闇の灯は 飯田龍太
冬深し急ぐを常の靴音も 岡本眸
冬深し巨船ひたすら南溟へ 飯田龍太
冬深し子を道連れの旅人見え 飯田龍太
冬深し思ひのままに土乾く 松村蒼石 雪
冬深し指組み替ふる膝の上 岡本眸
冬深し手に乗る禽の夢を見て 飯田龍太
冬深し新聞読めばすぐ昼に 燕雀 星野麥丘人
冬深し真夜に目覚めし獣の香は 飯田龍太
冬深し声低めても牧師には 飯田龍太
冬深し切りたる髪の散るさまも 飯田龍太
冬深し灯のなき離宮思ふとき 飯田龍太
冬深し童児は鳥の瞳をみつめ 飯田龍太
冬深し夜雨聞きては忘れては 飯田龍太
冬深し幼子がいま医師の前 飯田龍太
冬深みくる色鯉の夢のさま 森澄雄
冬深みたり女ごゑ佐渡おけさ 森澄雄
冬深む寺建つる音やすみなく 飯島晴子
冬深む蒼空ばかり身延線 森澄雄
冬深む肉食三日つつしめば 上田五千石『琥珀』補遺
冬深む病閑雲を踏むごとく 廣瀬直人 帰路
峠より見ゆる真冬の舟溜り 廣瀬直人
尼寺のものの匂ひの冬深し 飯田龍太
日本海に真冬日あらん山越えれば 金子兜太
泊り二日竹に向ひて真冬なり 大野林火 方円集 昭和五十一年
白身魚ならばと食べて冬深む 能村登四郎
晩餐図椅子一つあけ冬深し 有馬朗人 天為
未知の書は真冬焼けゆく川の色 飯田龍太
網かけしごとき真冬の葡萄園 松崎鉄之介
羅紗の襟厚く真冬に向ひたり 山口誓子
欄干に冬深き湖少女の香 飯田龍太
旅先の町に灯が満ち冬深む 岡本眸
廊下行く真冬の真夜の一ナース 石塚友二 玉縄以後
老人と別れてからの真冬かな 橋閒石 微光
老人の友誼真冬の蜘蛛の糸 飯田龍太
罅深き冬鏡あり廊尽きぬ 岡本眸
苺畑青きその家も冬深く 飯田龍太

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 05:32 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26796982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング