冴ゆる の俳句

冴ゆる の俳句

冴ゆる 補遺

「詩人はいのち墓は塊(いしくれ)」妻の語冴ゆ 中村草田男
あまり冴えて死化粧の顔近づけず 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
いたづらに銀漢ぞ冴ゆ妹なくて 伊丹三樹彦
うぐひすは寒さに冴えて句碑除幕(伊賀町芭蕉公園にわが句碑建つ) 細見綾子
かゝる朝かなかなきけば目も冴えぬ 高屋窓秋
きちかうのむらさき冴ゆるそばへかな 日野草城
クリスマスイヴの橋燈青冴えて 佐藤鬼房
この夜冴え銀漢を見しが相別る 加藤秋邨
さしこめる火明り妻の膝に冴ゆ 大野林火 早桃 太白集
すぐやみしうす雪に胸冴えにけり 大野林火 海門 昭和八年
ちゝろ燃ゆ焔の冴えも海の丘(十月下旬、沢木欣一氏出征のため寒雷送別会、水戸大洗に行く) 細見綾子
チヤルメラやまだ宵の町月冴ゆる 石橋秀野
ときに青冴え追分の冬はじめ 佐藤鬼房
トラックの燈冴えて夜の河照らす 山口誓子
なにがしの忌日ぞけふは冴え返れ 正岡子規 冴返る
はなびらか鼓膜か冴ゆる梅の空 三橋敏雄
ふと疼く注射のあとや冴え返る 日野草城
ふるさとの鯛かも知れず瞳の冴えて 鈴木真砂女 夕螢
まことの死かなたにし夜々冴えかへる 石塚友二 方寸虚実
まなうらに紅旗冴えざえ抜歯の夜 佐藤鬼房
みちのくも北深く棲み一気冴ゆ 中村草田男
みほとけの彩色あはく冴え返る 伊丹三樹彦
みほとけの直なる背竹秋は冴ゆ 伊丹三樹彦
メリーゴーラウンド爆音直進頭上に冴え 中村草田男
もつとも冴ゆる尼寺の常緑樹 飯田龍太
わが燈消すも外燈冴ゆる癩園よ 大野林火 青水輪 昭和二十六年
鮎茶屋の稚鮎のころの戻り冴え 上田五千石『天路』補遺
安楽死冴え返る夜を醫師戻る 相馬遷子 雪嶺
闇冴えて虚空に聴きし濤の音 鷲谷七菜子 銃身
遺影なれば眼許くろずみ冴ゆるかな 大野林火 雪華 昭和三十三年
一汐木汀にささり月冴ゆる 鷲谷七菜子 銃身
一切の木の流体の冴えにけり 岡井省二 明野
一尾冴えて渓流を突く鯉ながれ 渡邊水巴 富士
稲熟れて冴え冴えとして夕餉とる 細見綾子
雨漏の壁のひまより冴えかへる 石橋秀野
渦笑窪消え水鏡寡婦に冴ゆ 香西照雄
遠目にも 禰宜の白冴え 梅花祭 伊丹三樹彦
塩場灯影人動く二三銀河冴ゆ 種田山頭火 自画像 層雲集
鴎らに鷹を消したる空の冴え 上田五千石 琥珀
牡蠣割りのとばす牡蠣殻冴えかへる 細見綾子
温室とぢて天禮幽に霜冴ゆる 飯田蛇笏 白嶽
音冴えてあはれをさなご弾き遂げし 日野草城
仮泊宴さそり座とほく低く冴ゆ<船長の招宴> 篠原梵 年々去来の花 中北支の四〇日
夏寒きまで花冴えて稚魚の水 飯田龍太
果てしなく心の冴ゆる夜なりけり 右城暮石 句集外 大正十年
花うぐひ鰭かさぬれば虹が冴ゆ 加藤秋邨
花ぐもり濃ければ雲雀冴えにけり 日野草城
花火あと川のうねりの大きく冴ゆ 大野林火 冬青集 雨夜抄
花筏なさざるまでに水の冴え 上田五千石『天路』補遺
過程音いま決定音機械冴ゆ 中村草田男
海の上に昼月冴えて慈姑掘り 松村蒼石 雪
咳けば襁褓の彼方星冴えぬ 佐藤鬼房
蛙いまだ冴えざえと田のつらなれる 大野林火 早桃 太白集
楽冴えて胸に別れの楽を和す 赤尾兜子 稚年記
潟冬木舟をつないで冴えにけり 大野林火 海門 昭和九年
葛城や夜の念仏の鉦冴ゆる 有馬朗人 知命
萱艸の花の朱の冴え那智の瀧(那智) 細見綾子
寒梅や痛きばかりに月冴えて 日野草城
幹立ちて幹立ちて冴え返りけり 石田勝彦 秋興以後
柑橘の鬱金ぞ冴えぬ塀に余り 伊丹三樹彦
澗泉に岩と沈みて冴えにけり 日野草城
眼の下に沈める頸白く冴ゆ 日野草城
眼の冴えにわが思ふことかぎりなき 日野草城
眼鏡拭くやまた冴え冴えと笹鳴けり 加藤秋邨
顔見世の連弾冴ゆる月冴ゆる 水原秋櫻子 蓬壺
幾日も米はなく冴えし山のぞむ 下村槐太 天涯
忌日なり又冴え返る風の音 正岡子規 冴返る
机上冴ゆけふ一日を拠らざりし 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
機音の渦の一点 護符冴える 伊丹三樹彦
起きぬけの冴えぬ面輪や散柳 日野草城
急ぐなかれ月谷蟆に冴えはじむ 赤尾兜子 玄玄
牛啼けり夜半の轣轆冴えつづき 中村草田男
強風に新築の音ばかり冴え 廣瀬直人 帰路
狂へる唱は冴えて風呂場に反響す 中村草田男
暁の隣家すでに真夏の声に冴え 飯田龍太
琴冴えてのこる虫の音さそひけり 水原秋櫻子 蘆雁以後
金米糖こぼれて冴ゆる療舎かな 伊丹三樹彦
靴の音冴えて冷房の石階を 日野草城
穴太積ものおそろしく冴えにけり 阿波野青畝
月は冴え~人の世またく寝入りたり 尾崎放哉 大正時代
月冴えぬ熱く淹れたる茶のかをり 日野草城
月冴ゆと歯を磨き彳ち雨後の幹 伊丹三樹彦
月冴ゆと蕃歌聴きつつ眠りしかや 伊丹三樹彦
月冴ゆるばかりに出でゝ仰ぎけり 高浜年尾
月冴ゆる石に無数の奴隷の名 有馬朗人 知命
月照るとみほとけの面ことに冴ゆ 伊丹三樹彦
言葉ふと途切れしままや冴え返る 鷲谷七菜子 黄炎
固唾のむ音のときどき冴えを剌す 篠原梵 年々去来の花 皿
枯枝に残月冴ゆる炊ぎかな 杉田久女
湖冴ゆる夜の蒼天へ風奔り 鷲谷七菜子 銃身
御鏡に松明映り冴え返る 正岡子規 冴返る
御鏡に篝火映り冴え返る 正岡子規 冴返る
鯉の金しづめし水の冴ゆるかな 鷲谷七菜子 花寂び
更けてひとり推して敲いて詩句冴ゆる 上田五千石『琥珀』補遺
行人裡馭夫の鞭ぱんぱんと冴ゆ 伊丹三樹彦
降る雪の影をさまりつ壁冴えぬ 大野林火 早桃 太白集
高温の麓真昼の耳冴えて 飯田龍太
刻々と天井颪の冴えかへる 阿波野青畝
今日より冴ゆ天井鼠みじろぐ音 香西照雄
今返す冬の発句ぞ冴えかへる 正岡子規 冴返る
妻も子もはや寝て山の銀河冴ゆ 臼田亜郎 定本亜浪句集
妻も詩人濯ぎつくして白布冴ゆ 香西照雄
採点と父の仏菓に灯ぞ冴ゆる 中村草田男
採点の灯冴えて干せし碗(もひ)にやどる 中村草田男
冴え~と顔に来るもの室の花 細見綾子
冴え~と鳶笛吹けり蕗の薹 飴山實 辛酉小雪
冴えかへり思ふに君が遺書なりし 加藤秋邨
冴えかへるお濠の鴨の声近く 山口青邨
冴えかへるたましひにしむ香けむり 飯田蛇笏 雪峡
冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤秋邨
冴えかへる崖の谺の高まり来 加藤秋邨
冴えかへる山ふかき廬の閾かな 飯田蛇笏 山廬集
冴えかへる伯耆の富土となりにけり 石橋秀野
冴えかへる夕日うすうす街に照り 山口青邨
冴えざえとわれらの作しししんの闇 篠原梵 年々去来の花 雨
冴えつづく夜の胸の上を雁帰る 橋閒石 雪
冴える石の家ピアノ線ひとり雨となる 赤尾兜子 歳華集
冴える夜の冴えの底ひに己をり 能村登四郎
冴え冴えと還状貝塚の白毛 佐藤鬼房
冴え冴えと沙翁の寺に小夜の窓 有馬朗人 立志
冴え冴えと春さむければ月近き 飯田蛇笏 春蘭
冴え冴えと鳶笛吹けり蕗の薹 飴山實
冴え冴えと魄西空に手が届く 佐藤鬼房
冴え返りつつ獣心のなごむさま 飯田龍太
冴え返るとは取り落すものの音 石田勝彦 秋興
冴え返る音のひとつに子のギター 楠本憲吉 孤客
冴え返る音や霰の十粒程 正岡子規 冴返る
冴え返る金毛閣は人を入れず 阿波野青畝
冴え返る空に愛宕の雲寒し 正岡子規 冴返る
冴え返る空ゆ母拉致せしは誰 楠本憲吉 孤客
冴え返る五体投地のこもり僧 角川源義
冴え返る匙を落して拾ふとき 細見綾子
冴え返る三笠颪や薪能 正岡子規 冴返る
冴え返る春日颪や薪能 正岡子規 冴返る
冴え返る松林抜けみづうみへ 細見綾子
冴え返る灯に首細き油壺 橋閒石 雪
冴え返る二三日あり沈丁花 高野素十
冴え返る日々東京の噂きこゆ 大野林火 早桃 太白集
冴え返る富士は眩しき山なりけり 中村苑子
冴え返る面魂は誰にありや 中村草田男
冴え返る壺の或る夜は怒濤かな 加藤秋邨
冴え返る壺を覗けば何もなし 橋閒石 朱明
冴え返る荼碗とならび北魏仏 加藤秋邨
冴ゆる客観妻の涙の目も横顔 中村草田男
冴ゆる寝の浅したゆたふ湖の音 鷲谷七菜子 銃身
冴ゆる灯に新年夜情雪のこゑ 飯田蛇笏 家郷の霧
冴ゆる夜の北斗を焦す狼烟哉 正岡子規 冴
冴ゆる夜や乾び反りたる魚の鰭 上村占魚 鮎
冴ゆる夜や女ひそかに劍習ふ 正岡子規 冴
皿冴ゆる鮑コキール貝も焦げ 日野草城
三月を此能故に冴え返る 正岡子規 三月
山の柿遠く実れば六腑冴え 飯田龍太
山月に冴えて聾ひたる耳二つ 飯田蛇笏 山廬集
山上奔馬空の残影冴えるかな 金子兜太
山辺より灯しそめて冴ゆるかな 前田普羅 普羅句集
残光に石のいのちのいや冴ゆる 伊丹三樹彦
姉とかや合歓の青莢冴ゆる谷 飯島晴子
子は留守の照る日曇る日冴え返る 日野草城
詩は怒余寒緑を冴えしめて 香西照雄
耳底の声追ふばかり冴ゆるかな 石川桂郎 含羞
耳鳴りは宇宙の音か月冴ゆる 林翔
借り家や冴ゆる夜近き汽車の音 正岡子規 冴
若き大工一つ灯冴ゆる鉋屑 中村草田男
取り落す計報荒星冴え返る 鷲谷七菜子 銃身
秋冴えたり我れ鯉切らん水の色 正岡子規 秋の水
十二月八日の冴えに退りけり 渡邊水巴 富士
渋濯屋白に疲れぬ白壁冴え 香西照雄 素心
獣皮舗の裸像灯りて冴え返る 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
春の河軍馬蹈みわたり冴えぎらふ 三橋敏雄
春の汗して絶食十日頭冴ゆ 相馬遷子 山河
春の月くもりて冴えて更けにけり 日野草城
女房泣く聲冴えて御所の夜更けたり 正岡子規 冴
小城下や辰の太鼓の冴え返る 正岡子規 冴返る
松ばかり冴えて十一月といふ 石塚友二 磯風
松は松椿は椿冴えかへる 山口青邨
松籟や鏡と冴ゆる碑の面 上田五千石『天路』補遺
沼が随所に髭を剃らねば眼が冴えて 金子兜太
沼涯のけむりが空に冴えて猟期 古沢太穂 火雲
鐘冴ゆる夜かゝげても灯の消んとす 正岡子規 冴
侵略の蒼冴えの肉撃たれたり 金子兜太
寝冴ゆると双耳の蝉や鳴きしきる 石塚友二 方寸虚実
新聞なれば遺影小さく冴えたりき 石田波郷
真夜の月冴えて二三の秋蛙 日野草城
神将のなべて青丹の面ぞ冴ゆ 伊丹三樹彦
神将の剥落のほど冴えにけり 伊丹三樹彦
人形のひとつびとつのいのちぞヽ冴ゆ 伊丹三樹彦
人生冴えて幼稚園より深夜の曲 金子兜太
酢海鼠に胸うち冴えしさびしさや 森澄雄
吹雪來んとして鐘冴ゆる嵐哉 正岡子規 吹雪
水鏡冴えたる亭は白障子 阿波野青畝
水冴えてカーヴす鯉の白々と 渡邊水巴 富士
水門におらび青冴え雪女 佐藤鬼房
水甕に水なき典座冴え返る 上田五千石『森林』補遺
星空冴えてくる寒行の太鼓うちだした 種田山頭火
星冴えて篝火白き砦哉 正岡子規 冴
声冴ゆる女あるじゆ紅を買ふ 野澤節子 未明音
青を研ぐごとくに風や冴えかへる 平井照敏
青肉のメロン冴え雪の積む韻 日野草城
青年一団リヤカー転宅音冴えて 中村草田男
静かさや冴え渡り来る羽根の音 村上鬼城
惜しみ置く箸も茶碗も冴えかへる 加藤秋邨
石ころの冴えた音梅の畑かしぐ 細見綾子
石棺に鎌研ぎし跡冴ゆるかな 松崎鉄之介
石工あり玄翁宙に風冴ゆる 飯田蛇笏 雪峡
雪後三日月観念のいろに冴え 飯田龍太
雪中を跳ぶ青冴えの石狐 佐藤鬼房
雪明り熱のぼるとき冴えにけり 大野林火 早桃 太白集
浅間冴え松炭燃ゆる五月の炉 前田普羅 春寒浅間山
曾根崎やむかしの路地に月冴えて 鷲谷七菜子 黄炎
草青き倉庫のかげにレール冴ゆ 大野林火 海門 昭和十三年
霜冴えてけはしく啼ける鴉かな 日野草城
大寒の古りし手鏡冴えにけり 桂信子 月光抄
大雁塔阿弥陀一尊冴えにけり 大野林火 月魄集 距和五十七年
鷹の羽の冴え返りける白襖 能村登四郎
棚畑のすみ~冴えて見えにけり 村上鬼城
探すもの書庫になく机辺冴えかへる 山口青邨
段落を経し山水の音の冴え 上田五千石『天路』補遺
知性冴え返る、弾道の錯落に 日野草城
竹の葉騒は冴ゆる眼鏡に数知れず 野澤節子 未明音
昼冴えて巷の立木とぼしかり 大野林火 冬青集 雨夜抄
昼寐より頬冴えざえと紅く覚めぬ 篠原梵 年々去来の花 皿
潮かぶる家に耳冴え海の始め 金子兜太
町燈匿しふるさとのごと星ふえ冴ゆ 篠原梵 年々去来の花 雨
漬茄子の紺冴え冴えと赤坂昏れ 楠本憲吉 孤客
鶴の羽や白きが上に冴え返る 河東碧梧桐
鶴病んで梅散る頃や冴え返る 正岡子規 冴返る
庭芝の青冴え冴えと日の盛り 村山故郷
笛冴ゆる老いの重眉いよよ重 橋本多佳子
天の声うつそみの声冴えて消えぬ 中村草田男
天の川冴えざえと都会眠りけり 日野草城
天の川冴えて莠(はくさ)のたけにけり 加藤秋邨
天冴えて烈風に繊き富士を見たり 渡邊水巴 富士
土管掘る工事の星が冴え返る 右城暮石 句集外 昭和三十一年
冬の朝河岸に葬りの花環冴ゆ 大野林火 冬青集 海門以後
冬川に冴える電球を撃つは今 赤尾兜子 虚像
島泊昴落ちさう冴えにけり 阿波野青畝
踏切に高まり浮び女冴ゆ 大野林火 雪華 昭和三十六年
頭を剃りて祖母のやすけき死顔冴ゆ 伊丹三樹彦
頭冴えたりつづけざま嚏して 森澄雄
闘争重点冴えるスレート魚鱗の路 金子兜太
汝が目信じて妻となりきと声冴えつ 中村草田男
二羽の鶴すがたの冴えていたましき 水原秋櫻子 秋苑
日を待てる夜空の色の一書冴ゆ 中村草田男
日曜午下ショパン聴く子の脳冴えしか 赤尾兜子 歳華集
能登に聴く津軽じよんがら燈冴ゆ 上田五千石『琥珀』補遺
巴里の絵のここに冴え返り並ぶあはれ 水原秋櫻子 岩礁
波打つて陰まざまざと巌冴ゆる 鷲谷七菜子 銃身
波暮光礁打ち据ゑて青藻冴ゆ 鷲谷七菜子 銃身
梅かをり女ひとりの鏡冴ゆ 桂信子 月光抄
萩刈つてからりと冴えぬ夕明り 渡邊水巴 白日
白菊とわれ月光の底に冴ゆ 桂信子 月光抄
白口の夢縷々と河鹿鳴き冴ゆる 日野草城
白沙の青松冴え冴え残るよ艫の別れ 中村草田男
白梅に 善相句碑の墨の冴え 伊丹三樹彦
白梅に月は冴えつつ飆かな 日野草城
白梅や島の夜明の星の冴え 村山故郷
白夜冴え拗牛何を分けつづく 赤尾兜子 歳華集
白驟雨桃消えしより核は冴ゆ 赤尾兜子 歳華集
鳩たちぬ羽音が耳に冴えて鳴り 高屋窓秋
肥後あやめ冴え~と色欲しがらず 細見綾子
尾根落葉しつくして青空の冴ゆ 村山故郷
琵琶冴えて星落來る臺哉 正岡子規 冴
琵琶冴ゆや桂の花の散る匂ひ 正岡子規 月
美は微なりと告ぐごとく冴ゆ春星座 楠本憲吉 方壺集
病院食茄子も胡瓜も色冴えず 鈴木真砂女 紫木蓮
富士冴えて山拓く人ら石担ふ 渡邊水巴 富士
斧は冴え立木はこれの観世音 川端茅舎
斧冴えて立木を作佛したまへり 川端茅舎
父と子は母と子よりも冴え返る 野見山朱鳥 愁絶
舞ひ冴ゆや面の下より男(を)ごゑ発し 橋本多佳子
風荒き峠の菫冴えにけり 渡邊水巴 白日
風冴えて魚の腹さく女の手 石橋秀野
風冴えて高嶺紺青雪のこる 飯田蛇笏 雪峡
風冴えて宙にまぎるる白梅花 飯田蛇笏 雪峡
文楽の春とはいへど灯影冴え 飯田蛇笏 雪峡
暮れ残る豆腐屋の笛冴えざえと 中村草田男
蓬とも菊とも畑の冴え返り 右城暮石 句集外 昭和六年
亡骸のベツドに木椅子冴えて侍す 大野林火 雪華 昭和三十八年
北斗高く虚子誕生日冴えかへる 山口青邨
本陣は留守 両断の白菜冴え 伊丹三樹彦
又云へり師走狐の声冴ゆと 相生垣瓜人 明治草
満月の冴えてみちびく家路あり 飯田龍太
岬めぐる道高く潮の青く冴ゆ 村山故郷
蜜蜂に冴え隔てたり石蕗の花 石塚友二 光塵
霧晴れマチャプチャレヘ 冴える シャッター音 伊丹三樹彦
木曽川を見おろして城冴え返る(愛知県犬山) 細見綾子
夜すがらの卒業の歌暁に冴え 中村草田男
夜勤工冴えぬレタスを馬食して 佐藤鬼房
夜半の月冴えず明るし春近き 及川貞 夕焼
夜番の柝冴えたり月の夜と思ふ 日野草城
野辺送りきのふもけふも冴え返る 正岡子規 冴返る
友ら逝きわが生きのびて冴え返る 日野草城
夕さくら瀬音たかまりきて冴ゆる 伊丹三樹彦
夕しぐれ老母いよいよ頭が冴えて 佐藤鬼房
夕ベ冴ゆ病秩父の咳聞ゆかに 大野林火 雪華 昭和三十八年
夕刊を縄で吊る子よ口笛冴ゆ 伊丹三樹彦
夕冴えの幹矗々と遠木霊 鷲谷七菜子 銃身
夕冴えの老幹まとふ苔の青 鷲谷七菜子 銃身
夕冴ゆる雪嶺ちりめん織られゆく 橋本多佳子
幼長男眼やさし次男声冴えたり 中村草田男
用ふなき一炉もつとも冴え返る 上田五千石『森林』補遺
翌くる朝軒吹く風も冴え返る 村山故郷
頼み了へ人冴ゆ目尻の皺も消し 香西照雄
落款の丹の冴え冴えと遺墨あり 上田五千石『天路』補遺
藍冴ゆる浴衣をしやんと小女房 日野草城
裏山や月冴えて笹の音は何 正岡子規 冴
立たんとす腰のつがひの冴え返る 正岡子規 冴返る
立ちあがる波の青冴ゆ枯れの日よ 鷲谷七菜子 銃身
流氷のいつ戻りけん冴え返る 河東碧梧桐
龍胆は冴えてりん~草にある 細見綾子
両刀重き武士の草履の音冴ゆるか 中村草田男
旱天に星みえ疲労冴えてくる 金子兜太
濤声冴ゆるげに古言の犬吠ゆる 中村草田男
玻璃戸冴ゆ白きは牛乳の指のあと 中村草田男
絲の継傷ちりめんの白地冴え 橋本多佳子
茗荷汁沈金彫が冴えにけり 阿波野青畝
萬緑の一紺として四葩冴ゆ 石塚友二 曠日
貪惚けの貪冴え在れや籠枕 永田耕衣
蹠砲まつり御輿播磨と金文字冴ゆ 松崎鉄之介
颱風下死人のごとく耳目冴ゆ 三橋敏雄
鳰の声冴えきるや水曇りをり 鷲谷七菜子 銃身
鳰の巣に葭のひと茎冴えにけり 飴山實 句集外

冴ゆる 補遺

「詩人はいのち墓は塊(いしくれ)」妻の語冴ゆ 中村草田男
あまり冴えて死化粧の顔近づけず 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
いたづらに銀漢ぞ冴ゆ妹なくて 伊丹三樹彦
うぐひすは寒さに冴えて句碑除幕(伊賀町芭蕉公園にわが句碑建つ) 細見綾子
かゝる朝かなかなきけば目も冴えぬ 高屋窓秋
きちかうのむらさき冴ゆるそばへかな 日野草城
クリスマスイヴの橋燈青冴えて 佐藤鬼房
この夜冴え銀漢を見しが相別る 加藤秋邨
さしこめる火明り妻の膝に冴ゆ 大野林火 早桃 太白集
すぐやみしうす雪に胸冴えにけり 大野林火 海門 昭和八年
ちゝろ燃ゆ焔の冴えも海の丘(十月下旬、沢木欣一氏出征のため寒雷送別会、水戸大洗に行く) 細見綾子
チヤルメラやまだ宵の町月冴ゆる 石橋秀野
ときに青冴え追分の冬はじめ 佐藤鬼房
トラックの燈冴えて夜の河照らす 山口誓子
なにがしの忌日ぞけふは冴え返れ 正岡子規 冴返る
はなびらか鼓膜か冴ゆる梅の空 三橋敏雄
ふと疼く注射のあとや冴え返る 日野草城
ふるさとの鯛かも知れず瞳の冴えて 鈴木真砂女 夕螢
まことの死かなたにし夜々冴えかへる 石塚友二 方寸虚実
まなうらに紅旗冴えざえ抜歯の夜 佐藤鬼房
みちのくも北深く棲み一気冴ゆ 中村草田男
みほとけの彩色あはく冴え返る 伊丹三樹彦
みほとけの直なる背竹秋は冴ゆ 伊丹三樹彦
メリーゴーラウンド爆音直進頭上に冴え 中村草田男
もつとも冴ゆる尼寺の常緑樹 飯田龍太
わが燈消すも外燈冴ゆる癩園よ 大野林火 青水輪 昭和二十六年
鮎茶屋の稚鮎のころの戻り冴え 上田五千石『天路』補遺
安楽死冴え返る夜を醫師戻る 相馬遷子 雪嶺
闇冴えて虚空に聴きし濤の音 鷲谷七菜子 銃身
遺影なれば眼許くろずみ冴ゆるかな 大野林火 雪華 昭和三十三年
一汐木汀にささり月冴ゆる 鷲谷七菜子 銃身
一切の木の流体の冴えにけり 岡井省二 明野
一尾冴えて渓流を突く鯉ながれ 渡邊水巴 富士
稲熟れて冴え冴えとして夕餉とる 細見綾子
雨漏の壁のひまより冴えかへる 石橋秀野
渦笑窪消え水鏡寡婦に冴ゆ 香西照雄
遠目にも 禰宜の白冴え 梅花祭 伊丹三樹彦
塩場灯影人動く二三銀河冴ゆ 種田山頭火 自画像 層雲集
鴎らに鷹を消したる空の冴え 上田五千石 琥珀
牡蠣割りのとばす牡蠣殻冴えかへる 細見綾子
温室とぢて天禮幽に霜冴ゆる 飯田蛇笏 白嶽
音冴えてあはれをさなご弾き遂げし 日野草城
仮泊宴さそり座とほく低く冴ゆ<船長の招宴> 篠原梵 年々去来の花 中北支の四〇日
夏寒きまで花冴えて稚魚の水 飯田龍太
果てしなく心の冴ゆる夜なりけり 右城暮石 句集外 大正十年
花うぐひ鰭かさぬれば虹が冴ゆ 加藤秋邨
花ぐもり濃ければ雲雀冴えにけり 日野草城
花火あと川のうねりの大きく冴ゆ 大野林火 冬青集 雨夜抄
花筏なさざるまでに水の冴え 上田五千石『天路』補遺
過程音いま決定音機械冴ゆ 中村草田男
海の上に昼月冴えて慈姑掘り 松村蒼石 雪
咳けば襁褓の彼方星冴えぬ 佐藤鬼房
蛙いまだ冴えざえと田のつらなれる 大野林火 早桃 太白集
楽冴えて胸に別れの楽を和す 赤尾兜子 稚年記
潟冬木舟をつないで冴えにけり 大野林火 海門 昭和九年
葛城や夜の念仏の鉦冴ゆる 有馬朗人 知命
萱艸の花の朱の冴え那智の瀧(那智) 細見綾子
寒梅や痛きばかりに月冴えて 日野草城
幹立ちて幹立ちて冴え返りけり 石田勝彦 秋興以後
柑橘の鬱金ぞ冴えぬ塀に余り 伊丹三樹彦
澗泉に岩と沈みて冴えにけり 日野草城
眼の下に沈める頸白く冴ゆ 日野草城
眼の冴えにわが思ふことかぎりなき 日野草城
眼鏡拭くやまた冴え冴えと笹鳴けり 加藤秋邨
顔見世の連弾冴ゆる月冴ゆる 水原秋櫻子 蓬壺
幾日も米はなく冴えし山のぞむ 下村槐太 天涯
忌日なり又冴え返る風の音 正岡子規 冴返る
机上冴ゆけふ一日を拠らざりし 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
機音の渦の一点 護符冴える 伊丹三樹彦
起きぬけの冴えぬ面輪や散柳 日野草城
急ぐなかれ月谷蟆に冴えはじむ 赤尾兜子 玄玄
牛啼けり夜半の轣轆冴えつづき 中村草田男
強風に新築の音ばかり冴え 廣瀬直人 帰路
狂へる唱は冴えて風呂場に反響す 中村草田男
暁の隣家すでに真夏の声に冴え 飯田龍太
琴冴えてのこる虫の音さそひけり 水原秋櫻子 蘆雁以後
金米糖こぼれて冴ゆる療舎かな 伊丹三樹彦
靴の音冴えて冷房の石階を 日野草城
穴太積ものおそろしく冴えにけり 阿波野青畝
月は冴え~人の世またく寝入りたり 尾崎放哉 大正時代
月冴えぬ熱く淹れたる茶のかをり 日野草城
月冴ゆと歯を磨き彳ち雨後の幹 伊丹三樹彦
月冴ゆと蕃歌聴きつつ眠りしかや 伊丹三樹彦
月冴ゆるばかりに出でゝ仰ぎけり 高浜年尾
月冴ゆる石に無数の奴隷の名 有馬朗人 知命
月照るとみほとけの面ことに冴ゆ 伊丹三樹彦
言葉ふと途切れしままや冴え返る 鷲谷七菜子 黄炎
固唾のむ音のときどき冴えを剌す 篠原梵 年々去来の花 皿
枯枝に残月冴ゆる炊ぎかな 杉田久女
湖冴ゆる夜の蒼天へ風奔り 鷲谷七菜子 銃身
御鏡に松明映り冴え返る 正岡子規 冴返る
御鏡に篝火映り冴え返る 正岡子規 冴返る
鯉の金しづめし水の冴ゆるかな 鷲谷七菜子 花寂び
更けてひとり推して敲いて詩句冴ゆる 上田五千石『琥珀』補遺
行人裡馭夫の鞭ぱんぱんと冴ゆ 伊丹三樹彦
降る雪の影をさまりつ壁冴えぬ 大野林火 早桃 太白集
高温の麓真昼の耳冴えて 飯田龍太
刻々と天井颪の冴えかへる 阿波野青畝
今日より冴ゆ天井鼠みじろぐ音 香西照雄
今返す冬の発句ぞ冴えかへる 正岡子規 冴返る
妻も子もはや寝て山の銀河冴ゆ 臼田亜郎 定本亜浪句集
妻も詩人濯ぎつくして白布冴ゆ 香西照雄
採点と父の仏菓に灯ぞ冴ゆる 中村草田男
採点の灯冴えて干せし碗(もひ)にやどる 中村草田男
冴え~と顔に来るもの室の花 細見綾子
冴え~と鳶笛吹けり蕗の薹 飴山實 辛酉小雪
冴えかへり思ふに君が遺書なりし 加藤秋邨
冴えかへるお濠の鴨の声近く 山口青邨
冴えかへるたましひにしむ香けむり 飯田蛇笏 雪峡
冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤秋邨
冴えかへる崖の谺の高まり来 加藤秋邨
冴えかへる山ふかき廬の閾かな 飯田蛇笏 山廬集
冴えかへる伯耆の富土となりにけり 石橋秀野
冴えかへる夕日うすうす街に照り 山口青邨
冴えざえとわれらの作しししんの闇 篠原梵 年々去来の花 雨
冴えつづく夜の胸の上を雁帰る 橋閒石 雪
冴える石の家ピアノ線ひとり雨となる 赤尾兜子 歳華集
冴える夜の冴えの底ひに己をり 能村登四郎
冴え冴えと還状貝塚の白毛 佐藤鬼房
冴え冴えと沙翁の寺に小夜の窓 有馬朗人 立志
冴え冴えと春さむければ月近き 飯田蛇笏 春蘭
冴え冴えと鳶笛吹けり蕗の薹 飴山實
冴え冴えと魄西空に手が届く 佐藤鬼房
冴え返りつつ獣心のなごむさま 飯田龍太
冴え返るとは取り落すものの音 石田勝彦 秋興
冴え返る音のひとつに子のギター 楠本憲吉 孤客
冴え返る音や霰の十粒程 正岡子規 冴返る
冴え返る金毛閣は人を入れず 阿波野青畝
冴え返る空に愛宕の雲寒し 正岡子規 冴返る
冴え返る空ゆ母拉致せしは誰 楠本憲吉 孤客
冴え返る五体投地のこもり僧 角川源義
冴え返る匙を落して拾ふとき 細見綾子
冴え返る三笠颪や薪能 正岡子規 冴返る
冴え返る春日颪や薪能 正岡子規 冴返る
冴え返る松林抜けみづうみへ 細見綾子
冴え返る灯に首細き油壺 橋閒石 雪
冴え返る二三日あり沈丁花 高野素十
冴え返る日々東京の噂きこゆ 大野林火 早桃 太白集
冴え返る富士は眩しき山なりけり 中村苑子
冴え返る面魂は誰にありや 中村草田男
冴え返る壺の或る夜は怒濤かな 加藤秋邨
冴え返る壺を覗けば何もなし 橋閒石 朱明
冴え返る荼碗とならび北魏仏 加藤秋邨
冴ゆる客観妻の涙の目も横顔 中村草田男
冴ゆる寝の浅したゆたふ湖の音 鷲谷七菜子 銃身
冴ゆる灯に新年夜情雪のこゑ 飯田蛇笏 家郷の霧
冴ゆる夜の北斗を焦す狼烟哉 正岡子規 冴
冴ゆる夜や乾び反りたる魚の鰭 上村占魚 鮎
冴ゆる夜や女ひそかに劍習ふ 正岡子規 冴
皿冴ゆる鮑コキール貝も焦げ 日野草城
三月を此能故に冴え返る 正岡子規 三月
山の柿遠く実れば六腑冴え 飯田龍太
山月に冴えて聾ひたる耳二つ 飯田蛇笏 山廬集
山上奔馬空の残影冴えるかな 金子兜太
山辺より灯しそめて冴ゆるかな 前田普羅 普羅句集
残光に石のいのちのいや冴ゆる 伊丹三樹彦
姉とかや合歓の青莢冴ゆる谷 飯島晴子
子は留守の照る日曇る日冴え返る 日野草城
詩は怒余寒緑を冴えしめて 香西照雄
耳底の声追ふばかり冴ゆるかな 石川桂郎 含羞
耳鳴りは宇宙の音か月冴ゆる 林翔
借り家や冴ゆる夜近き汽車の音 正岡子規 冴
若き大工一つ灯冴ゆる鉋屑 中村草田男
取り落す計報荒星冴え返る 鷲谷七菜子 銃身
秋冴えたり我れ鯉切らん水の色 正岡子規 秋の水
十二月八日の冴えに退りけり 渡邊水巴 富士
渋濯屋白に疲れぬ白壁冴え 香西照雄 素心
獣皮舗の裸像灯りて冴え返る 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
春の河軍馬蹈みわたり冴えぎらふ 三橋敏雄
春の汗して絶食十日頭冴ゆ 相馬遷子 山河
春の月くもりて冴えて更けにけり 日野草城
女房泣く聲冴えて御所の夜更けたり 正岡子規 冴
小城下や辰の太鼓の冴え返る 正岡子規 冴返る
松ばかり冴えて十一月といふ 石塚友二 磯風
松は松椿は椿冴えかへる 山口青邨
松籟や鏡と冴ゆる碑の面 上田五千石『天路』補遺
沼が随所に髭を剃らねば眼が冴えて 金子兜太
沼涯のけむりが空に冴えて猟期 古沢太穂 火雲
鐘冴ゆる夜かゝげても灯の消んとす 正岡子規 冴
侵略の蒼冴えの肉撃たれたり 金子兜太
寝冴ゆると双耳の蝉や鳴きしきる 石塚友二 方寸虚実
新聞なれば遺影小さく冴えたりき 石田波郷
真夜の月冴えて二三の秋蛙 日野草城
神将のなべて青丹の面ぞ冴ゆ 伊丹三樹彦
神将の剥落のほど冴えにけり 伊丹三樹彦
人形のひとつびとつのいのちぞヽ冴ゆ 伊丹三樹彦
人生冴えて幼稚園より深夜の曲 金子兜太
酢海鼠に胸うち冴えしさびしさや 森澄雄
吹雪來んとして鐘冴ゆる嵐哉 正岡子規 吹雪
水鏡冴えたる亭は白障子 阿波野青畝
水冴えてカーヴす鯉の白々と 渡邊水巴 富士
水門におらび青冴え雪女 佐藤鬼房
水甕に水なき典座冴え返る 上田五千石『森林』補遺
星空冴えてくる寒行の太鼓うちだした 種田山頭火
星冴えて篝火白き砦哉 正岡子規 冴
声冴ゆる女あるじゆ紅を買ふ 野澤節子 未明音
青を研ぐごとくに風や冴えかへる 平井照敏
青肉のメロン冴え雪の積む韻 日野草城
青年一団リヤカー転宅音冴えて 中村草田男
静かさや冴え渡り来る羽根の音 村上鬼城
惜しみ置く箸も茶碗も冴えかへる 加藤秋邨
石ころの冴えた音梅の畑かしぐ 細見綾子
石棺に鎌研ぎし跡冴ゆるかな 松崎鉄之介
石工あり玄翁宙に風冴ゆる 飯田蛇笏 雪峡
雪後三日月観念のいろに冴え 飯田龍太
雪中を跳ぶ青冴えの石狐 佐藤鬼房
雪明り熱のぼるとき冴えにけり 大野林火 早桃 太白集
浅間冴え松炭燃ゆる五月の炉 前田普羅 春寒浅間山
曾根崎やむかしの路地に月冴えて 鷲谷七菜子 黄炎
草青き倉庫のかげにレール冴ゆ 大野林火 海門 昭和十三年
霜冴えてけはしく啼ける鴉かな 日野草城
大寒の古りし手鏡冴えにけり 桂信子 月光抄
大雁塔阿弥陀一尊冴えにけり 大野林火 月魄集 距和五十七年
鷹の羽の冴え返りける白襖 能村登四郎
棚畑のすみ~冴えて見えにけり 村上鬼城
探すもの書庫になく机辺冴えかへる 山口青邨
段落を経し山水の音の冴え 上田五千石『天路』補遺
知性冴え返る、弾道の錯落に 日野草城
竹の葉騒は冴ゆる眼鏡に数知れず 野澤節子 未明音
昼冴えて巷の立木とぼしかり 大野林火 冬青集 雨夜抄
昼寐より頬冴えざえと紅く覚めぬ 篠原梵 年々去来の花 皿
潮かぶる家に耳冴え海の始め 金子兜太
町燈匿しふるさとのごと星ふえ冴ゆ 篠原梵 年々去来の花 雨
漬茄子の紺冴え冴えと赤坂昏れ 楠本憲吉 孤客
鶴の羽や白きが上に冴え返る 河東碧梧桐
鶴病んで梅散る頃や冴え返る 正岡子規 冴返る
庭芝の青冴え冴えと日の盛り 村山故郷
笛冴ゆる老いの重眉いよよ重 橋本多佳子
天の声うつそみの声冴えて消えぬ 中村草田男
天の川冴えざえと都会眠りけり 日野草城
天の川冴えて莠(はくさ)のたけにけり 加藤秋邨
天冴えて烈風に繊き富士を見たり 渡邊水巴 富士
土管掘る工事の星が冴え返る 右城暮石 句集外 昭和三十一年
冬の朝河岸に葬りの花環冴ゆ 大野林火 冬青集 海門以後
冬川に冴える電球を撃つは今 赤尾兜子 虚像
島泊昴落ちさう冴えにけり 阿波野青畝
踏切に高まり浮び女冴ゆ 大野林火 雪華 昭和三十六年
頭を剃りて祖母のやすけき死顔冴ゆ 伊丹三樹彦
頭冴えたりつづけざま嚏して 森澄雄
闘争重点冴えるスレート魚鱗の路 金子兜太
汝が目信じて妻となりきと声冴えつ 中村草田男
二羽の鶴すがたの冴えていたましき 水原秋櫻子 秋苑
日を待てる夜空の色の一書冴ゆ 中村草田男
日曜午下ショパン聴く子の脳冴えしか 赤尾兜子 歳華集
能登に聴く津軽じよんがら燈冴ゆ 上田五千石『琥珀』補遺
巴里の絵のここに冴え返り並ぶあはれ 水原秋櫻子 岩礁
波打つて陰まざまざと巌冴ゆる 鷲谷七菜子 銃身
波暮光礁打ち据ゑて青藻冴ゆ 鷲谷七菜子 銃身
梅かをり女ひとりの鏡冴ゆ 桂信子 月光抄
萩刈つてからりと冴えぬ夕明り 渡邊水巴 白日
白菊とわれ月光の底に冴ゆ 桂信子 月光抄
白口の夢縷々と河鹿鳴き冴ゆる 日野草城
白沙の青松冴え冴え残るよ艫の別れ 中村草田男
白梅に 善相句碑の墨の冴え 伊丹三樹彦
白梅に月は冴えつつ飆かな 日野草城
白梅や島の夜明の星の冴え 村山故郷
白夜冴え拗牛何を分けつづく 赤尾兜子 歳華集
白驟雨桃消えしより核は冴ゆ 赤尾兜子 歳華集
鳩たちぬ羽音が耳に冴えて鳴り 高屋窓秋
肥後あやめ冴え~と色欲しがらず 細見綾子
尾根落葉しつくして青空の冴ゆ 村山故郷
琵琶冴えて星落來る臺哉 正岡子規 冴
琵琶冴ゆや桂の花の散る匂ひ 正岡子規 月
美は微なりと告ぐごとく冴ゆ春星座 楠本憲吉 方壺集
病院食茄子も胡瓜も色冴えず 鈴木真砂女 紫木蓮
富士冴えて山拓く人ら石担ふ 渡邊水巴 富士
斧は冴え立木はこれの観世音 川端茅舎
斧冴えて立木を作佛したまへり 川端茅舎
父と子は母と子よりも冴え返る 野見山朱鳥 愁絶
舞ひ冴ゆや面の下より男(を)ごゑ発し 橋本多佳子
風荒き峠の菫冴えにけり 渡邊水巴 白日
風冴えて魚の腹さく女の手 石橋秀野
風冴えて高嶺紺青雪のこる 飯田蛇笏 雪峡
風冴えて宙にまぎるる白梅花 飯田蛇笏 雪峡
文楽の春とはいへど灯影冴え 飯田蛇笏 雪峡
暮れ残る豆腐屋の笛冴えざえと 中村草田男
蓬とも菊とも畑の冴え返り 右城暮石 句集外 昭和六年
亡骸のベツドに木椅子冴えて侍す 大野林火 雪華 昭和三十八年
北斗高く虚子誕生日冴えかへる 山口青邨
本陣は留守 両断の白菜冴え 伊丹三樹彦
又云へり師走狐の声冴ゆと 相生垣瓜人 明治草
満月の冴えてみちびく家路あり 飯田龍太
岬めぐる道高く潮の青く冴ゆ 村山故郷
蜜蜂に冴え隔てたり石蕗の花 石塚友二 光塵
霧晴れマチャプチャレヘ 冴える シャッター音 伊丹三樹彦
木曽川を見おろして城冴え返る(愛知県犬山) 細見綾子
夜すがらの卒業の歌暁に冴え 中村草田男
夜勤工冴えぬレタスを馬食して 佐藤鬼房
夜半の月冴えず明るし春近き 及川貞 夕焼
夜番の柝冴えたり月の夜と思ふ 日野草城
野辺送りきのふもけふも冴え返る 正岡子規 冴返る
友ら逝きわが生きのびて冴え返る 日野草城
夕さくら瀬音たかまりきて冴ゆる 伊丹三樹彦
夕しぐれ老母いよいよ頭が冴えて 佐藤鬼房
夕ベ冴ゆ病秩父の咳聞ゆかに 大野林火 雪華 昭和三十八年
夕刊を縄で吊る子よ口笛冴ゆ 伊丹三樹彦
夕冴えの幹矗々と遠木霊 鷲谷七菜子 銃身
夕冴えの老幹まとふ苔の青 鷲谷七菜子 銃身
夕冴ゆる雪嶺ちりめん織られゆく 橋本多佳子
幼長男眼やさし次男声冴えたり 中村草田男
用ふなき一炉もつとも冴え返る 上田五千石『森林』補遺
翌くる朝軒吹く風も冴え返る 村山故郷
頼み了へ人冴ゆ目尻の皺も消し 香西照雄
落款の丹の冴え冴えと遺墨あり 上田五千石『天路』補遺
藍冴ゆる浴衣をしやんと小女房 日野草城
裏山や月冴えて笹の音は何 正岡子規 冴
立たんとす腰のつがひの冴え返る 正岡子規 冴返る
立ちあがる波の青冴ゆ枯れの日よ 鷲谷七菜子 銃身
流氷のいつ戻りけん冴え返る 河東碧梧桐
龍胆は冴えてりん~草にある 細見綾子
両刀重き武士の草履の音冴ゆるか 中村草田男
旱天に星みえ疲労冴えてくる 金子兜太
濤声冴ゆるげに古言の犬吠ゆる 中村草田男
玻璃戸冴ゆ白きは牛乳の指のあと 中村草田男
絲の継傷ちりめんの白地冴え 橋本多佳子
茗荷汁沈金彫が冴えにけり 阿波野青畝
萬緑の一紺として四葩冴ゆ 石塚友二 曠日
貪惚けの貪冴え在れや籠枕 永田耕衣
蹠砲まつり御輿播磨と金文字冴ゆ 松崎鉄之介
颱風下死人のごとく耳目冴ゆ 三橋敏雄
鳰の声冴えきるや水曇りをり 鷲谷七菜子 銃身
鳰の巣に葭のひと茎冴えにけり 飴山實 句集外

冴ゆる 続補遺

冴えて行月はひとつよ西ひがし 李由
冴えそむる鐘ぞ十夜の場の月 杉風 深川

以上


by 575fudemakase | 2017-04-18 05:43 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26796988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング