氷海 の俳句

氷海 の俳句

氷海

例句を挙げる。

氷海に壁のごときがはだかれり 千葉 仁
氷海に生まれし亀裂四月来る 山本歩禅
氷海に秋日踊らす白夜行 殿村莵絲子 雨 月
氷海の亀裂と亀裂相遭はず 橋本鶏二
氷海の千鳥ら船団を率いたり 萩原麦草 麦嵐
氷海の巌畳々と濤に非ず 古館曹人
氷海の涯しらしらと今日の雁 古沢太穂
氷海の陸よりたかく見ゆるかな 伊藤凍魚
氷海へ水路は藍を絞りたり 金箱戈止夫
氷海へ追ひつめられし日輪よ 坂巻純子
氷海やこだまさびしきわれの咳 伊藤彩雪
氷海やはやれる橇にたわむところ 山口誓子
氷海やはるか一連迎ひ橇 山口誓子
氷海や日の一粒の珊瑚色 金箱戈止夫
氷海や月ひた走る照り昃り 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
氷海や船客すでに橇の客 山口誓子
氷海を上る朝日に氷下魚釣 粟津松彩子
黒犬も氷海を来し船の客 有馬朗人 耳順
潮の香もなくはろばろと海氷る(根室) 上村占魚 『萩山』
海凍てゝ渚ともなし島の春 凍魚
海凍る国に鮭鮓甘きかな 河東碧梧桐
よごれたる凍港犬もよごれをり 青葉三角草
凍港となりゆく頃の漁夫達よ 成瀬正とし 星月夜
凍港にともしび暗く住める漁夫 成瀬正とし 星月夜
凍港に人の匂ひの無い酒場 能城 檀
凍港に旗古るシップレストラン 田村了咲
凍港に起重機鷲の嘴の如し 久米正雄 返り花
凍港のどこに鋲打つ連れて打つ 久米正雄 返り花
凍港の中央碧き潮動く 齋藤愼爾
凍港の人ゐて赤き旗を振れり 岸風三楼 往来
凍港の今し沈める日を見ずや 岸風三楼 往来
凍港の歛まる雲や初御空 飯田蛇笏 霊芝
凍港の氷を解くと砲をうつ 太田ミノル
凍港の真中一筋解けはじむ 守谷順子
凍港やからすの落す魚の腑 泰史
凍港やクレーンも人も沈む日に 岸風三楼 往来
凍港や天主の鐘の夕告ぐる 蔦花
凍港や楽器売場のごと光り 櫂未知子 貴族
凍港や舊露の街はありとのみ 山口誓子
凍港より大洋並べ誓子の忌 南部富子
凍港を素描す画架を石廊に 石原八束
父を地に還す凍港ひかるころ 櫂未知子 貴族
少年兵を氷江に追ひ刺し落す 細谷源二 鐵
氷江や往くも還るも轟々と 石田波郷
氷江を照らして月の高からず 大場白水郎 散木集
氷原に没る太陽の紅からず 村上冬燕
氷原に鷲来て吾の生身欲る 津田清子
氷原の果てに白夜の影引かず 合田丁字路
氷原の氷の塊のみな影引く 古館曹人
氷原を白き貂ゆく光あり 長谷川櫂
船客に四顧の氷原街見えず 山口誓子

氷海 補遺

ほそ~と煙の晴るゝ凍港よ 日野草城
少年兵を氷江に追ひ刺し落す 細谷源二 鐵
船客に四顧の氷原街見えず 山口誓子
大亀裂せる氷海のおそろしき 阿波野青畝
凍海の盲魚のすがた空に描く 西東三鬼
凍港の歛まる雲や初御空 飯田蛇笏 霊芝
凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子
凍港や緋文字かりそめにして消えず 橋閒石
氷海の涯しらしらと今日の雁 古沢太穂 捲かるる鴎
氷海の朝焼けきびし狐舎の春 飯田蛇笏 山響集
氷海やさいはてに来て夢道のゆめ 古沢太穂 捲かるる鴎
氷海やはやれる橇にたわむところ 山口誓子
氷海やはるか一連迎ひ橇 山口誓子
氷海や月のあかりの荷役橇 山口誓子
氷海や船客すでに橇の客 山口誓子
氷原の天に見知らぬ月照れり 山口誓子
氷江の上の橋行く暮色かな 日野草城
氷江の西日となりぬ浮碧楼 日野草城
氷江やしみつたれたる牛車の灯 日野草城
氷江を越え兵の貌かっと映ゆ 伊丹三樹彦
北吹けば国来々々と海氷来 角川源義
無限大なる氷海や裂目見ゆ 阿波野青畝
養狐交け春の氷海鏡なす 飯田蛇笏 山響集

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 06:23 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26797031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング