採氷 の俳句

採氷 の俳句

採氷

例句を挙げる。

切りとりし空の蒼さや採氷夫 武井耕天
太陽はまず採氷夫を青い刃にする 佐々木麻男
採氷のきらめき積まれ月光裡 伊藤皓二
採氷のはじまる雪を掃きにけり 阿部慧月
採氷の橇がわり込む湖上の路 古館曹人
採氷の灯にかはたれの雪飛べり 木村蕪城 寒泉
採氷の赤旗立てて昏れてをり 原田青児
採氷や唯雪原の網走湖 唐笠何蝶
採氷や日輪退る杉木立 窪田あさ子
採氷や湖の端より売る故郷 対馬康子 愛国
採氷や湖の蒼さを切つてをり 三浦敦子
採氷場人馬の道を江上に 桂樟蹊子
採氷夫おのれの影も容れて切る 源鬼彦
採氷夫けもの引き連れ舟小屋に 新谷ひろし
採氷夫とは自己の倒影を截る奴さ 細谷源二
採氷夫ゆがめる顔に笑うかべ 大場白水郎 散木集
採氷夫切れどきりなし嘆息す 成瀬桜桃子 風色
採氷夫棒立ちのとき若き日の眼 細谷源二
採氷夫焚火に立ちて雫する 橋本多佳子
採氷池よべの霰のまろびをり 金子伊昔紅
採氷池子等への怒声日へ谺 木村蕪城 寒泉
採氷池方形を日の器とす 木村蕪城 寒泉
採氷池青き澱みの凍ゆるぶ 木村蕪城 寒泉
採氷馬空より蒼きもの牽きゆく 小関骸子
暮色より暮色が攫ふ採氷馬 齋藤玄 『玄』
松矮く繞り採氷池を隠す 木村蕪城 寒泉
椎き採氷の辺を登校児 木村蕪城 寒泉
蒼天へ積む採氷の稜ただし 木村蕪城 寒泉
試し切り終り採氷はじまりし 白幡千草

採氷 補遺

スケートの氷切る音山しづか 山口青邨
鋸で氷田を引く採氷夫 平畑静塔
荒き刃のゆききあらはに氷挽く 鷹羽狩行
採氷に山々は日を頒ち合ふ 平畑静塔
採氷の灯にかはたれの雪飛べり 木村蕪城 寒泉
採氷の道具のうちの高箒 上村占魚
採氷の夫に焚火す遠くより 平畑静塔
採氷池子等への怒声日へ谺 木村蕪城 寒泉
採氷池青き澱みの凍ゆるぶ 木村蕪城 寒泉
採氷池方形を日の器とす 木村蕪城 寒泉
採氷夫焚火に立ちて雫する 橋本多佳子
採氷婦疲れ果てても母の暖 平畑静塔
松矮く繞り採氷池を隠す 木村蕪城 寒泉
蒼天へ積む採氷の稜ただし 木村蕪城 寒泉
椎き採氷の辺を登校児 木村蕪城 寒泉
氷塊の上に祭の氷挽く 鷹羽狩行
氷上を犬駆ける採氷夫が飼へり 橋本多佳子
氷切る男のちから溶けゆく塩 赤尾兜子 蛇
氷挽ききっていきれる冬日の鋸 古沢太穂 古沢太穂句集
氷挽き運ぶ一切手を触れず 右城暮石 上下
氷挽き鋸透ける我鬼忌かな 秋元不死男
氷挽く音こきこきと杉間かな 臼田亜郎 定本亜浪句集
氷挽く鋸土佐の大魚の牙 山口誓子
氷挽ける音の中にて愛憎す 岸田稚魚 負け犬
焚火するもの採氷の田に遠く 平畑静塔
北風の中氷挽きたるあと残る 岡本眸
冷凍の鬆入りの氷挽きゐたり 山口誓子
檻の豹より減るかがやきの氷挽く 赤尾兜子 虚像

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 06:44 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26797052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。