地吹雪 の俳句

地吹雪 の俳句

地吹雪

あす晴るるための地吹雪アイヌ村(コタン) 宮坂静生
こぼれつつ地吹雪橋を渡りゆく 鈴木鷹夫 千年
さらさらと地吹雪あそぶ殉難碑 伊藤霜楓
スキー迅し従ひ走る雪煙 大家湖汀
やみくもに駈け出す地吹雪番外地 平井さち子 紅き栞
伊吹嶺に雪煙見ゆる薬草屋 後藤和朗
一瞬の地吹雪に地の動きけり 瀬野美和子 『毛馬堤』
海へ還る地吹雪晩年泣かぬ母 齋藤愼爾
革命いつのこと地吹雪に昏れる村 木附沢麦青
岩手山雪けむり立つ二日かな 沼澤 石次
汽車の厚き硝子雪浪かがやかす 西村公鳳
畦青む地吹雪除けも外されて 窪田竹舟
月光に落葉松羽摶つ雪けむり 堀口星眠 営巣期
月明や乗鞍岳に雪けむり 石橋辰之助 山暦
最北のバス地吹雪に呑まれゆく 小笠原弘順
山と対話雪煙渦をまきて消す 福田蓼汀 秋風挽歌
初夢のなかの高嶺の雪煙 飯田龍太
人死にし山月明の雪けむり 高須茂
吹雪荒れ地の雪けむりつぎて立つ 石橋辰之助 山暦
石狩孤村地吹雪の子のはぐれ星 古沢太穂
雪けむり日輪の渦いく重にも 千代田葛彦 旅人木
雪けむり立つ夜の星座鋭く正し 石橋辰之助 山暦
雪けむり立てど北斗はかゝはらず 石橋辰之助 山暦
雪煙が消すD5lとその後尾 石川桂郎 高蘆
雪煙は雪煙を追ひ天に消ゆ 福田蓼汀 秋風挽歌
雪煙岳に孤高のこゝろあり 岡田貞峰
雪煙天に吐き出す前穂高 石川英子
雪落ちて空をながるる雪けむり 辻桃子
雪浪に濱はせきれい鳴にけり 松瀬青々
雪浪を鶫喜び跳びにけり 茨木和生 往馬
地吹雪がかくす札幌時計台 魚野満佐流
地吹雪がしんと集まる壜の底 大下真利子
地吹雪が消して見知らぬ街となる 高橋笛美
地吹雪が北の斜面を責めやまず 能村研三 騎士
地吹雪と行くほのぼのと馬の臀 橘川まもる
地吹雪と別に星空ありにけり 稲畑汀子(1931-)
地吹雪にこの身が今に飛ばされん 三好潤子
地吹雪にひとの消えゆく墓の裏 渡辺直信
地吹雪にゆさぶられをり夜の帷 伊藤彩雪
地吹雪に一本の杖護身かな 佐藤母杖 『一管の笛』
地吹雪に何さらはれし墓傾ぐ 中山砂光子 『納沙布』
地吹雪に帰心引止められてをり 山田弘子 螢川
地吹雪に捲かれてすがる燈台碑 伊東宏晃
地吹雪に杭とならんか立ちすくみ 笠井操 『雪の紋』
地吹雪に根尾の老桜巌のごと 近藤一鴻
地吹雪に出口もあらず狐塚 古舘曹人 樹下石上
地吹雪に消えて早池峯とどろけり 古舘曹人 樹下石上
地吹雪に消え現れて先ゆく蓑 福田甲子雄
地吹雪に石にならむと身を丸め 小林道子 『下萌』
地吹雪に雪原の村吹き消さる 長谷川櫂 古志
地吹雪に夕日とろりと翼伸ばす 昆ふさ子 『冬桜』
地吹雪のかの糸櫻見舞ふべし 黒田杏子 花下草上
地吹雪のなか身ひとつの寧きかな 澁谷道
地吹雪のやがて遠のく三番叟 黒田杏子 一木一草
地吹雪のやがて鳴りだす寺障子 古舘曹人 樹下石上
地吹雪のやめば山星近かりき 志津天児
地吹雪の渦うまれつつ大沼暮るる 小林 碧郎
地吹雪の渦巻く芯に村一つ 相馬沙緻
地吹雪の果に池あり紅鱒あり 西東三鬼
地吹雪の顔もて集ふ仲間かな 成田千空
地吹雪の駆け降りて来る段々田 森田かずを
地吹雪の空あをあをとありにけり 杉山霄子
地吹雪の行方も知らず北斗の座 宮下師水
地吹雪の高流れして伊賀暗し 橋本鶏二
地吹雪の塞ぐ一路の風の岬 円谷よし子
地吹雪の上は青空草城忌 松倉ゆずる
地吹雪の先には誇り高き海 櫂未知子 貴族
地吹雪の千石平星咲き出す 伊藤いと子
地吹雪の道あらはれて来るを待つ 永田耕一郎 方途
地吹雪の彼方の桜吹雪かな 遠山 陽子
地吹雪の沸騰湖の日をかくす 堀口星眠 営巣期
地吹雪の夜の涯より橇の鈴 佐藤国夫
地吹雪の野を抜けきって夕日あり 奥田智久
地吹雪の恍惚として寒立馬 鈴木石夫
地吹雪は遠く花屋に花満ちて 泉風信子
地吹雪やさきのさきまで姥捨野 小原啄葉
地吹雪やひととへだつる村また町 八幡城太郎
地吹雪や一切黝き夜明前 加藤知世子 花 季
地吹雪や遠野に増ゆる天の音 斉藤夏風
地吹雪や王国はわが胸の中に 佐藤鬼房(1919-2002)
地吹雪や沖の一縷を目にとどめ 金箱戈止夫
地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子
地吹雪や脚のみじかき陸奥の馬 畑中とほる
地吹雪や牛飼住める茅のはて 堀口星眠 営巣期
地吹雪や曲りて並ぶ大氷柱 長谷川櫂 古志
地吹雪や五歩離りし顔遥かなる 斎藤玄
地吹雪や絶版の書が店先に 辻桃子
地吹雪や叩き鳴らして津軽三味 中岡毅雄
地吹雪や柱のきしむおしら神 小原啄葉
地吹雪や燈台守の厚眼鏡 加藤憲曠
地吹雪や胴擦りあへる寒立馬 小原啄葉
地吹雪より解かれ羽もつごとかろし 笠井操 『雪の紋』
地吹雪を越後路列車突き進む 杉谷悦子
地吹雪を背に青年の大滑降 本多トミ
地吹雪を木曽の尻振列車かな 後藤綾子
地吹雪過ぎよろけつつ影立ちあがる 笠井操 『雪の紋』
地吹雪聞いている何もしない日 伊藤角子
猪苗代湖見えずなりつつ田のうえは地主無用の雪煙立つ 田中佳宏
田居の灯に一夜地吹雪はばたける 佐藤国夫
田居の灯に地吹雪一夜はばたける 佐藤 国夫
南部富士地吹雪寄する中に聳つ 高橋青湖
日の射して地吹雪の奥輝けり 柏原眠雨
燃ゆる日や青天翔ける雪煙 相馬遷子 山国
燃ゆる日や雪天翔くる雪煙 相馬遷子
波しぶき雪煙となり崖のぼる 中戸川朝人 尋声
病枕地吹雪ときに火の音して 寺田京子
碧天や雪煙たつ弥生富士 水原秋桜子
北に生き地吹雪という婆娑羅かな 山下真理子
猛りつついよいよ潔し地吹雪は 澁谷道
夕陽いま射さんとするや地吹雪燃ゆ 佐藤昌市
熄む気配なし海鳴も地吹雪も 中出静女
藪の穂やいまはたしづる雪けむり 西島麦南 人音

地吹雪 補遺

けぶりたつ雪浪に生え木菟の耳 佐藤鬼房
ゴンドラのはるか下方の雪煙 右城暮石 句集外 昭和四十四年
つまづくも女身地吹雪眩み過ぐ 鷲谷七菜子 銃身
一塊の地吹雪飛べる硫気谷 上田五千石 森林
一嶽のあげてゐたるは雪煙 石田勝彦 秋興以後
枯葦は素直に伏して地吹雪す 草間時彦 中年
魂極るいのち耀ふ雪煙 佐藤鬼房
山と対話雪煙渦をまきて消す 福田蓼汀 秋風挽歌
真向に地吹雪終生天邪鬼 上田五千石『田園』補遺
石狩孤村地吹雪の子のはぐれ星 古沢太穂 捲かるる鴎
雪煙が消すD5lとその後尾 石川桂郎 高蘆
雪煙と瀬鳴りかたみに子の時刻 佐藤鬼房
雪煙の残響の青海原よ 佐藤鬼房
雪煙の夜明りに顕つわが臼女 佐藤鬼房
雪煙は雪煙を追ひ天に消ゆ 福田蓼汀 秋風挽歌
前傾強めよと 地吹雪 真っ向から 伊丹三樹彦
足跡を消す地吹雪を怖れつつ 稲畑汀子
地吹雪 真っ向 孤影を思い知れよとか 伊丹三樹彦
地吹雪と別に星空ありにけり 稲畑汀子
地吹雪に出口もあらず狐塚 古舘曹人 樹下石上
地吹雪に消えて早池峯とどろけり 古舘曹人 樹下石上
地吹雪に天狼呆け失せにけり 阿波野青畝
地吹雪のやがて鳴りだす寺障子 古舘曹人 樹下石上
地吹雪の奥より旅のひかりかな 高屋窓秋
地吹雪の棚田もつとも鍵刻の相 佐藤鬼房
地吹雪や王国はわが胸の中に 佐藤鬼房
地吹雪や五歩離りし顔遥かなる 斎藤玄 狩眼
地吹雪や倒るる馬は眠る馬 斎藤玄 狩眼
地吹雪を見ての 地酒の燗加減 伊丹三樹彦
竹幹の弓勢なりし雪煙 石田勝彦 百千
燃ゆる日や青天翔ける雪煙 相馬遷子 山国
柏ばかり枯葉へ低地帯地吹雪く 古沢太穂 火雲
磐に立つわれを消したる雪煙 野見山朱鳥 曼珠沙華
爺・鹿島・五竜にあがる雪煙 松崎鉄之介
哭く鴉妙高にたつ雪煙 角川源義

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 09:00 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26797254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

烏貝  の俳句
at 2017-04-30 10:00
芦の角 の俳句
at 2017-04-30 09:39
入学試験   の俳句
at 2017-04-30 09:34
磯開  の俳句
at 2017-04-30 09:29
荻の角  の俳句
at 2017-04-30 09:14

外部リンク

記事ランキング