雪野 の俳句

雪野 の俳句

雪野 

あへぎゆく汽笛を刻に雪野人 宮坂静生 青胡桃
お日照るや雪野のくまの鵯のこゑ 金尾梅の門 古志の歌
きんいろのきつねの駆けた足跡か雪野に滲むちいさな闇は 加藤治郎
じゃみせんじょんから坊様(ぼさま)に蹤きて雪の原 高澤良一 燕音
その奥に水ひびきあふ雪野かな 野木藤子
たいくつな白樺佇てり雪の原 三輪初子
ながながと川一筋や雪の原 凡 兆
はてしなき雪野に鶴は朱を点ず 木下ふみ子
ひた歩く雪原恋の罠あらずや 仙田洋子
ぼほと日が落つ雪原の畦木ども 桜井博道 海上
またたかぬ一灯が刺す雪の原 鷲谷七菜子 銃身
またたかぬ一燈が刺す雪の原 鷲谷七菜子
まぶしくて雪原ひかりの鹿ふやす 永田耕一郎 氷紋
みかへれば雪野のひかり榛にそふ 川島彷徨子 榛の木
みそさざい聴く雪原に橇止めて 小坂順子
やがてたつ鶴粛然と雪の野に 竹下陶子
われとわが顔の昃りを雪の原 佐野良太 樫
われに遇うため父は生まれし雪野 林美鈴
一つ家のともし火低し雪の原 雪 正岡子規
一斉に雪原をたつ日の出鶴 浅沼艸月
一村のみ雪原白紙委任状 河野 薫
一片の雪だにつけず雪野の木 小澤實
一望の雪野に畦の井の字かな 二瓶洋子
影一つだになくて雪原睡くなる 野澤節子 遠い橋
黄塵の野面の隅に雪の富士 水原秋桜子
黄鷹の雪原の果まで飛翔 長谷川かな女 花寂び
何処やらにせゝらぎの音雪の原 西山泊雲 泊雲句集
花嫁が雪野まぶしき駅に下車 阿部みどり女
画竜点晴どころではなく雪野かな 櫂未知子 蒙古斑
鴨飛んで雪原に大き影落す 林 翔
眼とひたいで出逢う雪野に光り合い 岩間愛子
帰農記に雪野の果の木は入れず 細谷源二 砂金帯
汽車全く雪原に入り人黙る 西東三鬼
汽笛しみゆく雪原の果に出そむ星 シヤツと雑草 栗林一石路
汽笛ひいひいと雪の原暮るゝ工場あり シヤツと雑草 栗林一石路
騎初や鞭加へ越す雪野原 広江八重桜
久々に照る雪原のあの木この木 佐野良太
玉川の一筋光る雪野かな 内藤鳴雪
禽のみに目聡く斑雪野に住めり 堀口星眠
金売が小荷駄行くなり雪の原 几董
群れ鴨を載せ雪原のかゆからむ 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
形代となるまで伏せむ雪の原 柿本多映
穴と見し所家なり雪の原 松瀬青々
月光の雪原を這ふはぐれ雲 岡田日郎
月雪の野はたしかなり大根時 惟然
元日の日輪雪の野をわたる 宮崎青岬
枯葉揉まるる音澄んで雪原の月 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
後続を待てり雪野の平にて 津田清子
行人に雪野の起伏晴れにけり 金尾梅の門 古志の歌
降る雪の/野の/深井戸の/谺かな 重信
降る雪の野の深井戸の谺かな 高柳重信
根雪原影の嶽おく月明り 河野南畦 湖の森
採氷や唯雪原の網走湖 唐笠何蝶
山室のひとつ灯蒼む根雪原 河野南畦 湖の森
子が知れる雪野の果の屠殺場 沢木欣一
寺一つむつくりとして雪の原 雪 正岡子規
耳そばだてて雪原を遠く見る 飯田龍太
耳聾ひて雪原と青空にあり 千代田葛彦 旅人木
若さ遣りな場なし雪原の道つづく 右城暮石
若さ遣り場なし雪原の道つゞく 右城暮石 声と声
手の平を落とし雪野に転びたる 大石雄鬼
朱雀門紛れもあらず雪の原 坪井澄郎
受難節の日矢むらさきに雪の原 鷲谷七菜子
初鴉雪原低くとびつづけ 小野池水
傷あらぬ雪原に顔埋めたし 能村研三 騎士
硝子戸に雪原あふる卒業歌 有働亨 汐路
唇耳そばだてて雪原を遠く見る 飯田龍太
吹かるるは何の蔓もの雪の原 高澤良一 随笑
星白く炎えて雪原なほ暮れず 相馬遷子
清算のごとく雪野の石の家 三谷昭 獣身
声出さば他人の声なり雪の原 小泉八重子
青し青し若菜は青し雪の原 来山
雪の原すべりゆくごと大烏 稲葉道子
雪の原とぶ夕雲の力なし 橋本鶏二 年輪
雪の原なる探梅の五六人 長谷川櫂 天球
雪の原ぼつこりとなる木陰かな 美濃-此筋 俳諧撰集「有磯海」
雪の原穴の見ゆるは川ならめ 寺田寅彦
雪の原犬沈没し躍り出づ 川端茅舎
雪の原深夜の赤き月出づる 相馬遷子 山国
雪の原道は自然と曲りけり 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
雪の原猟銃音がわれを撃つ 遷子
雪の野にところところの藁屋哉 雪 正岡子規
雪の野にもろびとこぞりて雪汚す 今泉康弘
雪の野に狭軌の鉄の路つづく 山口誓子 紅日
雪の野に拾ふ薄墨羽毛なり 古賀まり子 緑の野以後
雪の野に夜陰おもたき寺廂 松村蒼石 雪
雪の野に立つ黒きもの墓石なり 山口誓子
雪の野のいま夕鶴に波うてる 古館曹人
雪の野のふたりの人のつひにあふ 山口青邨
雪の野の上に見えつつ富士ヶ嶺はくろずむ雲とともに黒ずむ 宮原勉
雪の野の兎華麗な罠に陥つ 能村研三 騎士
雪の野の灯影まことに片ほとり 中村草田男
雪の野の彼方を行くは知る人か 高濱年尾 年尾句集
雪の野や畝なす茶垣遠黝し 杉山岳陽 晩婚
雪の野を一人学校より帰る 山口誓子 紅日
雪の野を最上の幅でおし通す 津田清子
雪の野を最上の幅で押し通す 津田清子 二人称
雪の野を方向づける川流れ 津田清子 二人称
雪眼鏡雪原に日も牛も碧き 橋本多佳子
雪原とならばまた来む芒原 橋本美代子
雪原となりし筑紫野久女の忌 鈴木厚子
雪原にあらかた埋もれ梅林 長谷川櫂 古志
雪原においてきぼりのごと一戸 高澤良一 随笑
雪原におらぶ言の葉なさぬ語を 川口重美
雪原につんと彳ちたる萱いっぽん 高澤良一 随笑
雪原にまつたき夕日垂れ来たる 石橋辰之助 山暦
雪原にわが機影投げ初飛行 室賀杜桂
雪原にわが誕生の紅一すじ 魚沼泉
雪原に塩湖の広さおく機窓 山田弘子 こぶし坂
雪原に汽笛の沈む成木責 石田波郷
雪原に月光ゆらぐこともなし 岡田日郎
雪原に月光充ちて無きごとし 岡田日郎
雪原に建てて見捨てて己が墓 中島斌雄
雪原に犬放ち炉火熾んなり 河野南畦 『黒い夏』
雪原に呼気のみ太しゆまりして 川口重美
雪原に杭打つ土の匂ふまで 加藤憲曠
雪原に硬き闇あり星を嵌め 相馬遷子 雪嶺
雪原に行き暮れいつか星の中 岡田日郎
雪原に子のこゑのある淋しさよ 石寒太 あるき神
雪原に十勝の月をあげにけり 星野松路
雪原に小さき礼拝堂(チャペル)暮れ残る 仙田洋子 雲は王冠
雪原に小さき礼拝堂暮れ残る 仙田洋子
雪原に沼あり水晶水湛ふ 岡田日郎
雪原に雪原の道ただ岐る 八木林之助
雪原に雪降り月光の跡癒やす 岡田日郎
雪原に川あらはれて重きかな 桜井博道 海上
雪原に川の全長沈みけり 鈴木 勉
雪原に太のどのびて鶏鳴す 北原志満子
雪原に丹頂の婚かがやけり 小柳ひろ子
雪原に天つ日暗きまで照りぬ 岡田日郎
雪原に土よりの杭うらがなし 成田千空 地霊
雪原に灯して牧舎年を守る 金箱戈止夫
雪原に到り双手を挙げて会ふ 成田千空 地霊
雪原に踏み入るなんと淋しき世 熊谷静石
雪原に道あるらしや人遠し 高木晴子
雪原に屯田兵舎と碑が一本 瀬野美和子 『毛馬堤』
雪原に白顕ち晒す布の丈 野沢節子
雪原に風吹き夕日消しにけり 岡田日郎
雪原に紛れざらんと鶴啼けり 岸田稚魚
雪原に兵叱る声きびしかり 片山桃史 北方兵團
雪原に片手袋の指忘れ 対馬康子 吾亦紅
雪原に北斗の針の廻りけり 福田蓼汀 秋風挽歌
雪原に北斗七ツの六ッ昇る 岡田日郎
雪原に野哭といふ語口もるる 石寒太 炎環
雪原に立方体のホテルかな 岩崎照子
雪原に佇つ初陣のこころあり 中原道夫
雪原に橇現る朝日躍り出で 中山砂光子 『納沙布』
雪原に鴉の掟翔けては降り 齋藤愼爾
雪原のいづこ月光ひらりと舞ふ 岡田日郎
雪原のおのが影へと鷲下り来 山口草堂
雪原のかなた雪嶺絹の道 片山由美子 風待月
雪原のしづかさ余呉の湖を嵌め 永井博文
雪原のなかに川ある墳墓の地 佐川広治
雪原の一樹かがやき囀れり 相馬遷子
雪原の一樹かゞやき囀れり 相馬遷子
雪原の一樹高しと日はのぼる 石田波郷
雪原の果て見て歩くばかりなり 永田耕一郎 氷紋
雪原の起伏失せつゝ雪深む 大橋敦子 匂 玉
雪原の極星高く橇ゆけり 橋本多佳子
雪原の月枯蔓に大いなる 西本一都
雪原の月光かたまる一巨木 岡田日郎
雪原の見えぬところに翳生ず 宗田安正
雪原の高き一樹を恃みとす 小澤克己
雪原の黒きところが能の村 佐川広治
雪原の三寒四温浅間噴く 相馬遷子
雪原の子に太陽がつきまとう 長嶋石城
雪原の樹間に光る湯の湖かな 若林幸枝
雪原の深創ゑぐり天塩川 山崎秋穂
雪原の人か一点動くを待つ 有働亨 汐路
雪原の水音鈴ふるごと暮るる 鷲谷七菜子
雪原の水漬く一線菜現れぬ 原田種茅 径
雪原の青さ身に沁む朝の楽 堀口星眠 火山灰の道
雪原の赤きサイロのロシヤ文字 松崎鉄之介
雪原の雪舐め老犬牛を追ふ 岡田日郎
雪原の泉へけものみち寄れり 中戸川朝人 残心
雪原の中に春立つ産屋はも 依田明倫
雪原の天地神明去りがたし 古舘曹人 能登の蛙
雪原の兎の足跡藪目指す 斉藤志津子
雪原の突起もつとも白き藁塚 河合凱夫
雪原の日矢に盲ひし達磨売り 木内彰志
雪原の白光月光を以つて消す 岡田日郎
雪原の風遠し樹氷晶晶と 内藤吐天
雪原の風遠し樹氷晶々と 内藤吐天
雪原の風遠樹氷晶晶と 内藤吐天
雪原の焚火に月の上りけり 岩田由美
雪原の平らに書かれし遺書ありき 寺田京子
雪原の明より暗へ三十三才 木附沢麦青
雪原の木の影あはし影を踏む 仙田洋子 橋のあなたに
雪原の夜風ぶつかれ街に酔ふ 石橋辰之助
雪原の夜明孤屋は火を燃やす 福田蓼汀 秋風挽歌
雪原の藍の彼方の吾子七夜 堀口星眠 営巣期
雪原の藁塚として寄り添へる 樋笠文
雪原の靄に日が溶け二月尽 相馬遷子
雪原は月読神伏してゐる 平井照敏
雪原へつながつてゐる長廊下 西山 睦
雪原やとんで二つの監視塔 石川桂郎 高蘆
雪原や肩から上の人往き来 嶋田摩耶子
雪原や小屋に刃物を閉じ込めて 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
雪原や抜きさしの歩の女の息 猪俣千代子 堆 朱
雪原や落ち方の月隈見する 臼田亞浪 定本亜浪句集
雪原をわたる日ざしに馬放つ 木村凍邨
雪原を悪童のごと漕ぎ進む 松本明子
雪原を圧してオーロラ出現す 坊城 中子
雪原を一列に来る下校の児 中園真理子
雪原を琴唄まろびゆく夕べ 文挟夫佐恵 雨 月
雪原を月わたりゆく翁面 斎藤梅子
雪原を跳びては羽摶ち鶴の舞 伊東宏晃
雪原を跳び跳ぶ兎一未来 中島斌雄
雪原を分つ落葉松襖かな 古賀まり子 緑の野以後
雪原を北狐また銀狐 天本美沙絵
雪原を来てやまどりの尾をひらふ 那須乙郎
雪原行くきのふの吾を置き去りに 西井さち子
雪野へと続く個室に父は臥す 櫂 未知子
雪野ゆくもろ手隠して背を曲げて 鈴木真砂女
雪野ゆく誰もひとりの手を垂れて 阿部誠文
雪野一個所肥壷にふくらめる 栗生純夫 科野路
雪野遠し墓に遇ふさへ親しくて 成瀬桜桃子 風色
雪野原涯に昼餉のうすみどり 平井久美子
雪野原真一文字に昏れにけり 工藤菁生
雪野行き吾には吾の放浪記 大橋敦子 匂 玉
雪野行く汽車にとびつく一戸の灯 笠井操 『雪の紋』
雪野照り莎の金ンの紛れたる 成田千空 地霊
雪野暮るるわが脳濁るはやさにて 高野ムツオ 陽炎の家
雪野来て雪野の果に灯をともす 三谷昭 獣身
雪野来て買ひたきものに懸想文 金箱戈止夫
雪野来て半鐘記号の赤連珠 平井さち子 紅き栞
雪野鴉雨誘ふ声しぼるなり 金尾梅の門 古志の歌
千の鬼出て雪原に跡もなし 加室鳴
千年の大寺一つ雪野かな 雪 正岡子規
川鳴れど雪原暮れて道失ふ 岡田日郎
泉まで雪原踏まれ往来あり 岡田日郎
足跡の盡きし戸口や雪の原 雪 正岡子規
足跡の盡きし小家や雪の原 雪 正岡子規
体重をかけ雪原を横切らねば 嶋田摩耶子
丹頂の舞ふ雪原の輝きに 村上唯志
地吹雪に雪原の村吹き消さる 長谷川櫂 古志
朝日さす雪原金沙銀沙照り 鈴木貞雄
長々と川一すじや雪の原 凡兆 選集古今句集
鳥の数いのちの数の雪野原 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
湯をかけて墓現はるる雪の原 藺草慶子
燈台の燈が雪原へ伸び切れず 河野南畦 『硝子の船』
踏みわたる雪野日たけつ鶏遠き 金尾梅の門 古志の歌
逃げ水が逃ぐ雪原の高速路 茨木和生 木の國
二タ杉より離々の人家の雪野かな 野村喜舟 小石川
馬となるべき魂あをく雪原に 正木ゆう子
柏の葉生きて雪野を駈けつづく 堀口星眠 営巣期
白山に引き上げられし雪の原 大石悦子 百花
白日の雪原を行く浚はれゆく 成田千空 地霊
白馬ばかり朝焼けゐるよ雪野果て 角川源義
斑雪野に月あり青き魔がひそみ 堀口星眠 営巣期
斑雪野に古傷かばふ身を斜め 稲垣きくの 牡 丹
斑雪野に黒牛といふ鬱を置く 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
斑雪野に波打ち寄する厚田かな 古川英子
斑雪野へ父の柩を焼きにやる 小林康治
斑雪野やいきなり尽きて陸奥の海 中川禮子
斑雪野や産着干さるる牧夫寮 丸山美奈子
斑雪野や日差し静かにゆき渡り 安田敏子
斑雪野を楽人の群れ通り過ぐ 川崎展宏
班雪野を詩嚢繕ひより戻る 中原道夫
百歳の彼方は雪の野づらかな 成田千空
富士に添て富士見ぬ空ぞ雪の原 高井几董
風音にまじる音なし雪の原 相馬遷子 山国
風紋のしるき雪野を踏み戻る 辻 桃子
分水嶺汽車を雪野へ放ちけり 羽部洞然
噴煙の影雪原を蒼くせり 前山松花
文藝はいまだ雪原に佇つ柱 中原道夫
墓前なり月山雪の野に泛ぶ 篠田悌二郎
暮れてなほ天上蒼し雪の原 相馬遷子 山河
没日の後雪原海の色をなす 有働 亨
本然の日と雪の原ここ母郷 成田千空 地霊
眠りも祈り雪原は雪重ね 斎藤愼爾 夏への扉
夜の嶽を灯が登りゆく根雪原 河野南畦 湖の森
夜の嶽を燈が登りゆく根雪原(立山連峰) 河野南畦 『湖の森』
厄人形雪野へ送る肩車 佐々木とく子 『土恋』
湧きそめて星かぎりなし雪の原 相馬遷子 山国
夕空や雪野に黒き楊柳 永井龍男
夕焼のかそかなりしか雪の原 相馬遷子 山国
葉のついてゐるのは柏雪の原 高木晴子
略奪の速さに過ぎて雪野汽車 岡本 眸
林檎の芯抛る雪原の大反射 内藤吐天
林檎置く車窓雪野は果もなく 永井龍男
鷲下りて雪原の年あらたなり 山口草堂
啼かず飛ばず雪野鴉の二羽三羽 鈴木真砂女 夕螢
橇失せぬ雪原と星あふところ 平野 露子
翔けゆきし影かたちなき雪の原 的野雄
鴉二羽寄りつ離れつ雪の原 辻田菊子

雪野 補遺

うつむくときおのが息の香雪野にて 橋本多佳子
けぶり立つ稲架木雪野の墓標とす 鷲谷七菜子 銃身
しかも狙う鳶か 雪原無一物 伊丹三樹彦
たまゆらの日のたちのぼる雪の原 上田五千石『琥珀』補遺
と見こう見しても 雪野の 飢鴉 伊丹三樹彦
またたかぬ一燈が刺す雪の原 鷲谷七菜子 銃身
絢爛たる雪原を見て又ねむる 岸田稚魚 雁渡し
一つ家のともし火低し雪の原 正岡子規 雪
一樹の影なき雪原へ入り来り 鷹羽狩行
餌を漁るは個々 雪原の群鴉 伊丹三樹彦
何すればこの雪原に跡のこる 右城暮石 天水
懐炉の火身の一点に雪野行く 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
角キラリ雪原の鹿既に在らず 中村草田男
関ケ原よりの雪野に百足虫山 山口誓子
帰農記に雪野の果の木は入れず 細谷源二 砂金帯
汽車見る子せちにいとほし雪の原 富安風生
汽車全く雪原に入り人黙る 西東三鬼
穴あいてとけてゐるなり雪の原 三橋敏雄
月が照り雪原遠き駅ともる 橋本多佳子
月の出を夜嵐となる雪の原 飯田蛇笏 家郷の霧
見張る首 雄とし 雪野の番い雉子 伊丹三樹彦
三叉に白き花あり雪の原 山口青邨
思ひ出のごと斑雪野に日当れる 清崎敏郎
寺一つむつくりとして雪の原 正岡子規 雪
耳そばだてて雪原を遠く見る 飯田龍太
車窓に映るわが像雪の野を走る 松崎鉄之介
若さ遣り場なし雪原の道つゞく 右城暮石 声と声
水あればある夕焼や雪の原 中村汀女
星白く炎えて雪原なほ暮れず 相馬遷子 雪嶺
生きものの白さで飛んで 雪野の鷺 伊丹三樹彦
青鷺のこゑ倶会々々と斑雪野に 山田みづえ まるめろ
切れ切れの雪野の虹をつぎあはす 橋本多佳子
雪の原の灯影まことに片ほとり 中村草田男
雪の原ふみ大滝を見んとする 山口青邨
雪の原一樹の蔭に尿かな 日野草城
雪の原何処まで見ゆる月の雪舟 尾崎放哉 大学時代
雪の原犬沈没し躍り出づ 川端茅舎
雪の原深夜の赤き月出づる 相馬遷子 山国
雪の原中仙道の家灯る 阿波野青畝
雪の原猟銃音がわれを撃つ 相馬遷子 山河
雪の野に 尖るを 棒杭とも墓とも 伊丹三樹彦
雪の野にところところの藁屋哉 正岡子規 雪
雪の野に狭軌の鉄の路つづく 山口誓子
雪の野に最も白き白亜館 山口誓子
雪の野に出てうるほへる昼の汽車 廣瀬直人
雪の野に馬を使ひて耕作す 渡邊白泉
雪の野に夜陰おもたき寺廂 松村蒼石 雪
雪の野に立つ黒きもの墓石なり 山口誓子
雪の野のいま夕鶴に波うてる 古舘曹人 砂の音
雪の野のふたりの人のつひにあふ 山口青邨
雪の野の一隅照らす夜の娶り 有馬朗人 知命
雪の野へ吾子がゆあぶる音ゆけり 渡邊白泉
雪の野をうがちて深き井戸をくむ 有馬朗人 母国拾遺
雪の野を一人学校より帰る 山口誓子
雪の野を最上の幅でおし通す 津田清子
雪の野を多彩のコンテナ貨車走る 山口誓子
雪原に灰撒くは雪を融かすなり 加藤秋邨
雪原に形あるもの牛の柵 山口誓子
雪原に午後のひかりのほろびゆく 飯田龍太
雪原に硬き闇あり星を嵌め 相馬遷子 雪嶺
雪原に黒一点を加へ佇つ 林翔
雪原に黒目がちなる異界の子 佐藤鬼房
雪原に榛の木のみの立つ夕日(新潟県浦佐、行方秋峰さん居六句) 細見綾子
雪原に生きて女が灯に歩く 赤尾兜子 蛇
雪原に遭ひたるひとを燈に照らす 橋本多佳子
雪原に足跡犬の停まるまで 山口誓子
雪原に踏切ありて踏み越ゆる 橋本多佳子
雪原に日射せり糞まる力出づ 岸田稚魚 雁渡し
雪原に日射せり糞る力出づ 岸田稚魚 負け犬
雪原に白鳥雪くれば更に 金子兜太
雪原に物蔭ありて真黒し 佐藤鬼房
雪原に紛れざらんと鶴啼けり 岸田稚魚 筍流し
雪原に兵の壮夫の発句生れよ 石橋秀野
雪原に北斗の針の廻りけり 福田蓼汀 秋風挽歌
雪原に没る三日月を木星追ひ 橋本多佳子
雪原に橇駆り吾子と昏れてゐる 橋本多佳子
雪原に雉子出あるく伊吹山 岡井省二 明野
雪原に鴉喪章の羽根納め 鈴木真砂女 夏帯
雪原のどの家にも月芯をなす 飯田龍太
雪原のひとりの尿意清浄と 飯田龍太
雪原のわれ等や鷹の眼下にて 橋本多佳子
雪原の一樹かゞやき囀れり 相馬遷子 山国
雪原の雨ぬくし木立一色に 大野林火 冬青集 雨夜抄
雪原の家山寄りにかたまれり 右城暮石 虻峠
雪原の萱離々たりやスキー行 山口誓子
雪原の起伏に翳の煙色 右城暮石 句集外 昭和五十五年
雪原の極星高く橇ゆけり 橋本多佳子
雪原の昏るるに燈なき橇にゐる 橋本多佳子
雪原の三寒四温浅間噴く 相馬遷子 山国
雪原の銃身徐々に決りゆく 鷲谷七菜子 銃身
雪原の水音鈴ふるごと暮るる 鷲谷七菜子 銃身
雪原の轍白さを失はず 右城暮石 句集外 昭和四十一年
雪原の天地神明去りがたし 古舘曹人 能登の蛙
雪原の白さ 生きものの鷺の白さ 伊丹三樹彦
雪原の夜気をしりへに橇の燈 飯田蛇笏 家郷の霧
雪原の夜明孤屋は火を燃やす 福田蓼汀 秋風挽歌
雪原の藁塚ぐるり雪陥ち込む 山口誓子
雪原の赭きサイロのロシヤ文字 松崎鉄之介
雪原の雉子となりいま朝日さす 岡井省二 前後
雪原の靄に日が溶け二月盡 相馬遷子 雪嶺
雪原は月読神伏してゐる 平井照敏
雪原やアイヌの国のシャモ部落 石塚友二 磊[カイ]集
雪原やとんで二つの監視塔 石川桂郎 高蘆
雪原や千曲が背波尖らして 橋本多佳子
雪原や落ち方の月隈見する 臼田亜郎 定本亜浪句集
雪原より低く絶対安静位 岸田稚魚 雁渡し
雪原よ降り疲れたる雪遊ぶ 岸田稚魚 雁渡し
雪原をゆくとまくろき幌の橇 橋本多佳子
雪原をゆく銃口を怠らず 石田勝彦 百千
雪原を堰きて小川の水やはらか 右城暮石 句集外 昭和二十八年
雪原を倖せとみる日輪のかがやき 赤尾兜子 蛇
雪原を山まで誰かのしのし行け 西東三鬼
雪原を焚きけぶらして鉄路守る 橋本多佳子
雪原を無疵のうちに見に来たる 右城暮石 散歩圏
雪野のかぎり行きたし呼びかへされずに 橋本多佳子
雪野の桔梗とり来たばねる荒むしろ 松崎鉄之介
雪野ゆくもろ手隠して背を曲げて 鈴木真砂女
雪野より梅野につゞく遠い雲 高屋窓秋
雪野暮れすぐ木星より光来る 橋本多佳子
雪野鴉己れ枉げねば棲みつけず 上田五千石『田園』補遺
千年の大寺一つ雪野かな 正岡子規 雪
疎林立つところもはだら雪の原 阿波野青畝
鼠駆け出しが雪原ひろがれり 山口誓子
足跡の盡きし戸口や雪の原 正岡子規 雪
足跡の盡きし小家や雪の原 正岡子規 雪
電線や雪野はるばる来て吾を過ぐ 橋本多佳子
白馬ばかり朝焼けゐるよ雪野果て 角川源義
斑雪野にすこし暴れし蘇民祭 岡井省二 鹿野
斑雪野の月夜を水の流れくる 飯田龍太
斑雪野の端清潔な厠置き 岡本眸
斑雪野の夕日湯の宿まで蹤くか 大野林火 方円集 昭和五十一年
斑雪野へ父の柩を焼きにやる 小林康治 四季貧窮
斑雪野や怯啼く鷺の松くろし 角川源義
斑雪野や女男の塞神の肩を擁く 角川源義
斑雪野を集めて高め富士といふ 上田五千石『琥珀』補遺
風音にまじる音なし雪の原 相馬遷子 山国
仏菓捧げゆくに 尾を立て雪野の犬 伊丹三樹彦
圃も湖もただに雪原老スワン 角川源義
歩かねばならぬ雪野を人歩く 山口誓子
暮れてなほ天上蒼し雪の原 相馬遷子 山河
棒が立って 鴉がとまる ただ雪野 伊丹三樹彦
釦一個が どこかで失せて 雪野の旅 伊丹三樹彦
目から殺(や)られる男 雪野の陽さえも敵 伊丹三樹彦
湧きそめて星かぎりなし雪の原 相馬遷子 山国
夕焼のかそかなりしか雪の原 相馬遷子 山国
略奪の速さに過ぎて雪野汽車 岡本眸
啼かず飛ばず雪野鴉の二羽三羽 鈴木真砂女 夕螢
鴉には飽いてる 雪野へ坐職の眼 伊丹三樹彦

雪野 続補遺

なが~と川一筋や雪の原 凡兆
雁啼くや明星しづむ雪の原 常世田長翠
月雪の野はたしか也大根時 惟然
七種のみくさは摘し雪野かな 四睡
青し~わか菜は青し雪の原 小西来山
雪の原ほつこりとなる木かげ哉 此筋
雪の野に雪をさゝげし荊棘哉 加舎白雄
川筋のたゞしくなりし雪野哉 乙訓
日の落る方が西なり雪の原 井上士朗
富士に添て富士見ぬ空ぞ雪の原 高井几董

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 16:04 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26797941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング