雪礫 の俳句

雪礫 の俳句
雪礫 

ふり向けば大年増なり雪礫 一茶
また当る当てずつぽうや雪礫 下村 梅子
まぼろしの夫の背めがけ雪礫 中嶋秀子
わらんべのつぶら眼と来る雪つぶて 後藤房枝 『蕗童子』
影の無き雪礫のみ当りけり 昆ふさ子 『冬桜』
外れし雪礫積雪に喰ひ入れり 津田清子
外れし雪礫積雪に喰入れり 津田清子
割れるたび薔薇の形の雪つぶて 櫂未知子
眼に見えて弱まる速度雪礫 右城暮石 上下
仰のけにこけて投るや雪礫 一茶
靴紐をむすぶ間も来る雪つぶて 中村汀女
靴紐を結ぶ間も来る雪つぶて 中村汀女
元旦の不眠工区へ雪礫 穴井太 土語
吾にも来る唖の子どちの雪つぶて 細川加賀
三絃のばちでうけたり雪礫 一茶
七日堂熱気沈めの雪つぶて 田崎鶏童
若菜つむぬきかけ袖や雪礫 北枝
若菜つむぬぎかけ袖や雪礫 立花北枝
手の熱くなるまで固め雪礫 深谷鬼一
手加減のなくなりて来し雪つぶて 城台 洋子
手足なき藁塚雪礫受けて立つ 柴田奈美
出稼より帰りし父に雪礫 太田土男 『西那須野』
初花の一枝にしまき雪つぶて 加藤耕子
女医未婚にて雪礫よくあたる 吉田吐志男
新しき雪に沈みて雪礫 村上三良
雪つぶてまた投げ合うて別れかな 阿部慧月
雪つぶて額にはぜる鼻眼鏡 二村典子
雪つぶて光にのめりこむひかり 落合水尾
雪つぶて受けし一つを憎しめり 原 石鼎
雪つぶて樹に当り爆ず吾子恋し 田川飛旅子 花文字
雪つぶて投げ入れにけり佐梨川 細見綾子
雪つぶて別れがたなく投げ合ひて 金児杜鵑花
雪礫あたりし枝の鶲かな 橋本鶏二 年輪
雪礫あたりし障子開きけり 清原拐童
雪礫あらぬ方よりよんで来し 諸橋 草人
雪礫うちし孤独のかへりけり 小林康治 玄霜
雪礫かはされ不意に恋心 小口洋子
雪礫しきりに塀を越えて来る 高浜年尾
雪礫とび交ふ幹の間かな 川原 程子
雪礫もて雪投げに誘ひけり 太田土男
雪礫よりも喚声飛びかはす 中島斌雄
雪礫われに投げし子吾子になれ 橋本美代子
雪礫海に吸はれてゆくが見ゆ 松山足羽
雪礫湖に抛りて掌がさびし 猿橋統流子
雪礫吾に投げし子吾子になれ 橋本美代子
雪礫光り掠めし恋の中 成田千空 地霊
雪礫松に当れば松にほふ 鈴木鷹夫 春の門
雪礫仁王立して受けとめし 下村梅子
雪礫仁王立ちして受けとめし 下村梅子
雪礫雪にぶちこむ独り旅 椎橋清翠
雪礫田鴫を追つて落ちにけり 長谷川かな女 雨 月
雪礫馬が喰んとしたりけり 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
雪礫飛んできて子の現れる 田村のり子
雪礫夜の奈落に妻子ねて 森 澄雄
袖がないから濡れずに投げる雪つぶて 仁平勝 花盗人
村の木へ離郷最後の雪礫 中田勘一 『雪礫』
仲直りしてぶつけ合ふ雪礫 片山由美子 水精
長持にわが雪つぶて雪祭 田中午次郎
罵るや戎を縛す雪礫 河東碧梧桐
白き尾を曳く強肩の雪礫 右城暮石 上下
白虹のごとくよぎりし雪礫 柴田果
薄氷の上にとゞまり雪つぶて 川崎展宏
飛のいて烏笑ふや雪礫 一茶 ■文政六年癸未(六十一歳)
飛びくるは彼の心音雪礫 広川康子
父への憎しみ消えぬ父の忌雪つぶて 楠本憲吉
雄ごころの萎えては雪に雪つぶて 川崎展宏
幼子の遠くは飛ばぬ雪礫 仲佐方二
懶惰せめて子の雪礫でも浴びろ 伊丹三樹彦
抛らるる刹那の名なり雪礫 越野蒼穹

雪礫 補遺

懈惰せめて 子の雪礫でも 浴びろ 伊丹三樹彦
墓参後の背の雪礫 次代のもの 伊丹三樹彦
父の雪礫礫に芯ありて 鷹羽狩行
彼をぎっちょと知った その雪礫浴びた 伊丹三樹彦
白き尾を曳く強肩の雪礫 右城暮石 上下
罵るや戎を縛す雪礫 河東碧梧桐
啄木の追はれし村の雪つぶて 鷹羽狩行
雪礫打つ電柱を目の敵 上田五千石『琥珀』補遺
雪礫手に受け止めて投げ返す 右城暮石 句集外 昭和五十年
雪礫峡に裂かるる海の街 角川源義
雪礫うちし孤独のかへりけり 小林康治 玄霜
雪礫あへなく没し雪に帰す 阿波野青畝
雪国が的雪つぶて粉微塵 平畑静塔
雪つぶて投げ入れにけり佐梨川(小出紙漉を見る) 細見綾子
女教師に罪なき者の雪礫 上田五千石『田園』補遺
靴紐を結ぶ間も来る雪つぶて 中村汀女
眼に見えて弱まる速度雪礫 右城暮石 上下
外れし雪礫積雪に喰入れり 津田清子 礼拝
賀を交しをるにどこより雪つぶて 森澄雄
愛のごと脆くて春の雪礫 上田五千石『風景』補遺

雪礫 続補遺 

茶の花や越路の笠の雪礫 野坡
初雪や爪臙脂のつく雪礫 木導
若菜つむぬぎかけ袖や雪礫 北枝
軍兵を蒲団で待ん雪礫 其角

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 16:08 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26797953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング