寒の俳句

寒の俳句


例句を挙げる。

われ起きてはじまるけふの寒きびし 山口波津女 良人
妻の瞳のかまど火明り寒きびし 柏燹
寒きびし一刀彫のごとくなり 鈴木青園
寒きびし學生駅へ群れよぎり 及川貞 夕焼
寒きびし悠範義道居士天へ 飯田蛇笏 春蘭
寒きびし気を張りつめて参籠す 島村茂雄
寒きびし海の匂ひに街暮るる 河野南畦 湖の森
寒きびし醪湧くこと遅れ勝ち 中井余花朗
いちぢくの葉の残りをる寒九かな 藤田あけ烏 赤松
おささらの列へ寒九の浄め水 小枝秀穂女
ちいちいと山を鶸とぶ寒九かな 省二
ひじき置かれ燦たり寒九たり 中北綾子
ひたひたと寒九の水や廚甕 飯田蛇笏(1885-1962)
もぐさ屋の硝子戸ひびく寒九かな 桂 信子
ゆらめきは百済ぼとけの寒九の身 井沢正江 以後
よき甕に寒九の水を封じけり 武田酔仏
二三枚寒中見舞申し上ぐ 佐田 かずえ
仏にも寒九の水をたてまつる 森澄雄
出来過ぎの話寒九の水呷る 種子田誠子
刀鍛治寒九の庭にひびきけり 向久保貞文
勝者なく寒中水泳終りけり 伊藤通明
寒中の毛衣磨れば火の走る 大須賀乙字
寒中の画房花満つ陶壺かな 西島麦南 人音
寒中の茜粗々しき筑波 原裕 新治
寒中の蕗掘られ来て箸洗ひ 石塚友二 光塵
寒中の風鈴が鳴る四温かな 飯田蛇笏 春蘭
寒中の鰡に呼ばるる何の酔ひ 佐藤鬼房 朝の日
寒中や柴の虫繭あさみどり 飯田蛇笏 春蘭
寒中や水なくば供華砂利に埋め 依光陽子
寒中や目覚めたる目に柚子の照り 岸田稚魚
寒中水泳観る寒泳の貌をして 河野南畦 『試走車』
寒九の水山国の血を身に覚ます(父母ともに信州の生れなれば) 野澤節子 『飛泉』
寒四郎溜息橋をひき返す 加古宗也
寒四郎火星を珠とかがやかす 宮津昭彦
寒四郎秩父を孫の駆け回る 矢島蓼水
山河眼にさやか寒九の水のめば 朔多 恭
指折りて寒九にひと日早き雨 大橋敦子 匂 玉
捨て灰をなだめ寒九の雨なりし 能村登四郎
昼の月上げて寒九の潮かな 大澤ひろし
棒のごと寒九の水を呑みくだす 大石悦子
歓べる寒九の水ののんどかな 石塚友二
母に似て寒中大事にされている 宇多喜代子 象
氷上や寒九の雨のうちけむり 齋藤玄 飛雪
氷柱折つて寒九の水を汲みゆけり 茂里正治
犬歯見せ寒中水泳より戻る 大石雄鬼
磨かれて寒九のこゑの太垂木 岡井省二
磨かれて寒九の杉の横たはる 笹井武志
竹が竹打つ音を聴く寒九かな 鈴木太郎
笹百合の実のからからと寒四郎 青木重行
筆おろす寒九の水になじませて 武藤あい子
筆洗にむらぐもつくる寒四郎 上田五千石 琥珀
粥吹いて寒九のまなこ濡しけり 鷲谷七菜子 花寂び
老の眼のものよく見えて寒四郎 小松崎爽青
老酒蜜のごとき寒中の甕かな 高田蝶衣
虹鱒の虹寒中をおとろへず 宮津昭彦
諒闇の語のよみがへる寒四郎 青木重行
身の内の闇を寒九の水流る 成田清子
霊招ばひしをり寒九の黒づくめ 後藤綾子
おかめ笹いつまでつづく寒日和 内藤吐天 鳴海抄
ほうほうと楢山枯るる寒日和 富安風生
もの影の皆正しゐる寒日和 堀恭子
リヤカーの影は複雑寒日和 大岳水一路
一歩出てかんばせ怯む寒日和 高澤良一 素抱
並ぶ鵜の黒の端正寒日和 吉年虹二
埴輪の手どこへ伸びても寒日和 廣瀬直人
寒日和コックが花を捨てに出づ 多田睦子
寒日和布袋に礼を申しけり 平本微笑子
寒日和渚の平踏めば硬し 瀧春一 菜園
山肌のひとところ濡れ寒日和 阿部みどり女
帰りにもなお立話寒日和 北田真洲美
庭に出づくるぶし二つ寒日和 井沢正江 一身
手を摶つて粉はらふ昼寒日和 桂信子 遠い橋
抽斗に花種ねむる寒日和 本宮哲郎
死は狎れを許さぬものぞ寒日和 飯田龍太 山の影
水平線波立ち見ゆる寒日和 大橋敦子 匂 玉
海辺の松黄に汚れ寒日和 瀧春一 菜園
湧水の川を養ふ寒日和 高澤良一 ぱらりとせ
湧水の気泡ぴぴぴぴ寒日和 高澤良一 ぱらりとせ
炭竃ほとり木瓜咲き出でぬ寒日和 冬葉第一句集 吉田冬葉
獄の扉のゆくてをはばむ寒日和 飯田蛇笏 雪峡
発掘の土中の人語寒日和 井沢正江
禽獣とゐて魂なごむ寒日和 麦南
空ざまに真葛枯れたり寒日和 内藤吐天
笠嶽に笠雲翳し寒日和 西本一都 景色
箱棟の寺紋きらめく寒日和 高崎恵久子
芝舐むる牛濤を見ず寒日和 石原舟月 山鵲
郵便の来てをりし門の寒日和 日野草城
霊柩車野に遠ざかる寒日和 有働亨 汐路
から鮭も空也の痩も寒の内 芭蕉
くわりん落ち木瓜守りけり寒の内 梓月
さそはれて寒の内なる寺詣り 尾之内 かゑ
たのもしき岩の風切り寒の内 齋藤玄 飛雪
のら猫の声もつきなや寒の内 浪化
ひたとやむ咳の薬や寒の内 筏井竹の門
むきだしの仏の肩も寒の内 上田五千石 琥珀
不慮の死に人垣ゆるむ寒の内 安東次男 裏山
乾鮭も空也の痩も寒の内 芭蕉
何う手探りしても出口のない寒の内かな 冬の土宮林菫哉
何ともなき足大切や寒の内 龍胆 長谷川かな女
働く妻の裾に病みをり寒の内 小林康治 玄霜
切干の袋ゆたかや寒の内 広江八重桜
勧進の白提灯も寒の内 館岡沙緻
厳かに万象寒の内にあり 風生
名ある星名のなき星も寒の内 猪俣千代子 秘 色
垣越しに低き日の出や寒の内 碧童句集 小澤碧童
夜噺の脾胃の強さよ寒の内 千川
寒の内このやうな日のあることを 星野立子
寒の内たま~客を迎へけり 小澤碧童 碧童句集
寒の内まくらのにほひほのかなる 飯田蛇笏 春蘭
寒の内子等健やかであれば足る 高木晴子
寒の内朱唇干されてゐたりけり 赤松[ケイ]子
寒の内釣り来し鮒の泳ぐかな 小澤碧童 碧童句集
寧楽山の寒の内訪ふ身ごしらへ 稲畑汀子 春光
小をんなの鼠走りや寒の内 石塚友二 光塵
庖丁の刃こぼれ憂しや寒の内 鈴木真砂女 夕螢
松籟やふたり寝る夜も寒の内 清水基吉 寒蕭々
枝折りて香に立つ柴や寒の内 丸林好翠
森といふ大きしじまよ寒の内 上田五千石 田園
水口にうごく田水や寒の内 松村蒼石 寒鶯抄
煤降るも貯炭の痩せも寒の内 小林康治 『玄霜』
痩せし身をまた運ばるる寒の内 石田波郷
肉桂の葉がもつ艶や寒の内 裸馬
肌寒の内にうごきし恋かとも 松瀬青々
花温室に漁具ものめきて寒の内 飯田蛇笏 霊芝
薬のむあとの蜜柑や寒の内 子規
蹇が厨を鳴むす寒の内 小林康治 玄霜
酒買ひに線路越しをり寒の内 石塚友二 光塵
鎌倉のなかの往来も寒の内 清水基吉 寒蕭々
頬に享くる日の屑ばかり寒の内 斎藤玄
餅焼いて寝しな喰ひけり寒の内 碧童
鮒売を二タ朝聞くや寒の内 小杉余子 余子句選
鶴にやる鰌惜むや寒の内 比叡 野村泊月
ものの音沈めて深き寒の闇 飯田蛇笏 椿花集
一徹の眼も寒の日も美しき 上村占魚 『自門』
咲きつゞく臘梅にある寒の日々 高木晴子 花 季
嗚呼といふ声々寒の日差来て 齋藤玄 『雁道』
妻無しの鬼面を映す寒の闇 石原八束 『断腸花』
寒の日のいくたび変る海の色 五所平之助
寒の日の爛々とわれ老ゆるかな 中川宋淵
寒の日の西日となりて射して来ぬ 斎藤空華 空華句集
寒の日や弥勒の笑ひ蒼覚めぬ 角川春樹
寒の日陰シャツがつぶやく妻のように 大井雅人 龍岡村
寒の日陰音失ないて登校児 大井雅人 龍岡村
寒の空日々の日のありどころ 高野素十
寒の闇ほめくや赤子泣く度に 西東三鬼
寒の闇来て一燈に入る夜学生 桂信子 花寂び 以後
寒の闇煩悩とろりとろりと燃ゆ 草城
寒の闇腓返りに呼ばれたる 徳弘純 麦のほとり
寝しづみて老が火を吹く寒の闇 飯田蛇笏
少年の毛穴十方寒の闇 飯田龍太
廻廊の拭きこまれたる寒の寺 坂内佳禰
潰えゆく藁火にひしと寒の闇 飯田蛇笏 春蘭
炉を焚きて静かに老いませ寒の日々 殿村莵絲子 花 季
白衿を恃みて寒の闇すがし 川端京子
石階を寒の日射しの降り来る 木下夕爾
空瓶のかたちを出でず寒の闇 久保純夫 熊野集 以後
篁や寒の日輪たよりなし 清水基吉 寒蕭々
簑虫や病窓寒の日を入るゝ 小林康治 四季貧窮
糸を張る杣に寒の日強まれり 飯田蛇笏 椿花集
終夜食む獣屋の神寒の闇 飯田蛇笏 雪峡
羽をのして鶴なく寒の日和かな 飯田蛇笏 春蘭
老人や寒の日だまり誰も居ず 草間時彦 櫻山
肉食のあと寒の日に照らされに 清水径子
降りさうで寒の日空の浚渫船 長谷川双魚 風形
雪山をはなれてたまる寒の闇 飯田龍太 山の木
風邪の町寒の日輪白熱し 相馬遷子 雪嶺
いく夕べ死を定めけむ寒の中 立花北枝
いのち一つ寒の瞳の中にあり 野澤節子
一あらし犬のど吠えや寒の中 巴水 俳諧撰集「藤の実」
乾坤に寒といふ語のひびき満つ 富安風生
乾鮭も空也の痩も寒の中 芭蕉
供するは梨を尋ん寒の中 服部嵐雪
厳といふ字寒といふ字を身にひたと 高浜虚子
寒といふことばのごとくしづかなり 長谷川素逝
寒といふ大いなるもの空より来 阿部みどり女
寒といふ字のー劃々々の寒さ 富安風生
寒といふ百の切つ先足下より 河野薫
干鮭も空也の痩も寒の中 芭蕉
海老焼てやまひに遊ぶ寒の中 樗良
端倪を許さぬ寒の中にあり 相生垣瓜人 微茫集
釘うてばひゞく身内を寒と言はむ 綾子
千両の実のいちいちに寒没日 斎藤玄
ふぐりまで拭かれて寒の没日うるむ 森澄雄
声走る寒の落日見に来よと 永井東門居
風よりも透けば死すべし寒入日 仙田洋子 橋のあなたに
声走る寒の落日見に来よと 龍男
茎石に寒の没日のしばしあり 宮田正和
千両の実のいちいちに寒没日 斎藤玄
のこる杜に今いま今の寒入日 及川貞
牛乳うまし寒の入日の雲染めて 太田鴻村 穂国
寒入日妻子にしばたゝかるるなり 細谷源二 砂金帯
一日の終り 寒ンの入日を たしかめに出る 吉岡禅寺洞
寒没日濡れ羽たためば撫肩鵜 野澤節子 花 季
寒没日むずと掴みて家組まる 加藤知世子 黄 炎
のこる杜に今いま今の寒入日 及川貞
熊笹にしばらく寒の入日かな 木下夕爾
寒没日濡れ羽たためば撫肩鵜 野沢節子 花季
がうがうと朝日押上ぐ寒の海 小島みつ代
まさしくも子らの星夫の星寒の空 及川貞
寒の空ものの極みは青なるか 細見綾子
寒の空日々の日のありどころ 高野素十
寒の空竿を巻き旗赤きはまる 島津亮
寒の街ある日人より馬多き 加藤楸邨
工場の太き白煙寒の空 望月田鶴子
帰り来て駅より低き寒の町 石田波郷
松浜のかゞやくみよや寒の海に 石田波郷
欅ありさびしからざる寒の空 大井雅人
葬り場へゆく見馴れたる寒の町 上崎暮潮
告別の膝折る寒の百合の前 高澤良一 ねずみのこまくら
風生に「大寒と敵のごとく対したり」の句あれば
風生の相手取りたる寒ン迎ふ 高澤良一 ももすずめ
碧梧桐忌法外な寒ンもたらせり 高澤良一 ももすずめ
寒芹をこづき湧水馳せゆけり 高澤良一 ぱらりとせ
供花絶えず絶やさず寒ンの巴塚 高澤良一 燕音
でかしたる丈艸の墓つつむ寒ン 高澤良一 燕音
叡山の寒ンを背に阿耨多羅(あのくたら) 高澤良一 燕音
寒ンの採尿咄嗟に出たりするもんか 高澤良一 宿好
山鳩のごとく身を揉み寒ン払ふ 高澤良一 宿好
鼻莫迦になるまで寒ンの通勤路 高澤良一 宿好
火の用心命用心寒最中 高澤良一 宿好
ぎっくり腰悪寒は鼬のやうにくる 高澤良一 寒暑
水差しに水満ちゆける音も寒 高澤良一 暮津
猫がまだ己押さへて寒の日々 高澤良一 暮津
寒中を咲き通す花物好きや 高澤良一 暮津

寒 補遺 

*はららごをかなしむ寒の色として 石田勝彦 百千
*ひさかきの実の黒曜も寒の内 富安風生
「もつと光を」鴉の絶唱寒の暮 上田五千石『田園』補遺
あざらしの潜きたのしむ寒の水 日野草城
アダムの太根煌々寒の雀ども 角川源義
あたらしき舎利塔にいま寒の雨 飯田龍太
あゆみやむ大冠ゆれて寒の鶏 飯田蛇笏 心像
アルミ貨の浮くといふこと寒の水 後藤比奈夫
あをあをと水の廻れる寒の池 岡井省二 鹿野
いつぽんの火の秀そだてて寒の谷 鷲谷七菜子 花寂び
いとほしく寒のいく日を生きしいのち 村山故郷
いまも若し寒の星数眼に狩れば 上田五千石『天路』補遺
うしみつや音に出でたる寒の雨 日野草城
うとまれて声なすまでや寒の雨 小林康治 玄霜
おじいさんも好きだつた寒の水をあじわう 荻原井泉水
かしこみて白粥二椀寒のうち 石橋秀野
かばかりの佛供への寒の餅 石田勝彦 秋興以後
くれがたは声の明るむ寒四郎 上田五千石『琥珀』補遺
こくげんをわきまふ寒の嶽颪 飯田蛇笏
こだまして昼夜をわかつ寒の渓 飯田蛇笏
ことほぎの寒九の昼の望の月 岡井省二 大日
この町の気性はげしき寒の柝 鷹羽狩行
こめかみに寒の日ほのと晩年へ 岡本眸
これこそは寒の土筆よ小吸物 及川貞 夕焼
さわがしく綱打つてをり寒の雨 村山故郷
しんしん寒の夜の人間にほふ 種田山頭火
すぐ消えし寒の夕焼あはれまず 安住敦
すぐ消えし翡翠寒の川のなり 岡井省二 鹿野
すこやかなれ寒の鼻梁のあけぼの色 能村登四郎
すなどるやめをとに寒の子持鮒 飴山實 句集外
すはといふ間もあらばこそ寒の地震 桂信子 花影
すりこぎで肩叩きゐて寒の晴 飴山實 句集外
せりせりと寒の寸土を鋤きはじむ 上田五千石『琥珀』補遺
たのもしき岩の風切り寒の内 齋藤玄 飛雪
たばこやにたばこがない寒の雨ふる 種田山頭火 草木塔
ためらはず寒の牡丹に刻藉しぬ 星野麥丘人
だんだんに眼を遠くせる寒の凪 石田勝彦 百千
ちいちいと山を鶸とぶ寒九かな 岡井省二 明野
ちかぢかと命を燃やす寒の星 相馬遷子 雪嶺
つけさして老けは~し寒の紅 河東碧梧桐
なんときびしい寒の水涸れた 種田山頭火 草木塔
のぞきこむ寒の泉の抜け道を 平井照敏
ビー玉のかちあふ音や寒の雨 佐藤鬼房
ひたすらに波打ち寄せる寒九かな 飯田龍太
ひたひたと寒九の水や厨甕 飯田蛇笏
ひたひたと担ひこぼしぬ寒の水 西島麦南 人音
ひとり居や映るものなき寒の水 前田普羅 春寒浅間山
ひと仰ぐたび殺気立つ寒の滝 桂信子 晩春
ひらくより五衰のいろに寒の梅 鷲谷七菜子 天鼓
ひりひりと寒の悪意の刺しにけり 富安風生
ほうほうとー楢山枯るる寒日和 富安風生
まぼろしの幹に釘うつ寒の闇 橋閒石 卯
むきだしの仏の肩も寒の内 上田五千石 琥珀
むつちりと手応へ寒の餅とどく 能村登四郎
むらぎもの大小掃いて寒の庭 岡井省二 五劫集
むらくもの動くと見れば寒の鯉 鷹羽狩行
めつむりて病む母寒の埃立つ 佐藤鬼房
ものの音沈めて深き寒の闇 飯田蛇笏
やすやすと榧の樹に入る寒の鳥 岡井省二 鹿野
ゆめを見て泣く子に寒の燈をともす 篠原梵 年々去来の花 雨
ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城
わがかたちわがこゑ寒の明けにけり 岡本眸
わが庭の寒のたんぽぽ君に摘む 山口青邨
わきあふれ流れゆくなり寒の水 山口青邨
われ泣くもいとしむことも寒の闇 飯田蛇笏 家郷の霧
をさなさを馳走に寒の蜆汁 飴山實 辛酉小雪
或ることに心傷つき寒の雨 富安風生
安房よりの寒の鹿尾菜を珍重す 雨滴集 星野麥丘人
移り香のして宵寒の抹茶飴 佐藤鬼房
胃を病めり貝殻に似て寒の月 岡本眸
遺愛まだ寒の荒枝ながらに芽 古沢太穂 捲かるる鴎
遺構とは寒の燈の一つにも 後藤比奈夫
一枚の寒の鏡とたましひと 藤田湘子 てんてん
一枚の硝子に厚き寒の闇 橋閒石
宇治山の幽くて寒の雨降れり 日野草城
宇治川の碧く曲れり寒の雨 日野草城
羽をのして鶴なく寒の日和かな 飯田蛇笏 春蘭
羽をのして鶴啼く寒の日和かな 飯田蛇笏 白嶽
羽開く孔雀に寒の潮流れ 有馬朗人 母国拾遺
雨寒の刃ものゝ舗のほのぐらき 日野草城
雲間出る編隊機あはれ寒日和 飯田蛇笏 山響集
雲水の打てるはつきり寒の水 後藤比奈夫
奥嶺よりみづけむりして寒の渓 飯田蛇笏 白嶽
横浜に焼売買へり寒の雨 石塚友二 光塵
横濱に焼賣買へり寒の雨 石塚友二 光塵
屋根裏に寒の朝日の黄金なす 石田波郷
牡丹の寒の芽立ちを虔める 岸田稚魚 筍流し
何となく苗代寒の灯はくらく 高野素十
何揚げてこれ煮て寒の思案妻 石塚友二 玉縄以後
佳きひとと水を距てし寒九かな 桂信子 草影
科学自体は残酷ならず寒の月 中村草田男
火にあぶり寒の鼓の音を聞けり 飴山實 花浴び
火の匂ひより出てあそぶ寒の星 飯田龍太
花温室に漁具ものめきて寒の内 飯田蛇笏 霊芝
花絶えし壺拭き浄む寒の水 林翔 和紙
我痩せて鴉太りぬ寒の内 藤田湘子 てんてん
海の鳥あそべり寒の墓の前 西東三鬼
海へ出て寒の谺となりにけり 小林康治 玄霜
絵葉書を売る娘の日焼寒日和 富安風生
芥子雛を夢にみごもる寒の竹 橋閒石 卯
階段を信じて寒の皮膚なめらか 橋閒石 荒栲
鎌かけず火かけず寒の芒原 飯田龍太
粥にぽと落せし黄味や寒四郎 藤田湘子 てんてん
粥吹いて寒九のまなこ濡しけり 鷲谷七菜子 花寂び
寒きびしごくりと白き乳を飲む 日野草城
寒きびしひとの青春眼もあやに 日野草城
寒きびし鯉の沈思をつづかしめ 上田五千石『風景』補遺
寒きびし樟の切口香に立ちて 日野草城
寒きびし悠範義道居士天に 飯田蛇笏 心像
寒きびし學生駅へ群れよぎり 及川貞 夕焼
寒のビール狐の落ちし顔で飲む 西東三鬼
寒のひよこ一塊にうごく油田帯 能村登四郎
寒の闇鼠とんでもゆらぐ家 飯田龍太
寒の闇匂ふばかりに更けにけり 飯田蛇笏 家郷の霧
寒の闇煩悩とろりとろりと燃ゆ 日野草城
寒の雨はじくからかさ通りけり 日野草城
寒の雨リフト開きて乗り降りなし 岡本眸
寒の雨枯れたるものの華やげり 右城暮石 一芸
寒の雨芝華やぐと夫も言ふ 細見綾子
寒の雨洲の水の面に漾たたず 松村蒼石 雁
寒の雨深夜ふたたび厠踏む 佐藤鬼房
寒の雨石人も古りわれも古り 高野素十
寒の雨舗道に散りて黒かりき 細見綾子
寒の雨擁きて心屈しけり 小林康治 玄霜
寒の雨鈴売りうどん来てかへす 小林康治 玄霜
寒の崖日表の土こぼしけり 岸田稚魚 紅葉山
寒の巌鵯わだの日に啼きにけり 渡邊水巴 富士
寒の雁磐余の田井を*あさるかな 下村槐太 天涯
寒の雁磐余の田井を求食るかな 下村槐太 光背
寒の菊にも末法の塵すこし 後藤比奈夫
寒の菊乾きて咲けり妻も他人 草間時彦 中年
寒の菊水子の魂の消えしまま 飯田龍太
寒の菊病吟更にあはれなり 村山故郷
寒の暁ツイーンツイーンと子の寝息 中村草田男
寒の苦が八苦の外に置かれけり 相生垣瓜人 明治草
寒の空ものゝ極みは青なるか 細見綾子
寒の空崇めて鳧にとばれけり 岡井省二 前後
寒の鶏とさかゆらりともの思ふ 飯田蛇笏 山響集
寒の鶏鳴くかに見えて終りけり 橋閒石 和栲
寒の月押し照る底に病めりけり 小林康治 四季貧窮
寒の月牡丹畑の上に高く 山口青邨
寒の月昂然として満ちてゆく 相生垣瓜人 負暄
寒の月酒にもまろみありとせり 相生垣瓜人 明治草
寒の月白炎曳いて山をいづ 飯田蛇笏 家郷の霧
寒の月夜ぶかく赭くのぼり来ぬ 篠原梵 年々去来の花 雨
寒の月由々として満ちゆけり 相生垣瓜人 負暄
寒の厳しさ湛えているさま鯉を見て想う 荻原井泉水
寒の戸のひとつひとつに釘を剌す 橋閒石 朱明
寒の鯉描く薄墨を塗りかさね 能村登四郎
寒の紅思ひをこめて塗りにけり 清崎敏郎
寒の坂つまづきたるをひとりごと 岸田稚魚 紅葉山
寒の坂女に越され力抜け 岸田稚魚 雁渡し
寒の山々中年の陰きよらに覚め 古沢太穂 火雲
寒の始発車日傭の弁当のぬくみに触れ 能村登四郎
寒の終り陸橋に風執着し 佐藤鬼房
寒の重さ戦の重さ肢曲げ寝る 西東三鬼
寒の松見あげ黙つて出掛けたり 橋閒石 微光
寒の松伐れと亡父の独り言 橋閒石
寒の水あをあをとして吉野川 日野草城
寒の水かそけき音に煮たちけり 西島麦南 人音
寒の水こぼれて玉となりにけり 右城暮石 句集外 昭和三十二年
寒の水しづまりかへるうちたたへ 山口青邨
寒の水のまず逝きしがあはれかな 石橋秀野
寒の水もろもろのもの制し澄む 右城暮石 上下
寒の水井戸は地獄に通ずとふ 相生垣瓜人 明治草
寒の水飲み干す五臓六腑かな 細見綾子
寒の水飲む機も遂に得ざりけり 相生垣瓜人 負暄
寒の水城壁の稜うつし暗し 松崎鉄之介
寒の水触れなば珠と砕くらむ 山口青邨
寒の水念ずるやうにのみにけり 細見綾子
寒の水棒呑みに何恃むべき 岡本眸
寒の水餅つけてより夜のたしか 細見綾子
寒の水浴びし記憶も薄れけり 相生垣瓜人 明治草
寒の水玲瓏よよと家鴨掻く 山口青邨
寒の水六百尺の地下より湧く 山口青邨
寒の炊事場水叩きつけては洗ふ 能村登四郎
寒の星一点ひびく基地の上 西東三鬼
寒の星忘れゐし「死」にゆきあたる 桂信子 月光抄
寒の星恃むものなく竹揺るる 廣瀬直人 帰路
寒の晴れ爆音空を吹かれ去る 飯田蛇笏 家郷の霧
寒の打水徐々に流れて泡を抱く 林翔 和紙
寒の中コンクリートの中医師走る 西東三鬼
寒の庭犬も女のけがれ見す 下村槐太 天涯
寒の土紫檀の如く拓きけり 川端茅舎
寒の独房黒スリッパを戸々にそろへ 能村登四郎
寒の独房覗けばあをき頭が真下 能村登四郎
寒の鳶一つ砂丘の歌碑一つ 木村蕪城 寒泉
寒の鳶天に砂丘に光無し 木村蕪城 寒泉
寒の内まくらのにほひほのかなる 飯田蛇笏 山響集
寒の内桶ケ谷沼の鴨見舞ふ 百合山羽公 樂土以後
寒の内御宝蔵にもいたち穴 百合山羽公 樂土以後
寒の内光るかまちに家の責 飯田蛇笏 家郷の霧
寒の凪ぎ歩行のもつれ如何せん 飯田蛇笏
寒の日の影法師つれ火口壁 角川源義
寒の日の覚束なしや浅蜊むく 角川源義
寒の日の寄りきて暮るる豆腐笛 角川源義
寒の日の肩ほこ~と打ち給ふ 川端茅舎
寒の日の今こそ我が背焼き給ふ 川端茅舎
寒の日の静かさ崖はこぼれつぎ 川端茅舎
寒の日の恃みがたしよまた雪に 角川源義
寒の日の襤褸によぎる軍鶏の街 角川源義
寒の日を屋根に野鳥の毛をむしる 橋閒石 朱明
寒の日々敵地を行くに似たりけり 相生垣瓜人 負暄
寒の日々無為の日々とも選ぶなし 相生垣瓜人 負暄
寒の猫短く鳴きて争へり 岡本眸
寒の馬首まつすぐに街に入る 桂信子 月光抄
寒の梅心身とかく背き合ふ 藤田湘子 てんてん
寒の白き馬居り昨夜の焼跡に 石田波郷
寒の箸がほとぼる骨をはさみあふ 小林康治 四季貧窮
寒の百合ひらき湖沼のにほひせり 野澤節子 未明音
寒の百合硝子を声の出でゆかぬ 野澤節子 未明音
寒の百合喪の帯ひくく結び終ふ 鷲谷七菜子 黄炎
寒の浜婚期の焔焚火より 西東三鬼
寒の富士椋の木膚を白くせり 大野林火 青水輪 昭和二十四年
寒の蕗水の日向を流れけり 飯田龍太
寒の鮒うしろにこころして遊びぬ 永田耕衣
寒の墓所口開けてゐる名刺受 飯田龍太
寒の暮まばたきしては落着かず 星野麥丘人
寒の暮一塊の海抱きつづけ 上田五千石『田園』補遺
寒の暮兎の箱に足ふれて 百合山羽公 故園
寒の暮灯さず妻が泣いてをり 星野麥丘人
寒の明け頭たたけばごぼと鳴る 佐藤鬼房
寒の餅切る日あたりの古畳 松村蒼石 寒鶯抄
寒の夜の一間ばかりは明うせよ 中村汀女
寒の夕焼雄鶏雌の上に乗る 西東三鬼
寒の裸足の指真紅なる藷洗ひ 能村登四郎
寒の雷おのれを庇ふひしと庇ふ 山田みづえ 忘
寒の廊鳴らすひそけさに六家族 藤田湘子 途上
寒の壺虚空が詰りいたりけり 橋閒石 微光
寒の柝星座総出の海に向け 鷹羽狩行
寒の靄バスの遠くのまへうしろ 篠原梵 年々去来の花 雨
寒の鵙見窄らしきが訪ね来し 相生垣瓜人 負暄
寒の鵙呟きもせで去りにけり 相生垣瓜人 負暄
寒九の水山国の血を身に覚ます 野澤節子 飛泉
寒四郎逝かしめ寒九郎を恃む 上田五千石『琥珀』補遺
寒泉の玉を走らせてはひびく 山口青邨
寒日和シネマの深空見て飽かず 飯田蛇笏 山響集
寒日和吾れに水兵と下命あり 村山故郷
寒日和台うてなの棚田かな 岡井省二 鹿野
寒日和童児再び象の前 飯田龍太
寒日和必定編隊機墜ちず 飯田蛇笏 山響集
寒日和兵ら頭を刈り竝ぶ 村山故郷
寒日和老尼もしばし手鞠つき 飯田龍太
寒念佛に行きあたりけり寒念佛 正岡子規 寒念仏
寒夕焼きびしうつくし人の世も 山口青邨
歓べる寒九の水ののんどかな 石塚友二 玉縄以後
甘皮を垂らす折れ口寒の木瓜 右城暮石 散歩圏
簡素といふことの厳粛寒の月 山口青邨
含嗽して舌の根甘し寒の水 石塚友二 光塵
雁首が抜けてからりと寒の湖 橋閒石 虚 『和栲』以後(I)
顔小さき女なる寒の街なれ 中川一碧樓
顔伏せてはたと齢や寒の雨 草間時彦 櫻山
喜びの面洗ふや寒の水 前田普羅 普羅句集
忌へ連れて雲水飄と寒日和 飯田蛇笏 山響集
久女忌は寒のひかりの虚空より 飯田龍太
急雨に寒のピアノの強連弾 赤尾兜子 玄玄
魚市場傲気に寒の水使ふ 飯島晴子
京いづれかくれやすけれ寒の猿 岡井省二 鯨と犀
狂女の手赤きもの乾す寒の窓 西東三鬼
胸に矯むことばふえゆく寒の内 星野麥丘人
暁けの波ひたすらなれば寒きびし 岡本眸
曲るとき墓地が匂ひぬ寒日和 岡本眸
琴爪に花色かよひ寒四郎 上田五千石 風景
金魚大鱗海の日に汲む寒の水 角川源義
句作りの文語不識や寒の梅 藤田湘子 てんてん
空桶に空柄杓立て寒の内 木村蕪城 寒泉
空也蒸しにして三寒の「笹の雪」 及川貞 夕焼
串にさす魚やはらかし寒の暮 桂信子 女身
串刺しに焼かれて寒のうぐひの眼 石塚友二 玉縄以後
熊笹の美しき時寒の内 高田風人子
兄妹の焚火のあとの寒の雨 安住敦
欠伸にも揺らぎて寒の泪壺 林翔
結界の寒のきはみをせせらげる 上田五千石『天路』補遺
月光のあまねくわたり寒の星 松村蒼石 寒鶯抄
鍵鳴らし来て寒の独房へ兄の言 能村登四郎
言ふも悔言はざるも科寒の鵙 野澤節子 鳳蝶
孤立してより寒のししむら艶を帯ぶ 能村登四郎
戸が開いて泣く子出てくる寒日和 岡本眸
湖の家並ぶ寒の小魚とるいとなみ 尾崎放哉 須磨寺時代
五歳や青竹結ひし寒の墓 小林康治 四季貧窮
吾が頭髪つんどらめきて寒の貧 細谷源二 砂金帯
御宮の苗代寒の畏しや 高野素十
御手玉や二人の寒の女学生 石田波郷
御佛の金透く寒の格子とて 川端茅舎
光保つ寒の渦潮胸にしむ 佐藤鬼房
光琳笹白しと思ふ寒の雨 山口青邨
向寒のこころおきなくわれ若し 三橋敏雄
好感を残して寒の去りにけり 相生垣瓜人 負暄
稿しぶる寒のきびしく慈悲もなし 飯田蛇笏
荒神に寒の水仕女燈をさゝぐ 西島麦南 人音
黒ずむをうぐひと言へり寒の水 細見綾子
獄の扉のゆくてをはばむ寒日和 飯田蛇笏 雪峡
此部屋も坊主小し寒の内 正岡子規 寒
佐渡振りを賑ふ臼や寒の内 河東碧梧桐
妻の友階上に靴寒の土間に 伊丹三樹彦
妻癒えず寒の厨の音沈む 小林康治 玄霜
菜の花や一葉は寒の濃紫 渡邊水巴 白日
菜屑より流れはじめし寒の川 桂信子 花影
鷺の蓑すこしみだるる寒の雨 山口青邨
笹原にふる寒の雨人の墓 山口青邨
三寒ののちの四温を信ずべし 上田五千石 風景
三寒の寒さ問はるる逝くままに 斎藤玄 狩眼
三寒の寒のつづきて四温なし 桂信子 花影
三寒の鯉が身じろぐ泥けむり 能村登四郎
三寒の四温の香爐文箱かな 岡井省二 山色
三寒の四温を待てる机かな 石川桂郎 高蘆
三寒の尽くる夜半の星づくし 上田五千石『琥珀』補遺
三寒の星を小粒に櫟原 石田勝彦 雙杵
三寒の日向うらやむ日影かな 鷹羽狩行
三寒の頁の肩を折栞 上田五千石『琥珀』補遺
三星の南廻りや寒の内 石田波郷
三日在りて灯なき病舎に寒の雨 石橋秀野
山水の一縷の生きて寒の寺 岡本眸
山荘も水黒くせり寒の鯉 右城暮石 散歩圏
残寒の火渡り何の穢を焼きし 佐藤鬼房
仕置場にやや似て寒の水垢離場 能村登四郎
子なき夫婦寒の豆腐を切断す 佐藤鬼房
子に堰かる寒の畳を躄りゐて 小林康治 玄霜
子に香をたきては寒の句三昧 飯田蛇笏 雪峡
子の上や寒の戻りの木賊叢 石田勝彦 雙杵
師の柩車寒の砂塵に見失ふ 西東三鬼
指細く耳朶薄し寒の旅の中 中村草田男
指弾して生ける声きく寒の竹(北海道七句) 鷹羽狩行
死を触れて寒の鳴神通りけり 藤田湘子 てんてん
糸を張る杣に寒の日強まれり 飯田蛇笏
紙屑をたきて音なし寒の土 桂信子 女身
紙漉きの寒の水見る約束す 細見綾子
脂粉なき寒の遍路とすれちがふ 上田五千石『天路』補遺
賜はるや寒の一袖父は亡し 古舘曹人 能登の蛙
時計みな止りて吉野寒の内 日野草城
自らの美貌に逃げて寒の渦 古舘曹人 能登の蛙
自由人暉峻康隆寒の内 能村登四郎
汐入りの水嵩さだまり寒の雨 石田勝彦 秋興
鹿の匂ひおのづ辿れば寒の蕗 岡井省二 鹿野
捨て灰をなだめ寒九の雨なりし 能村登四郎
煮凝りも酢の香も寒の清さかな 右城暮石 句集外 昭和四年
若き膝正座す寒の荒蓆 能村登四郎
寂然と自転車漕げり寒の晝 三橋敏雄
手どりたる寒の大鯉光りさす 飯田蛇笏 霊芝
狩くらの雲にあらはれ寒の鳶 飯田蛇笏 霊芝
酒熱く寒の蕗の芽たまはりぬ 西島麦南 人音
酒買ひに線路越しをり寒の内 石塚友二 光塵
首に出て平成と云ふ寒日和 林翔
周到な用意の深さ寒の鯉 鷹羽狩行
秋田杉土佐杉にほふ寒日和 山口青邨
終夜食む獣屋の神寒の闇 飯田蛇笏 雪峡
住むことの湖を見て寒の菅 岡井省二 夏炉
書を閉づや紙も持ちける寒の音 林翔
諸手つき墓洗ふべし寒の水 小林康治 四季貧窮
宵ながら門づけ節も寒のうち 石橋秀野
宵寒の背中を吾子のつたひあるく 篠原梵 年々去来の花 皿
小をんなの鼠走りや寒の内 石塚友二 光塵
少年の毛穴十方寒の闇 飯田龍太
掌の窪に死水ほどの寒の水 斎藤玄 狩眼
松籟の尽きては浮かぬ寒の鯉 斎藤玄 狩眼
松籟も寒の谺も返し来よ 小林康治 四季貧窮
障子あけて夜となる軒の寒の雨 及川貞 夕焼
丈高の社箒や寒の内 石田勝彦 秋興以後
食ふまでのたのしさ尽きず寒の柿 能村登四郎
寝しづみて老が火を吹く寒の闇 飯田蛇笏 家郷の霧
寝る時に飲みほしにけり寒の水 細見綾子
心たひら寒の雨ふる芝たひら 山口青邨
心中を貫く光寒の月 桂信子 草影
森といふ大きしじまよ寒の内 上田五千石 田園
神の川橋の上に汲む寒の水 山口青邨
神橋の下寒の水あをかつし 川端茅舎
薪負いの 額の皺の 寒の汗 伊丹三樹彦
身じろがぬもの 寒の鯉 霜の墓 伊丹三樹彦
身のうちの腑のみやはらか寒の闇 桂信子 草影
身ほとりのものの文目や寒日和 岡井省二 鹿野
身を固くして寒の野の屍を通す 岸田稚魚 雁渡し
進学の子をもち寒の草青し 橋閒石 雪
人の来て寒の月光土間に入る 野澤節子 未明音
人もまた寒九の山の日しづか 岡井省二 夏炉
人形の恋の熱気や寒の汗(大阪、国立文楽劇場にて) 細見綾子
人呼んで応へなかりき寒の内 上田五千石『琥珀』補遺
人知れぬ高みに寒の梅ひらく 上田五千石 天路
吹き晴れてくらき大地と寒の星 篠原梵 年々去来の花 雨
水で拭いて寒の畳目こまかくす 能村登四郎
水飲んで寒九の日暮どきと思ふ 能村登四郎
水汲女寒の石段踏み減らし 岸田稚魚 負け犬
水口にうごく田水や寒の内 松村蒼石 寒鶯抄
水深し水の色して寒の鯉 右城暮石 虻峠
水餅に寒九の水を重ねけり 百合山羽公 樂土
睡る母寒のベツドの端を掴み 石田勝彦 雙杵
瑞の菜の三畝ばかりや寒の内 石田波郷
世の果のこの身このまま寒日和 飯田龍太
畝遠くのび寒の瀬のひゞきゐる 飯田龍太
生かされてわれ在り寒の星の下 林翔
生花造花まじえ籠に盛る寒の妻 山口青邨
西方に寒の蕨を探そうよ 橋閒石 卯
税重し寒の雨降る轍あと 古沢太穂 三十代
切りごろを外さず切りし寒の餅 能村登四郎
切昆布洒すや寒の水まけて 石塚友二 光塵
浅みつつ食べけり寒の桜餅 相生垣瓜人 負暄
浅草に波郷来てをり寒の雨 草間時彦 中年
船が曳く筏は長し寒の水 山口青邨
船を待つひとのあそべる寒日和 飯田龍太
船宿の出格子ぬらす寒の雨 飴山實 句集外
全しや寒の太陽猫の交尾 西東三鬼
組紐や屋根の深空を寒の雁 岡井省二 鯛の鯛
僧体のやうなつもりの寒の鯉 斎藤玄 狩眼
掃き寄せて餓鬼三人の寒の塵 小林康治 四季貧窮
草城の肩突兀と寒の灸 伊丹三樹彦
草青むところも寒の内ながら 石塚友二 玉縄以後
俗吏にも徹せず衒ふ寒の酒 藤田湘子 途上
孫の手と麻姑といづれぞ寒日和 飯田龍太
多聞酒倉仕込み終んぬ寒の雨 村山故郷
耐へに耐へ寒九の己さびしめり 山口青邨
大海のなか一杓の寒の水 桂信子 草影
大木に木蔦からまる寒の闇 飯田龍太
濯ぎゐて寒の旭の有難し 下村槐太 光背
諾ふは寒の土葬の穴一つ 飯島晴子
達磨市寒の日和を當てにけり 百合山羽公 樂土
棚の隅こけしかたまる寒の雨 山口青邨
端倪を許さぬ寒の中にあり 相生垣瓜人 微茫集
段差なき閾にこぼす寒の水 桂信子「草影」以後
地にひびくばかり輝やき寒の星 松村蒼石 寒鶯抄
地震あとの高声寒の闇走る 桂信子 花影
竹叢の秀枝に激つ寒の月 山口青邨
竹木の間を歩く寒日和 日野草城
昼ともる寒の裸燈に村老くる 上田五千石 森林
昼酒のから口にして寒の明け 星野麥丘人
著重ねて苗代寒の芦村翁 高野素十
朝風のからから朝熊寒九郎 山田みづえ まるめろ
朝夕の日影あきらか寒の池 松村蒼石 寒鶯抄
町川の寒の戻りのさゝ走り 上田五千石『風景』補遺
直なるが禅の教へか寒の竹 鷹羽狩行
鎮魂のごと寒の水のみ干して 細見綾子 虹立つ
痛さうに屋台たたまれ寒の月 鷹羽狩行
痛むゆゑ背骨がわかる寒の雨 佐藤鬼房
潰えゆく藁火にひしと寒の闇 飯田蛇笏 春蘭
鉄瓶も風も笛吹き寒四郎 藤田湘子 てんてん
店洗浄寒の切り身に血一痕 香西照雄 対話
田の朝の苗代寒の靄おりて 長谷川素逝 村
兎と懸巣寒の卵にこもりゐる 平井照敏 猫町
土すこし抱きし寒の蕗の薹 野澤節子 八朶集以後
土浦に来て喪を修す寒の鐘 原裕 青垣
唐詩には寒の牡丹の賦のなかり 能村登四郎
島の天日が暮れ寒の鳶もどる 右城暮石 句集外 昭和三十八年
湯ほてりのひととゆきあふ寒の雨 桂信子 月光抄
湯火照りの子をひく寒の河明り 山田みづえ 忘
湯薬師によく来る寒の鶲なり 岡井省二 山色
灯ともるや寒の内なる青畳 日野草城
当麻寺ゆ大和三山寒の松 細見綾子
働く妻の裾に病みをり寒の内 小林康治 玄霜
動かぬが修羅となるなり寒の鯉 斎藤玄 狩眼
動かぬ戸いくつもありて寒の部屋 桂信子 花影
道の辺の藁塚も酔ひたり寒日和 石田勝彦 雙杵
道の辺や寒の芥の色に出て 岸田稚魚 負け犬
道をきく寒の夜道の心細そ 星野立子
突き当り突き当りつつ寒の梅 石田勝彦 秋興以後
縄文の火色うごめく寒の昼 飯島晴子
日も月もわたりて寒の闇夜かな 飯田蛇笏 霊芝
日をうけて寂たる寒の扉かな 飯田蛇笏
日を封じ山ふところに寒の鯉 斎藤玄 狩眼
乳飲んで乳くさき口寒日和 日野草城
猫が人の声して走る寒の闇 西東三鬼
熱の子にくすぶる寒の夕焼よ 佐藤鬼房
年寄りのゐる家として寒の施肥 能村登四郎
波の痕寒の夕日をためて黄に 大野林火 早桃 太白集
波音は礁をはなれ寒日和 飯田龍太
煤の沖寒の太虹弧をなさず 小林康治 玄霜
煤降るも貯炭の痩も寒の内 小林康治 玄霜
萩寺の切株ばかり寒日和 山口青邨
白雲の湧き賑はひぬ寒の空 星野立子
白菊の魂とぶ寒の月明り 飯田龍太
白鶏の番飼はれて寒の樹下 右城暮石 句集外 昭和三十年
白昼の湯を出て寒の臙脂あまし 飯田蛇笏 春蘭
白晝の湯を出て寒の臙脂あまし 飯田蛇笏 山響集
薄き日がさいなむ寒の蜆掻 斎藤玄 雁道
薄墨がひろがり寒の鯉うかぶ 能村登四郎
麦芽ばえ寒の水舟運河ゆく 西島麦南 人音
筏いま通りし運河寒日和 山口青邨
晩凄を好みし寒の明くるなり 相生垣瓜人 明治草
晩節の竹あをあをと寒の内 鷹羽狩行
飛竜頭と煮る向寒の干蕨 草間時彦 櫻山
美しき夜目の生垣寒の月 星野立子
筆洗にむらぐもつくる寒四郎 上田五千石 琥珀
氷上や寒九の雨のうちけむり 齋藤玄 飛雪
病むと聞き死と聞き寒の身の内外 能村登四郎
貧久し薪をぶつさく寒の斧 細谷源二 砂金帯
父の忌過ぐ皺みて窪む寒の水 小林康治 玄霜
父の手のひとつ突きでて寒の棺 平井照敏 猫町
風つよく野の明るさは寒の罰 飯田蛇笏 家郷の霧
風に出て寒九の小旅はれやかに 上田五千石『琥珀』補遺
風の日は水湧くごとし寒の芹 岡本眸
風邪の町寒の日輪白熱し 相馬遷子 雪嶺
風神の寒の裳裾は簓なす 古舘曹人 砂の音
風騒の疼くばかりに寒の月 佐藤鬼房
腹を割き見する尊者も寒きびし 山口青邨
物置を椅子はみ出せる寒の雨 右城暮石 句集外 昭和三十二年
平らかに坐つて見たる寒の池 岡井省二 山色
米櫃の干果てゝ三日寒の内 石塚友二 磯風
別れ棲む都会と田舎寒の餅 福田蓼汀 山火
編隊機寒の鋼空ななめなす 飯田蛇笏 山響集
庖丁の刃こぼれ憂しや寒の内 鈴木真砂女 夕螢
法論に勝ちとりし鐘寒の雨 山口青邨
砲は包みしかと結べり寒の雨 山口青邨
蜂の子の如くに寒のつくづくし 川端茅舎
訪はるるまで寒の閑けさつづく部屋 野澤節子 未明音
豊頬や若さを余す寒の死者 能村登四郎
頬に享くる日の屑ばかり寒の内 斎藤玄 狩眼
北冥は納屋よりくらき寒の雨 古舘曹人 砂の音
磨かれて寒九のこゑの太垂木 岡井省二 明野
巳の絵馬に寒の日ざしの定まらず 佐藤鬼房
眠り神と酌まむか寒の丑の刻 林翔
夢殿をめぐりて寒の草取女 細見綾子 天然の風
霧寒の無間地獄にわが孤影 富安風生
命惜しまむ寒の弱日に縋りても 小林康治 四季貧窮
明星のとび込みし口寒の鰡 岡井省二 鯨と犀
滅罪の寒の夕焼法華尼寺 津田清子
面に化す驚愕の顔寒の雨 平井照敏 天上大風
木の影が土よりうかび寒の明 鷲谷七菜子 天鼓
木の念佛土の念佛や寒の雨 藤田湘子 てんてん
目は涙の蔵かも知れず寒の星 鷹羽狩行
目礼のあとしみじみと寒の明 鷲谷七菜子 一盞
紋章は笹龍胆よ寒の雨 山口青邨
門川は鴨と共有寒の内 百合山羽公 樂土以後
夜学の鐘やさし寒の月と雲に 古沢太穂 古沢太穂句集
約束の寒の土筆を煮て下さい 川端茅舎
薬煮るやゐざり迫りに寒の雲 鷲谷七菜子 花寂び
湧き水を半分照らし寒の月 右城暮石 句集外 昭和二十三年
郵便の来てをりし門の寒日和 日野草城
雄鶏に寒の石ころ寒の土くれ 西東三鬼
夕しづの寒の庭掃く音きこゆ 日野草城
夕寒の温泉夜寒の温泉かな 高野素十
夕寒の村なつかしと逗留す 高野素十
夕空の晴れゆく寒の遍路道 飯田龍太
夕凪の雲美しく寒の果て 原石鼎 花影以後
余震また身を伝ふがに寒の夜半 桂信子 花影
葉牡丹の深紫の寒の内 松本たかし
来し方や寒の没日と無蓋車と 岡本眸
流離あり遠離ありける寒の潮 石田勝彦 秋興
両眼に寒の目高の溢れたり 永田耕衣
力竭して波郷は死にき寒の靄 佐藤鬼房
淋しさの一生病みつつ寒の雁 野澤節子 八朶集以後
冷凍の氷を寒の地にすてる 右城暮石 句集外 昭和二十四年
裂きて食ぶうす桃色の寒の鱈 細見綾子
恋猫に寒の園生の幾起伏 上田五千石『琥珀』補遺
路地抜ける鼠走りや寒の内 鈴木真砂女 都鳥
老移民 波止場の寒の水を飲む 伊丹三樹彦
老人の奢りの寒の巌あちこち 能村登四郎
老人や寒の日だまり誰も居ず 草間時彦 櫻山
老人を一掃すべく寒の来し 相生垣瓜人 負暄
佗助を骨色にまで寒の暮 斎藤玄 雁道
凛々と峡は日をあげ寒九かな 飴山實 句集外
嗚呼といふ声々寒の日差来て 斎藤玄 雁道
壺といふものならず寒の猫柳 橋閒石 朱明
婢が活くる葉蘭そこばく寒の内 飯田蛇笏 家郷の霧
枷の荷に漂ひ泛きて寒の妻 小林康治 玄霜
梟を衣としたる寒九かな 岡井省二 鯛の鯛
洟かんで渡御待つ寒の祭かな 石塚友二 光塵
炙られてひと跳ね寒の諸子かな 飴山實 句集外
獏王は九眼爛々寒の堂 山口青邨
玻璃越しに眉焼く日あり寒の内 石塚友二 磊[カイ]集
甕一ついけて日あたる寒の土 松村蒼石 寒鶯抄
簑虫や病窓寒の日を入るゝ 小林康治 四季貧窮
簀囲ひの魚の潜みや寒の雨 河東碧梧桐
絨毯にフラスコ転び寒の内 飯田蛇笏 山響集
莢豆の芽は出でそめぬ寒の土 飴山實 句集外
藥のむあとの蜜柑や寒の内 正岡子規 寒
藺田の中小川流るる寒夕焼 山口青邨
蹇が厨を鳴むす寒の内 小林康治 玄霜
隱居して芝居に行や寒の内 正岡子規 寒
韋駄天も如法に古び寒の庫裡 木村蕪城 寒泉
饒舌の辺より寒の気ゆるびけり 岸田稚魚 負け犬
驢馬今も寒の塩負ひ川渡る 有馬朗人 知命

寒 続補遺

*こおろぎのこゝろもとなし寒のうち 露川
あかるさや風さへ吹ず寒の月 三浦樗良
いく夕死を定けむ寒の中 北枝
うぐひすの江戸子鳴なり寒の白 桜井梅室
かり金や友におくれて寒の入 風国
さだめよの遺精もつらし寒の水 其角
のら猫の声もつきなや寒のうち 浪化
ひく汐の浅くさすぢや寒の入 夏目成美
ふむ所あたる所や寒の入り 乙訓
また一つ着れば着寒の霜夜哉 傘下
むさし野は馬の上にて寒の入 土芳
一はづみぬけたる寒の雨気かな 浪化
烏飛て高台橋の寒の月 松岡青蘿
雲いきをねらひすまして寒の明キ 林紅
家並に精進するや寒の入 田川鳳朗
花鳥の身を又誰や寒の中 朱拙
海老焼てやまひに遊ぶ寒の中 三浦樗良
乾鮭を思ふ梢や寒の月 吾仲
寒の月川風岩をけづるかな 三浦樗良
寒の中たま~雨の静也 許六
供するは梨を尋ん寒の中 嵐雪
荒海に人魚浮けり寒の月 松岡青蘿
腰かけてまづ喰へ寒の豆腐汁 三浦樗良
今朝がたや笛も聞へて寒の雨 蘆文
傘の内あたゝかや寒の雨 東皐
持病にも道理つけるや寒の入り 遅望
若猫のつはり心や寒の中 許六
松風も氷りついたる寒の入 鈴木道彦
松風も氷り付たか寒の入 鈴木道彦
心にも花咲ばこそ寒の雨 支考
晴天も猶つめたしや寒の入 杉風
雪一夜ふた夜つゞきて寒の入 卓池
川風や唇切るゝ寒の中 岱水
川蓼の色青~と寒の中 十丈
栴檀の実にひよ鳥や寒の雨 蘆文
張きつて鶤鶏なくや寒の入 卓池
長閑さや寒の残りも三ヶ一 利牛
猫の声うかれ初けり寒の雨 三宅嘯山
農家にはさしてかまはず寒の入 成田蒼虬
梅に似ぬ人のこゝろや寒の入 路青
白魚やさぞな都は寒の水 高井几董
雷一声まことしからず寒の雨 加舎白雄
里人もこゝへ手向よ寒の紅脂 望月宋屋
老衰や口に梅まつ寒の入 杉風
藪一重あちらは春か寒の梅 亀洞
霰かとなじめば太し寒の雨 怒風

以上


by 575fudemakase | 2017-04-18 16:37 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26798012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング