雪起し の俳句

雪起し の俳句

雪起し

例句を挙げる。

あかんぼの頭蓋やはらか雪起し 辻美奈子
くろぐろと津軽がありし雪起し 青山法破来
とつぷりと暮れし海より雪起し 田村木国
ふるさとに腰抜けてゐる雪起し 細川加賀
われの中われを覚ましめ雪起し 森澄雄
一天を転げ出したる雪起し 安原葉
乗換の越後湯沢の雪起し 大久保白村
初鳴りは高嶺止まりに雪起し 相馬沙緻
北国の冬はかく来る雪起し 山本薊花
唯一つ大きく鳴りぬ雪起し 高浜虚子
夜半の雪起きてくすしに君馳せしか 竹下しづの女句文集 昭和二十五年
夜半の音雪起しとは知らざりし 西尾北鳴
大富士の面よりおこり雪起し 井沢正江
大釜に湯のたぎりをり雪起し 鎌田容克
夫の字の一つおどろく雪起し 加藤知世子 花 季
山国の耳振る牛よ雪起し 高橋正人
幾山を越えて夜となる雪起し 福田甲子雄
戸の隙に手紙が刺さり雪起し 細川加賀
榛の木に風纏ひつく雪起し 中川志帆
機音の街をゆすりぬ雪起し 加藤知世子 花 季
死の想ひありて他郷の雪起し 清水昇子
法要の箸とる僧や雪起し 飯田蛇笏 春蘭
海沿ひの一筋町や雪起し 小峰恭子
灯しても鏡奥晦し雪起し 山口草堂
炉ごもりのこころ満たざる雪起し 森 澄雄
照るときの伊吹の鞍や雪起し 阿波野青畝
生湯葉のほのと甘しや雪起し 関 成美
砂山に雀が鳴いて雪起し 今井杏太郎
納豆するとぎれやみねの雪起 内藤丈草
良寛の里にききゐる雪起し 茂里正治
花麹買うて土堤ゆく雪起し 飴山實 辛酉小雪
荒海に一と火柱や雪起し 堀前小木菟
莨火をわかつやとゞろ雪起し 相川背水
話しゐて距てある人雪起し 川村紫陽
軒裏に榾高く積み雪起し 吉沢卯一
酔た人をかへさや花の雪おこし 井原西鶴
雪起しいくたび坊の灯を奪ふ 鈴木貞雄
雪起しきくべくなりし屏風かな 京極杞陽
雪起ししんのいかりは一度かぎり 加藤秋邨 雪起し
雪起し一晩鳴りて雨ばかり 田辺 栖村
雪起し一瞬あをき闇つくる 大竹孤悠
雪起し仏間の暗き加賀の国 西村公鳳
雪起し出がけに念を押されたり 橋石 和栲
雪起し夜すがら沖を離れざる 安藤五百枝
雪起し夢千代像にひびきけり 岩崎照子
雪起し恐ろし加賀の冬なつかし 西村公鳳
雪起し普賢の象の大き四股 岡井省二
雪起し海のおもてをたゝくなり 阿部慧月
雪起し轟き渡り雪となる 金山 有紘
雪起し闇に海の香強まれり 伊藤京子
雪起し障子震はし過ぎにけり 本間翠雪
甲羅酒雪いかづちを聴きながら 角川春樹
雪雷や死の刻を医師知る由なし 町原木隹
春もまた雪雷やしなの山 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
雪の雷浅間の火天ゆるがし来 大坂藤屋
雪の雷若狭酒蔵ゆるがしぬ 橋本鶏二
黒燿の眼が驚きし雪の雷 細見綾子

雪起し 補遺

ある日戦が忽と立ちゐき雪起し 加藤秋邨
われの中われを覚ましめ雪起し 森澄雄
花麹買うて土堤ゆく雪起し 飴山實
黒姫は鴉のことか雪起し 鷹羽狩行
黒燿の目がおどろきし雪の雷 細見綾子
照るときの伊吹の鞍や雪起 阿波野青畝
雪起しけふあり春も遠からじ 森澄雄
雪起しと人いふに雪降り出しぬ 岸田稚魚 紅葉山
雪起し何から先に焼き棄てん 橋閒石
雪起し響みかさねしひとつかな 岡井省二 明野
雪起し山刀伐峠底ひびき 加藤秋邨
雪起し出がけに念を押されたり 橋閒石
雪起し心底応ふるもののあり 岸田稚魚 紅葉山
雪起し普賢の象の大き四胯 岡井省二 明野
雪起し烙印しかと信濃鎌 鷹羽狩行
雪起し瞽女のうたひし恋の唄 鷹羽狩行
雪起低き軒端のふるへけり 阿波野青畝
地平より三たび四たびと雪起し 阿波野青畝
滴瀝の音日昏れつつ雪起し飯田龍太
頭を下げて炉籠りをれば雪起し 森澄雄
法要の箸とる僧や雪起し 飯田蛇笏 春蘭
炉ごもりのこころ満たざる雪起し 森澄雄
老夫婦しづかにあれば雪起し 山口青邨
窖(あなぐら)へ下りる裸火雪起し 橋閒石 雪
窖へ下りる裸火雪起し 橋閒石

雪起 続補遺

納豆するとぎれやみねの雪起 丈草
酔た人をかへさや花の雪おこし 井原西鶴
身ぞひとり夢の枯野の雪起こし 角上
ふす児やわつとをびえの雪おこし 尚白

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 16:54 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26798052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング