寒暮 の俳句

寒暮 の俳句

寒暮 

アフリカ象の耳のうしろの寒暮かな 伊藤いと子
かまきりの卵嚢よりの寒暮光 高野ムツオ 鳥柱
こんもりと鳩は寒暮に耐ふ容 高澤良一 石鏡
サイレンがつどふ寒暮の墓地の空 小川奴々子
なにもゐぬ洲に汐充ちて寒暮かな 松村蒼石
ねむたくて睡りむさぼり寒の暮 八木林之介 青霞集
やはらかき土を賜はる寒暮かな 柿本多映
われ遊び妻働きて寒の暮 八木林之介 青霞集
一日を寝ていし父の寒暮かな 岡田 耕治
一遍像寒暮を歩き出すところ 高澤良一 素抱
烏賊の墨返り血のごと浴ぶ寒暮 内田美紗 浦島草
羽摶きのあとの静もり寒暮光 菅野茂甚
遠山のまだ見えてゐる寒暮かな 片山由美子
佳きことばもて訪いくる寒暮遠い汽笛 寺田京子 日の鷹
家を出て寒暮のわが家かへりみる 堀井春一郎
家々に寒暮を頒ちゐる老樹 福田甲子雄
火に乗せし菊に生気の寒暮かな 大木あまり 火球
海老跳ねて寒暮の厨かがやかす 石田あき子 見舞籠
寒の暮手紙の束の燃えてをり 木下野生
寒の暮兎の箱に足ふれて 百合山羽公 故園
寒暮いま干潟の果の水あかり 中村祐子
寒暮に売らるわが水枕魚となり 寺田京子 日の鷹
寒暮の灯点けて雨音身を離る 鷲谷七菜子
寒暮の谿滝白光となり展く 鷲谷七菜子 雨 月
寒暮光痩せたるヨハネさらに痩す 藤井 亘
寒暮光諦めにいろありとせば 平野冴子
寒暮光彼には光我に闇 高澤晶子
寒暮少し夕焼け母に還らねば 蓬田紀枝子
寒暮地下道光盗人あまた来る 金子兜太
寒暮肉屋に肉の断面渦を巻く 谷野予志
寒暮濃くなりて煮つまる鯛の骨 佐野まもる
機関車の寒暮炎えつつ湖わたる 山口誓子
京の町ゆくさきざきの寒暮かな 小川ひろし
狂院の寒暮の百の窓並ぶ 谷野予志
胸底に昭和居すわる寒暮光 吉見弘子
串にさす魚やはらかし寒の暮 桂 信子
堅田てふ寒暮の郷の風呂熱し 鈴木鷹夫 大津絵
呼ぶ母にこゑは応へず寒の暮 山口誓子
御頬の寒暮剥落前の罅 中島斌雄
鯉食べて眼の効いてきし寒暮かな 大石悦子
紅梅のおとろふるみしこの寒暮 原裕 青垣
黒富士と鉄塔はるかなり寒暮 松村蒼石 雁
産湯出て足型とられゐる寒暮 赤松[けい]子 白毫
姿見に男がうつる寒暮かな 秋永放子
耳ふたつ吹かれ寒暮の日本海 土肥さだ子
耳門より細身の出入り寒の暮 桂信子 遠い橋
手の中に死神がいる寒暮なり 寺田京子 日の鷹
集卵や寒暮の山がよく見えて 長谷川双魚 風形
商ひて戻る寒暮の子のもとに 田中菅子 『紅梅町』
樟大樹山の寒暮が海に移り 長谷川双魚 風形
畳拭く死後のながさの寒の暮 関戸靖子
森ひとつひとつに寒暮湧くごとく 村越化石
身丈越す火に近づきて寒暮かな 斉藤史子
人買い舟消えた寒暮と おなじ寒暮 伊丹公子
酢のいろに染まり寒暮の骨拾う 岩佐光雄
水すこし溜めて寒暮のわだち跡 加藤耕子
水鳥の羽摶ちごたへのある寒暮 高澤良一 随笑
杉谷に檜山かぶさる寒暮かな 宮坂静生
声のなきこゑを寒暮の鯨幕 富川仁一郎
惜別や寒暮の溝をともに越え 岩崎健一
石灰工場寒暮殺到して来るぞ 加藤かけい
対峙して枯山水の寒暮なり 鈴木鷹夫 大津絵
大津絵の朱の美しき寒暮なり 鈴木鷹夫 大津絵
大仏の胸のうしろに湧く寒暮 福田甲子雄
卓の布替へてあかるき寒暮光 西岡千鶴子
沢蟹の寒暮を歩きゐる故郷 飯田龍太
竹切りし粉がこぼれてゐる寒暮 関口謙太
釣宿の客の帰りし寒暮かな 飯田龍太 涼夜
鉄棒の下の窪みの寒暮かな 内田美紗 浦島草
天哭し猫も哭せる寒暮かな 大橋敦子 勾 玉以後
湯の町は人待ち顔の寒暮なる 大高芭瑠子
呑みはじむ薄紫に寒の暮 松根久雄
縄とびの寒暮いたみし馬車通る 佐藤鬼房
縄とびの寒暮傷みし馬車通る 佐藤鬼房
白き馬寒暮の波を聚めをり 岸田稚魚 筍流し
尾の長きこの鳥去れば寒暮の木 高澤良一 宿好
斧一丁寒暮のひかりあてて買ふ 福田甲子雄
負犬となるとも寒暮妻が待つ 冨田みのる
風の中彼方直視十里の寒暮あり 飯田龍太
風の彼方直視十里の寒暮あり 飯田龍太
物は皆器に入りぬ寒の暮 森川麗子
物売りに寒暮あかるむ橋の際 桂信子 黄 瀬
母を入れ地球寒暮の蒼さかな 下山光子
母亡くて寒暮吹く笛山に沁む 佐藤母杖 『一管の笛』
亡きひとを木に喩へつつ寒暮かな 友岡子郷 風日
夢にまた寒暮の土のひと握り 河原枇杷男 定本烏宙論
夢解や贋あかしやは寒暮の木 宮坂静生 山開
明日までは転覆し置く寒暮のトロ 西東三鬼
盲鵜の法師のごとき寒暮かな 近藤一鴻
木の裏や表や甘き寒暮かな 柿本多映
流域の寒暮ひきずり鴉翔つ 河合凱夫 飛礫
旅にをり眼鏡を通し寒暮いふ 下田稔
両の肩抜けし曲り家寒暮光 照井 翠
佗助を骨色にまで寒の暮 斎藤玄 雁道
摶つ濤に眼鏡の白む寒暮かな 中戸川朝人 残心
蜆売り発止と諏訪の寒暮にゐ 宮坂静生 春の鹿

寒暮 補遺

「もつと光を」鴉の絶唱寒の暮 上田五千石『田園』補遺
イルカの鼻 撫でる 寒暮の飼育青年 伊丹三樹彦
ガラスケースに剥製の寒暮かな 廣瀬直人 帰路
しづもりて庭樹にはやも寒暮光 伊丹三樹彦
なぜかこの寒暮を父と二人きり 藤田湘子
なにもゐぬ洲に汐充ちて寒暮かな 松村蒼石 雪
ひとときは寒暮の日記しぐれけり 高屋窓秋
一段と寒暮の水の甘かりき 高屋窓秋
雲を駆け帰る寒暮の看護妻よ 野見山朱鳥 愁絶
貨物船に寒暮羽ばたく熔接光 右城暮石 句集外 昭和三十二年
外燈細身寒暮帰る鵜みな濡れ身 大野林火 雪華 昭和三十九年
崖下の町犬吠えてゐる寒暮 大野林火 月魄集 距和五十七年
寒の暮まばたきしては落着かず 弟子 星野麥丘人
寒の暮一塊の海抱きつづけ 上田五千石『田園』補遺
寒の暮兎の箱に足ふれて 百合山羽公 故園
寒の暮灯さず妻が泣いてをり 弟子 星野麥丘人
寒暮にて足に跫音つきまとふ 鷹羽狩行
寒暮にて頭燈いまだ焚火色 山口誓子
寒暮の谷滝白光となり展く 鷲谷七菜子 銃身
寒暮の灯点けて雨音身を離る 鷲谷七菜子 銃身
寒暮ひとを忿り足らざる駅の裏 伊丹三樹彦
寒暮までト口ッコ外れるまで遊ぶ 山口誓子
寒暮ラッシュの 都塵ぼかしに照明城 伊丹三樹彦
寒暮鵜は耐へとぶ一羽も叫ばずに 大野林火 雪華 昭和三十九年
寒暮光わが降架図に母よ在れ 上田五千石 天路
寒暮光見舞の菊を焚きにけり 角川源義
寒暮光瀬頭の渦衰へず 佐藤鬼房
寒暮地下道光盗人あまた来る 金子兜太
寒暮灯さず頬杖の教師像 上田五千石『田園』補遺
寒暮来て階梯険しき聖歌楼 山口誓子
寒暮来て衰へし鍵盤蓋したり 山口誓子
堪へかねて寒暮のネオン走り出す 岡本眸
機関車の寒暮炎えつつ湖わたる 山口誓子
汽罐車のよこがほ寒暮裏日本 橋本多佳子
泣かんばかり寒暮の潦を越ゆ 佐藤鬼房
空に未だにほふものなし寒暮色 能村登四郎
串にさす魚やはらかし寒の暮 桂信子 女身
呼ぶ母にこゑは応へず寒の暮 山口誓子
紅梅のおとろふるみしこの寒暮 原裕 青垣
黒き男鉄船へ入る寒の暮 西東三鬼
黒富士と鉄塔はるかなり寒暮 松村蒼石 雁
菜を引いて寒暮のまなこ濡れにけり 岡本眸
山の灯に棘生えてくる寒暮かな 飯田龍太
寺ひとつすぐれし村の寒暮かな 廣瀬直人
手を触れて寒暮の母を覚ましけり 石田勝彦 雙杵
獣めく熔岩にまつはる寒暮光 角川源義
青火噴く寒暮の工場押しくる潮 佐藤鬼房
青竹の千鳥がかりも寒暮にて 飯田龍太
全山の寒暮滝壷よりひろごる 橋本多佳子
袖口を噛んでひつぱる寒暮の馬 右城暮石 句集外 昭和三十三年
沢蟹の寒暮を歩きゐる故郷 飯田龍太
団栗を四方に射ちうつ子の寒暮 伊丹三樹彦
潮退いて寒暮まぬがれがたき礁 鷲谷七菜子 花寂び
釣宿の客の帰りし寒暮かな 飯田龍太
動きしか寒暮干潟の黒きもの 右城暮石 句集外 昭和三十九年
禿山を駈けくだりしは寒暮の巷 伊丹三樹彦
縄とびの寒暮いたみし馬車通る 佐藤鬼房
廃船のあつけらかんと寒暮光 佐藤鬼房
白き馬寒暮の波を聚めをり 岸田稚魚 筍流し
風の彼方直視十里の寒暮あり 飯田龍太
鱒池の鱒に寒暮の水澄みて 飯田龍太
明治に初点今日の寒暮に燈台点く 山口誓子
戻る鵜に寒暮むらさきより黒へ 大野林火 雪華 昭和三十九年
陽を浴びた顔こちらむく寒暮の村 金子兜太
旅やめて寒暮とりとめなく残る 大野林火 月魄集 距和五十七年
老婆来て赤子を覗く寒の暮 西東三鬼
佗助を骨色にまで寒の暮 斎藤玄 雁道
咆哮の牛浦の町すぐ寒暮 古沢太穂 捲かるる鴎以後
塒雀よ海ありて寒暮光さす 佐藤鬼房
榧の木にかへる雀の寒暮あり 森澄雄
濤つひに寒暮の船を生みいだす 岡本眸
藪の向うに早鐘の寒暮かな 廣瀬直人

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 18:08 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26798204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング