後評(2017・4)

後評(2017・4)


評をしたくなる句とそうでない句がある。

なかには、評などするまでもなく、自明な句もある。


76山頭火の句碑にいきなり初音かな

句碑を山頭火のものとしたことが、「いきなり」の語彙に適う。

他のものでは、替え難い。


81墨堤の開花促すスカイツリー

スカイツリーの句はごまんと作られていよう。

だが、スカイツリーが開花を促すとやったのは先ず無いのでは…?。

又墨堤と前近代的な語彙を置いた作者のオトボケもグーである。


148本降りとなり彩ましぬ花海棠

これは旨さの句。「本降りとなり彩ましぬ」等と嘘っぱちのような事を

言っておいて、ホントと思わせるところなど、上手の手の込んだ一句。

騙されたのだが、その手の内に感心するという読み手降参の程の一句。


158ずわい蟹その膝頭なんとせう

これは食すときの難儀な点を指摘した句であろう。

あの関節の辺りの肉をせせり出すのには誰もが苦労する。

そこを問題にしたのが当句。へんな処に注目したのがこの句の手柄であろう。


173馬酔木咲き生駒庭石明るくす

関東には「鎌倉石」なる固有名詞がある。阪神には「生駒石」なるそれが

ある。地名を石に被せてそれらしい感じを読み手に与えること、何も説明せず

とも、伝わってくるものがある。その点の効率の良さを思う。配した季語の

花馬酔木が又よい。


by 575fudemakase | 2017-04-22 02:39 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26805817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング