清水 の俳句

清水 の俳句

清水 の例句
清水

*ぶなの根に湧く清水飲む誕生日 山形悦子
あとざまに小魚流るる清水かな 几董
あとさまに小魚流るゝ清水哉 高井几董
あやまつて清水にぬらす扇哉 扇 正岡子規
いかほどを生きしや桂清水掬む 佐藤鬼房
いつも身近に眞清水涌くを感じをり 眞鍋呉夫
ウェストン碑礎石をめぐる山清水 岡部義男
うつくしき人なほ結ぶ清水かな 備前-晩翠 元禄百人一句
うつくしや榎の花のちる清水 加舎白雄
おくつきに近くは湧ける清水かな 尾崎迷堂 孤輪
おくらばや清水に影の見ゆるまで 千代尼
おもかげや仏酒売る苔清水 樗良「雪の声」
お岩木の手水の真清水手に痛し 高澤良一 寒暑
お岩木の真清水引きて御神水 高澤良一 寒暑
お岩木の真清水大き柄杓に受け 高澤良一 寒暑
かけ出での髭をしぼりて清水かな 召波 五車反古
かけ出の髭をしぼりて清水哉 召波
かち栗に喉の乾きや山清水 清水 正岡子規
かりそめの清水なりしが祀らるる 忍月
くちすすぎ月光残す山清水 柴田白葉女
こゝに湧く清水が頼み杣夫婦 岡本秋雨路
このあたり金出るといふ清水かな 成瀬正とし 星月夜
この清水濁せば曇る御山かな 比叡 野村泊月
ころころと清水あそばせ芭蕉の道 原 裕
こんこんと砂おどらせて清水湧く 尾崎さなえ
さざれ蟹足這ひのぼる清水かな 芭蕉
さゞれ蠏足はひのぼる清水かな 芭蕉
ざざ洩りの柄杓とりあぐ清水かな 阿部みどり女 笹鳴
さらさらと石を流るゝ清水哉 清水 正岡子規
しくるゝや祗園清水智恩院 時雨 正岡子規
したたりは歯朶に飛び散る清水かな 夏目漱石 明治四十年
しろがねの指の間を洩れ山清水 檜紀代
しんかんと物すごき山の清水哉 清水 正岡子規
しんしんと鈴振るごとし清水湧く 村越化石 山國抄
すぐ裏に清水湧きゐる花の茶屋 田中冬二 麦ほこり
すさまじく清水湧くなり雨の中 増田龍雨 龍雨句集
すゝしさをこほす岩間の清水哉 清水 正岡子規
すみにけり巌下清水神代より 幸田露伴 江東集
ただ頼め内井の清水湧くかぎり 臼田亜浪 旅人
チャグチャグ鈴清水にひびき橋渡る 八牧美喜子
てのひらに喜捨享くるごと岩清水 田中康夫
てのひらに清水の重さ妹はるけし 蓮田双川
どう見ても何やら足らぬ底清水 秋色 俳諧撰集玉藻集
とくとくと清水にうつる春日哉 会津八一
とくとくの真清水化けるまで生きな 後藤綾子
とくとくの清水の甘し山ざくら 関森勝夫
とくとくの清水の末のふきのたう 吉野義子
とくとくの清水はいかに花の雲 宇佐美魚目 天地存問
ところてんの叩かれてゐる清水かな 夏目漱石 明治四十年
とめどなく時遣る清水迷ひ鳩 鍵和田[ゆう]子 未来図
トラック去る天の岩戸の清水積み 山口超心鬼
とんねるや笠にしたゝる山清水 清水 正岡子規
ななくさの春田の畦ぞ湧く清水 木津柳芽 白鷺抄
ならはしの二文づつとる清水哉 会津八一
ぬけたりな清水が本の片草履 服部嵐雪
ぬるむかと寄れは清水の氷哉 水温む 正岡子規
ねぶたくと清水な呑みそ横田山 斯波園女
ねらはれし魚の命や山清水 清水 正岡子規
のしかゝる岩を支えて清水飲む 梅木酔歩
のど下る清水いとほし霧の中 佐野良太 樫
のむよりもこぼるが早し山清水 辻桃子(童子)
はきながら草履を洗ふ清水かな 立花北枝
はらわたにひやつく木曽の清水哉 清水 正岡子規
はらわたもひやつく木曽の清水かな 清水 正岡子規
ハンカチを清水に絞る泣きしあと 津田清子
はんざきに真清水今も湧き流れ 臼田亜浪
ひぐらしの声溶けゐたる岩清水 関森勝夫
ひぐらしや京に着きすぐ清水へ 小田切輝雄
ひとり言いうて立ち去る清水かな 太祇「太祇句選後篇」
ひとり言いふて立さる清水哉 炭 太祇 太祇句選後篇
ひやつくや清水流るゝ右左 清水 正岡子規
ふく清水に砂の負け居る汀かな 高田蝶衣
ほら穴に清水の湧くをうやまへり 細見綾子 黄 瀬
またくらに白雲起る清水哉 清水 正岡子規
みなもとは権現山の清水汲む 長抉微子
みな清水ならざるはなし奥の院 井上井月
むすぶ手に翌の秋しる清水かな 五雲 五車反古
むすぶ手に翌の秋知る清水哉 五雲
もてなしの鯨はほめて清水かな 幸田露伴 拾遺
もとかしく片手に掬ふ清水哉 清水 正岡子規
よき清水あふるる音の遠くまで 金久美智子
わが影に来て影添ふや岩清水 中村苑子
悪僧の天窓(あたま)冷せし清水哉 吉分大魯
握叡の揆込んである清水哉 寺田寅彦
鮎鮓の駅の山北清水かな 野村喜舟 小石川
遺書抱へ来てこの旅の清水かな 中塚一碧樓
一ツ家の背にはしりこむ清水哉 清水 正岡子規
一筋は筧にはいる清水かな 清水 正岡子規
一隅は清水つめたき小池哉 清水 正岡子規
一言はかヘじ清水の如きあり 松瀬青々
一口に足らぬ清水の尊さよ 清水 正岡子規
一山の圧のかかりし巌清水 小原禎子
一枝は田にはしりこむ清水哉 清水 正岡子規
瓜わりの清水と申し観世音 鈴鹿野風呂 浜木綿
雲に立つ不動の像や石清水 清水 正岡子規
雲に立つ不動濡れたり石清水 清水 正岡子規
雲母搗く家のほとりの清水かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
栄華こゝに方に掬むなり岩清水 石塚友二 方寸虚実
英彦谷に沈む鐘の音岩清水 野見山智子
円空(えんく)さんにどすんどすんと山清水 中戸川朝人 星辰
円空(く)さんにどすんどすんと山清水 中戸川朝人
延命の清水汲み合ひ那智詣 有原静子
横道を行けば果して清水哉 清水 正岡子規
音して湧く冬の真清水横川谷 鷲谷七菜子
音たてゝ清水あふれをり瓜をどる 及川貞 夕焼
音立てて清水あふれをり瓜をどる 及川 貞
下駄もぬがず足を入れたる清水哉 寺田寅
我があとへ兎唇立よる清水かな 許六 俳諧撰集「有磯海」
我顔のうつりて寒き清水哉 清水 正岡子規
我宿にいかに引べきしみづ哉 蕪村 夏之部 ■ 丸山主水が、ちいさき龜を寫したるに賛せよとのぞみければ、任官縣命の地に榮利をもとめむよりハ、しかじ尾を泥中に曳んには
海底に真清水は湧き寒鮃 長谷川櫂 虚空
蟹を見て気の付く岨の清水かな 桃隣「陸奥鵆」
崖下の清水に屋根の出来にけり 比叡 野村泊月
鎧てふ重かりしもの草清水 波多野爽波 『骰子』
笠の端の清水に廻ぐる田植かな 浜田酒堂
渇すれば清水ある旅にゆきたまへ・・・碧梧桐を送る
葛を得て清水に遠きうらみ哉 蕪村 夏之部 ■ 探題寄扇武者
釜つけて飯粒沈む清水かな 清水 正岡子規
寒清水涸れず夜も落つ寂と落つ 及川貞 夕焼
汗臭き手拭洗ふ清水哉 清水 正岡子規
監獄にあたら流れ込む清水哉 清水 正岡子規
関の清水古里恋し生鰹 青雲 選集「板東太郎」
関所跡いまもいのちの清水湧く 藤岡筑邨
館めぐる清水の動脈呱々の声 成田千空 地霊
丸薬に清水をむすぶ道のほとり 清水 正岡子規
巌清水渇く咽喉をつらぬけり 山口草堂
巌清水二月の怒濤うちつくる 佐野青陽人 天の川
眼に力戻りぬ深山清水飲み 菰田晶(狩)
岩が根に湧く音かろき清水かな 井上井月(1822-86)
岩が根に湧音かろき清水かな 井上井月
岩つかみ片手に結ぶ清水哉 清水 正岡子規
岩鏡咲きかぶさりし清水かな 中村素山
岩清水きらきら受胎告知の日 丹治法男
岩清水ことばあふるるごとくなり 原 裕
岩清水ていねいに眸を洗ひけり 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
岩清水ひとりじめして婆の家 冨田米子
岩清水ふるさとの姿海知らず 中川結子
岩清水一蝶さらに黄なりけり 古舘曹人
岩清水引きて名代の新豆腐 菱田トクエ
岩清水飲まるることのなき清さ 平井照敏 天上大風
岩清水雲にひかりて坊が跡 岸原清行
岩清水胸のあはひを通りけり 小檜山繁子
岩清水女跨ぎて一人占め 平畑那木(鉾)
岩清水大虎杖の葉に掬ひ 白井新一
岩清水呑みてけものの声を出す 白地恭子
岩清水別の岩から噴き溢れ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
岩清水霧立つてゐる間(はざま)かな 乙字
岩清水蝌蚪に来りてたまりけり 村上鬼城
岩藤の影は届かぬ清水かな 長谷川零余子
顔あげよ清水を流す髪の長 榎本其角
顔ふって水のうまさの山清水 河野南畦
顔ふつて水のうまさの山清水 河野南畦
顔寄せて底の穢を見し清水かな 比叡 野村泊月
顔見世の楽屋入まで清水に 中村吉右衛門
顔見世の楽屋入りまで清水に 中村吉右衛門
寄るものを山蛭呪ふ清水かな 喜谷六花「寒烟」
帰る鳥に行き違ひけり清水越 鳥帰る 正岡子規
帰省して葬ひに三度来し清水 中塚一碧樓
掬ぶ手の甲に冷えつく清水哉 清水 正岡子規
客ありて汲みに行くなる清水かな 松藤夏山 夏山句集
脚照らすひかりとなりぬ草清水 鳥居おさむ
笈あけて仏を拝む清水かな 清水 正岡子規
旧仮名遣は本仮名遣清水の音 草田男
去るに決まる家の清水を日々愛す 及川貞 夕焼
強清水母は一日影育て 原裕 青垣
強力の清水濁して去りにけり 河東碧梧桐
強力の毛脛にあたら清水哉 森鴎外
橋立の磯清水とて葭の中 西山泊雲 泊雲句集
驚きの過ぎしに汲むや家清水 中塚一碧樓
暁けきりしみづうみのいろ夏桔梗 中岡毅雄
極楽や清水の中に蓮の花 正岡子規
玉あらば玉あらひたき清水哉 江涯
玉垣の中より神の岩清水 藤田 静古
桐掩ふ庭の清水に塵もなし 清水 正岡子規
近道によき事ふたつ清水かな 千代尼
近道を来て日の足らぬ清水かな 千代尼
金銀の気を吹く山の清水哉 石井露月
金時も熊も来てのむ清水哉 正岡子規
銀山や真冬の清水たばしりぬ 辻 桃子
駒鳥やまだ歯にあらき岩清水 千代田葛彦
愚庵忌や清水で買ふこぼれ梅 市嶋 絢
空壜に清水をいれてはまきちらす 岡田史乃
櫛つけて清水にさつと薄油 みどり女
軍曹の清水見にくる露営哉 会津八一
欠け茶碗一つおかれて岩清水 種市清子
結びさる清水かるゝな柳沢 松岡青蘿
結ぶ手にあつさをほどく清水かな 千代尼
月かげや清水したたる岩の鼻 井上井月
剣客と袂を分つ清水かな 露月句集 石井露月
堅横に清水流るゝ小村哉 清水 正岡子規
現し世の十指が掬ぶ 苔清水 伊丹公子
古郷や厠の尻もわく清水 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
戸を閉めて人すぐ座る山清水 田中裕明 山信
戸隠の奥社に甘き岩清水 須賀允子
戸隠の家根から落る清水哉 一茶 ■文政八年乙酉(六十三歳)
戸隠の壁ぬけて来し岩清水 原裕 『青垣』
五合目の富士の清水を掬ひのむ 星野椿
光る風のすぢ明らかに清水かな 中村汀女
口つけて眉のぬれたる清水哉 清水 正岡子規
口ふくむ清水に春の名残かな 中川宋淵 詩龕
口やれば波たたみ来る清水かな 西山泊雲 泊雲
口やれば波たゝみ来る清水哉 西山泊雲 泊雲句集
坑内鼠清水湧く場所知りて来る 戸沢寒子房
幸島の猿は砂中の清水摂る 大浦フサ子
紅さいた口もわするるしみづかな 千代尼
行さきでまた我に逢ふ清水かな 千代尼
高清水閣一睡の時雨かな 青木重行
黒き手に紺屋の掬ぶ清水哉 山本洒石
此松も柳にしたき清水かな 横井也有 蘿葉集
今一度列のうしろに岩清水 松 せい一
混浴の肌叩き出て清水のむ 高澤良一 素抱
笹舟の思はぬ速さ岩清水 も 宗方夕子
鯖街道行者の清水汲みて飲む 須賀遊子 『保津川』
三ケ月〔の〕清水守りておはしけり 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
山だちもともに舌打つ清水かな 中勘助
山のすそ野の裾むすぶ清水かな 千代尼
山の宿に手洗ひ水も清水哉 清水 正岡子規
山陰の小笹の中の清水かな 清水 正岡子規
山寺や縁の下なる苔しみづ 高井几董
山若し清水さらりと白茶碗 岡部弾丸
山人の十指の掬す岩清水 加古宗也「八ッ面山」
山吹のわすれ花さくしみづかな 高井几董
山清水かき濁らせて旅人われ 相馬 黄枝
山清水ごくごく飲めば杉の青 二串康雄
山清水ささやくまゝに聞入りぬ たかし
山清水ささやくままに聞入りぬ 松本たかし
山清水ささやくまゝに聞入りぬ 松本たかし
山清水さびしき指の揃ひをり 鎌倉佐弓
山清水汚せしことのすぐに澄む 橋本多佳子
山清水翁の杖を拝しけり 佐藤美恵子
山清水願かけの水二掬ひ 藤井光(青樹)
山清水汲みに木花咲耶姫 上野澄江
山清水国境越えし思ひふと 野辺祥子 『遠野火』
山清水魂冷ゆるまで掬びけり 臼田亜浪
山清水掌にあふれつつふくみけり 上野泰 佐介
山清水靭左りへまはりけり 雁宕
山清水石鹸もて寺僮何洗ふ 楠目橙黄子 橙圃
山清水注ぎて吹けり習ひ笛 宮田富昭
山清水豆腐の角を削りけり 林原耒井 蜩
山清水鳴れり朽葉を潜り出て 高澤良一 鳩信
山町や清水祭に盆踊 滝井孝作 浮寝鳥
山鳥の影うつしたる清水哉 清水 正岡子規
山内の一院に湧く清水かな 高濱年尾 年尾句集
山里や清水うれしき理髪床 尾崎紅葉
珊瑚珠のごと蟹沈む清水かな 下村梅子
子の西瓜清水に冷えてゐて日射す 中山純子
市に入る花売憩ふ清水かな 夏目漱石 明治四十年
私生活知る山荘の岩清水 津田清子 二人称
寺清水もつれ流れて末濁らず 中村草田男
寺清水西瓜も見えず秋老いぬ 西瓜 正岡子規
耳に目に谷をへたつる清水哉 清水 正岡子規
七月や真清水の音葉がくれに 神尾久美子 桐の木
七夕竹の青さ清水に挿して保つ 宮坂静生 青胡桃
柴門に清水に執し住みにけり 尾崎迷堂 孤輪
縞蛭に日のうつくしき清水かな 松根東洋城
車椅子の足先清水へあそばせる 奈良文夫
車屋のさきにのみたる清水哉 清水 正岡子規
杓のべてたまる清水をまちにけり 山本京童
杓入れて山驚かす清水かな 尾崎迷堂 孤輪
弱法師ほゝけた濡す清水かな 阿波野青畝
弱法師ほゝげた濡す清水かな 阿波野青畝「万両」
手あぐれば結びめのなき清水かな 千代尼
手に結ぶ清水の末の小滝哉 清水 正岡子規
手のひらにゆるる清水をのみにけり 上野泰 佐介
手桶持つ人に清水を尋ねけり 清水 正岡子規
酒冷す清水に近く小店あり 清水 正岡子規
秋の空清水流るゝ思ひあり 秋の空 正岡子規
秋雨や柄杓沈んで草清水 村上鬼城
秋深き清水つぶやきつぶやき湧く 加藤知世子 花寂び
秋風に錠かゝり居る清水かな 西山泊雲 泊雲句集
住かねて道まで出る歟山清水 服部嵐雪
住みかねて道まで出るか山清水 服部嵐雪
十本の指しみじみと山清水 原石鼎
春雨の中におぼろの清水哉 蕪村 春之部 ■ 小原にて
春雨の木下につたふ清水かな 春雨の木下にかかる清水哉 松尾芭蕉
春光を片手掬ひに苔清水 高瀬哲夫
巡礼の親子出てくる清水哉 清水 正岡子規
初雪に祇園清水あらはれぬ 初雪 正岡子規
初蝶や木曾の真清水樋あふれ 下田稔
女のむあとの柄杓や岩清水 清水 正岡子規
小綬鶏の鋭声や清水井にあふれ 吉川 春藻
小柄杓に鎖つけたる清水哉 清水 正岡子規
掌に支へる岩や清水吸ふ 楠目橙黄子 橙圃
樟の香の去年を栞の清水かな 加舎白雄
樟の香や村のはづれの苔清水 夏目漱石 明治四十年
上簇や真清水は崖つたひつつ 神尾久美子 桐の木
丈六のそびら音して苔清水 飴山實 『花浴び』以後
城跡や古井の清水まづ訪はん 松尾芭蕉
城跡や古井の清水先(まず)問はむ 松尾芭蕉
食ひこぼす握飯白き清水哉 寺田寅彦
食器清水に浸し一山の昼寝僧 楠目橙黄子 橙圃
唇に薬つめたき清水かな 阪本四方太
心太そへてねのつく清水哉 清水 正岡子規
心太の桶に落ち込む清水哉 清水 正岡子規
新しき手柄杓の香の岩清水 小山白云子
新涼のすこし溢れし佐井清水 山田弘子 螢川
浸けてある根まがり竹に鳴る清水 西本一都 景色
真清水に口痺らして孤独癖 内藤吐天 鳴海抄
真清水に早苗浸してありにけり 欣一
真清水に日は衰へて杉小苗 赤尾兜子
真清水に蕨の塩抜き湯治宿 高澤良一 素抱
真清水のひんやりあまし故郷は 橋本クニ
真清水の雲より傅ふ飛桟かな 高田蝶衣
真清水の音のあはれを汲みて去る 黒田杏子
真清水の極みは黒き鮴のうを 高橋睦郎 金澤百句
真清水の極みは黒し鮴のうを 高橋睦郎「金沢百句」
真清水の泡立ちいそぐ年の暮 飯田龍太
真清水も病みて野をゆく初夏よ 沼尻巳津子
真清水も並木も神のしらしけり 高田蝶衣
真清水や梶の御紋の荒み魂 荒井正隆
真清水や真金の鋺(まり)を越ゆるほど 高橋睦郎 稽古飲食
真清水や真金の鋺を越ゆるほど 高橋睦郎 稽古
真清水や世に小峠の忘れられ 野村喜舟 小石川
真清水や天より落ちし白き蝶(箱根) 河野南畦 『花と流氷』以前
真清水や冬温う茎漬くる 巌谷小波
真清水や棟が下に昔より 野村喜舟 小石川
真清水を多毛のかいな潜りてくる 宇多喜代子
真清水を沸かし新茶の香の濃かり 竹田菁雨 『瞽女慕情』
真清水呑み若き己れに逢ふごとし 塘柊風
神楽坂清水流るゝ膩かな 尾崎紅葉
神奈川の岱の清水に先すゝめ 服部嵐雪
身をつつむ山の匂や苔清水 小久保美代子
人の世の銭にされけり苔清水 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
人も居らず瓜ひやしたる清水哉 清水 正岡子規
人死ねば豆腐を浸す清水かな 萩原麦草 麦嵐
厨ぬけ一渓となる清水かな 西本一都 景色
水うまし赤城は秋の草清水 大場白水郎 散木集
水晶の山路ふけ行清水かな 蕪村遺稿 夏
水晶の山路分け行く清水かな 蕪村「落日庵句集」
水筒につめる身延の寺清水 仁科歌子
水筒に清水しづかに入りのぼる 篠原梵
水風呂へ流し込だる清水哉 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
雛つれて鵙の来てゐる清水かな 軽部烏頭子
菅笠のはしもぬれたる清水かな 清水 正岡子規
菅笠の紐ぬらしたる清水かな 清水 正岡子規
澄みかかる清水や小き足の跡 夏目漱石 明治四十年
棲む魚の砂走りせる清水かな 中村汀女
正月の雪真清水の中に落つ 広瀬直人
正宗が刃をわたるしみづかな 正巴 五車反古
正宗が刃をわたる清水哉 正巳
清水ありや婆子曰く茶を喫し去れ 清水 正岡子規
清水ある家の施薬や健胃散 内藤鳴雪
清水かければ石室不動目を瞠く 石原八束 断腸花
清水には裏も表もなかりけり 千代尼
清水にもあるや神の名仏の名 清水 正岡子規
清水のみに柄杓もて来る町はづれ 清水 正岡子規
清水のみに椀もつて来る町はづれ 清水 正岡子規
清水のむかたはら地図を拡げをり 高野素十
清水のむつつがの胸の板ぬらし 山口誓子
清水のむつゝがの胸の板ぬらし 誓子
清水のむ底まで透るさびしさに 柴田白葉女
清水のめば汗軽らかになりにけり
清水のやうな沈黙地震の山耕す 加藤知世子 花寂び
清水のんで立つ白ズボン草の中 大橋櫻坡子 雨月
清水の音繭かき次第に早くなる 加藤知世子
清水の灯は暗うして鉢叩 藤野古白
清水の碗ゆすぎて伏せて追ひのぼる 中島斌男
清水もて茱萸の実あらひ高館へ 檜山哲彦
清水より濡れつゞきたる山路かな 山村村家
清水引く茶店の庭の筧哉 清水 正岡子規
清水引て庭に滝あり山の宿 清水 正岡子規
清水飲むこめかみの脈感じつつ 岡部玄治
清水飲むつゝがの胸の板濡らし 山口誓子 遠星
清水飲む山の緑を傾けて 森内定子
清水飲む神代のごとく髪束ね 永島理江子
清水飲んで頬つたふを雫拭かで立つ 原石鼎
清水音の時に呪詛めき百地蔵 鍵和田[ゆう]子 浮標
清水掬むやいさごのひかり指に沁み 八木絵馬
清水掬むや犇と岩に倚る繊そ腕 竹下しづの女 [はやて]
清水吸うて歯白く嶮を笑ひけり 原石鼎「花影」
清水汲みに渓へ下りし今のぼりけり 尾崎迷堂 孤輪
清水汲む影のそとなる水の碧 原裕 青垣
清水汲む車の列や大江山 河本益夫
清水汲む心はるばる来つるかな 池内たけし(1889-1974)
清水汲む神に祈りし両の手で 樋口 玄海児
清水弧にめぐり寨(とりで)は村となる 竹中宏 句集未収録
清水諸白涼しきゆへに其の名をうる 吉林 選集「板東太郎」
清水遂に流れ出でたる日南哉 篠崎霞山
清水踏み鹿のおびえとつながるか 竹中宏 句集未収録
清水得つ笠で押し分け叢かな 比叡 野村泊月
清水得て手足を洗ひ草だんご 中山純子
清水入り清水出づる岩の窪哉 森鴎外
清水鳴る高原野菜「プッチーニ」 吉原文音
清水湧くいづこともなきひゞきかな 比叡 野村泊月
清水湧くところを知りて草刈女 萩原麦草 麦嵐
清水湧く岩のさざれや山椒魚 島田雅山
清水湧く青き千曲となるために 藤田湘子
清水湧く地の骨のごと大樹の根 関口成生
清水淋し提灯花はうつむきに 尾崎迷堂 孤輪
生き死にを清水のふちに蟹赤し 川崎展宏
生き物の如く掌に触れ湧く清水 内藤吐天 鳴海抄
生れて初めて会いし清水と花ごぼう 寺田京子
聖霊は清水に見えし影ぢや迄 立花北枝
西行の詠みたる清水掬めど澄む 森田峠
西行の掬びあまりや苔清水 苔清水 正岡子規
西行の掬みたる清水掬めど澄む 森田峠 避暑散歩
西行の清水を引きて蓬の香 大木あまり 火のいろに
西行の清水掌にうけ悴めり 角川源義
西行の聴きし風音清水汲む 坪野邦子(ホトトギス)
西行も翁も飲みし苔清水 小山陽子(杉)
西行庵これが栖か苔清水 氏家頼一
青あをと見えて底ある清水かな 千代女「千代尼尺牘」
青々と見えて根のある清水かな 千代尼
青竹の樋の山清水寒も鳴る 及川貞 榧の實
静さや清水ふみわたる武者草鞋 蕪村遺稿 夏
石に針生姜も入らず清水かな 秋色 俳諧撰集玉藻集
石垣に仏彫る寺の清水哉 清水 正岡子規
石橋に歯朶が生えゐる清水かな 野村喜舟 小石川
石工(いしきり)の鑿冷したる清水かな 與謝蕪村
石工の飛火流るゝ清水哉 蕪村遺稿 夏
石工の飛火流るる清水哉 與謝蕪村
石工の鑿冷したる清水かな 蕪村 夏之部 ■ 馬南剃髪、三本樹にて
石工の鑿冷し置く清水かな 蕪村
石菖へ片寄り深き清水かな 比叡 野村泊月
石槽に清水を落す筧かな 岩木木外
石白く清水湧き出る野中哉 清水 正岡子規
石筍にはるかなる時地下清水 玉城一香
赤松の影あきらかや夕清水 比叡 野村泊月
絶壁に眉つけてのむ清水かな 松根東洋城「新春夏秋冬」
絶壁に眉つけて飲む清水かな 松根東洋城
絶壁の巌をしぼる清水哉 清水 正岡子規
仙人の鬚洗ひ居る清水哉 寺田寅彦
先き騎のあと待合わす清水かな 井上井月
先へ行くつれよび戻す清水哉 清水 正岡子規
先達の大声に呼ふ清水かな 尾崎紅葉
先馬の沓しめし行く清水かな 猿雌 俳諧撰集「有磯海」
千代能の桶すてられて苔清水 苔清水 正岡子規
川上は温泉の涌くなる清水かな 召波「春泥発句集」
浅く見えて杓の届かぬ清水哉 清水 正岡子規
洗面の清水拓地を貫流す 津田清子 礼 拝
早紅葉やその真清水を汲むとせん 高木晴子 花 季
草に滲みる清水一縷の宿りかな 成田千空 地霊
草刈の足をつけたる清水哉 寺田寅彦
草清水たれかれと世をへだてたる 中林美恵子
草清水汲むや一切空の刻 風早郷
草清水小さき棚田へ導かれ 本郷けさみ
草清水草にもつるる涼しさよ 西本一都 景色
草清水太陽珠と冷されて 斎藤正
草清水塔影映るところかな 永田青嵐
草清水湧くこの村に通夜ありぬ 中田剛 珠樹
草鞋買へば問はぬ清水をも教へけり 会津八一
走り井の真清水あふれ蝉丸忌 瀬木清子
蔵六の清水をむすぶうしろがみ 田中裕明 花間一壺
側の岩に仏を刻む清水哉 清水 正岡子規
其下に清水流るる芭蕉哉 清水 正岡子規
其底に木葉年ふる清水かな 子規
村の子の草くぐりゆく清水かな 石井露月
泰山に顔つけてのむ岩清水 俊成七島
苔ともにすくひあげたる清水哉 苔清水 正岡子規
苔のなき石を踏場の清水哉 正岡子規
苔の香のしるき清水を化粧室(トワレ)にひき 竹下しづの女句文集 昭和十三年
苔の香や笠被てむすぶ岩清水 飯田蛇笏 山廬集
苔清水のぞけばうつる笠の裏 寺田寅彦
苔清水掬ふに杖を岩に立つ 岸風三樓
苔清水底砂にして青松葉 苔清水 正岡子規
苔清水天下の胸を冷やしけり 夏目漱石 明治四十年
苔清水馬のロ籠をはづしけり
苔清水不動の滝と落つるかな 野村喜舟 小石川
苔清水落花一ひら又一ひら 内田園生
苔清水霊芝など生ひて土かほる 寺田寅彦
大巌のふるきにほひや清水吸ふ 大橋櫻坡子 雨月
大徳の縁起かしこき清水かな 会津八一
大峰を日わたりて晦き清水かな 蛇笏
大峰を日わたりて幽き清水かな 飯田蛇笏 山廬集
鷹匠のはしりつぎたる清水かな 徐寅 六 月 月別句集「韻塞」
滝道や根笹熊笹清水湧く 野田別天楼
濁る世に慣れぬ清水や山の中 清水 正岡子規
谷杉に蝶舞ひ上る清水かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
誰が恩の杓あたらしき草清水 森澄雄
湛へ満つ槽の夕にも湧く清水 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
炭焼や朧の清水鼻を見る 榎本其角
炭窯の十能冷やす庭清水 石川桂郎 四温
断崖をおろかに長き清水かな 尾崎紅葉
男は次郎長の清水の海の冬凪 中塚一碧樓
男女の川落ちて流るゝ清水かな 高橋淡路女 梶の葉
秩父往還メロディバス来橡咲けり 清水山彦「山火合同句集」
茶屋の茶に清水の味はなかりけり 清水 正岡子規
昼寝して臍に雲おく清水越 昼寝 正岡子規
彫り付けし不動の像や岩清水 会津八一
朝寒の日当る庫裡の清水かな 比叡 野村泊月
朝顔の大輪清水湛ふごと 高澤良一 燕音
朝清水山羊の額碑の固さもつ 友岡子郷 遠方
朝日さすすだれの外の岩清水 飯田蛇笏 春蘭
朝夕や恋る清水の蜷むすび 加舎白雄
町なかを真清水走り朱欒の実 木村里風子
爪紅の濡色動く清水かな 卯七
釣瓶もて汲む橋立の磯清水 巽恵津子
鶴首の爺来て清水すこし飲む 嶋田麻紀
底の石動いて見ゆる清水哉 夏目漱石 明治四十年
底見えて小魚も住まぬ清水哉 清水 正岡子規
底清水心の塵ぞしづみつく 服部嵐雪
底清水心の塵もしづみつく 嵐雪「其袋」
庭清水団扇を置いて掬びけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
庭清水藤原村の七番戸
庭先に亀の吐き出す清水哉 清水 正岡子規
庭先の清水に白し心太 心太 正岡子規
摘草や清水がもとの鬼の面 井上井月
田村麻呂祀れる山の清水かな 鈴木しげを
土間足駄かりかりひびき井戸清水 中村草田男
冬の清水音色もろとも掌に汲めり 高澤良一 鳩信
冬浜に湧く真清水の香をまとふ 原裕 葦牙
凍てとけて筆に汲み干す清水かな ばせを 芭蕉庵小文庫
凍て解けて筆に汲み干す清水哉 松尾芭蕉
凍どけて筆に汲干す清水かな 芭蕉
塔頭の一寺の湧ける清水かな 尾崎迷堂 孤輪
湯をむすぶ誓ひも同じ石清水 松尾芭蕉
湯治宿つと山清水引き込んで 高澤良一 素抱
湯治場のとば口に湧く山清水 高澤良一 素抱
湯治場の天下一品山清水 高澤良一 寒暑
筒鳥や桶より溢れ山清水 早川とも子
藤咲くや海ヘ落込む石清水 会津八一
踏みわたる石のゆるぎの清水かな 小杉余子 余子句選
透く清水一尾の鱒も飢ゑしめず 津田清子 礼 拝
道くさも手のうつくしき清水かな 千代尼
道のべの清水に杓のありにけり 清原枴童 枴童句集
道の辺の清水に春の沸き反り 幸田露伴 江東集
銅盤に溢るゝ清水秋の風 西山泊雲 泊雲句集
那須の野の清水か出湯かとぞ寄る 皆吉爽雨 泉声
縄文の貌して飲めり岩清水 青木重行
二タ蟹の爪たゝかへる清水かな 東洋城千句
二三町温泉を去りて苔清水 苔清水 正岡子規
二人してむすべば濁る清水かな 蕪村
二人して片足づつの清水かな 夏目漱石 明治四十年
日ざかりの岩よりしぼる清水かな 京-常牧 元禄百人一句
日の筋へとく~落つる清水かな 小杉余子 余子句選
日の縞を掌に掬ひたり苔清水 中川杞友
日の当る大岩しぼる清水かな 野村喜舟 小石川
馬と蚕を飼ふ厨暗くて山清水 森 澄雄
馬の沓沈みてぬるむ清水哉 水温む 正岡子規
馬の口籠をはづしけり 苔清水 正岡子規
馬上より手綱ゆるめる清水哉 清水 正岡子規
馬柄杓に草をわけ行清水哉 清水 正岡子規
馬柄杓を岩に割込む清水かな 野径 俳諧撰集「有磯海」
馬方の山で飯くふ清水哉 清水 正岡子規
拝ん松弘法清水湧くほとり 八牧美喜子
白山の真清水引けり永平寺 野崎ゆり香「花鎮め」
白山の清水に白し堅豆腐 熊田鹿石
白神のいのちの清水はらわたに 成田千空
白神の清水桂の根に噴ける 三枝正子
白鳳のみ足すすがせ苔しみづ 中勘助
麦秋や清水汲み来し大薬鑵 比叡 野村泊月
麦飯を清水に洗ひゐたるかな 茨木和生 三輪崎
抜いたりなあはれ清水の片草鞋 服部嵐雪
抜たりなあはれ清水の片草履 服部嵐雪
半腹の路分れたる清水かな 会津八一
板蕎麦を頂き羽黒の清水乾す 高澤良一 石鏡
飯くれぬ村はありとも苔清水 苔清水 正岡子規
比叡と云へば横川を挙ぐる清水かな 尾崎迷堂 孤輪
膝もとに清水あふるるさくらかな 鈴木貞雄
百里来し人の如くに清水見ゆ 細見綾子
漂泊は跡をとどめず湧く清水 野見山朱鳥
貧しき死診し手をひたす山清水 相馬遷子 雪嶺
父と子の清水黄色き瓜食ひて 細見綾子
父の父の父の鉱脈清水つたう 八木三日女 落葉期
風幽らく我が眉を吹く清水かな 楠目橙黄子 橙圃
蕗の葉に汲む白神の山清水 小林洋子
伏し重つて清水掬ぶや生徒達 竹下しづの女 [はやて]
伏姫の御祓せしとふ清水ありや 寺田寅彦
幣立てて源流といふ岩清水 甘田正翠
片手桶傾き移る清水かな 比叡 野村泊月
片髭の鯰をはなつ清水かな 安東次男 昨
補陀落の径写し出す苔清水 渡辺恭子
母馬が番して呑す清水哉 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
宝舟の葢沈み居る清水かな 会津八一
宝丹(ほうたん)のふたのみ光る清水かな 夏目漱石 明治四十年
放牛の牧やカムイの清水引き 沼澤 石次
放牧の牛の喉鳴る山清水 大山ク二子
法の山清水を鳥と頒ちあふ 小川かん紅
法印の法螺に蟹入る清水かな 夏目漱石 明治四十年
忘れても清水むすぶな高野道 清水 正岡子規
摩尼摩尼と湧く真清水を拝みぬ 沼尻巳津子
万籟寂たり清水静に砂を吹く 清水 正岡子規
万籟寂然清水静に砂を吹く 清水 正岡子規
無住小屋に道標あり山清水 大谷恵教
無佛寺の蕎麦につめたき清水かな 中勘助
霧捲いて夜明の清水匂ふなり 佐野良太 樫
霧降るに清水掬むなり皆旅人 林翔 和紙
鳴り鳴りて堰洩る清水目高迎へ 香西照雄 対話
孟秋の真清水さぶし踝も 攝津幸彦 鹿々集
木茸や街の八百屋が忽と消え 清水一莉「未来図合同句集」
目ではかる水の冷たさ山清水 尾崎和子
目にむすぶ谷間々々の清水かな 千代尼
目洗へば目明かに清水かな 高浜虚子
夜に入ればせい出してわく清水哉 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
夜出てしけものゝ跡や草清水 石井露月
夜清水を汲む傘に飛ぶ螢かな 吉武月二郎句集
薬師経読み果てぬいざ清水汲まん 尾崎迷堂 孤輪
柳ちり清水かれ石ところどころ 蕪村
柳散り清水涸れ石処々 蕪 村
柳散清水涸石処々 蕪村
柳散清水涸石処々 与謝蕪村
柳散清水涸石処々 與謝蕪村
柳散清水涸石處處 蕪村 秋之部 ■ 遊行柳のもとにて
輸飾や厨のうちの岩清水 比叡 野村泊月
遊人眠て犬之を守る清水かな 比叡 野村泊月
夕暮を清水も飲まず急ぎけり 清水 正岡子規
夕立のあがりし清水蟹あそぶ 清原枴童 枴童句集
夕立の過ぎて跡なき清水哉 清水 正岡子規
葉先揺る小草よ清水くすぐりて 香西照雄 素心
踊り子の踏めば玉吐く沢清水 前田普羅 春寒浅間山
来る風のすぢ明らかに清水かな 中村汀女
落ちも敢へず朽葉流れ去る清水かな 会津八一
落合ふて音なくなれる清水哉 蕪村 夏之部 ■ 馬南剃髪、三本樹にて
蘭ふんでうへの清水へゆきにけり 永田耕衣 真風
立ち寄れば蛇の横切る清水かな 素丸「素丸発句集」
立山の清水のかもす酒と聞く 稲畑汀子
流れ入るや清水鼓虫よりも舞ふ 中村草田男
流れ来て清水も春の水に入 蕪村遺稿 春
旅なれや牛が飲みたる清水掬む 石田 波郷
旅人ののみほして行く清水哉 清水 正岡子規
旅人の汗の玉散る清水哉 汗 正岡子規
旅人の顔洗ひ居る清水哉 清水 正岡子規
旅人の知らで過ぎ行く清水哉 清水 正岡子規
旅人の名をつけて行く清水かな 清水 正岡子規
涼しさや清水につけしつぼの籠 中勘助
淋し寒し出羽の清水後の月 河東碧梧桐
輪飾の井桁あふるる清水かな 会津八一
涙ほど清水湧きけり物の蔭 岡田春堂
冷し瓜富士の真清水戸々に湧き 勝亦年男
玲瓏と玉を噴き居る清水かな 星野麦人
霊芝あり苔香る所清水わく 寺田寅彦
露凍てて筆に汲み干す清水哉 松尾芭蕉
老鴬や歯朶に湧き澄む山清水 碧雲居句集 大谷碧雲居
厠にも清水ながるる坊泊り 鷹羽狩行「八景」
姨捨のくらき中より清水かな 一茶
嶽腹を雲うつりゐる清水かな 飯田蛇笏
杣が家へ清水引く竹真青なり 野原 春醪
杣が子に日中さみしき清水かな 原石鼎
榾ひらききって清水に手を浸す 右城暮石 上下
涸清水杓にためては遊びけり 阿波野青畝
獨すむ友よ朧の糒雪清水 榎本其角
眞清水の杓の寄附まで山長者 原石鼎
眞清水や眞金の鋺を越ゆるほど 高橋睦郎
礒清水旅だんすほしき木陰哉 一茶 ■寛政七年乙卯(三十三歳)
穢多むらのうらを流るゝ清水哉 高井几董
筧して絶えずの清水洗ひ飯 小澤碧童 碧童句集
筧にも道にも副流村へ清水 香西照雄 素心
脛入れて短く見ゆる清水哉 清水 正岡子規
蠅散りて馬よく眠る清水かな 水田正秀
釵を落して深き清水かな 清水 正岡子規
錢龜や青砥もしらぬ山清水 蕪村 夏之部 ■ 丸山主水が、ちいさき龜を寫したるに賛せよとのぞみければ、任官縣命の地に榮利をもとめむよりハ、しかじ尾を泥中に曳んには
霍乱や関の清水は草の中 増田龍雨 龍雨句集
鮠棲みて戸毎の溝も清水なす 山野邊としを
鶯の笹葉を散らす清水かな 士朗「枇杷園句集」
鶺鴒の黄の滴れり山清水 堀口星眠

清水 補遺

あやまつて清水にぬらす扇哉 正岡子規 扇
いかほどを生きしや桂清水汲む 佐藤鬼房
いでいりの息のあたりて清水かな 阿波野青畝
おのづから水紋うまれ岩清水 鷹羽狩行
かち栗に喉の乾きや山清水 正岡子規 清水
きこゆるやこころの清水湧くひびき 日野草城
この清水錫丈洗ふ八百年 阿波野青畝
この清水飲みたる人の数に入る 山口誓子
さらさらと石を流るゝ清水哉 正岡子規 清水
しんかんと物すごき山の清水哉 正岡子規 清水
すゝしさをこほす岩間の清水哉 正岡子規 清水
そそぐほど手の平若し川清水 中村草田男
その昔の清水門とて岩清水 松本たかし
ただ頼め内井の清水湧くかぎり 臼田亜浪 旅人 抄
たもとほるは目高の為事門清水 中村草田男
つくばひのかたちをあふれ清水かな 鷹羽狩行
つくばひの知足にひゞく清水かな 阿波野青畝
つめたさに金魚痩せたる清水哉 尾崎放哉 大学時代
とくとくの清水は左右の手を洩るる 阿波野青畝
とくとくの清水掬ひしたなごころ(吉野山二句) 細見綾子
とんねるや笠にしたゝる山清水 正岡子規 清水
ぬけてゆく畑に清水のありにけり 右城暮石 句集外 昭和八年
ねらはれし魚の命や山清水 正岡子規 清水
はらわたにひやつく木曽の清水哉 正岡子規 清水
はらわたもひやつく木曽の清水かな 正岡子規 清水
ばた~と鴉むれ居る清水かな 内藤鳴雪
ひとり来て母を恋へりし清水かな 中村汀女
ひやつくや清水流るゝ右左 正岡子規 清水
ふたたびは来ぬ清水なれやすらひて 山口青邨
ほら穴に清水の湧くをうやまへり(受水走水) 細見綾子
またくらに白雲起る清水哉 正岡子規 清水
もとかしく片手に掬ふ清水哉 正岡子規 清水
よき清水ありて梅雨越す山家かな 右城暮石 句集外 昭和十三年
わが影に来て影添ふや岩清水 中村苑子
一ツ家の背にはしりこむ清水哉 正岡子規 清水
一口に足らぬ清水の尊さよ 正岡子規 清水
一枝は田にはしりこむ清水哉 正岡子規 清水
一歩ごと別の清水の音聞ゆ 中村汀女
一筋は筧にはいる清水かな 正岡子規 清水
一隅は清水つめたき小池哉 正岡子規 清水
万籟寂たり清水静に砂を吹く 正岡子規 清水
万籟寂然清水静に砂を吹く 正岡子規 清水
丈けの草刈る足もとの清水かな 右城暮石 句集外 大正十一年
丈六のそびら音して苔清水 飴山實 句集外
両手に清水をさげてくらい路を通る 尾崎放哉 須磨寺時代
丸薬に清水をむすぶ道のほとり 正岡子規 清水
乞食僧の鈴のただよふ清水蔭 角川源義
二三町温泉を去りて苔清水 正岡子規 苔清水
二百ミリ降つて濁らぬ苔清水 右城暮石 句集外 昭和三十八年
人も居らず瓜ひやしたる清水哉 正岡子規 清水
仁丹を清水の中へこぼしけり 日野草城
仕ふるがごとく膝つき岩清水 鷹羽狩行
低青空海へ二里ゆく町清水 中村草田男
側の岩に仏を刻む清水哉 正岡子規 清水
先へ行くつれよび戻す清水哉 正岡子規 清水
其下に清水流るる芭蕉哉 正岡子規 清水
其底に木葉年ふる清水哉 正岡子規 清水
冬浜に湧く真清水の香をまとふ 原裕 葦牙
剣岩残りて清水無かりけり 河東碧梧桐
千代能の桶すてられて苔清水 正岡子規 苔清水
厠にも清水ながるる坊泊り 鷹羽狩行
去るに決まる家の清水を日々愛す 及川貞 夕焼
口つけて眉のぬれたる清水哉 正岡子規 清水
口づけて飲めるもありて苔清水(吉野山二句) 細見綾子
咆哮の音してぞ湧く清水かな 山口青邨
四五本の画筆を洗ふ清水掬む 後藤比奈夫
土不踏さます湯殿山の清水かな 阿波野青畝
土間足駄かりかりひびき井戸清水 中村草田男
堅横に清水流るゝ小村哉 正岡子規 清水
夕暮を清水も飲まず急ぎけり 正岡子規 清水
夕立の過ぎて跡なき清水哉 正岡子規 清水
大いなる林の前の清水かな 村山故郷
大峰を日わたりて幽き清水かな 飯田蛇笏 山廬集
奏でゐる清水の音をみだし掬む 中村汀女
奥多摩の岩清水飲み干しにけり 細見綾子
女のむあとの柄杓や岩清水 正岡子規 清水
客親しひとり清水に嗽ぐ 飯田蛇笏 家郷の霧
寺清水もつれ流れて末濁らず 中村草田男
寺清水西瓜も見えず秋老いぬ 正岡子規 西瓜
小柄杓に鎖つけたる清水哉 正岡子規 清水
小清水のひびらぎ注ぎ大清水 中村草田男
少しこぼして置いて幼女が清水運ぶ 中村草田男
山の宿に手洗ひ水も清水哉 正岡子規 清水
山中の五百羅漢に岩清水 松崎鉄之介
山僧の大太刀洗ふ清水かな 内藤鳴雪
山塞ぐ林泉(しま)狭みかも清水行く 松本たかし
山清水ささやくままに聞き入りぬ 松本たかし
山清水ひそめき辿る庭造 松本たかし
山清水出放しにして黒ホース 右城暮石 散歩圏
山清水掌にあふれつつふくみけり 上野泰 佐介
山清水汚せしことのすぐに澄む 橋本多佳子
山荘の時かけて汲みし清水かや 中村草田男
山陰の小笹の中の清水かな 正岡子規 清水
山鳥の影うつしたる清水哉 正岡子規 清水
岩つかみ片手に結ぶ清水哉 正岡子規 清水
岩清水 旅して 喉を尖らせて 伊丹三樹彦
岩清水うける両手の裏に沁む 篠原梵 年々去来の花 中空
岩清水ことばあふるるごとくなり 原裕 葦牙
岩清水すぐに普通のつめたさに 篠原梵 年々去来の花 中空
岩清水寿(いのちながし)と杓を添へ 川端茅舎
岩清水掬ばんとすれば蛇の衣 正岡子規 蛇の衣
岩清水武甕槌(たけみかづち)も掬びけん 川端茅舎
岩清水湧きゐるばかり龍金花 後藤比奈夫
岩清水飲まるることのなき清さ 平井照敏 天上大風
岩煙草を鉢植にこゝの清水哉 右城暮石 句集外 昭和十年
嶽腹を雲うつりゐる清水かな 飯田蛇笏 春蘭
川清水わが紋どころ酢漿草咲く 中村草田男
川清水捨石臼に白沙寄る 中村草田男
巡礼に一服せよと山清水 鷹羽狩行
巡礼の親子出てくる清水哉 正岡子規 清水
左手は岩抱き右手清水掬む 林翔
広き野に霊の清水のあるところ 阿波野青畝
底石よりも清水のあやのさはにして 中村草田男
底見えて小魚も住まぬ清水哉 正岡子規 清水
庭先に亀の吐き出す清水哉 正岡子規 清水
庭先の清水に白し心太 正岡子規 心太
庭清水藤原村の七番戸 正岡子規 清水
庭清水辿り澄めるにいもり棲む 松本たかし
庵結ぶ開眼仏や庭清水 河東碧梧桐
弱法師ほほげた濡す清水かな 阿波野青畝
強清水母は一日影育て 原裕 青垣
彼の岸に清水を掬めば鬼の影 佐藤鬼房
御手洗に心洗へと清水鳴る 阿波野青畝
心太そへてねのつく清水哉 正岡子規 清水
心太の桶に落ち込む清水哉 正岡子規 清水
心太清水の中にちゞみけり 尾崎放哉 大学時代
忘れても清水むすぶな高野道 正岡子規 清水
我顔のうつりて寒き清水哉 正岡子規 清水
戸隠の壁ぬけて来し岩清水 原裕 青垣
手に掬ぶ清水にも沁む檜の香 富安風生
手に結ぶ清水の末の小滝哉 正岡子規 清水
手のひらにゆるる清水をのみにけり 上野泰 佐介
手の切れるやうと讃へて岩清水 鷹羽狩行
手の平にとくとく落つる清水かな 阿波野青畝
手桶持つ人に清水を尋ねけり 正岡子規 清水
指にひびく末だ揺水の井戸清水 中村草田男
採石場清水流れてゐるところ 清崎敏郎
掬ぶ手の甲に冷えつく清水哉 正岡子規 清水
故郷(くに)めく町山水めきし井戸清水 中村草田男
旅人ののみほして行く清水哉 正岡子規 清水
旅人の名をつけて行く清水かな 正岡子規 清水
旅人の汗の玉散る清水哉 正岡子規 汗
旅人の知らで過ぎ行く清水哉 正岡子規 清水
旅人の顔洗ひ居る清水哉 正岡子規 清水
旧仮名遣は本仮名遣清水の音 中村草田男
昼寝して臍に雲おく清水越 正岡子規 昼寝
時鳥しば鳴き清水蕗を打つ 水原秋櫻子 蘆刈
朝しづか清水のひびききこえつつ 日野草城
朝日さすすだれの外の岩清水 飯田蛇笏 春蘭
杉の花時じくに落ち苔清水(吉野山) 細見綾子
村びとの奢り使ひの岩清水 鷹羽狩行
杣が子に日中さみしき清水かな 原石鼎 花影
松の根の苔なめらかに清水吸ふ 杉田久女
柱時計の音落ち流る川清水 中村草田男
栄華こゝに方に掬むなり岩清水 石塚友二 方寸虚実
桐掩ふ庭の清水に塵もなし 正岡子規 清水
極楽や清水の中に蓮の花 正岡子規 蓮の花
榾ひらききって清水に手を浸す 右城暮石 上下
横道を行けば果して清水哉 正岡子規 清水
橋立や諸手に結び磯清水 鷹羽狩行
武家屋敷より真清水に朱欒垂れ 飯田龍太
武家屋敷より真清水へ朱欒垂れ 飯田龍太
水の音は御供の清水の月にあふれ 荻原井泉水
水も寝るか夕べの清水杭巻く 中村草田男
水筒に清水しづかに入りのぼる 篠原梵 年々去来の花 雨
水音を草がしづめて草清水 鷹羽狩行
汗臭き手拭洗ふ清水哉 正岡子規 清水
洗面の清水拓地を貫流す 津田清子 礼拝
洞清水とどろとどろと奈落鳴り 阿波野青畝
流れ入るや清水鼓虫よりも舞ふ 中村草田男
浅く見えて杓の届かぬ清水哉 正岡子規 清水
涸清水杓にためては遊びけり 阿波野青畝
清水ありや婆子曰く茶を喫し去れ 正岡子規 清水
清水ありパカチに充つる音嬉し 山口青邨
清水ある坊の一つや中尊寺 河東碧梧桐
清水でそそくさ顔洗ひざま来し乳母ぞ 中村草田男
清水にもあるや神の名仏の名 正岡子規 清水
清水のみに柄杓もて来る町はづれ 正岡子規 清水
清水のみに椀もつて来る町はづれ 正岡子規 清水
清水のむかたはら地図を拡げをり 高野素十
清水の声と妻の声には誘はるる 中村草田男
清水の岸竹叢酒庫一つづつ 中村草田男
清水の幅十三絃のさまに流る 中村草田男
清水參らせむ幻住庵趾石一つ 石塚友二 曠日
清水吸うて歯白く嶮を笑ひけり 原石鼎 花影
清水奔りて指併せしめ岐れしむ 中村草田男
清水引く茶店の庭の筧哉 正岡子規 清水
清水引て庭に滝あり山の宿 正岡子規 清水
清水手に痛し耐ふるはすずしけれ 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
清水掬めば ハンカチ紛いの鶺鴒翔つ 伊丹三樹彦
清水汲む影のそとなる水の碧 原裕 青垣
清水汲んできて飲めという家内とほかおおぜい 荻原井泉水
清水湧き葎となれる茶所の跡 右城暮石 句集外 大正十四年
清水湧く垣根の草に茗荷など 右城暮石 句集外 昭和六年
清水湧く螢袋をもて汲まん 山口青邨
清水湧く青き千曲となるために 藤田湘子 神楽
清水溢れて足跡の泥の上を走す 中村草田男
清水潺湲対蹠界いま吾子の在り 中村草田男
清水行き安ら清らにいもり棲む 松本たかし
清水見るに倦きず日向の座に疲れず 中村草田男
清水飲むつゝがの胸の板濡らし 山口誓子
清水飲む歯並びわるき行者かな 阿波野青畝
清水飲んで頬つたふを雫拭かで立つ 原石鼎 花影
渓清水牛の銀鐶鼻ゆ垂れ 中村草田男
渓清水踏んで牛等や蹄しぶく 中村草田男
湧き出づる清水も産みの安らかに 山口誓子
溢るるを草の押へて草清水 鷹羽狩行
漂泊は跡をとどめず湧く清水 野見山朱鳥 幻日
濁る世に慣れぬ清水や山の中 正岡子規 清水
炭窯の十能冷やす庭清水 石川桂郎 四温
父と子の清水黄色き瓜食ひて 細見綾子
田に清水念佛太鼓痩せ音張り 三橋鷹女
白赤の鯉を清水に癩病めり 右城暮石 句集外 昭和二十五年
白雲の湧く杉山の清水なる 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
百里来し人の如くに清水見る 細見綾子 桃は八重
監獄にあたら流れ込む清水哉 正岡子規 清水
真清水と湯と管二つ谷走る 阿波野青畝
真清水に日は衰へて杉小苗 赤尾兜子 玄玄
真清水の杓の寄附まで山長者 原石鼎 花影
真清水や常陰といふも照りくもり 上田五千石『天路』補遺
真清水を高きに囲ひ崇神陵 鷹羽狩行
矢も盾もたまらず結び岩清水 鷹羽狩行
石垣に仏彫る寺の清水哉 正岡子規 清水
石白く清水湧き出る野中哉 正岡子規 清水
秋雨や柄杓沈んで草清水 村上鬼城
空で波うつ清水や水瓶仰ぎ飲む 中村草田男
竹寺の清水の岩に竹柄杓 鷹羽狩行
笈あけて仏を拝む清水かな 正岡子規 清水
筧にも道にも副流村へ清水 香西照雄 素心
絶壁の巌をしぼる清水哉 正岡子規 清水
網戸入れ甕に清水を湛へけり 水原秋櫻子 餘生
総揚羽吻延ぶる有時や岩清水 永田耕衣
羊歯原の清水を掬ふ 頭蓋骨 三橋鷹女
耳に目に谷をへたつる清水哉 正岡子規 清水
背の子へ清水の盃を水平に 中村草田男
胎内に岩清水湧く磨崖仏 津田清子
脛入れて短く見ゆる清水哉 正岡子規 清水
苔ともにすくひあげたる清水哉 正岡子規 苔清水
苔のなき石を踏場の清水哉 正岡子規 苔清水
苔の香や口つけて飲む岩清水 鷹羽狩行
苔の香や笠被てむすぶ岩清水 飯田蛇笏 霊芝
苔清水したたる悔の明るさに 橋閒石 卯
苔清水底砂にして青松葉 正岡子規 苔清水
苔清水馬の口籠をはづしけり 正岡子規 苔清水
若葉を貫く光りにふくるゝ清水 尾崎放哉 大正時代
苺の葉の毛だちに掬ふ清水かな 細見綾子 桃は八重
茶屋の茶に清水の味はなかりけり 正岡子規 清水
草もつれあふこともなく草清水 鷹羽狩行
菅笠のはしもぬれたる清水かな 正岡子規 清水
菅笠の紐ぬらしたる清水かな 正岡子規 清水
葉先揺る小草よ清水くすぐりて 香西照雄 素心
蘭ふんでうへの清水へゆきにけり 永田耕衣
裏山の清水ひく樋幾百尺 山口青邨
西行の掬びあまりや苔清水 正岡子規 苔清水
誰が恩の杓あたらしき草清水 森澄雄
諸鳥の争鳴するに清水噴く 上田五千石『天路』補遺
谷の子遊ぶ清水に枝川つくりつつ 中村草田男
貧しき死診し手をひたす山清水 相馬遷子 雪嶺
路次を犬は一と走せめぐり川清水 中村草田男
踊り子の踏めば玉吐く沢清水 前田普羅 春寒浅間山
車屋のさきにのみたる清水哉 正岡子規 清水
透く清水一尾の鱒も飢ゑしめず 津田清子 礼拝
酒冷す清水に近く小店あり 正岡子規 清水
野狐の尾をひたし去る清水かな 内藤鳴雪
金時も熊も来てのむ清水哉 正岡子規 清水
釜つけて飯粒沈む清水かな 正岡子規 清水
釵を落して深き清水かな 正岡子規 清水
鎧てふ重かりしもの草清水 波多野爽波
院のしげりそを打つて噴く清水あり 荻原井泉水
雨の輪の重なりそめし草清水 鷹羽狩行
雲に立つ不動の像や石清水 正岡子規 清水
雲に立つ不動濡れたり石清水 正岡子規 清水
雲高く一片かげる清水かな 河東碧梧桐
霧降るに清水掬むなり皆旅人 林翔 和紙
音たてゝ清水あふれをり瓜をどる 及川貞 榧の實
頂上へ達するまでの幾清水 松本たかし
顔洗へば粗髯につく山清水 大野林火 潺潺集 昭和四十年
飯くれぬ村はありとも苔清水 正岡子規 苔清水
飲食の茶碗を借りて清水受け 阿波野青畝
馬上より手綱ゆるめる清水哉 正岡子規 清水
馬方の山で飯くふ清水哉 正岡子規 清水
馬柄杓に草をわけ行清水哉 正岡子規 清水
馬蹄の迹へ沁み出る清水砂の上 中村草田男
驚きの過ぎしに汲むや家清水 中川一碧樓
魂守りて怒れる虫や岩清水 原石鼎 花影
鮓つけて真清水に手を洗ひけり 内藤鳴雪
鯉のため浅くひろげて庭清水 鷹羽狩行
鳥は巣を見棄てたる根もと清水噴く 橋閒石 無刻
鳴り鳴りて堰洩る清水目高迎ヘ 香西照雄
黙の清水へ声の小清水ゆんでより 中村草田男

以上

by 575fudemakase | 2017-05-17 13:21 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26862335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング