萱 の俳句

萱 の俳句


鶯や礁へ落とす萱の径 富安風生
霙るるや猟夫踏み来る水辺萱 金子 潮
雉子啼くや茶屋より見ゆる萱の中 蓑立 俳諧撰集「藤の実」
邯鄲の縷々と翳抱く萱ばかり 山口草堂
濤音の萱にはずみて明治節 齋藤玄 飛雪
椨山の萱刈りし跡大いなる 八木林之介 青霞集
老鶯や萱の中なる薪の棚 大橋櫻坡子 雨月
老いぼれて菊より萱の枕よし 後藤綾子
流寓のみじかき萱に粽結ふ 木村蕪城
落柿舎に日矢射してをり萱を刈る 七田谷まりうす
落ち切らぬ入日を沖に萱刈女 塩谷はつ枝
揺れ光り着飾る祭り萱の里 小森貞夫
余寒惜む独りかも風の萱に来たり 渡辺水巴 白日
夕月の山をうしろに萱負うて 橋本鶏二 年輪
夕萱に日やあかあかと谷崎忌 青木綾子
夕映えの萱原越しの不審船 千田一路
友焼くや雪の萱場の昏れなづみ 宮坂静生 山開
野火移りゆくに遅速の萱の丈 稲畑汀子
夜を籠めて萱の葺面(つら)もがり笛 高澤良一 随笑
鳴きやみし囮や萱にあまねき日 水原秋櫻子
明けはずむ穂萱を馬の扱きゐたり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
名水に一期一会の新茶くむ 田村萱山(ホトトギス)
霧籠めの一夜を厚き萱の簷 栗生純夫 科野路
霧にふれ萱の白緑暁けきりぬ 下村槐太 光背
本堂の床下くゞり萱運ぶ 高浜虚子
奔湍は折れ入る萱の一ところ 久米正雄 返り花
北塞ぐ萱あをあをと余りけり 大峯あきら 宇宙塵
母がりや萱の木山のあばれ雪 宮坂静生 山開
保存家の萱屋根まろし座禅草 深野カツイ 『花八ツ手』
兵(つわもの)の幾人かくす萱一本 宇多喜代子
仏まだなき墓一樹囀れる 萱沼其士子
葺きあまる萱にそゝぐや花の雨 西島麦南 人音
風除けの萱にはりつく浜の砂 宮下邦夫
風萱に赴き怪む鹿の子かな 阿波野青畝
風にみだれ十三夜すぎの萱の花 川島彷徨子 榛の木
風さそふ遠賀の萱むら焔鳴りつゝ 杉田久女
撫子や日の差し込みし萱の中 長谷川櫂 天球
負ひ被る萱におされつ落葉風 大須賀乙字
怖ろしき夢みてをらむ萱の穂も 河原枇杷男 定本烏宙論
富士山の萱刈ってくるぞ牛よ鳴くな 柴田一風
薄より萱より細し二日月 二日月 正岡子規
白露や家こぼちたる萱のうへ 蕪村遺稿 秋
白樺やのこる古雪萱の中 山口誓子
梅鉢草髪にぞ挿して萱刈女 田中はつを
背負はれし萱が歩いてゆけるなり 石井とし夫
俳聖殿苔生す萱に小鳥来る 川浪玲子
馬繋げ新茶かをらす萱が軒 蝶夢
馬繋げ新茶かほらす萱が軒 蝶夢「草根発句集」
馬によけし僧の喞へて萱の花 河野静雲 閻魔
年神の来て萱葺の軒雫 山本洋子
入り彼岸開け放さるる萱の門 馬場 秀
日の萱に逃避の我や笹鳴ける 相馬遷子 雪嶺
日と風と大石橋を萱車 成田千空 地霊
南風やゆく人まれに萱さわぐ 石橋辰之助 山暦
南風の径はるけくも萱を縫ふ 石橋辰之助 山暦
働き終へし場所にて萱を刈残す 大串章
踏みこみし萱のほとりの雪深く 木村蕪城 一位
島ははやきち~ばつた萱にとび 清崎敏郎
吊橋は低くはあらず萱負うて 下村梅子
頂に遊べる馬や萱を刈る 河野静雲
蝶々や日中滲める萱の茎 中島月笠 月笠句集
蝶さきに真野の萱原吹かれゆく 角川源義
丁子屋のいまも萱葺山眠る 大熊輝一 『土の香』
虫篝萱の茎束組み込めり 茨木和生 倭
探梅の萱踏み分けてありにけり 茨木和生 倭
誰がすみて萱葺門の花の雨 山本洋子
大沢崩天に輝く萱を刈る 川村紫陽
大寒の牛鳴いてゐる萱の中 飯田龍太
大阿蘇の来る日来る日も萱を刈る 河野美奇
卒然と萱活けられし誕生日 秋元不死男
送行の笠沈みゆく茅萱かな 橋本鶏二 年輪
鼠穴天には荒れる萱ばかり 安井浩司 汝と我
禅林の一処香が立ち萱を葺く 鍵和田[ゆう]子 浮標
雪原につんと彳ちたる萱いっぽん 高澤良一 随笑
昔も此の人、老いては老のうつくしさ藤を見る(尾州萱津) 荻原井泉水
青葉蔭萱が軒端のおん歌を 林原耒井 蜩
生涯の淋しき醜女萱を負ふ 橋本鶏二
水鳥の羽の刺さりし萱枕 大石悦子 百花
水鳥のたちぬ提灯萱に照る 清原枴童 枴童句集
吹くからに秋といふ字や萱の原 清水径子
人声は灘より起る萱の絮 木村蕪城
親茎につく萱の芽のひらきけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
新しき萱足して北塞ぎけり 大峯あきら 宇宙塵
心飛ぶ萱の新穂の波に乗り 細見綾子
鐘楼に萱束を積む日蓮寺 山城やえ
鐘見えぬまで萱積みし鬼女の寺 西本一都 景色
焼山の白き道ゆく萱負女 丸山海道
初日いま阿蘇の萱原さゞめかす 原三猿子
初茸のあかときいろに萱の苞 古舘曹人 樹下石上
初雪や紅走る萱の茎 竹田菁雨 『瞽女慕情』
祝女の座に萱敷きのべて初御願 前田貴美子
十年ののちのわが子と萱の丈 飯田龍太
秋の日や萱に道ある山畑 尾崎迷堂 孤輪
種鯉に入れし萱束水温む 茨木和生 往馬
朱鳥翔ぶ夢を雪ふる萱の原 赤松惠子
手折らんとすれば萱吊ぬけて来し 杉田久女
蛇穴に入りぬ萱原を恐るゝな 蛇穴に入る 正岡子規
捨て萱焼く 未明湖北の大事な火 伊丹公子
七月や萱は切先豊かにて 上野 燎
次郎も出征みくに萱屋のぺんぺん草 中村加津彦
慈光院萱葺きかへて野にたかし 山田孝子
寺の屋根見ゆるところに萱を刈る 山本 千代
山淋し萱を抽んで独活の花 島村 元
山淋し萱を抽んづ独活の花 島村はじめ
山里や草を刈らずて萱を刈る 佐藤紅緑
山刀伐の雲の乱るる萱刈れり 大網信行
三四本花さく萱の伏しにけり 飯田蛇笏
三月や茜さしたる萱の山 芥川龍之介
笹鳴や海女が入る温泉の萱がくれ 宮下翠舟
笹鳴に逢ふさびしさも萱の原 加藤楸邨
差金も尺も使はず萱葺くと 八木林之介 青霞集
合掌の一集落の萱を干す 杉浦 東雲
高原涼し靄の刻すぎ朝日の萱 古沢太穂 古沢太穂句集
行秋や茅萱の茎の紅深き 太田鴻村 穂国
荒壁に萱の束をば立てかけし 大石暁座
御降りや萱葺門の一在所 大峯あきら 宇宙塵
五六本萱の撥ねたる雪解かな 藤田湘子 去来の花
五箇山の萱場の萱の刈り出さる 高橋ひろ子
戸隠や萱屑混じる軒氷柱 高橋孝子
古萱を黄に伏せ山のぬくもるよ 村越化石
古萱の丈おそろしき柳絮かな 石田勝彦 秋興
肩胛骨双つあらわに萱を抱く 渋谷道
月祀るすすきの他に萱も活け 高澤良一 暮津
畦ゆけり茅萱紅葉をふみて立てり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
径どれも萱原へ外れけもの径 千田一路
屈託の萱あをあをと手摺に手 稲垣きくの 牡 丹
空梅雨や真野の萱原きらめきて 角川照子
金色に萱立てかけし馬の墓 村越化石 山國抄
去歳の芽は骨萱よこの芽も長けぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
黍熟れて刈敷の萱穂にいでぬ 飯田蛇笏
干されたる萱しろじろと暮れにけり 阪本早苗
寒晴れの萱生に下ろし鳥鳴ける 金尾梅の門 古志の歌
寒晴の谷戸は萱山開きかな 皆川白陀
寒き日がわたり萱鳴り萱鳴れり 加藤楸邨
刈り伏せの萱這ふ蟇となりしかな 吉田紫乃
刈り伏せの萱に日渡る裏秩父 上田五千石
刈り束ぬ萱のみだれの幾しぐれ 豊長みのる
刈り状せの萱に日渡る裏秩父 上田五千石
刈りし萱束ねては地でとんと突く 石井とし夫
刈らざりし寺山の萱別れ霜 茨木和生 往馬
萱鳰があり粟鳰も稗鳰も 橋本鶏二
萱芒生き死にの世の揺れてをり 櫛原希伊子
萱廂いつまで雫る夕とんぼ 林原耒井 蜩
萱鳴らす山風霧を晴らしけり 金尾梅の門
萱奔る野火や煙の追ひつけず 羽部洞然
萱萌えし伊豆の峠の雪を踏む 石橋辰之助 山暦
萱編めり離村を前の墓囲 三嶋隆英
萱葺の母屋の匂ひ盆帰省 飯田眞理子
萱負へば音の変りし夕あられ 藤原 如水
萱負ふて束ね髪濃き山処女 星野麦丘人
萱負ふて萱の中より現はれし 大橋もと女
萱負はずあそびゐるなり阿蘇の馬 阿波野青畝
萱負せ牧より帰す牧の牛 原 柯城
萱負うて灯りし町をつゞきゆく 石井とし夫
萱負うて束ね髪濃き山処女 星野麦丘人
萱背負ひ礁づたひに老の腰 岸風三樓
萱馬のたてがみ涼し波が越す 伊藤いと子
萱塚を二基立ててあと萱刈らず 茨木和生 往馬
萱塚やいつも大きく山と雲 茨木和生 野迫川
萱塚の影重ならず長く伸ぶ 茨木和生 野迫川
萱塚に心もとなくなる日射し 佐藤冨士男
萱茸の厚さの涼や囲炉裏酒 石川桂郎 高蘆
萱替へて空ひき緊まる正法寺 斎藤道廣
萱深く土筆あるべき目利かな 土筆 正岡子規
萱傷に少し旅情のごときもの 岩岡 中正
萱傷にしみる渓水父恋し 山内遊糸
萱初穂泥亀新田たりし地に 高澤良一 石鏡
萱山を僧侶山とふ気に入りし 後藤綾子
萱山の巌を鷹の栖とす 橋本鶏二 年輪
萱山の巌に鷹の舞ひ下りぬ 橋本鶏二 年輪
萱山に濃き影落し薬掘る 皆川盤水
萱山に凧あげて友なかりけり 大須賀乙字
萱山に雨降り足りし長夜かな 内藤吐天
萱作務のはじまつてゐる水平寺 山口水士英
萱高し山人何に大笑ひ 久米三汀
萱厚く氷室を葺きて白蛾湧く 吉田紫乃
萱五尺刈り取る空の深さかな 清田 柳水
萱原を萱の葉ながれ秋の蝶 長谷川櫂 天球
萱原や贅さす百舌の声せわし 寺野守水老
萱原や地鳴きかすかにかしらだか 水木なまこ
萱原やぬるでの紅葉風に照る 高田蝶衣
萱原の日に埋もれて薬掘る 木村蕪城
萱原の日にうづもれて薬掘る 木村蕪城
萱原の中直通の電話線 茨木和生
萱原の笹原続き二月かな 尾崎迷堂 孤輪
萱原のしら~明けて馬の市 長谷川素逝
萱原にちん~ちろり風がふく 寺田寅彦
萱原にいまはあまねき初日かな 清原枴童 枴童句集
萱傾ぎ更に吹かるる銀河かな 池田澄子 たましいの話
萱干してある鐘楼のまはりかな 山本洋子
萱刈女水しずかなるほとりにも 横山白虹
萱刈を了へて遊べる馬をよぶ 加藤楸邨
萱刈るや出雲石見と山わかち 飴山實
萱刈るや鬼の炊ぎし巖のこる 西本一都 景色
萱刈るやきのふにまさる山日和 植地芳煌
萱刈るやからりと晴れし牛の貌 皆川盤水
萱刈りの真向ひもまた風の山 村越化石
萱刈りが下り来て佐渡が見ゆるてう 前田普羅
萱刈や午前も午後も日がひとつ 矢島渚男 木蘭
萱刈の夕日に上げし面かな 大峯あきら 宇宙塵
萱刈の背を越え鴉力声 村越化石
萱刈の廃る日そこに見えてをり 高澤良一 石鏡
萱刈の地色広げて刈進む 篠原温亭
萱刈の脊を越え鴉力声 村越化石
萱刈の声とばしけり富士颪 酒井絹代
萱刈の萱に沈める眼かな 原田喬
萱刈の遠くへ行つてしまひけり 米沢吾亦紅
萱刈のをるところまで登りけり 富安風生
萱刈のゐて麓路に山でにけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
萱刈のここにも山を深めゐし 栗生純夫
萱刈とわが見るのみに虹立ちし 宮下翠舟
萱刈つて村人歌舞伎演じけり 加藤三七子
萱刈つて阿蘇の裾野に束ねけり 佐川広治
萱刈が業平塚と言ひにけり 大峯あきら 宇宙塵
萱刈が下り来て佐渡が見ゆるてう 前田普羅
萱垣の千の筋目の日に産屋 成田千空
萱屋根に木の実が降つてなんでも屋 細川加賀
萱屋根に霜見る朝の日和かな 同-利牛 霜 月 月別句集「韻塞」
萱屋根に萱継ぎ当てて山桜 吉沢紀子
萱襖くぐりなやみぬささ鳴けり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
萱一駄負ひ大風を負うて来る 米田一穂
萱を負ひ雀色時おし黙る 山口誓子
萱を積む馬とゆくえを同じうす 渋谷道
萱を刈る土佐もこゝらは伊予なまり 近澤 杉車
萱を刈る紫がかって神懸って 渋谷道
萱を刈るとき全身を沈めけり 稲畑汀子
萱を刈り木を伐りそこに墓ひとつ 穴井太 原郷樹林
萱を刈り蓄めて離村の心なし 井上哲王
萱を刈り終れば京へ行くと言ふ 大峯あきら 宇宙塵
萱を刈り終へて雪待つ十四五戸 大峯あきら 宇宙塵
萱わけて馬の来てをる泉かな 秋櫻子
萱わけて眼は寒波にひかれをり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
萱ふかく雪照る雲雀きこえくる 金尾梅の門 古志の歌
萱の露断礎敗瓦ところところ 露 正岡子規
萱の離々これのみ雪の暮の景 篠田悌二郎
萱の穂を訪ひゆくも旅の袖 齋藤玄 飛雪
萱の穂の波迫り来る村境 渡辺ゆり子
萱の穂の稚き月を眉の上 加藤楸邨
萱の穂のあちこち向いて日和かな 皿井旭川
萱の穂に夕日ふれては燃えにける 和田朴人
萱の穂に荒霊ひとつ憑きゐたる 河原枇杷男
萱の中に鼻摺る百合や青嵐 杉田久女
萱の傷舐めてどの子も育ちけり 山本美紗
萱の傷つめたくゆびをはしりけり 高井北杜
萱の秀に蜻蛉とまらんとする耀きなる 北原白秋
萱の朱一すぢ走る炭俵 丸山しげる
萱の根に沁む邯鄲のきかれたり 村越化石 山國抄
萱の根に咲いて弾けて秋薊 久米正雄 返り花
萱の香にふれつつ茅の輪くぐりけり 中村澄子(円虹)
萱の原近くにあれば寝覚めがち 清水径子
萱の空たちまち晴るる時雨かな 橋本鶏二 年輪
萱の芽を見たり地獄の鳴るほとり 加藤楸邨
萱の花望郷の手の双眼鏡 村越化石 山國抄
萱に雪鳴る米山村は亡びけむ 安斎櫻[カイ]子
萱に生るゝ蜻蛉大臣も此日生る 久米正雄 返り花
萱に臥て躬を秋雲にまみれしむ 中島斌男
萱くべし焚火にゆがむ甲斐の岳 阿部ひろし
茅の輪編む萱束ひとつ転がせり 茨木和生 往馬
鎌鼬萱負ふ人の倒れけり 水原秋桜子
角曲るとき萱束の長きかな 宝栄将崇
崖しづくしたたる萱や紅葉しぬ 飯田蛇笏 山廬集
塊を擡げて萱の総芽立ち 西山泊雲 泊雲句集
芽木の雨萱屋根まろき柴屋寺 河野 彩
火となりし萱のたふるゝ野火の中 佐藤寥々子
河音の未だにこもる萱焚火 栗生純夫 科野路
下萌にたれたる萱の日ざしあり 銀漢 吉岡禅寺洞
屋根替への萱担ぎ来る高麗の人 寺崎美江女
屋根替の用意の萱と聞きし嵩 田辺夕陽斜
屋根替の余りし萱を堂裏に 平田寒月
屋根替の寄進の萱を刈りに来し 勝俣泰享
屋根替の萱負ふは亡き人ばかり 吉本伊智朗
屋根替の萱束ねあり能舞台 滝沢伊代次
屋根替の萱山と積む蓮華峯寺 石鍋みさ代
屋根替の萱つり上ぐる大伽藍 松本たかし
遠雷や萱わけて人出できたる 木下夕爾
煙しみるなじみの小みち萱車 成田千空 地霊
雲は秋の緑剛岬萱ばかり 西垣 脩
雨乞ふと萱のふかきにたへ登る 軽部烏帽子 [しどみ]の花
雨音の徐々に収まり萱っ原 高澤良一 暮津
雨に刈る御射山祭する萱を 木村蕪城
一本の萱の青さを織始 あべふみ江
一本の萱でまぜ食ぶ十夜粥 西脇妙子
一人来て一人の音の萱を刈る 深見けん二
一樹なき萱山燦と二月果つ 村上 光子
伊那人の口笛萱を刈りて去る 伊藤京子
阿蘇遠し久住も遠し萱を積む 阿波野青畝
阿蘇を去る旅人小さき萱野かな 野見山朱鳥
をりをりに猿来る萱を刈つてをり 大峯あきら 宇宙塵
われを吹き萱過ぐ風のうしろ見ゆ 森澄雄
わたくしは*しんにゅうに首萱野を分け 渋谷道
わが書きし文字さへふりぬ萱薄 蝶夢
ゆふだちのすだれしづくを萱庇 荒井正隆
ゆく雲の遠きは萱にかくれつゝ 石橋辰之助 山暦
やおろちのうみの初東風萱鳴らし 高澤良一 ももすずめ
ピリカ雲火の匂うまで萱野原 川田由美子
ひと束の萱負ふは野を負ふごとし 正木ゆう子 静かな水
はしけやし芽をこぞり吹く丘茅萱 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
たんぽぽや萱屋根厚く雨垂るる 永井龍男
たっぷりと日を浴み山焼き前の萱 高澤良一 ぱらりとせ
すごすごと日の入る山野茅萱かな 佐藤紅緑
すご~と日の入る山の茅萱かな 佐藤紅緑
スケートの影を走らす萱黄なり 岡田 貞峰
すぐろなる遠賀の萱路をただひとり 杉田久女
すいと虫はなてば萱を泳ぎける 田島 秩父
されど媾曳茅萱の紅も失せ果てゝ 中村草田男
さゝ鳴や雪にひとたまりもなき萱に 篠田悌二郎
サイダーや萱山颯と吹き白み 董糸
かなかな木魂山萱の葉のふれ合へる 臼田亜浪 旅人
おのづから急流に触れ萱育つ 廣瀬直人
あたたかく山へのぼるや去歳の萱 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
*えりの湖のいくさは遠し萱を刈る 古舘曹人 砂の音

萱 補遺

*えりの湖のいくさは遠し萱を刈る 古舘曹人 砂の音
あかあかと萱と墓透く冬没日 森澄雄
うべなひしげんのしようこや萱の御所 岡井省二 夏炉
おのが食む萱運びゐて阿蘇の馬 阿波野青畝
おのづから急流に触れ萱育つ 廣瀬直人
かけがへもなきみどりさし夕萱むら 岡井省二 五劫集
かなかな木魂山萱の葉のふれ合へる 臼田亜浪 旅人 抄
かる萱の凍雪とけし穂枯かな 飯田蛇笏 山廬集
きりぎりす年子睦める萱の蔭 飯田龍太
されど媾茅萱の紅も失せ果てて 中村草田男
すぐろなる遠賀の萱路をただひとり 杉田久女
たゝなづく伊豆の萱原雪知らず 阿波野青畝
つりびとのすがたきびしく萱枯れぬ 大野林火 海門 昭和十年
ときに雉子鳩曲水の淙淙と 佐藤鬼房
なぜ婆がこのみちにゐる茅萱かな 星野麥丘人
ひぐらしの音を起したる萱の中 富安風生
ひとむらの萱に日を塞く囮かな 百合山羽公 春園
みけるかす顎爾多斯の萱の穂は枯れぬ 加藤秋邨
もつるる苅萱「女家族」へ帰りゆく 中村草田男
一人来て一人の音の萱を刈る 深見けん二
一冬吹かれ萱はみじかき茎残す 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
三四本花さく萱の伏しにけり 飯田蛇笏 椿花集
二の腕に萱のひと筋鰻捕り 飯田龍太
二人にて読む萱刈の端書かな 高野素十
人声は灘より起る萱の絮 木村蕪城 寒泉
余寒惜む独りかも風の萱に来たり 渡邊水巴 白日
冬の日や寺の門より萱の道 大野林火 海門 昭和七年
冬焦土萱.猫じやらし.竹煮草 森澄雄
冬草のみどりに萱はもみぢせり 日野草城
切り立ての水仙包む新萱菰(越前岬十九句) 細見綾子
刈り伏せの萱に日渡る裏秩父 上田五千石 森林
刈萱に湖北は霰のるころか 飴山實 句集外
刈萱の亂るゝ思ひをまがきかな 正岡子規 刈萱
刈萱の佛詣でに着痩して 岡井省二 有時
刈萱の束ね寄せある梅の花 富安風生
刈萱の気にもとめざるひかりかな 飯島晴子
刈萱の沈めしままや鷭の鳥 石川桂郎 四温
刈萱の秋の捨蚕にほかならぬ 古舘曹人 樹下石上
刈萱の穗にあらはれぬ思ひかな 正岡子規 刈萱
刈萱の触れてすこつと手に抜けし 岡井省二 鹿野
刈萱の雨にまかせて来しと云ふ 飯島晴子
刈萱もまぬがれがたく紅葉して 後藤夜半 底紅
初茸のあかときいろに萱の苞 古舘曹人 樹下石上
古萱に雪の円座の残り居り 川端茅舎
古萱の丈おそろしき柳絮かな 石田勝彦 秋興
土堤長し萱の走り火ひもすがら 杉田久女
地の起伏空に拡げて萱を刈る 稲畑汀子
夜明け待つもの青萱と看護婦と 飯田龍太
大南風萱一山をもみ海をもみ 清崎敏郎
大寒の牛鳴いてゐる萱の中 飯田龍太
大茅の輪ぎくしやくとして萱匂ふ 津田清子
大風の萱の中より初音かな 原石鼎 花影
奥耶馬の夕焼濃くす白穂萱 能村登四郎
家あり枯萱ばかり家もなし田がすこし 荻原井泉水
寒風の吹きあてにある萱の枯れ 右城暮石 句集外 昭和四年
寝床へ日がさす柿の葉や萱の穂や 種田山頭火 草木塔
対岸の萱の葭切狂ひ飛ぶ 廣瀬直人
屋根替の萱吊上ぐる大伽藍 松本たかし
屋根替への萱束干して山すみれ 細見綾子
山深き萱山にしてよき蕨 山口青邨
山童に秋の風吹く萱の蟲 飯田蛇笏 山響集
山葵田に人降りてゆく萱の丈 飯田龍太
山門も堂も萱葺き雲の秋 鷹羽狩行
峠口枯萱が鳴り水も鳴る 能村登四郎
島ははやきち~ばつた萱に飛び 清崎敏郎
崖しづくしたたる萱や紅葉しぬ 飯田蛇笏 山廬集
帰り住む大萱葺の涼しさよ 水原秋櫻子 玄魚
庭松にしげる青萱梅雨過ぐる 飯田蛇笏
彦山の早蕨太し萱まじり 杉田久女
心飛ぶ萱の新穂の波に乗り 野澤節子 牡丹
手折らんとすれば萱吊ぬけて来し 杉田久女
押せば押しもどす萱塚阿蘇広し 阿波野青畝
文月のけふ舂きて萱の山 岡井省二 五劫集
新月に刈萱活けて茶漬かな 渡邊水巴 白日
新涼の萱に切られし向ふ脛 清崎敏郎
新涼や松の根方の茅萱むら 岡井省二 有時
方丈の萱屋根越しに囀れる 右城暮石 天水
日の萱に逃避の我や笹鳴ける 相馬遷子 雪嶺
日影より水の音せり野刈萱 星野麥丘人
曼珠沙華一火が飛んで萱原に 能村登四郎
月へ萱の穂の伸びやう 種田山頭火 草木塔
朝鮮民謡枯萱原の水流れず 橋閒石 無刻
松くだる雪枯萱に殺到す 森澄雄
枯れし萱枯れし萱へと猫没す 野澤節子 未明音
枯菊に萱の雪吹く風鶴忌 斎藤玄 狩眼
枯萱にのる残雪も乾きゝり 清崎敏郎
枯萱に年かはりたる日がさせり 清崎敏郎
枯萱に斑雪今年も貧しからむ 森澄雄
枯萱のゆきにつん出て影よろめく 細谷源二 砂金帯
枯萱の上燦乱す雪解星 飯田龍太
枯萱の尺寸に雪殺到す 森澄雄
枯萱の紅のこゝろを踏むなよ君 渡邊白泉
枯萱の色に出でたるつくしかな 正岡子規 土筆
枯萱の谿かがやきてホテル立つ 水原秋櫻子 蘆刈
枯萱や伊豆にゆたかな青野川 角川源義
枯萱や湖より生れし村しづか 角川源義
枯萱や猫鳴き寄れど気に入らぬ 野澤節子 未明音
枯萱光る七輪に風通ひをり 森澄雄
桑の実や苅萱堂に遊びけり 川端茅舎
梅雨昨日明けしかなかな萱の山 岡井省二 鹿野
棕櫚は花をぐいと曲げたる萱庇 石田勝彦 百千
椿落ち枯萱に色したゝらす 清崎敏郎
残りたる末黒の萱のとげ~し 高浜年尾
水澄みていまも中洲の萱深し 廣瀬直人
泉湧く女峰の萱の小春かな 水原秋櫻子 葛飾
流感や萱山に夜々しるき星 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
浜萱や夕川波に風つのり 水原秋櫻子 晩華
浜萱や燈台濡らす沖の雨 水原秋櫻子 晩華
海道を萱搬び来てむをと鳴く 山口誓子
濤音の萱にはずみて明治節 齋藤玄 飛雪
炉のあとに萌えて小春の芦萱かな 清崎敏郎
燈心席萱屋根厚く風花す 能村登四郎
牛の烙印小春の萱の穂が撫づる 能村登四郎
生身魂いざなひ入るる萱の家 廣瀬直人
病院に妻のこしきて萱黄なり 大野林火 早桃 太白集
白樺やのこる古雪萱の中 山口誓子
白穂萱のみうねり裏八甲田 能村登四郎
磐梯の麓萱刈る人ら見ゆ 山口青邨
神宮の萱山枯れて萱葺色 山口誓子
笹鳴に逢ふさびしさも萱の原 加藤秋
紅茅萱紅ひとしほに病めりけり 飯島晴子
紐が落ちあり穴があり刈萱野 岡井省二 鯛の鯛
絶壁の萱刈るましら男か な 富安風生
綿萱の真白を吹くや沼の風 飴山實 句集外
能舞台萱葺屋根の苔の花 細見綾子
苅萱の墓所と聞けばほとゝぎす 飴山實 句集外
茄子畑に敷く萱刈りを朝仕事 松崎鉄之介
茅萱原ひとりひとりの刃置く 飯島晴子
萱に梅藪にも梅の匂かな 阿波野青畝
萱の中に花摺る百合や青嵐 杉田久女
萱の堂萱の回廊風薫る 阿波野青畝
萱の穂の稚き月を眉の上 加藤秋邨
萱の穂を訪ひゆくも旅の袖 齋藤玄 飛雪
萱の簷古りかたぶくを驟雨打つ 水原秋櫻子 蘆刈
萱の葉にむかはぎ斬られ露涼し 富安風生
萱の露断礎敗瓦ところところ 正岡子規 露
萱わけて馬の来てをる泉かな 水原秋櫻子 葛飾
萱を負ひ雀色時おし黙る 山口誓子
萱分けて空ばかりなる夕焼かな 大野林火 海門 昭和七年以前
萱刈つて岳麓の冬見えはじむ 岡本眸
萱刈に鉄輪の日あり声掛けし 岡井省二 有時
萱刈りのかくて日暮らす山小春 臼田亜郎 定本亜浪句集
萱刈るに刈りし柳も萌えてゐる 右城暮石 句集外 昭和十一年
萱刈るや出雲石見と山わかち 飴山實 次の花
萱刈るや崎荒れてゐる濁り海 杉田久女
萱刈れば岩現はれて怒りけり 富安風生
萱刈を了へて遊べる馬をよぶ 加藤秋邨
萱原の日にうづもれて薬掘る 木村蕪城 一位
萱堂にほとけ涼しき青信濃 鷲谷七菜子 游影
萱堂に雨声鐘声秋の蝉 百合山羽公 寒雁
萱塚の立てるところに歩き寄る 右城暮石 句集外 昭和五十八年
萱屋根の小山のごとき月の寺 大野林火 方円集 昭和五十一年
萱山にいま欲しい風愛は一期 楠本憲吉 孤客
萱山に旅の日傘を沈ませゆく 楠本憲吉 孤客
萱山の萱枯れしより眠りけり 清崎敏郎
萱束にもたれ葺替ひと休み 石田勝彦 秋興
萱束に葱を合掌囲ひせり 右城暮石 天水
萱束を立てかけしのみ冬構 木村蕪城 一位
萱枯れて重き片手のごとき坂 飯田龍太
萱津とはこのあたりなる浮葉かな
萱深く土筆あるべき目利かな 正岡子規 土筆
萱町や裏へまはれば青簾 正岡子規 青簾
萱艸の花の朱の冴え那智の瀧(那智) 細見綾子
萱茸の棟寿の文字谷戸小春 山口青邨
萱葺きの一茶の土蔵着ぶくれて 鷹羽狩行
萱葺にして露寒の仏たち 橋閒石 朱明
萱負はずあそびゐるなり阿蘇の馬 阿波野青畝
萱車夕焼の裾に家あるべし 大野林火 飛花集 昭和四十六年
萱野原まで水雪の照りかげり 佐藤鬼房に
萱青し肉喰うてまた夜の海へ 飯田龍太
葺きあまる萱にそゝぐや花の雨 西島麦南 人音
葺き余る萱かたはらに秋初め 廣瀬直人
葺替に径を通しぬ萱の束 石田勝彦 雙杵
葺替のもつぱら萱を運ぶ役 石田勝彦 秋興
薄より萱より細し二日月 正岡子規 二日月
蛇穴に入りぬ萱原を恐るゝな 正岡子規 蛇穴に入る
蛇笏忌や萱の先なる夕日見て 飯田龍太
蛇笏忌や霧のしばらく萱のなか 飯田龍太
蜩に鳴かれてをりぬ萱の原 加藤秋邨
蜩の真青に萱尖りけり 加藤秋邨
蝶さきに真野の萱原吹かれゆく 角川源義
蟹逃げて萱の根方を行く音す 山口誓子
親鸞や加茂を流るゝ萱の束 岡井省二 鯨と犀
豆の花畑中にゐて萱鼠 森澄雄
豌豆の花も枯萱隠れかな 清崎敏郎
踏みこみし萱のほとりの雪深く 木村蕪城 一位
野分雲燈台小さく萱がくる 能村登四郎
鉄枴や萱の枯みち海に落つ 山口誓子
鎌鼬萱負ふ人の倒れけり 水原秋櫻子 秋櫻子句集
阿蘇を去る旅人小さき萱野かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
阿蘇遠し久住も遠し萱を積む 阿波野青畝
陸奥紅葉「死ぬまで生きる」と萱野の茶 金子兜太
雉子啼くや卯つ木枯萱雲も見つ 渡邊水巴 白日
雉子鳴く右に左に萱の丈 飯田龍太
雨に刈る御射山祭する萱を 木村蕪城 寒泉
雨月にて満目萱の薄あかり 能村登四郎
雪原の萱離々たりやスキー行 山口誓子
雪女郎消えたる萱の紅らみぬ 石田勝彦 雙杵
雪霞野の萱骨のとげとげし 臼田亜郎 定本亜浪句集
霜害のすぐろの萱の日に染まず 百合山羽公 春園
霜害の萱のひとすぢ頬に触りぬ 百合山羽公 春園
霧とぶや青萱の葉末びびそよぎ 山口青邨
霧にふれ萱の白緑暁けきりぬ 下村槐太 天涯
露とめて青萱の地を離れけり 飯田蛇笏 椿花集
青萱と丈をきそへり吾亦紅 松村蒼石 雪
青萱と鹿ははるかに明けにけり 岡井省二 有時
青萱に切られて血噴く一文字 中村草田男
青萱に女童ひとしほ園の梅雨 飯田蛇笏 椿花集
青萱に山彦ながれ死病去る 飯田龍太
青萱に赤牛の背と煙草の香 森澄雄
青萱のおどろの影の水すまし 飯田龍太
青萱の一度汽笛を浴びし露 藤田湘子
青萱の今年眼に沁む身の弱り 右城暮石 句集外 昭和三十年
青萱の出穂のしづかに盆の空 飯田蛇笏 椿花集
青萱の石にみだるる炎天下 飯田蛇笏 椿花集
青萱の葉叢を求め夕日さす 飯田龍太
青萱の雨のはげしくなりにけり 日野草城
青萱をびつしり負ひし汗の顔 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
青萱を植ゑて園囿暑気広し 飯田蛇笏 椿花集
風さそふ遠賀の萱むら焔鳴りつゝ 杉田久女
風来れば蜻蛉みな飛ぶ黄萱の実 水原秋櫻子 緑雲
風萱に赴き怪む鹿の子かな 阿波野青畝
飽食や萱の紅葉によこたはる 日野草城
館趾の荒涼として白穂萱 能村登四郎
高原涼し靄の刻すぎ朝日の萱 古沢太穂 古沢太穂句集
鮮黄の毛虫聖なる日の枯萱 野澤節子 未明音
鴬や礁へ落とす萱の径 富安風生
鶫鳴き萱原ひかり朝到る 水原秋櫻子 浮葉抄
黍熟れて刈敷の萱穂にいでぬ 飯田蛇笏 春蘭

萱 続補遺

かる萱の待事もなき風情哉 猿雖
むかふ日や萱も薄も弁才天 凉菟
刈萱の折くべよさや酒の下 鈴木道彦
古桶や萱が軒端の煙出し 百里
屋根*ふきの萱よ~としぐれ哉 蘆本
煤萱の中より白し水仙花 露川
秋の日や人の手守る萱の軒 岱水
秋来ぬと桔梗刈萱売に鳧 風国
秋立日雨の降けり萱が軒 加舎白雄
芽萱刈ほすや小はるのはなれ山 完来
苅萱はまことに秋の花なるぞ 高桑闌更
苅萱や露もち顔の草のふし 牧童
萱が軒ほつけて結ぶつらゝ哉 三宅嘯山
萱の穂にうさぎの耳も野分哉 露川
萱ぶきの軒づけあつき家一つ 許六
萱原や枯かげろひて馬の陰嚢 嵐雪
萱屋ねに霜見る朝の日和かな 利午 韻塞
萱屋の便なげなり冬木立 琴風
萱苅るやちひさく馬のみゆる山 寥松
萱黄菊かれ野は末になりにけり 完来
蔦染る萱のしづくや清閑寺 卓池
行秋や木萱の上をまもる外 朱拙
野路の雨刈萱独ありのまゝに 加藤曉台
陽炎やひよりに成し萱が軒 湖十 たつのうら
霜枯の萱もあやめも日なたかな 鈴木道彦
高萱も色もつ夏のみなとかな 鈴木道彦

以上

by 575fudemakase | 2017-06-07 05:20 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26907990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02
俳句 の俳句
at 2017-12-15 07:58
田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29

外部リンク

記事ランキング