さいかちの実 の俳句

さいかちの実

*さいかちに秋の日落つる小窓かな 正岡子規
*さいかちのあまたの莢の梵字めく 太田嗟
*さいかちのおのが長さに遊びゐる 窪田佳津子
*さいかちのがさりとうごく蝦夷古墳 昆ふさ子 『冬桜』
*さいかちの下に*さいかち落ちをらず 高原春二
*さいかちの枯山に入る夜を水の上 岡井省二
*さいかちの実のありつたけ風の中 岩淵喜代子
*さいかちの実のからまりて山見ゆる 中村わさび
*さいかちの実のささやきて四十代 古内一吐
*さいかちの実の鳴るほどに枯れてゐず 剣持不知火
*さいかちの実は其のままの落葉かな 芭蕉
*さいかちの吹かれて鳴れり鯉の上 森澄雄
*さいかちの落ちしはるかな音拾ふ 寺岡捷子
*さいかちの莢からからと雲の声 上野澄江
*さいかちの莢の色付く北の風 高杉瓜里
*さいかちやごぼと音して鯉のをり 高須禎子
*さいかちや翳れば風の先づ冷えて 中邑礼子
*さいかちをつまみとしたり山の宿 荒川文雄 『銀河』
*さいかちを拾ふ左千夫の墓ほとり 岩崎健一
さいかちに風から~と乾きゐる 永作美千穂
さいかちに鳴る剥製の由緒書 安西 篤
さいかちのこぼれこぼれつ師走かな 室生犀星
さいかちのひとよぢれまたふたよぢれ 岸田稚魚 『紅葉山』
さいかちのまだまだゐるぞ悪源太 橋本榮治 逆旅
さいかちの月夜や灯る焼藷屋 渡辺水巴 白日
さいかちの黒く沈める流れかな 宇田零雨
さいかちの実のくろがねに最上の庄 野沢節子
さいかちの実のよれよれのこのところ 池田澄子 たましいの話
さいかちの実一つ見つけて持ち帰る 小泉はつゑ
さいかちの実莢鳴るなり別離以後 黒鳥一司
さいかちの風に鳴る夜の椎葉かな 東條樹々
さいかちの夜ごと灯に来る棲家得し 兼巻旦流子
さいかちの裸木ばかり霜ふらす 萩原麦草 麦嵐
さいかちの落花に遊ぶ蟇 村上鬼城
さいかちの莢に山の日風あらぶ 島田兎月
さいかちの莢の実鳴れり子盗ろ唄 倉橋羊村
さいかちの莢鳴り湖に波立つ日 中戸川朝人
さいかちの莢鳴る里の名は知らず 植田みつ女
さいかちや吹きからびたる風の音 呉江
つつがなし*さいかちの莢日に捩れ 毛利令
一陽来福さいかちの実を鳴らしけり 嶋田麻紀
秋風や*さいかちの実を吹き鳴らす 石井露月
大風に*さいかちの実のふつとべる 太田正三郎
朝のトースト*さいかちの実の鳴る窓に 甲斐すず江
朝涼、さいかちのわくら葉早い 北原白秋
追慕して重さとなりぬ実*さいかち 塩貝朱千
堂裏にさいかち拾ふ福詣 安藤衛門
風立ちて*さいかちの莢鳴りいでぬ 鈴木青園
墓の字を読む*さいかちの風の中 今田拓
夕風や*さいかちの実を吹鳴らす 石井露月
夕風やさいかちの実を吹き鳴らす 石井露月
皀角子(さいかち)の下に皀角子(さいかち)落ちをらず 高原春ニ
皀莢(さいかち)に秋の日落つる小窓かな 正岡子規

さいかちの実 補遺

あめんぼを見しのみさいかち沼といふ 燕雀 星野麥丘人
さいかちのひとよぢれまたふたよぢれ 岸田稚魚 紅葉山
さいかちの月夜や灯る焼藷屋 渡邊水巴 白日
さいかちの枯実からから年の暮 細見綾子
さいかちの実のからからと鳴るつどひ 山口青邨
さいかちの実のふらふらとわが師走 山口青邨
さいかちの吹かれて鳴れり鯉の上 森澄雄
さいかちの落花に遊ぶ蟇 村上鬼城
さいかちや落歯懐紙といふものを 岡井省二 猩々
さいかちを鳴らして風の哭く日かな 後藤比奈夫
青空のさいかちの冬来りけり 森澄雄

by 575fudemakase | 2017-06-07 09:10 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26908301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング