茘枝 の俳句

茘枝


「不要動手」(プヤオトンツオ)と言はれ苦瓜戻しけり 小宅光子 『雲に風に』
あまたるき口を開いて茘枝かな 皿井旭川
いつしかに割けて風生む蔓茘枝 中村奈美子
かく若き茘枝を好む人のあり 竹田 節
ごうやあり別に飾りて蔓茘枝 後藤比奈夫 めんない千鳥
ご赦免の日まで禁酒ぞ茘枝の実 角川源義
にがにがしきは苦瓜の故ならず 長谷川櫂 天球
ひめゆりの塔持つ島や茘枝の実 大井恒行
ひやっこき雨に見舞はれ蔓茘枝 高澤良一 ぱらりとせ
雨男に茘枝賜わる雨が降る 阿部完市 軽のやまめ
沖縄の壷より茘枝もろく裂け 長谷川かな女
沖縄の壺より茘枝もろく裂け 長谷川かな女
牙生えてきそうな甘さ茘枝噛む 牧 冬流
垣に苦瓜(ゴーヤ)蔓もの好きの主とも 高澤良一 素抱
還らざる島苦瓜の汁ねばり 沢木欣一
禁断の茘枝たわわに捕虜の島 田中信克
苦くない苦瓜自慢してしまふ 後藤比奈夫 めんない千鳥
苦瓜という悶々のうすみどり 坂巻純子
苦瓜といふ苦さうな固さうな 品田秀風
苦瓜といふ悶々のうすみどり 坂巻純子
苦瓜にひと夏の影もらいけり 西村智治
苦瓜のあだ花ばかりつけてのび 牧 貴子
苦瓜の花咲く朝むっとして 高澤良一 素抱
苦瓜の受粉日課としてきたり 武田和子
苦瓜の渋面雨に叩かれて 高澤良一 石鏡
苦瓜の小さき穴こそ棲みたけれ 正木ゆう子
苦瓜の青香のうれし退院す 玉城一香
苦瓜の登りつめてはただよえる 森田かりん
苦瓜の眠り重ねし太さかな 竹中一花
苦瓜の路地より手織り機の音 栗田やすし
苦瓜の疣を大事に包みけり 福田昌子
苦瓜も真黄に秋をつくしおり 百合山羽公
苦瓜やぶらさがるものみな愉し 長嶺千晶
苦瓜や昼酒の量むづかしく 斎藤徳治
苦瓜や訛大事に妻肥えよ 斎藤隆顕
苦瓜をさくさく食むも島の性 瀬底月城
苦瓜をどうするでもなく机の上 高澤良一 寒暑
苦瓜を化粧品屋が置いてゆく あべまさる
苦瓜を噛んで火山灰降る夜なりけり 草間時彦
苦瓜を刻みて家風にもなじみ 中間恵子
苦瓜を炒むる音のすぐ止みぬ 山尾 玉藻
苦瓜料理出され箸つけみしものの 高澤良一 素抱
今もつて島津はかたき蔓茘枝 布施伊夜子
実をひそめ雨あがりゐし茘枝棚 八木林之助
実をひそめ雨晴れてゐし茘枝棚 八木林之助
酒亭肥後路苦瓜二本荒笊に 正木ゆう子 悠
秋蝉に茘枝日暑くあからみぬ 石原舟月
杉の風茘枝の熟れを冷すなり 石井宏史
台風に苦瓜きゆうり持ち去られ 河野涼子
薄く切る苦瓜の香や海遠し 水野真由美
晩學や茘枝の果肉うすぐもり 塚本邦雄 甘露
蔓茘枝サタンに魔法かけられし 高澤良一 ぱらりとせ
遊行忌やものの不思議に蔓茘枝 森 澄雄
茘枝の実はじけて夢二生家かな 河野照子
茘枝ほど瞳の動く趙夫人 松田ひろむ
茘枝むく無骨な指も愛しおり 下山田子
茘枝割れ天の蒼さに愕きぬ 和光赤帝子
茘枝熟れ乙女も熟れて島を発つ 前西一尾
茘枝熟れ萩咲き時は過ぎゆくも 加藤秋邨 寒雷
茘枝熟れ魔女のごとくに口開く 池野よしえ
茘枝食べ余生に備へなどあらず 山岡桑史
茘枝棚かたむき紅の種こぼす 鐘江艶女
茘枝摘んで土の達磨に供へばや 茘枝 正岡子規
茘枝裂けて肉醤むしろ凄じく 川端龍子
茘枝裂け少し平凡から覚める 正木志司子
茘枝裂け魔除のごとく下がりけり 宮川杵名男
躊躇はず茘枝を食うべ山育ち 藤原涼下


茘枝 補遺

ごうやあり別に飾りて蔓茘枝 後藤比奈夫
ご赦免の日まで禁酒ぞ茘枝の実 角川源義
黄の花の湖のみぎはの蔓茘枝 岡井省二 鹿野
苦くない苦瓜自慢してしまふ 後藤比奈夫
苦瓜で隠れたるもの庫裡の窓 後藤比奈夫
苦瓜の種瓜として莞爾たり 飯島晴子
苦瓜の味の中なる山の日ぞ 岡井省二 前後
苦瓜も真黄に秋をつくしをり 百合山羽公 故園
苦瓜を噛むや満月空を駈け 加藤秋邨
苦瓜を採りたるはこの人なりし 高野素十
苦瓜を炒めるごとく天はあり 岡井省二 猩々
枯れはてて蔓茘枝ともなかりけり 清崎敏郎
蔓茘枝青し蝋涙の容なす 山田みづえ 草譜
遊行忌やものの不思議に蔓茘枝 森澄雄
理趣経のまんまん中の茘枝かな 岡井省二 鯨と犀
鰐口の垂緒ながらふ茘枝かな 岡井省二 明野
疣いぼの苦瓜にぎるたなごころ 岡井省二 鯨と犀
茘枝熟れ萩咲き時は過ぎゆくも 加藤秋邨
茘枝摘んで土の達磨に供へばや 正岡子規 茘枝

by 575fudemakase | 2017-06-07 09:28 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26908325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング