木天蓼 の俳句

木天蓼

またたびに降りだしさうな出羽の空 高澤良一 石鏡
またたびの花しらじらと離愁かな 青木重行
またたびの花の香に触れ湖の風 安井勝実
またたびの花をやさしく折れば匂ふ 山口青邨
またたびの花咲く牛の自在境 高島 茂
またたびの実のうきうきは奥武蔵 松田ひろむ
またたびの青実おまけの一掴み 高澤良一 素抱
またたびの目立ち吹かるる白葉かな 本田 空也
またたびの葉の万緑をひらめかす 大橋敦子 匂 玉
またたびや滝ははなれて仰ぐもの 安藤涼二
またたびを喰らふ青鬚越後人 沢木欣一
またたび酒神話も底をつきにけり 布施伊夜子
またたび酒昼よりなめて旧の盆 田村愛子
またたび酒漬けゐて羽後の旅名残 高澤良一 素抱
奥志賀やまたたびで酌む新走り 宮川杵名男
行く春をまたたびの葉や待まうけ 浜田酒堂
今朝活けて富士の木天蓼花散らず 渡邊水巴 富士
試飲の顔大きくゆがめ木天蓼酒 高澤良一 素抱
手から手へまたたびの花まはし嗅ぐ 永田由子「雉俳句集」
熟睡せり木天蓼の実を水浸しに 宮坂静生 樹下
娼婦ゐる木天蓼の葉の白光し 宮坂静生 樹下
雪解富士木天蓼の葉に白さ見ゆ 渡邊水巴 富士
葬りある日はまたたびの散り急ぐ 大坂十縫「草笛」
登る路に通草またたび修那羅さま 村越化石
尿前の関の木天蓼咲き匂ふ 福田甲子雄
病む喉に食ふまたたびのほろ苦し 高橋悦男
明易き富士や木天蓼かくれ咲く 渡邊水巴 富士
木天蓼(またたび)初夏真蛇さすらいやまぬかな 金子兜太 詩經國風
木天蓼とわかる近さを遠ざかる 稲畑汀子
木天蓼の花に響きて渓の音 高島和江(かびれ)
木天蓼の花は誰れみる独り見る 渡邊水巴 富士
木天蓼の花や香煙立つ岩場 森田公司(かたばみ)
木天蓼の花や山道湿りたる 射水綾子
木天蓼の花や落ちては咽ぶ水 石塚友二
木天蓼の花咲く谷に温泉の湧けり 福田甲子雄「盆地の灯」
木天蓼の花散る岬汐仏 白石みや
木天蓼の花谷風の幾曲り 北川衣川
木天蓼の空に天草四郎の眼 相原左義長
木天蓼の白葉吹かるる魂送り 沢田まさみ
木天蓼の蔓引掛けし登山バス 茨木和生 遠つ川
木天蓼の葉の白みゆく梅雨の月 片山由美子 風待月
木天蓼の葉波明るし梅雨の川 大野ツネ子
木天蓼の葉裏の見えて休暇明 大島雄作
木天蓼やあかつき旅の化粧して 阿保恭子
木天蓼や花ちる岩のたまり水 星野麦南
木天蓼や昔色町うら通り 段原スミヱ
木天蓼や連れの男のまた違う 佐藤文子
両神山や木天蓼の咲く谿深し 芋川幸子
猟銃の三代三丁木天蓼酒 中戸川朝人 星辰
杣師らに木天蓼酒といへるもの 村元子潮

木天蓼 補遺

ポポーの実食ひたるあとにまたたび酒 右城暮石 散歩圏
またたびに倒れ木撤去なしがたし 阿波野青畝
またたびの花をやさしと折れば匂ふ 山口青邨
またたびを花のごとくに青遠野 鷹羽狩行
鞍馬道またたびの花頭上にせり 松崎鉄之介
喬木に挑むまたたびつるでまり 阿波野青畝
今朝活けて富士の木天蓼花散らず 渡邊水巴 富士
山の宿蝗またたび饗されて 鈴木真砂女 居待月
水揚げのよきまたたびの花白し 右城暮石 散歩圏
雪解富士木天蓼の葉に白さ見ゆ 渡邊水巴 富士
葡萄峠は向うここでは木天蓼漬ける 金子兜太
明易き富士や木天蓼かくれ咲く 渡邊水巴 富士
明易き坊のまたたびつるでまり 阿波野青畝
木天蓼の花は誰れみる独り見る 渡邊水巴 富士
木天蓼の初夏の葉白い痛み分け 金子兜太
木天蓼の白際立ちて山の雨 稲畑汀子
木天蓼は白葉吹かれし川あそび 岡井省二 鹿野
木天蓼初夏真蛇さすらいやまぬかな 金子兜太
涼しさのまたたび青実結びたる 山田みづえ 手甲

by 575fudemakase | 2017-06-07 16:36 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26909074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング