鶲 の俳句

鶲 の俳句

鶲 補遺

うめもどき鶲はけふも紋付を 山口青邨
きりぎりす鬚の鶲匠の鵜の話 森澄雄
くつきりと鶲や畑に乾く田に 石川桂郎 四温
こころあてなくして鶲来てくれし 阿波野青畝
その色の水に飛んだる鶲かな 石田勝彦 秋興
どう言へば鶲に意(こころ)通じるか 津田清子
なきがらの還るを迎ふ尉鶲 松崎鉄之介
はればれと鶲のぼりしこずゑかな 飯田蛇笏 山廬集
むかし瘤とりの翁ありけり鶲鳴く橋閒石
ゆく年の庭見てをれば尉鶲 飯田龍太
よき話鶲つげ来よ南まど 上村占魚 鮎
一むらの刈安に声稲鶲 飴山實
一人で事足る鶲啼く 種田山頭火 草木塔
一山の聯見てまはる鶲かな 岡井省二 明野
一水を越えて発止と鶲かな 石田勝彦 秋興以後
二月晴れて鶲通しの峠かな 岡井省二 明野
人は死に人は鶲とあそびけり 斎藤玄 雁道
今年また紋見せに来し鶲かな鷹羽狩行
元日の芦を掴める鶲かな 岸田稚魚
冬の崖よにしづかなる鶲のこゑ 加藤秋邨
前略と庭先に来し鶲かな 鷹羽狩行
咥へゐるもの見せに来し尉鶲 後藤比奈夫
喪の庭やせきれいのあと鶲来て 石川桂郎 高蘆
声でわかる鶲の機嫌空模様 津田清子
夢殿は蔀あげたる鶲かな 岡井省二 鹿野
大工来てをりて鶲の来てをりぬ 後藤夜半 底紅
寝正月鶲を欲れば鶲来る 橋本多佳子
尉鶲かの世の径のごとくゐる 能村登四郎
尉鶲ほのかな老いを置いてゆく 山田みづえ まるめろ
尉鶲告げよ落城ものがたり 山田みづえ まるめろ
尾頭をまぎらし振りて鶲かな 阿波野青畝
山柴におのれとくるう鶲かな 飯田蛇笏 霊芝
山柴におのれとくるふ鶲かな 飯田蛇笏 山廬集
庭明けてまだ小半時鶲ゐる 能村登四郎
恋しさの鶲となつて亡父母よ 三橋鷹女
掌開けば乗らんばかりに鶲来る 右城暮石 上下
旅人も鶲もつづれ織の冬 橋閒石 和栲
日の虚空鶲尾羽打つ響あり 川端茅舎
昃りしもの慕はしや鶲来る 後藤夜半 底紅
春立てり鶲がそこに坐神 岡井省二 鹿野
朝ごとの雪に色ひく鶲かな 飴山實 花浴び
朝時雨鶲を庭にのこし去る 加藤秋邨
杖の養老院鶲姦しや 秋元不死男
杣山や鶲に煙のながれたる 飯田蛇笏 霊芝
来て間なき鶲の動ききびきびす 右城暮石 散歩圏
枯山や振り返るとき尉鶲 草間時彦 櫻山
柔かき肌の生涯鶲鳴く 飯田龍太
栗の毬焼けるけぶりに鶲かな 岡井省二 鹿野
武蔵野の林の朝は鶲より 加藤秋邨
水蹴立て浅瀬をわたる鶲匠かな 水原秋櫻子 葛飾
深山木に狩られであそぶ鶲かな 飯田蛇笏 山廬集
湯薬師によく来る寒の鶲なり 岡井省二 山色
澄みとほる鶲の声に明けにけり 加藤秋邨
火の色に飛んで鶲や括り桑 石塚友二 曠日
火袋になにかかくして尉鶲 飴山實 句集外
畑の火の夕べをさまり尉鶲 飴山實 花浴び
畳屋に鶲来てゐて昼深し 山田みづえ 木語
畳屋の茶どきに鶲あらはるゝ 飴山實 辛酉小雪
病めば鶲がそこらまで 種田山頭火 草木塔
白梅に見え隠れして鶲らし 清崎敏郎
睫毛より鶲こぼるる雪なりけり 橋閒石 卯
硝子戸に体当りして尉鶲 右城暮石 散歩圏
立春の黄鶲にあひ鶸をあげ 岡井省二 明野
紫陽花を鳴らす鶲の時雨かな 渡邊水巴 白日
羽ひろげ鶲は大き草の宿 山口青邨
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
色鳥の中の鶲となりにけり 高浜年尾
芭蕉葉の脊梁走り鶲飛ぶ 川端茅舎
花衰ふる紅梅に尉鶲 廣瀬直人
菠薐草繁りぬ鶲逃げてゆく 斎藤玄 狩眼
落葉に鶲まぎるる風の宮 山田みづえ 草譜
衣かけて岩に銭おく瑠璃鶲 古舘曹人 樹下石上
観音に菱形の臍鶲鳴く 森澄雄
豆うゑし田畦とびゐる鶲かな 右城暮石 句集外 昭和十年
豆腐屋の音やみにけり尉鶲 飴山實 次の花
酢牛蒡に手を出せばまた鶲とぶ 岡井省二 鹿野
野鶲に目もとありける二月かな 岡井省二 鹿野
野鶲のすこし仰向く風情かな 飯田蛇笏 霊芝
野鶲の水湧くごとく囀れり 山田みづえ 手甲
銀山のかの世のこゑの瑠璃鶲 飯田龍太
閃々と鶲飛び来て神動き 川端茅舎
雨降るに裸の柿の尉鶲 石塚友二 光塵
雪に撃つや鶲細枝に翅たれて 飯田蛇笏 山廬集
青苔に日当りてきて鶲かな 雨滴集 星野麥丘人
頷きて合へば鶲頭野分だつ 石田波郷
風きたり鶲を枝に置きて去る 水原秋櫻子 霜林
風花へ飛びこんでくる紋鶲 阿波野青畝
飛び行きしところに鶲また一羽 右城暮石 散歩圏
鳰にまた鶲を加へし豊の秋 森澄雄
鶲けさも火傷の薬売りに来たり 橋閒石 和栲
鶲ぞと告げむ子遠し明けきたる 加藤秋邨
鶲とぶ色となりたる如くかな 星野立子
鶲とんで色ひゞき逃げし枯木かな 原石鼎 花影
鶲なく凧掃出す脚跫かな 井上士朗
鶲また一羽となればしきり啼く 種田山頭火 草木塔
鶲ゐてくちざみしさの飴を乞ふ 石川桂郎 高蘆
鶲ゐて日の没る風にうめもどき 飯田蛇笏 家郷の霧
鶲呼ぶ媼に言葉憂かりけり 原裕 青垣
鶲呼ぶ媼のかげの匂ふかに 原裕 青垣
鶲呼ぶ老女童女に風の日矢 原裕 葦牙
鶲来てけさもわが目に作礼而去 川端茅舎
鶲来てこの家にやがて華燭の典 三橋鷹女
鶲来てしまはねば顔まとまらず 加藤秋邨
鶲来てとまる枯木に今日は雨 松本たかし
鶲来てふと見し枝は梅咲けり 及川貞 榧の實
鶲来て乾す染糸の黄のながれ 能村登四郎
鶲来て年酒の箸のはなやぎぬ 草間時彦 櫻山
鶲来て木の実はむペンのすゝみやう 渡邊水巴 白日
鶲来て枯木うちはゆ雑煮かな 渡邊水巴 白日
鶲来て棘つゆふくむ山椒かな 飯田蛇笏 霊芝
鶲来て色つくりたる枯木かな 原石鼎 花影
鶲来て透明な水頭を流る 加藤秋邨
鶲来て遊ぶ患家の雪の庭 相馬遷子 雪嶺
鶲来て鶲の動き見せ呉れし 右城暮石 句集外 昭和六十三年
鶲来と目くはせしをり道祖神 加藤秋邨
鶲来やくらがりがちに鳰 斎藤玄 狩眼
鶲来る富士北麓に夕日充ち 飯田龍太
鶲見て息しづめをり雪の坂 相馬遷子 山国
鶲鳥はなやかならず赤きかな 松本たかし
鶲鳥霜木に音を立てゝゐる 右城暮石 句集外 大正十五年
黄鶲が出れば緋鶲雪の上 原石鼎 花影以後
黄鶲となつて去りにき市の中 加藤秋邨
黄鶲にこころせかれつ顔洗ふ 水原秋櫻子 磐梯
黄鶲に底つ岩根の父なりき 橋閒石 卯
黄鶲に焦土のごとく富士くだる 角川源義
黄鶲の富士くれなゐに曉けゆけり 角川源義
黄鶲や四葩にあまる曉の色 角川源義
黄鶲や雪痕雲の中を行く 古舘曹人 樹下石上
黄鶲をはじいてをりぬ炭かまど 石田勝彦 百千

鶲 補遺

うめもどき鶲はけふも紋付を 山口青邨
きりぎりす鬚の鶲匠の鵜の話 森澄雄
くつきりと鶲や畑に乾く田に 石川桂郎 四温
こころあてなくして鶲来てくれし 阿波野青畝
その色の水に飛んだる鶲かな 石田勝彦 秋興
どう言へば鶲に意(こころ)通じるか 津田清子
なきがらの還るを迎ふ尉鶲 松崎鉄之介
はればれと鶲のぼりしこずゑかな 飯田蛇笏 山廬集
むかし瘤とりの翁ありけり鶲鳴く橋閒石
ゆく年の庭見てをれば尉鶲 飯田龍太
よき話鶲つげ来よ南まど 上村占魚 鮎
一むらの刈安に声稲鶲 飴山實
一人で事足る鶲啼く 種田山頭火 草木塔
一山の聯見てまはる鶲かな 岡井省二 明野
一水を越えて発止と鶲かな 石田勝彦 秋興以後
二月晴れて鶲通しの峠かな 岡井省二 明野
人は死に人は鶲とあそびけり 斎藤玄 雁道
今年また紋見せに来し鶲かな鷹羽狩行
元日の芦を掴める鶲かな 岸田稚魚
冬の崖よにしづかなる鶲のこゑ 加藤秋邨
前略と庭先に来し鶲かな 鷹羽狩行
咥へゐるもの見せに来し尉鶲 後藤比奈夫
喪の庭やせきれいのあと鶲来て 石川桂郎 高蘆
声でわかる鶲の機嫌空模様 津田清子
夢殿は蔀あげたる鶲かな 岡井省二 鹿野
大工来てをりて鶲の来てをりぬ 後藤夜半 底紅
寝正月鶲を欲れば鶲来る 橋本多佳子
尉鶲かの世の径のごとくゐる 能村登四郎
尉鶲ほのかな老いを置いてゆく 山田みづえ まるめろ
尉鶲告げよ落城ものがたり 山田みづえ まるめろ
尾頭をまぎらし振りて鶲かな 阿波野青畝
山柴におのれとくるう鶲かな 飯田蛇笏 霊芝
山柴におのれとくるふ鶲かな 飯田蛇笏 山廬集
庭明けてまだ小半時鶲ゐる 能村登四郎
恋しさの鶲となつて亡父母よ 三橋鷹女
掌開けば乗らんばかりに鶲来る 右城暮石 上下
旅人も鶲もつづれ織の冬 橋閒石 和栲
日の虚空鶲尾羽打つ響あり 川端茅舎
昃りしもの慕はしや鶲来る 後藤夜半 底紅
春立てり鶲がそこに坐神 岡井省二 鹿野
朝ごとの雪に色ひく鶲かな 飴山實 花浴び
朝時雨鶲を庭にのこし去る 加藤秋邨
杖の養老院鶲姦しや 秋元不死男
杣山や鶲に煙のながれたる 飯田蛇笏 霊芝
来て間なき鶲の動ききびきびす 右城暮石 散歩圏
枯山や振り返るとき尉鶲 草間時彦 櫻山
柔かき肌の生涯鶲鳴く 飯田龍太
栗の毬焼けるけぶりに鶲かな 岡井省二 鹿野
武蔵野の林の朝は鶲より 加藤秋邨
水蹴立て浅瀬をわたる鶲匠かな 水原秋櫻子 葛飾
深山木に狩られであそぶ鶲かな 飯田蛇笏 山廬集
湯薬師によく来る寒の鶲なり 岡井省二 山色
澄みとほる鶲の声に明けにけり 加藤秋邨
火の色に飛んで鶲や括り桑 石塚友二 曠日
火袋になにかかくして尉鶲 飴山實 句集外
畑の火の夕べをさまり尉鶲 飴山實 花浴び
畳屋に鶲来てゐて昼深し 山田みづえ 木語
畳屋の茶どきに鶲あらはるゝ 飴山實 辛酉小雪
病めば鶲がそこらまで 種田山頭火 草木塔
白梅に見え隠れして鶲らし 清崎敏郎
睫毛より鶲こぼるる雪なりけり 橋閒石 卯
硝子戸に体当りして尉鶲 右城暮石 散歩圏
立春の黄鶲にあひ鶸をあげ 岡井省二 明野
紫陽花を鳴らす鶲の時雨かな 渡邊水巴 白日
羽ひろげ鶲は大き草の宿 山口青邨
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
色鳥の中の鶲となりにけり 高浜年尾
芭蕉葉の脊梁走り鶲飛ぶ 川端茅舎
花衰ふる紅梅に尉鶲 廣瀬直人
菠薐草繁りぬ鶲逃げてゆく 斎藤玄 狩眼
落葉に鶲まぎるる風の宮 山田みづえ 草譜
衣かけて岩に銭おく瑠璃鶲 古舘曹人 樹下石上
観音に菱形の臍鶲鳴く 森澄雄
豆うゑし田畦とびゐる鶲かな 右城暮石 句集外 昭和十年
豆腐屋の音やみにけり尉鶲 飴山實 次の花
酢牛蒡に手を出せばまた鶲とぶ 岡井省二 鹿野
野鶲に目もとありける二月かな 岡井省二 鹿野
野鶲のすこし仰向く風情かな 飯田蛇笏 霊芝
野鶲の水湧くごとく囀れり 山田みづえ 手甲
銀山のかの世のこゑの瑠璃鶲 飯田龍太
閃々と鶲飛び来て神動き 川端茅舎
雨降るに裸の柿の尉鶲 石塚友二 光塵
雪に撃つや鶲細枝に翅たれて 飯田蛇笏 山廬集
青苔に日当りてきて鶲かな 雨滴集 星野麥丘人
頷きて合へば鶲頭野分だつ 石田波郷
風きたり鶲を枝に置きて去る 水原秋櫻子 霜林
風花へ飛びこんでくる紋鶲 阿波野青畝
飛び行きしところに鶲また一羽 右城暮石 散歩圏
鳰にまた鶲を加へし豊の秋 森澄雄
鶲けさも火傷の薬売りに来たり 橋閒石 和栲
鶲ぞと告げむ子遠し明けきたる 加藤秋邨
鶲とぶ色となりたる如くかな 星野立子
鶲とんで色ひゞき逃げし枯木かな 原石鼎 花影
鶲なく凧掃出す脚跫かな 井上士朗
鶲また一羽となればしきり啼く 種田山頭火 草木塔
鶲ゐてくちざみしさの飴を乞ふ 石川桂郎 高蘆
鶲ゐて日の没る風にうめもどき 飯田蛇笏 家郷の霧
鶲呼ぶ媼に言葉憂かりけり 原裕 青垣
鶲呼ぶ媼のかげの匂ふかに 原裕 青垣
鶲呼ぶ老女童女に風の日矢 原裕 葦牙
鶲来てけさもわが目に作礼而去 川端茅舎
鶲来てこの家にやがて華燭の典 三橋鷹女
鶲来てしまはねば顔まとまらず 加藤秋邨
鶲来てとまる枯木に今日は雨 松本たかし
鶲来てふと見し枝は梅咲けり 及川貞 榧の實
鶲来て乾す染糸の黄のながれ 能村登四郎
鶲来て年酒の箸のはなやぎぬ 草間時彦 櫻山
鶲来て木の実はむペンのすゝみやう 渡邊水巴 白日
鶲来て枯木うちはゆ雑煮かな 渡邊水巴 白日
鶲来て棘つゆふくむ山椒かな 飯田蛇笏 霊芝
鶲来て色つくりたる枯木かな 原石鼎 花影
鶲来て透明な水頭を流る 加藤秋邨
鶲来て遊ぶ患家の雪の庭 相馬遷子 雪嶺
鶲来て鶲の動き見せ呉れし 右城暮石 句集外 昭和六十三年
鶲来と目くはせしをり道祖神 加藤秋邨
鶲来やくらがりがちに鳰 斎藤玄 狩眼
鶲来る富士北麓に夕日充ち 飯田龍太
鶲見て息しづめをり雪の坂 相馬遷子 山国
鶲鳥はなやかならず赤きかな 松本たかし
鶲鳥霜木に音を立てゝゐる 右城暮石 句集外 大正十五年
黄鶲が出れば緋鶲雪の上 原石鼎 花影以後
黄鶲となつて去りにき市の中 加藤秋邨
黄鶲にこころせかれつ顔洗ふ 水原秋櫻子 磐梯
黄鶲に底つ岩根の父なりき 橋閒石 卯
黄鶲に焦土のごとく富士くだる 角川源義
黄鶲の富士くれなゐに曉けゆけり 角川源義
黄鶲や四葩にあまる曉の色 角川源義
黄鶲や雪痕雲の中を行く 古舘曹人 樹下石上
黄鶲をはじいてをりぬ炭かまど 石田勝彦 百千

以上

by 575fudemakase | 2017-06-07 17:02 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26909129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング