鴫 の俳句


あちらむきに鴫も立たり秋の暮 蕪村 秋之部 ■ 老懐
いかものかは鴫立つ沢のスピノザーメン 加藤郁乎
いけ物や袖より鴫の百羽がき 濯資 選集「板東太郎」
けぶり立ち鴫立ち人も立ちにけり 一茶
さなきだに雷鴫の三番瀬 高橋澄子
せいたか鴫おのが影より脚を抜く 吉田渭城
たつ鴫に眠る鴫ありふた法師 蕪村 秋之部 ■ 竹渓法師丹後へ下るに
つく~と鴫我を見る夕ベ哉 一茶 ■寛政年間
ぼんやりと鴫いて空気重たくて 伊藤淳子
よる浪やたつとしもなき鴫一ッ 炭 太祇 太祇句選後篇
よる浪やまつとしもなき鴫一つ 太祇
よる浪や立つとしもなき鴫一つ 太祇
磯鴫のあるく七里の渡しあと 藤田あけ烏 赤松
磯鴫の餌場ととのふ砂湿り 加藤峰子
磯鴫の脚跡にとりかこまるる 千葉皓史
磯鴫の高脚ぬらす夕爾の忌 稲垣きくの
磯鴫の百の翔りに帽押へ 小林 貴子
磯鴫や汐木のどれも濡れてをり 鈴木雹吉
磯鴫や順ゆづらるる覗き穴 吉田明子
磯鴫や諸鳥いまだ加はらず 森田峠
磯鴫や真野の浜打つ片瀬波 坂井ひとし
磯鴫や入江にひらく投網の輪 広瀬釣仙
磯鴫よ目覚めしかよく眠れしか 井上信子
引き潮に鴫専心の嘴づかひ 原田達夫
雨ながら鴫立つ沢にもうひとり 清水径子
姥鴫もたつやさはさは此湯もと 梅翁 (三箱の御湯)
花一つなき野に鴫の秋深し 秋 正岡子規
海あたたか雷鴫の急降下 立岩利夫
刈り跡や早稲かたかたの鴫の声 松尾芭蕉
看経の鴫に遠のく祭唄 小林道子 『下萌』
看経の鴫に波音くりかへし 小林道子 『下萌』
牛叱る声に鴫立つ夕かな 支考
牛呵(しか)る声に鴫立ついふべかな 支考 選集古今句集
牛呵る声に鴫たつ夕かな 支考
牛呵る声に鴫立つ夕べかな 支考
玉鴫のながはぎあそび望潮 木津柳芽
玉鴫や落潮若き葦をはなれ 木津柳芽
群れてゐて照準に入る鴫一羽 北川英子
源流に雷鴫の羽音かな 福田甲子雄
古沼や鴫立て三日の月低し
虎が雨鴫立つ沢のにごりけり 平林孝子(寒雷)
吾も買はな背高鴫の赤ブーツ 芹山 桂
後の月鴫たつあとの水の中 蕪村遺稿 秋
好天を背高鴫のもて余す 高田令子
高脚の鴫の孤影に波たたむ 風間史子
三味線で鴫を立たする潮来哉 一茶
三絋で鴫を立たする潮来哉 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
氏神と墓と雷鴫の道 成井恵子
鴫(しぎ)たつや余所のわかれに暮まさり 千代尼
鴫いくつかむつめるこゑと男山 岡井省二
鴫おりて沢辺は榛の列なせり 公鳳
鴫が来てそれより鴨の渡り来る 阿部みどり女
鴫たちて澤に人なし秋のくれ 秋の暮 正岡子規
鴫たつてくれの焚火のもる家哉 加舎白雄
鴫たつて暮れの焚火のもる夜かな 白雄
鴫たつや行き尽したる野末より 蕪 村
鴫たつや朝さへ人に遠ざかり 千代女
鴫たつや凡夫家路のいそがるる 白雄
鴫どもゝ立尽したり木なし山 一茶 ■享和二年壬戌(四十歳)
鴫なくや笠きてやせた都人 鴫 正岡子規
鴫のゐて茫々たる田もの思ふ 新谷ひろし
鴫の羽の田に鳴込むやけふの月 浜田酒堂
鴫の看経嘴の一滴凍りさう 平井さち子 紅き栞
鴫の脚くつきり映り忘れ潮 深見けん二 日月
鴫の嘴岩一と色に寄る辺なや 成田千空
鴫ひそむ田の広がりを吹きからぶ 新谷ひろし
鴫ひとつ翔けゆきしづむ枯真菰 水原秋桜子
鴫も居らず鴫立つ澤の初時雨 時雨 正岡子規
鴫も來ず鴉を下りず雀堂 鴫 正岡子規
鴫わなや鴫はさやらず蓼の花 寺田寅彦
鴫一つ向ふさがりや沼の小田 阿波野青畝
鴫一声ゆめまぼろしに乗りうつる 山中葛子
鴫遠く鍬すゝぐ水のうねりかな 蕪村
鴫下りし音に目ざめつ月の酔 前田普羅 能登蒼し
鴫下りし月の浅瀬を渉る 前田普羅 能登蒼し
鴫撃つと片目つぶりや小百姓 阿波野青畝
鴫撃てば百姓の目のさとかりき 米沢吾亦紅 童顔
鴫黒く不二紫のゆふべ哉 鴫 正岡子規
鴫渡る万華鏡中暗かりし 神尾久美子
鴫突の行く影長き日あしかな 児竹
鴫突の馬やり過す鳥羽田かな 胡及
鴫飛んで路夕陽の村に入る 寺田寅彦
鴫鳴くは島影ならし後の月 水原秋桜子
鴫鳴くや酒も油もなき庵 井上井月
鴫網の目にもたまらぬ稲子かな 中村史邦
鴫立ちてゆふ風わたる古江かな 闌更
鴫立ちて広重の松残りけり 水口楠子 『泉汲む』
鴫立ちて秋天ひききながめかな 蕪村
鴫立ちて千曲への道薦乾く 千田 一路
鴫立ちて夕日の村となりにけり 岩渕 彰
鴫立つてあと立つ鷺のさう~し 大須賀乙字
鴫立つてそれきり暮れし門田かな 内藤吐天
鴫立つて月の野道となりにけり 村上蚋魚
鴫立つと犬の視線が追うてをり 坊城としあつ
鴫立つや礎残る事五十 夏目漱石
鴫立つや其後何の音もなし 成美
鴫立てあとにものなき入日哉 鴫 正岡子規
鴫立てずんと昔の夕かな 一茶
鴫立てひとゝせふりぬ此ゆふべ 高井几董
鴫立て一とせふりぬ此夕 几董 (嵐山一周忌)
鴫立て秋天ひきゝながめ哉 蕪村 秋之部 ■ 竹渓法師丹後へ下るに
鴫立て秋天ひきゝ眺め哉 蕪村
鴫立て日は薄墨に暮にけり 尚白
鴫立や人のうしろの人の皃 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
舟に乗つて稲刈り居れば鴫が立つ 寒川鼠骨
小刻みに人に矩置く田鴫かな 高田美津子
上げ潮に背高鴫の反りかへる 小林正史
榛の野のそこここに水戻り鴫 岡井省二
人体は湿地帯なり大地鴫 佃悦夫
水田満つ鴫の片脚立ちのほか 八木林之介 青霞集
生死いま磯鴫に時あずけおく 長谷川草々
石打て立たする鴫に哀れなし 言水
雪の暮鴫はもどつて居るような 蕪村 冬之部 ■ 題七歩詩
雪解野の瀬岐れまぶし帰り山鴫 内藤吐天
雪礫田鴫を追つて落ちにけり 長谷川かな女 雨 月
巣の鴫に運ぶ嘴小魚照り 大川輝子
相撲取鴫立沢もなかりけり 重丸 選集「板東太郎」
大空に離れては寄る大地鴫 笹原 紀子
大地鴫叫びて降下繰り返す 森下草城子
谷かくれ木かくれ鴫の帰るなり 富取芳河士
谷津干潟磯菜の上を鴫歩く 青木和枝
朝の渚駆けて磯鴫なり一羽 樋笠文
朝戸出や山を睨めば鴫が飛ぶ 会津八一
朝堤ふみたつる鴫の羽音かな 中勘助
潮引けば鴫の反り嘴潮を追ふ 春潮
潮上げて鴫の看経田に移り 児玉 小秋
勅選に漏れてや鴫の猶淋し 鴫 正岡子規
泥亀の鴫に這ひよる夕かな 其角
泥亀の鴫に這よる夕哉 其角 (曳尾)
田の鴫のはづれに育ち雲が好き 高橋道子
田鴫来て啼くや鳥居は水に立ち 谷田秀子
冬鴫の脚きんいろに折れさうな 夏井いつき
島さびし鴫鳴く声も汐の香も 向江八重子
棟上げのあと磯鴫のあそびをり 友岡子郷
湯豆腐で鴫立沢にも一冬 三千風
日矢かへす鴫群翔の大干潟 坂本香寿子
背高鴫影とがらせてゐたりけり 松井恭子
背高鴫赤(ああか)い鼻緒のじょじょ履いて 高澤良一 随笑
百とせのその日も鴫のゆふべ有る 千代尼
氷ともならで鴫鳴く夜明かな 中川宋淵
不知よひの闇のせてたつ鴫の聲 十六夜 正岡子規
浮島の下り立つ鴫に小揺らぐも 長屋せい子
浮島や鴫を二日の景として 佐藤鬼房
片丘や住初る日を鴫の鳴 一茶
歩き出す鴫に大きな伊勢の海 古舘曹人
歩くたび背高鴫の足が邪魔 片山由美子
木偶鴨に鴫か千鳥か鳴いてゐる 木村蕪城 寒泉
戻り鴫潮引砂洲を小走りに 小川斉東語
野を焼いて鴫は戻らずなつたやう 高橋睦郎
夕けぶり鴫の看経つつみける 平橋昌子
夕鴫は畦木淋しく飛びにけり 野村喜舟 小石川
雷鴫足を取られる山仕事 篠田悦子
里はなれ鴫立沢やそま捨て場 心牛 選集「板東太郎」
離れては近づく田鴫農婦の背 数長藤代
立つ鴫をほういと追ふや小百姓 高浜虚子
立つ鴫を言吃らして見送りぬ 阿波野青畝
立つ鴫を言吃りして見送りぬ 阿波野青畝
立てば鴫立たねば秋の夕かな 鴫 正岡子規
立てば淋し立たねば淋し鴫一つ 正岡子規
立て行鴫心なし秋の暮 長梧 (鴫立沢)
立鴫や我うしろにもうつけ人 一茶 ■文政三年庚辰(五十八歳)
旅ならぬ夕野の鴫を見ていそぐ 榎本冬一郎 眼光
猟銃音水面すれすれ鴫か逃げ 石川桂郎 四温
淋しさの三羽減りけり鴫の秋 鴫 正岡子規
淋しさの霧へにじむや鴫の声 太無
淋しさを立ち行く鴫の夕哉 鴫 正岡子規
咥へては打ちつけ鴫の蟹を食ふ 安藤和子
獵師つれて鴫打ちに行く泊り掛 鴫 正岡子規

鴫 補遺

さみだれの毛越寺みち田鴫鳴く 山口青邨
もどり鴫ゐつく野水の湛へかな 右城暮石 句集外 昭和十三年
もどり鴫筍藪の上越して 右城暮石 句集外 昭和七年
磯鴫がいちはやく知る海の枯れ 能村登四郎
花一つなき野に鴫の秋深し 正岡子規 秋
貝寄風や鴫立沢の芥溜む 角川源義
古沼や鴫立て三日の月低し 正岡子規 鴫
鴫いくつかむつめるこゑと男山 岡井省二 有時
鴫たちて澤に人なし秋のくれ 正岡子規 秋の暮
鴫なくや笠きてやせた都人 正岡子規 鴫
鴫に鴫重なり見るからなめらかに 山口誓子
鴫の看経昼闌けし袖袂 岡井省二 鯛の鯛
鴫も居らず鴫立つ澤の初時雨 正岡子規 時雨
鴫も來ず鴉を下りず雀堂 正岡子規 鴫
鴫一つ向ふさがりや沼の小田 阿波野青畝
鴫下りし音に目ざめつ月の酔 前田普羅 能登蒼し
鴫下りし月の浅瀬を渉る 前田普羅 能登蒼し
鴫撃つと片目つぶりや小百姓 阿波野青畝
鴫黒く不二紫のゆふべ哉 正岡子規 鴫
鴫走る田水猟期の初めかな 河東碧梧桐
鴫打ちの煙飛びけり江の日和 河東碧梧桐
鴫立つて我れ来しはうへ飛びにけり 村上鬼城
鴫立てあとにものなき入日哉 正岡子規 鴫
銃の音鴫と小鳥と立ちにけり 河東碧梧桐
沼辺より大鼓(おほかは)の音鴫の嘴 岡井省二 大日
榛の野のそこここに水戻り鴫 岡井省二 山色
水錆びてわたる鴫なし芒原 水原秋櫻子 殉教
朝早く鴫鳴く畷踰えにけり 岡井省二 有時
勅選に漏れてや鴫の猶淋し 正岡子規 鴫
日の中へ発ちたる鴫や足ほのか 中村草田男
梅雨の鴫羽摶ちし波の俄かなり 水原秋櫻子 玄魚
白点点お田植鴫といふべきか 佐藤鬼房
飛ぶ鴫に辺波沖波こまごまと 上村占魚
浜鴫の不思議を数ふ妻の指 佐藤鬼房
不知よひの闇のせてたつ鴫の聲 正岡子規 十六夜
富士の里大雪に筬を鴫らす門 村山故郷
浮島や鴫を二日の景として 佐藤鬼房
木偶鴨に鴫か千鳥か鳴いてゐる 木村蕪城 寒泉
戻り鴫渡り来し田の菜種かな 右城暮石 句集外 昭和三年
野径十歩我に鴫立つ夕かな 内藤鳴雪
立つ鴫を言吃して見送りぬ 阿波野青畝
立てば鴫立たねば秋の夕かな 正岡子規 鴫
立てば淋し立たねば淋し鴫一つ 正岡子規 鴫
猟銃音水面すれすれ鴫か逃げ 石川桂郎 四温
淋しさの三羽減りけり鴫の秋 正岡子規 鴫
淋しさを立ち行く鴫の夕哉 正岡子規 鴫
悴けたる四肢に鎖の鴫りにけり 山口誓子
獵師つれて鴫打ちに行く泊り掛 正岡子規 鴫
蘆叢の鴫の浮巣は水漬かざる 高浜年尾

鴫 続補遺

いかなれば鴫より肥し木啄鳥 桜井梅室
かけなみに追れて高し鴫の尻 加藤曉台
くれの鴫朝がほほどの世も持ず 成田蒼虬
すき間なき藪行ぬけて鴫の声 桜井梅室
ぼと鴫の立行方や落し水 探志
ゆく秋や鴫の羽根掻くい~と 鈴木道彦
よる浪やたつとしもなき鴫一ッ 炭太祇
三日月や袖より鴫の立闇さ 傘下
人稀に鴫啼いて我が夕かな 白雄 白雄句集
人稀に鴫啼て我夕かな 加舎白雄
何おもふ田水の月に鴫ひとり 素丸 素丸発句集
余の鳥が啼てもさびし鴫の暮 完来 空華集
味噌つけて焼けや茄子も鴫の秋 吾仲
問はで済む鴫猶淋しすみだ川 麦水 葛箒
声くれてまだたつ鴫もなかりけり 井上士朗
夕あさり鴫の目はやく鷺鈍し 加藤曉台
夕鴫の浅瀬にたてる一羽かな 加舎白雄
大池の真中ゆくや鴫一羽 桜井梅室
川隈を便りに鴫の仮寐かな 望月宋屋
己が影さすともしらず草の鴫 鳳朗
帰り来てふたゝびたちぬ暮の鴫 卓池
暮の鴫足水袖にかけしかな 長翠
水流れず鴫たつて又夕かな 三宅嘯山
泥亀の鴫に這よる夕かな 其角 五元集
泥亀の鴫に這よる夕哉 其角
牛呵る声に鴫たつゆふべかな 支考
猶淋しつい~鴫のひとり行 諷竹
画なる如し終日鴫ふたつ 三宅嘯山
百とせのその日も鴫のゆふべ有 千代尼
石うつて立する鴫は哀なし 池西言水
秋は猶鴫のゆふべぞおもはるゝ 高桑闌更
立鴫におどろく小家のうしろ哉 鈴木道彦
立鴫の引残したる流れかな 鳳朗
立鴫の皃にうつるや長柄の灯 桜井梅室
見返れど~未鴫たゝず 三宅嘯山
隠居面夕なりけり小田の鴫 調幸子 富士石
雨の鴫一羽もたゝず暮にけり 露印
雪の暮鴫はもどつて居るやうな 与謝蕪村
霜の夜や鴫の羽がき尚さむし 樗良
風の鴫突はづされし夕かな 松窓乙二
鴫*わなに鴫もかゝらず秋のくれ 車庸
鴫たちてさびしきものを鴫居らば 其角
鴫たつて暮の焚火のもる夜哉 加舎白雄
鴫たつやよ所のわかれに暮まさり 千代尼
鴫たつや凡夫家路のいそがるゝ 加舎白雄
鴫なくばいかに渦輪の夕かな 馬場存義
鴫ならぬ姥もあはれはしらがかな 無端 続山の井
鴫の羽の田に鳴込やけふの月 洒堂
鴫啼てなぐさむかたもある空ぞ 鈴木道彦
鴫網の目にもたまらぬ稲子哉 史邦
鴫越て欄干高し浦の橋 李東
鴫鳴て花表のおくは何もなし 露川
鴫~に秋のわたるや遠目がね 除風

以上

by 575fudemakase | 2017-06-07 17:16 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26909161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング