鶉 の俳句


*えいの尾になる町は鶉かな 沾徳
*ひつじ田に鶉出でたる初景色 森 澄雄
あこあこと呼べど聲なし鳴く鶉 鶉 正岡子規
ありし野の花や粧ふ鶉篭 太祇
うごきては眉雪はなやぐ鶉籠 宇佐美魚目 天地存問
うづら立つ片鶉なり沓はかず 郁乎
おもはゆく鶉なく也蚊屋の外 炭 太祇 太祇句選
かさとゐて容ちの鶉櫟山 岡井省二
こわ高に鹿驚(かがし)の中の鶉かな 史庭 俳諧撰集「藤の実」
ずんずんと瀬の昏れてゆく鶉籠 中岡毅雄
たちかねて老の鶉の鳴く音かな 惟然
ちよろちよろと粟の穂がくれ行く鶉 鶉 正岡子規
つちくれにつまづき駆くる鶉かな 森田 峠
つちくれを踏まへて逃ぐる鶉かな 高浜虚子
はつ鶉時計の六ツもうたせけり 中村史邦
ひひなきに夜を待ち明かす鶉かな 山店 芭蕉庵小文庫
ふうっと歩むは鶉なるらし森の端の枯下草の乱れより出でて 須藤若江
むさし野や地べたに下ろす鶉籠 満田春日
むら尾花夜のはつはつに鶉鳴く 暁 台
粟くふて妻を思ふか飼鶉 粟 正岡子規
粟の穂にふじはかくれて鶉啼く 鶉 正岡子規
粟の穂に村はかくれて鶉啼く 鶉 正岡子規
粟の穂に届かぬ時か鳴く鶉 蓼太
粟の穂に鶉かくれて見えずなりぬ 鶉 正岡子規
粟の穂やひとほしづみて啼鶉 松岡青蘿
粟の穂をこぼしてここら啼く鶉 広瀬惟然
粟の穂を見あぐる時や啼く鶉 支考
一ツ家はこの道でなしなく鶉 鶉 正岡子規
一ツ家はすゝきにくれてなく鶉 鶉 正岡子規
一睡のゆめ木賊より鶉出で 宇佐美魚目
黄昏の背戸に愁ふや片鶉 松瀬青々
花前の菖蒲や鶉炉に返し 石川桂郎 四温
覚悟なく田鼠鶉となる日かな 戸田和子
釜煮えも春心地して鶉粥 大谷句佛 我は我
喜劇として貧し水踏む雙鶉 竹中宏
寄つて来て鶉とわかるほどの距離 佐藤淑子
幾夜ふる小野の小町のかた鶉 如流 選集「板東太郎」
久に聞く鶉や丘の夕まぐれ 藤原たかを
去年今年軸の鶉の細目して 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
峡の田の藁塚より鶉まろび出づ 根岸 善雄
桐の水に鶉鳴なる塀の内 芭蕉
桐の木に鶉鳴くなる塀の内 松尾芭蕉
桐の木に鶉鳴なる塀の内 芭蕉
錦帳の鶉(うづら)世を草の戸や郭公 服部嵐雪
錦帳の鶉世を草の戸や郭公 服部嵐雪
金の間をさびしがらする鶉哉 乙由
栗一つ食み割る音の鶉かな 虚子
頚垂れて鶉わが掌につゝまるゝ 山口誓子
月を踏んで草の径に鶉鳴く 鵜沢四丁
元政の枕にひびく鶉かな 蕪村
後に鳴き又先に鳴き鶉かな 夏目漱石
向きあふて鳴くや鶉の籠二ツ 鶉 正岡子規
妻を呼ぶ籠の鶉や庭の萩 萩 正岡子規
三つがしら鶉鳴也くわくわくわいくわい 井原西鶴
山吹や鶉飼ふたる市の家 山吹 正岡子規
山門を鶉走りて寒もどる 小島千架子
子育ての四十路駆け足鶉鳴く 白井 爽風
市民農園田鼠鶉となりにけり 高野良
飼はれたる鶉鳴くなり夕廂 桑原晴子
耳さとき籠の鶉に木の葉舞ふ 上村占魚
捨てゝある田舟のほとり鶉鳴く 乙字
捨ててある田舟のほとり鶉鳴く 大須賀乙字
蛇出でて田鼠は既に鶉かな 会津八一
手捕られしまろき鶉も狩の幸 橋本鶏二
秋たつや鶉の聲の一二寸 立秋 正岡子規
秋の田の刈りつめられし鶉哉 夕桜
春の野や鶉の床の表がヘ 井原西鶴
初鶉時計の六つもうたせけり 史邦 芭蕉庵小文庫
暑き夜を籠の鶉の眠らざる 暑 正岡子規
諸鶉駒はまかせぬ脇目かな 其角 (餞秋航)
諸鶉草より低く飼ひ馴らす 安達実生子
小鳥店鶉の籠は道の端へ 米戸豊春
小庇やけむい~となく鶉 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
床上げの窓に鶉の声はしる 熊田 鹿石
松過の蕎麦の鶉の卵かな 藤田湘子 春祭
新月に温泉客の鶉焼くけむり 宮武寒々 朱卓
新田の曙はやき鶉かな 鶉 正岡子規
深草や鶉の聲に日の當る 井上井月
人の忌の鶉に鶉添ひにけり 秋山夢
人見知りするも愛ほし飼鶉 牧 月耕
人愁へ鶉しばらく声やみぬ 松瀬青々
水近く鶉の来るや神送り 大石悦子 聞香
青芒きのふ鶉の走り出で 宇佐美魚目 天地存問
川底の日のうららかに鶉なく 金尾梅の門
川底の日のうらゝかに鶉なく 金尾梅の門
川並の置きて雨月の鶉籠 岡田鉄 『卆心』
鷹の目もいまや暮れぬと啼く鶉 ばせを 芭蕉庵小文庫
鷹の目も今や暮れぬと鳴く鶉 松尾芭蕉
鷹網や囮鶉のひそみ音に 臼田亜浪
茶畑の畝に潜りし鶉かな 三森鉄治
長鳴はおのが尾に似ぬ鶉哉 重頼
追廻す鶉は鳴かず草の中 尾崎紅葉
田に老いて鶉顔なる鼠かな 佐々木北涯
冬麗や飢ゑてもひそと飼鶉 堀口星眠 営巣期
唐網に袖ぬれてきく鶉かな 正秀 芭蕉庵小文庫
唐網に袖ぬれて開く鶉かな 水田正秀
当山の縁起の図より鶉出て 藤田あけ烏 赤松
動く灯は鶉を追へる灯なるべし 三溝沙美
道々の鶉きくらん薬とり 嵐竹 芭蕉庵小文庫
日に三度鳴いて鶉の妻恋ふる 師竹
日の出でや鶉水呑む窓あかり 琶扣 俳諧撰集「藤の実」
日の澄みてしづかに音す鶉籠 松瀬青々
日蝕や田鼠鶉と化して鳴き 伊藤晴子
廃坑のゴーストタウンに鶉鳴く 保田白帆子
売られても秋をわすれぬ鶉かな 千代尼
飛たつも我身ばかりや片鶉 半魯 (片思)
飛鶉鼠のむかし忘るゝな 一茶
風くれば風に走りて片鶉 平子公一
風の出て鶉うりますと拙き字 川崎展宏
風落て綱懸の鶉見日哉 加舎白雄
伏見には町屋の裏に鳴く鶉 鬼貫
聞く人の目の色狂ふ鶉かな 千代尼
片鶉粟穗もくはで鳴きにけり 粟 正岡子規
片鶉交野の人家灯ともさず 鶉 正岡子規
縫物に針のこぼるる鶉かな 千代女
末枯に晝の鶉のあはれなり 鶉 正岡子規
万葉の保福寺道に鶉茶屋 島崎五穂 『さざれ石』
夢に聞くはうつら鶉のねみみかな 季吟
夢の色ひめて鶉の卵がら 原石鼎 花影以後
鳴きごゑの遊んでゐたる鶉かな 岩城久治
網の目やうき暁を鳴く鶉 白雄
木の宿の木の風呂鶉鳴きにけり 野中 亮介
野となりて畠となりて鶉哉 鳥酔
野鼠にゆかり持たり鶉の巣 井原西鶴
野鼠にゆかり持ちたり鶉の巣 西鶴
野鶉の籠に飼はれて鳴きにけり 日野草城
夕渡鶉とび立ち草にみち 木津柳芽
夕風や垂穂にあるく片鶉 蛇笏
夕暮をおもふままにも啼く鶉 惟然
落穂拾ひ鶉の糞は捨てにけり 上島鬼貫
落穂拾ひ鶉の糞は捨にけり 鬼貫
霊山へ木深く逃げし鶉かな 西山泊雲 泊雲句集
恋しらぬ猫や鶉を取らんとす 猫の恋 正岡子規
啼度に草の露ちる鶉かな 魯文
寐てゐれば粟に鶉の興もなく 夏目漱石 明治四十三年
杣道の登りとなりて鶉鳴く 永由頼寿
畫のやうな鶉の籠でなかりしよ 中原道夫
蓼の穂の風や鶉の夜明顔 寺田寅彦
鶉かと鼠の味を問てまし 其角
鶉たつ道陸神のほとりかな 野村喜舟 小石川
鶉ともならで花野のいたち哉 也有 (鼬といふ題をとりて)
鶉なく宇治に落語の興りけり 龍岡晋
鶉なく大名地野はいづこにや 中村史邦
鶉の頭まるくてあかくて入日どき 加藤楸邨
鶉わたる桂のあした加茂の暮 几董
鶉去つて草原の風濃くなりぬ 青木鐵史
鶉取る人は歸りぬ鳴く鶉 鶉 正岡子規
鶉出て春昼母子だけで坐る 長谷川かな女 花寂び
鶉焼き奥鬼怒に雨呼びにけり 櫛田と志子 『繭玉』
鶉食つて月の出遅き丸子宿 斎藤夏風
鶉鳴いて提灯草に隱れ行く 鶉 正岡子規
鶉鳴き家裏に日のまはり来し 石田阿畏子
鶉鳴くあこらあたりは三等口 寺田寅彦
鶉鳴くばかり淋しき山の畑 紅緑
鶉鳴く田も見えたりな鼠丸堂 上島鬼貫
鶉鳴く木幡の里の後家一人 河東碧梧桐
鶉鳴く野に一掬の水甘き 丹羽啓子
鶉網に引掛りたる野菊哉 寺田寅彦
鶉篭夜のもの音を遠ざけつ 長谷川かな女 牡 丹
鶉啼き月齢すすむ昼の山 宇佐美魚目 秋収冬蔵
鶉啼く夕の原や急ぎけり 赤木格堂
鶉啼けば淋しきものに思ひけり 鶉 正岡子規

鶉 補遺

*はとむぎの高きが下の鶉かな 河東碧梧桐
あこあこと呼べど聲なし鳴く鶉 正岡子規 鶉
あはれなる鶉の下に食ひ足りき 加藤秋邨
かさとゐて容ちの鶉櫟山 岡井省二 山色
ちよろちよろと粟の穂がくれ行く鶉 正岡子規 鶉
ひよう~と声して鶉飛ぶもあり 右城暮石 句集外 昭和十年
むしらるる鶉に籠の鶉たち 加藤秋邨
もぐら罠鶉の罠に変りけり 阿波野青畝
わが杖に宝帯橋の鶉跳ぶ 阿波野青畝
粟くふて妻を思ふか飼鶉 正岡子規 粟
粟の穂にふじはかくれて鶉啼く 正岡子規 鶉
粟の穂に村はかくれて鶉啼く 正岡子規 鶉
粟の穂に鶉かくれて見えずなりぬ 正岡子規 鶉
一ツ家はこの道でなしなく鶉 正岡子規 鶉
一ツ家はすゝきにくれてなく鶉 正岡子規 鶉
花前の菖蒲や鶉炉に返し 石川桂郎 四温
覚えあり鶉格子と井守池 佐藤鬼房
向きあふて鳴くや鶉の籠二ツ 正岡子規 鶉
妻を呼ぶ籠の鶉や庭の萩 正岡子規 萩
咲く梅につがひの鶉むつみ啼く 上村占魚
山霞斑なし鶉がかきまはす 岡井省二 鹿野
山吹や鶉飼ふたる市の家 正岡子規 山吹
蛇園の贄ひな鶉鳴き交す 平畑静塔
秋たつや鶉の聲の一二寸 正岡子規 立秋
暑き夜を籠の鶉の眠らざる 正岡子規 暑
新田の曙はやき鶉かな 正岡子規 鶉
大富士は曇り鶉は天気なり 阿波野青畝
鷹網や囮鶉のひそみ音に 臼田亜郎 定本亜浪句集
地の地平海の地平も諸鶉 岡井省二 大日
朝寒の鶉を鳴かせゐたるかな 加藤秋邨
鳥寄せのそこに鶉の来たりける 岡井省二 鯛の鯛
田鼠みな*鶉となりし大和にゐ 森澄雄
冬の日の鶉のこゑの湖の岸 岡井省二 有時
白木蓮は百の鶉を捧げけり 平井照敏 猫町
八朔の鶉の玉子十ばかり 星野麥丘人 2001年
片鶉粟穗もくはで鳴きにけり 正岡子規 粟
片鶉交野の人家灯ともさず 正岡子規 鶉
穂の高さ黍に鶉の飛び立ちぬ 河東碧梧桐
末枯に晝の鶉のあはれなり 正岡子規 鶉
夢の色ひめて鶉の卵がら 原石鼎 花影以後
野菊より野菊へ鶉跳びにけり 阿波野青畝
野鶉の籠に飼はれて鳴きにけり 日野草城
遊行忌の鶉来てをり海の音 岡井省二 大日
夕風や垂穂にあるく片鶉 飯田蛇笏 山廬集
恋しらぬ猫や鶉を取らんとす 正岡子規 猫の恋
鶉の頭まるくてあかくて入日どき 加藤秋邨
鶉の卵孫を加へて子供の日 中村草田男
鶉らの木賊は刈られざりしかな 岡井省二 明野
鶉雑炊なれば中千本に食む 岡井省二 鯨と犀
鶉取る人は歸りぬ鳴く鶉 正岡子規 鶉
鶉鳴いて提灯草に隱れ行く 正岡子規 鶉
鶉鳴き鳩鳴き雨となりにけり 村上鬼城
鶉鳴く葎の宿のしるべかな 村上鬼城
鶉啼けば淋しきものに思ひけり 正岡子規 鶉



by 575fudemakase | 2017-06-07 17:18 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26909169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02
俳句 の俳句
at 2017-12-15 07:58
田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29

外部リンク

記事ランキング