小鳥 の俳句

小鳥

「気絶の小鳥」の「のの字の眼」あけよ麦青む 磯貝碧蹄館 握手
あきらかに小鳥来てゐる庭木かな 高浜年尾
あけぼのの霞に白き小鳥飼ふ 鈴木鷹夫 渚通り
あたたかき馬の首筋小鳥くる ふけとしこ 真鍮
あたたかや父の記憶に小鳥篭 小田みえ子
あららぎの結ぶ紅涙小鳥来る 福永耕二
ありがたき空気や水や小鳥来る 三橋敏雄
いくたびも伊吹の北に湧く小鳥 大峯あきら
いつよりのメリケン波止場小鳥来る 鈴木圭子
いのち美し朝山茶花に小鳥きて 森下草城子
うららかや小鳥生みだす飴細工 濱永育治
エアメールの封切りをれば小鳥来る 山口恵子
おのが詩の嘘惧れをり小鳥来て 平井さち子 鷹日和
おのれの羽かめるかすみの小鳥かな 阿波野青畝
オムレツのふんはりできて小鳥来る 稲生 正子
お手玉は母の縮緬小鳥来る 府中谷幸枝
かかる小鳥聴く炭俵編みそめて 安斎櫻[カイ]子
かさこそと或は小鳥や垣落葉 西山泊雲 泊雲句集
がまづみを漁れる小鳥無我夢中 高澤良一 燕音
かりかりと小鳥を喰みぬ枯木宿 羽部洞然
きさらぎの骨のきれいな小鳥小鳥 鳴戸奈菜
きのふより高く小鳥を渡しけり 萩原麦草 麦嵐
くつぬぎに小鳥籠おく二月かな 高橋潤
けふひとつ樹の名を覚え小鳥待つ 鎌倉佐弓
ここに人の運勢うらなう小鳥と居て その爺さん 荻原井泉水
この並木小鳥の影の稀にさす 加藤楸邨
さまざまの円相を抜け小鳥来る 小檜山繁子
ざら紙の手触りが好き小鳥来る 山尾玉藻
ジーンズの膝繕へば小鳥来る 野崎涼
しくるゝや山こす小鳥幾百羽 時雨 正岡子規
せせらぎに湧き出づる湯や小鳥来る 長谷川櫂 蓬莱
そこここに小鳥の声を抱く青葉 福塚紀久子
その小鳥相思鳥とて濃き眸 後藤夜半
その中の一羽は天使小鳥来る 高山あさ江
たまゆらの陽を吸ふ障子小鳥来る 小松崎爽青
てらてらと小鳥も鳴かず百日紅 正岡子規
ドロップ缶四角を振れば小鳥来る 徳田千鶴子
ななかまど小鳥のための実となりし 阿部みどり女
はこべらは小鳥の餌に摘み残す 阿部みどり女 『石蕗』
はこべらを小鳥にやりし手で物食ふ 山口誓子
ハンカチの隅に刺繍の小鳥かな 神野紗希
ひとり居や小鳥来てゐる些々の音 及川貞
ひるどきも小鳥の通ることありて 京極杞陽
ふくらむ桜の枝をゆりいる小鳥らよ 古沢太穂 古沢太穂句
ほんの少し自惚鏡小鳥来る 中村明子
ましぐらに小鳥の羽音霜柱 松村蒼石
まだ青き桑や小鳥とあとさきに 長谷川かな女 牡 丹
ままごとのやうな産着や小鳥来る 辻美奈子
まんまるの雨畑硯小鳥来る 神尾久美子
マンモスの骨のうねりや小鳥来る 酒井恍山
ミシン踏む小鳥来しこと気づかずに 山根紀美子
みづうみの隠れ家小鳥来たりけり 行方克己 昆虫記
みどりごの目に小鳥来し別れかな 相馬遷子 山河
むさゝびの小鳥はみ居る枯野哉 蕪村 冬之部 ■ 春夜樓會
むささびの小鳥はみ居る枯野哉 與謝蕪村
むさゝびの小鳥食み居る枯野哉 蕪村
むらさきの森を掠めて小鳥来る 正木ゆう子
むれ來るや小鳥は小鳥雁は雁 渡り鳥 正岡子規
もう小鳥来ぬか曇天ひろがるか 夏井いつき
ものの芽や風が小鳥をさらふほど 宮田正和
ゆつくりと掃く音のして小鳥村 田中裕明 花間一壺
よく晴れし川越大師小鳥来て 斉藤美規
ラヂオ鳴り籠の小鳥の飛び交し 上野泰 佐介
リハビリの母褒めをれば小鳥来る 宮井保彦
レーニン像毀たれし丘小鳥来る 津野美都江 『ひなげし』
わが心ふとときめけば小鳥来る 中村汀女
われさみし覚めよ小鳥と笛吹きて有明月夜野を行きし子よ 窪田空穂
飴細工の小鳥とびたつ子供の日 中村貞子
或る日小鳥空を掩うて渡りけり 数藤五城
或る日小鳥空を蔽うて渡りけり 数藤五城
粟の穂にあそべ小鳥の渡りかけ 立花北枝
異国語が杜に氾濫小鳥来る 吉原文音
遺跡暑し石の小鳥は少年の手に 金子皆子
一と日休めて声帯かろし小鳥来る 鍵和田[ゆう]子 浮標
一室を吾子と等分小鳥来る 上田日差子
一頁づつ読む詩集小鳥来る 田村了咲
一歩二歩あるき初む嬰に小鳥来る つじ加代子
一本の槲に小鳥牧の小屋 田中冬二 俳句拾遺
一葉の卒業証書小鳥来る 中山芳文
引出しに石蹴りの石小鳥来る 高尾方子
雨去りて小鳥の声を置いてゆく 岡野さち子
雲に入る小鳥の迅さ相似たり 民夫
叡山の昼の暗がり小鳥くる 小泉八重子
影となり光となりて小鳥来る 安藤和子
詠はねば忘るる小鳥来しことも 大石悦子 百花
園深く小鳥を零す大桜 高澤良一 寒暑
炎天の署名小鳥の籠さげて 大木あまり 雲の塔
奥駆けのここも廃崖小鳥来る 山辺浩子
鴎外の日記短し小鳥来る 天田牽牛子
黄落の街に小鳥の診療所 長谷川祥子
沖もわが故郷ぞ小鳥湧き立つは 寺山修司 花粉航海
屋根葺のうしろに交む小鳥かな 内藤鳴雪
何か待つこころにをれば小鳥来る 新明紫明
家よりも古き椎ある小鳥かな 依光陽子
家を出て十歩の坂や小鳥来る 宮坂静生 春の鹿
家康の産湯の水や小鳥来る 成田久子
家中の靴磨きをり小鳥来る 平田玲子
花の山かんろかんろと小鳥たち 山内遊糸
花小鳥もぐらも鮎も今日メーデーに合唱す 橋本夢道 無類の妻
我等には険しき山路小鳥来る 稲畑汀子
芽吹きたる一樹に小鳥籠吊す 樋笠文
海の色はたと濃き日よ小鳥来る 山田弘子 懐
海開小鳥屋は籠洗ひゐる 友岡子郷
海棠や小鳥係の年長組 加藤利枝
柿吊す日がな小鳥を聞きながら 矢沢茂子
学生寮窓にシャツ干し小鳥来る 中島美也
茅花風小鳥鳴くとき天向いて 渡辺敦子
茅舎なる一滴文庫小鳥くる 岩崎照子
冠羽立つ小鳥の来るは富むごとし 朝倉和江
官司また一歌人たり小鳥来る 石倉啓補
干し物の良く乾く日や小鳥来る 穂坂日出子
汗の顔洗ふ小鳥の浴ぶごとく 宇野隆保
甘橿は鳥の天国小鳥来る 塩川雄三
看取りにも平穏の日々小鳥来る 田中あかね
癌の年齢啼かず陥ち込む谿の小鳥 中川日出子
岩稜に巻き干すザイル小鳥来つ 渡辺 立男
帰省子を籠の小鳥のいぶかれる 青柳志解樹
気がつけば小鳥来てゐて五十歳 今瀬剛一
気ままなる妻との暮し小鳥来る 深見けん二 日月
記念館起工の大地小鳥来る 稲畑廣太郎
飢ゑし眼に小鳥飛び散る黄に赤に 中村草田男
丘に松林、野には小鳥らおりたりする シヤツと雑草 栗林一石路
吸物の走り若布や小鳥飯 河野静雲 閻魔
窮屈なパイの断面小鳥来る 上田日差子
牛乳煮るやラヂオの小鳥朝焼に 『定本石橋秀野句文集』
漁衣替へて鯖漁夫小鳥網掛けに 小原菁々子
魚屋に青物売つて小鳥来る 石川桂郎 四温
境内に松陰塾や小鳥来る 秋本三代子
怯える小鳥急にとぼしき椿の朱 河野多希女 彫刻の森
胸中の未来は白紙小鳥来る 穐好樹菟男
鏡台に瓶のいろいろ小鳥来る 遠藤慶奈
金婚夫婦小鳥となれり菠薐草 山本嵯迷
銀杏黄葉金の小鳥の生るるかな 西川治枝
句碑淋しからず雨にも小鳥来て 石田遊水
愚父であり小鳥来る切株であり 石田よし宏
空がまだ濁らぬ時刻小鳥くる 大庭三千枝
空遠く声あはせ行小鳥哉 太祗
串かへす手の羽まみれや小鳥焼く 大橋櫻坡子 雨月
屑籠に英字新聞小鳥くる 奥名春江
掘り出して石斧石鏃小鳥来る 定師みき子
群れ移る小鳥のこぼれゆくもあり 合田丁字路
群れ入りし小鳥胡桃にまぎれけり 阿部みどり女
群青の空の戻りて小鳥来る 田畑由子
軍港が見えて撥ねゐる小鳥罠 米沢吾亦紅 童顔
袈裟がけに来て高鳴ける小鳥かな 飴山實
恵那峡に*ろうかんの水小鳥来る 伊藤敬子
限りなき青空展げ小鳥来る 酒井九峰
古民家の薬箪笥や小鳥来る 渡辺光江
戸口まで小鳥来てゐる伎芸天 川崎慶子
枯枝にりんご刺したり小鳥待つ 吉澤陽子
枯枝に餅花なせる小鳥ども 石塚友二
枯葉のため小鳥のために石の椅子 西東三鬼
虎杖の花を銜へて小鳥来る 佐々木六戈
五十にならばせうとせしこと小鳥来る 大石悦子 聞香
午後三時とはよき時間小鳥来る 山澄陽子
吾が庭も武蔵野のうち小鳥来る 東舟遊子
御物展朝は小鳥の来てゐたり 冨山青沂
語尾少しあげて小鳥は恋の季節 清水径子
口開けて餌を乞ふ小鳥秋暑し 福本天心
口笛もて小鳥に応へ*たら芽摘 太田土男
甲虫入荷と貼られ小鳥店 山田弘子 螢川
紅梅に小鳥の羽を拾ひけり 高橋淡路女 梶の葉
行く年の小鳥の群れてゆきし枝 依光陽子
高きより小鳥の来るや金閣寺 伊藤アキ子
高原の霧はれてゆく小鳥かな 高濱年尾 年尾句集
高原の霧晴れてゆく小鳥かな 高浜年尾
合掌は炎のかたち小鳥来る 小檜山繁子
犀の背に乗らむと小鳥来たりけり 小熊里利
犀星の遺せし稿や小鳥来る 川井城子
菜畑の目に立つころぞ小鳥来る 阿部ひろし
坂町の坂に学校小鳥来る 槇田清子
搾乳の実演時間小鳥くる 佐藤千都
桜島句碑を掠めて小鳥来る 稲畑廣太郎
笹山の一夜あれしか小鳥飛ぶ 宇橋
雑木山小鳥きて年重ねけり 村上しゆら
三月に入る小鳥らもすばやくて 相馬遷子
山の水引きし筧や小鳥来る 石田みどり
山の椿小鳥が二つかくれたり 臼田亞浪 定本亜浪句集
山霞杣のいこひによる小鳥 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
山蟻も小鳥も忙し雑木中 阿部みどり女
山住みの朝は賑やか小鳥来る 渡辺公代
山上に拡げし地図に小鳥来る 中川忠治
山吹の枯れてくぐれる小鳥見ゆ 佐藤佳子
山涼し青き小鳥の路に降り 長谷川かな女 花 季
讃美歌や落葉をまねて小鳥降る 平井さち子 完流
四阿に木椅子木の卓小鳥来る 真鍋 完子
四阿の挿木は丸太小鳥来る 茨木和生 往馬
子と合はす小皿の昼餉小鳥来る 上田日差子
子の描けばびつくり眼小鳥来る 中戸川朝人 尋声
思ふことかがやいてきし小鳥かな 石田郷子
思ふことかがやいて来し小鳥かな 石田 郷子
指先は私の岬小鳥くる 坂本俊子
枝きゆんと鳴る榛の木に小鳥来て 鎌倉佐弓
枝豆を食うて小鳥に似てきたる 岡崎桂子
死の後に来る美しき小鳥かな 関口比良男
似顔絵にほくろがひとつ小鳥来る 渡部 良子
寺庭や二手に分れ小鳥来る 結柴 蕗山
時雨るゝや小鳥影抜け透き葎 松根東洋城
耳奥に時雨の谷の小鳥たち 高野ムツオ 雲雀の血
鹿の角落ちて小鳥のささめごと 江口千樹
鹿垣に小鳥群れゐる日和かな 古川芋蔓
叱られて小鳥となりて雲に入る 杉野一博
弱竹や小鳥の重さほどに反り 石井マスミ
手作業の木道修理小鳥来る 埋橋勢津子
手水鉢底から開き小鳥来る 平井さち子 鷹日和
手套嵌む吾へさしたる小鳥の眸 大岳水一路
珠と抱く嬰の眠りや小鳥来る 青嶋三千代
首かるく廻す太古も小鳥来し 鎌倉佐弓
樹洩れ日の乱れやう小鳥来てゐるよ 中島月笠 月笠句集
樹海晴れてはや渡り来る小鳥かな 中川宋淵
樹胎仏小鳥のごとし山毛欅若葉 藤岡筑邨
秋の小鳥はらはらと枝に飛び移る 秋の鳥 正岡子規
秋の小鳥梟の目を笑ひけり 秋の鳥 正岡子規
秋の天小鳥ひとつのひろがりぬ 一茶
秋深き小鳥を飼ひて住みつきぬ 太田鴻村 穂国
秋富士にこずゑの小鳥向きかはる 松村蒼石 寒鶯抄
舟住みの子に小鳥啼く卯波晴れ 石原八束 空の渚
渋搗に小鳥のごとく飛ぶ木の葉 宇佐美魚目 天地存問
宿木も共に神木小鳥来る 川崎桂子
祝婚歌聖堂に満ち小鳥来る 宮下翠舟
熟柿食む小鳥になりし思ひかな 中島久子
殉教の森の小出しの小鳥来る 中戸川朝人 尋声
純白の点訳楽譜小鳥来る 丹羽啓子
初詣小鳥屋はまだ熟睡せる 丘本風彦
初七日や父の小鳥ら巣籠りて 肥田埜勝美
初声の小鳥の舌の細きかな 田村三合
初声はやつぱり昨日の小鳥たち 中島芳昭
女坂どこにもありて小鳥来る 中山純子
小書院の揚げし蔀に小鳥来る 木村蕪城
小鳥きてゐる娘きてゐる朝の音 小間さち子
小鳥くる火箸の丈をいとしめば 大木あまり 火球
小鳥くる会ひたき人に会ふべかり 辻桃子
小鳥くる山に明治の小学校 三木幸子
小鳥くる障子を入れてまだ鎖さず 皆吉爽雨 泉声
小鳥くる柱の細き能舞台 大木あまり 火球
小鳥くる木仏の肌光りたまひ 大石悦子 百花
小鳥この頃音もさせずに来て居りぬ 村上鬼城
小鳥さへ跡を接木の古巣かな 重頼
小鳥さへ渡らぬほとの深山かな 千子
小鳥とて血を裹むもの仏生会 友岡子郷
小鳥のこないままで 小鳥の家の 新樹 吉岡禅寺洞
小鳥の音北風に消えつつ田ゆきこゆ 川島彷徨子 榛の木
小鳥の糞がアルミに乾き政変す 寺山修司
小鳥の聲しづまり山は枯れゆくばかり 内藤吐天
小鳥またくぐるこの世のほかの門 田中裕明 櫻姫譚
小鳥より拙なけれども秋茄子 清水径子
小鳥より先にみつけし山葡萄 今瀬剛一
小鳥より早く吹かれて木の葉飛ぶ 茨木和生 丹生
小鳥らにまだ甘みこぬ山の柿 矢島渚男 梟
小鳥らに雲の素通る枯木山 山口草堂
小鳥らに木の実ゆたかや文化の日 斎藤 道子
小鳥らのこゑこぼれ来る挿木かな 根岸 善雄
小鳥らの花に溺れてかがやく無為 穴井太 原郷樹林
小鳥らの季節血のいろ柿に出て 猪俣千代子 堆 朱
小鳥らは昼につるめり朴の花 茨木和生 三輪崎
小鳥哀れに焼けてかうばし初猟の日 龍胆 長谷川かな女
小鳥唄わせ貧しき国の吾は女王 荻原桂子
小鳥屋が堅き戸下ろす月の町 山本 洋子
小鳥屋に兎も亀もこどもの日 成田千空「白光」
小鳥屋の男白鳥みていたり 横地かをる
小鳥屋は小鳥と居たり年の暮 林 翔
小鳥覚め膝の毛皮を脱ぎて寝に 石川桂郎 高蘆
小鳥雁鵬わたれ秋の空 東洋城千句
小鳥驚いて立つた雑木かげの上 北原白秋
小鳥見えで枝のゆれ居る芙蓉かな 西山泊雲 泊雲句集
小鳥呼ぶ師の口笛よ紅葉散る 小松崎爽青
小鳥交る大鳥も交るべく 鳥の巣 正岡子規
小鳥死に枯野よく透く籠のこる 飴山 實
小鳥死に枯野好く透く籠のこる 飴山實
小鳥週間をんな同士のよく喋り 成瀬櫻桃子
小鳥週間をんな同志のよく喋り 成瀬桜桃子
小鳥週間女同士のよく喋り 成瀬桜桃子(春燈)
小鳥週間女同志のよく喋り 成瀬桜桃子
小鳥小屋飛騨街道も一目なり 松本たかし
小鳥焼くとぢし嘴より煙ほそく 皆吉爽雨
小鳥焼く少しあはれと思ひつゝ 成瀬正とし
小鳥焼く娘が真中に鳥屋狭し 五十嵐播水 埠頭
小鳥早や来てをり朝が始りぬ 高木晴子
小鳥待ちおりしよひとかけらのメロン 松本悦子
小鳥提げし宵満月の道急ぐ 太田鴻村 穂国
小鳥笛水のころがる音すなり 長谷川櫂 蓬莱
小鳥店軒に燕の巣を加ふ 中戸川朝人 残心
小鳥店鶉の籠は道の端へ 米戸豊春
小鳥吐き又吸ひ寄せてゐる大樹 山本良樹
小鳥渡るや山住いつに月を重ね 松根東洋城
小鳥渡るや蝙蝠傘直し行く路を 長谷川かな女
小鳥二つ枯木の雨に鳴き交はす 内藤吐天
小鳥二羽こち見~つ水のめる 西山泊雲 泊雲句集
小鳥鳴く山のなさけの柏の実 成田千空 地霊
小鳥網かけいためたる梢かな 吉武月二郎句集
小鳥網かけて日和の定まりぬ 富田潮児
小鳥来てこの膝小僧だけまるし 田中裕明 櫻姫譚
小鳥来てすぐびしよぬれに鏡池 高岡すみ子
小鳥来てつかのま胸のあたたかし 樋笠文
小鳥来てつくばひ渡るしづけさよ 石塚友二
小鳥来てひとり病む家つゝきけり 川口重美
小鳥来てミネストローネスープなり 宮城静子
小鳥来てゐる声それを稿の序に 平井さち子 鷹日和
小鳥来てをりたのしげに人遊ぶ 星野立子
小鳥来てをり何時からか何処からか 鈴木鷹夫 春の門
小鳥来てをり子の手紙読んでをり 岡田順子
小鳥来て何やら楽しもの忘れ 星野立子
小鳥来て街の雀にたちまじる 中山良章
小鳥来て机と移る新校舎 中田勘一 『雪礫』
小鳥来て句帳覗かる一茶像 小林満子
小鳥来て桑がくれなり峡の家 古賀まり子 緑の野以後
小鳥来て枯園の水ひきしまる 泉 春花
小鳥来て枯山水のお庭なる 谷口忠男
小鳥来て午後の紅茶のほしきころ 富安風生
小鳥来て吾子来て高きアドバルン 小坂 順子
小鳥来て幸福少し置いてゆく 星野椿
小鳥来て今日も一日始まりぬ 二の宮酔風
小鳥来て森が音楽箱になる 高橋謙次郎
小鳥来て森混みあつてゐるらしき 渡邊伊津志
小鳥来て人はものかげより出づる 田中裕明 櫻姫譚
小鳥来て人工内耳にチチチチと 岸野千鶴子
小鳥来て巣藁入れゆく郵便受 太田土男
小鳥来て足柄山に光り棲む 仙田洋子
小鳥来て中村八大ねむる墓 高澤良一 随笑
小鳥来て長命寺裏賑はふも 石田あき子
小鳥来て通草のうつろ杣の眼に 安斎櫻[カイ]子
小鳥来て縄閂の緩むかな 山崎和枝
小鳥来て熱の下がりし子の目覚め 三村純也
小鳥来て分校の楡ふくらみぬ 住友勝一
小鳥来て母亡き家を鳴き囲み(あまりに野鳥たち集ひくれば) 野澤節子 『八朶集』
小鳥来て落葉の嵩に見失ふ 岩西多加志
小鳥来とたぶの樹は腕伸ばしたり 西村和子 窓
小鳥来と眼鏡はづせし眸を凝らす 稲垣きくの 黄 瀬
小鳥来と人の呑みたる木実酒 萩原麦草 麦嵐
小鳥来と母の着物を解きをる 大木あまり 火球
小鳥来ぬジヤケツの赤き子供らに 岸風三楼 往来
小鳥来ぬ日はさびしくて垣繕ふ 法師浜桜白
小鳥来よ亡先生の誕生日 池田澄子 たましいの話
小鳥来るSLホテル窓の開き 神蔵 器
小鳥来るアメリカ好きの父の椅子 田口茉於
小鳥来るアンデルセンの像の前 梶田敬子
小鳥来るいつか一人になる序章 中島伊都
小鳥来るお浜の松の汐曇り 長谷川かな女 花 季
小鳥来るケーキに花を咲かせれば 田中春生
小鳥来るここに静かな場所がある 田中裕明 先生から手紙
小鳥来るころや空腹感たのし 矢島渚男 延年
小鳥来るこゑのいろいろ風炉名残 森澄雄
小鳥来るさびしき雲は迂回して 鎌倉佐弓
小鳥来るスプーンひとつの患者食 岩永トヨノ
小鳥来るほとけの数に足らざるも 中嶋秀子
小鳥来るルルドに水の溢れをり 常盤しづ子
小鳥来るわが住む三鷹市下連雀 片山由美子
小鳥来る伊賀に二の町三の町 宮田正和
小鳥来る伊賀大仏の屋根越えて 福山良子
小鳥来る羽黒の坊の魔除綱 荻原芳堂
小鳥来る雨の洗ひし石畳 片山由美子 水精
小鳥来る運勢欄を見てをれば 西村智恵子
小鳥来る苑内にあるスピーカー 西村和子 夏帽子
小鳥来る黄河長江渡りては 辻桃子 ねむ 以後
小鳥来る沖の一線ゆらぎそめ 原裕 『出雲』
小鳥来る音うれしさよ板びさし 蕪 村
小鳥来る嘉門次小屋の板庇 長江克江
小鳥来る海金剛を目の中に 百合山羽公 寒雁
小鳥来る開かずの門の蓑と笠 鈴木麻璃子
小鳥来る鎧戸とざす異人館 木下慈子
小鳥来る乾く絵皿の茜寂び 三橋迪子
小鳥来る橘比売の海を越え 小川斉東語
小鳥来る驚くほどの青空を 中田剛 珠樹以後
小鳥来る空たのもしくみ上げけり 久保田万太郎 草の丈
小鳥来る空の青さをひき連れて 千才治子
小鳥来る慶びごとのあるごとく 厚海房女
小鳥来る幻住庵の深庇 田島和生
小鳥来る限り山盧を思ひ住む 近江小枝子
小鳥来る湖はをとこのいろ充たし 雨宮抱星
小鳥来る語彙一つづつ殖ゆる児に 高永久子
小鳥来る向き替ふ群の輝けり 浅野米子
小鳥来る港にマスト多き日も 原田青児
小鳥来る甲斐の空気をまつすぐに 前川弘明
小鳥来る高山陣屋の年貢蔵 武田孝子
小鳥来る黒部へつりの径縷々と 有働 亨
小鳥来る頃なればこの軽き杖 村越化石
小鳥来る頃の茶房の窓の席 鈴木鷹夫 渚通り
小鳥来る山荘朝のパンを焼き 斎藤知恵子
小鳥来る四五戸やむかし木樵村 古賀まり子 緑の野以後
小鳥来る歯科診療の目線まで 梅澤秀子
小鳥来る実験農場谷に池 岡田 日郎
小鳥来る若きイエスの受洗図に 村田白峯
小鳥来る手紙秤の針の振れ 須川洋子
小鳥来る手足の長き裸婦の像 上山茅萱
小鳥来る手馴れし帯の締めごこち 木村 ふく
小鳥来る酒蔵跡の美術館 高橋秀夫
小鳥来る十字架山はただの丘 朝倉和江
小鳥来る出港漁夫の忘れ鍵 小野恵美子
小鳥来る小児病棟無菌室 須佐薫子
小鳥来る小夜中山の夜泣石 塩澤美津女
小鳥来る少年無口にして無言 井出真理子
小鳥来る沼のほとりの明るさに 山田真紀
小鳥来る食堂の椅子買い足して 神谷冬生
小鳥来る森にガラスの美術館 阪井節子
小鳥来る身のはうばうに貼薬 草深昌子
小鳥来る人の暮しと玻璃隔て 稲畑汀子
小鳥来る水に甘さの戻りをり 上村占魚 『玄妙』
小鳥来る洗ひ晒しの木綿シャツ 杉田和男
小鳥来る全力疾走の小鳥も 金子兜太
小鳥来る窓に青空ゆきわたり 黛まどか
小鳥来る窓の茶筒の蒔絵かな 鈴木鷹夫 大津絵
小鳥来る太陽と落葉のみの庭 相馬遷子 山河
小鳥来る大地の恵み疑はず 川本房子
小鳥来る築泥のそとにある俗語 長谷川かな女 花 季
小鳥来る朝が逆さに匙の中 有馬朗人 母国
小鳥来る朝のガラスの結露して 中條睦子
小鳥来る朝靄さめて奥信濃 松村蒼石 雁
小鳥来る鉄条網に影伸びる 當間和幸
小鳥来る天のふろしき大きかり 檜山哲彦
小鳥来る伝言板に言葉満ち 堀川草芳
小鳥来る白帝城の空深し 武山愛子
小鳥来る函にあまたの小抽出 古舘曹人 樹下石上
小鳥来る描きかけの絵が日に反りて 古田紀一
小鳥来る風のてっぺん木のてつぺん 岡崎進一朗
小鳥来る風禍の木々を伝ひつゝ 堺井浮堂
小鳥来る風車は羽根をゆるやかに 西村 澪
小鳥来る母郷ふところ深きかな 大塚信子
小鳥来る宝石いろの海地獄 朝倉和江
小鳥来る未完の詩集編むやうに 斉藤まさし
小鳥来る命のごとき日溜りに 小林康治 『存念』
小鳥来る弥生の村として残る 坊城中子
小鳥来る来信太き二三行 鷲谷七菜子
小鳥来る旅の昨日を話す目に 岡田順子
小鳥来る藁の日差の一堂宇 橋本榮治 越在
小鳥来る髯のベルツのその頭上 高澤良一 随笑
小鳥落つ瓔珞垂れし如くなり 松藤夏山 夏山句集
小鳥籠枯草ふれてありにけり 中田剛 珠樹
小鳥籠吊して梅雨の晴間かな 安田てつを(古志)
小鳥籠日向に移す鹿火屋守 上村佳与
小野神社飛地境内小鳥来る 植松秀子
少女らは小鳥のごとし更衣 大井戸辿
松籟や端切れのやうに小鳥来る 高岡すみ子
梢々を揺籃にして小鳥くる 下田稔
上澄める谷あひの闇小鳥来る 中嶋鬼谷
丈山の終の庵に小鳥来る 大石祐子
城山の七谷晴れて小鳥来る 深見けん二
色々の酒肉を断ちて小鳥来る 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
食ふ顔はかがやきてこそ小鳥来ぬ 藤田湘子 てんてん
食卓にサフランライス小鳥来る 東 静子
食卓は原木のまま小鳥来る 鈴木けんじ
伸びきらぬ手足の体操小鳥来る 高橋うめ子
寝坊に小鳥来てゐる山日和 岩城久美
新生児の手首に名札小鳥来る 中川靖子
真言律宗別格本山小鳥来る 橋本榮治 越在
人からは何も学ばず小鳥来る 加藤春子
人が居て芒うごくに押す小鳥 佐野良太 樫
人在れば神ある出羽や小鳥来る 佐藤長閑
人声は美しからず小鳥来る 堀口星眠
厨房の煉瓦寂びたり小鳥来る 山岸治子
水が動いている小鳥帰る朝 長谷川かな女
水際まで続く足跡小鳥来る 松下朱実
水車は慈父小鳥は末子来て遊ぶ 中村明子
水替へて清明の日の小鳥籠 星野麥丘人
嵩しづめ土となる葉や小鳥来る 伊藤敬子
据わる凧小鳥過ぎてはひかりけり 佐野良太 樫
杉葉もてもさと葺いたり小鳥小屋 松本たかし
瀬戸は凪小鳥来てゐる松林 高木晴子
正門に蕨手模様小鳥来る 加藤耕子
生きることまだまだ愉し小鳥来る 藤崎久を
生も死もたつた一文字小鳥来る 石 寒太
生傷の絶えざる男の子小鳥来る 毛塚静枝
精神科の空を小鳥が歩きまわる 穴井太 ゆうひ領
聖母頌口ずさむ朝の小鳥来し 内藤吐天 鳴海抄
青空に小鳥飛ばされ初嵐 みどり女
石見から周防の梢へ小鳥来ぬ 飴山實 辛酉小雪
石積んで石積んで城小鳥来る 和田順子
籍寄せしここが故郷ぞ小鳥来る 白井米子 『青浄土』
赤い実のどこかが揺れて小鳥来る 奥安則
赤ん坊いびつに泣いて小鳥来る 北見さとる
赤富士の天に小鳥の微塵かな 上野泰 春潮
接木すやあちこちとして小鳥影 比叡 野村泊月
千年の塔の風鐸小鳥来る 石嶌岳
千里来て羽つくろひする小鳥かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
千磴に千磴の空小鳥来る 青木重行
川上や黄昏かかる小鳥あみ 黒柳召波 春泥句集
川上や黄昏かゝる小鳥あみ 召波
浅瀬よりみちびく光り小鳥来る 鷲谷七菜子 花寂び
銭透ける愛の泉や小鳥来る 楠見稲子
前文も後文もなく小鳥啼く 八牧美喜子
相撲取小鳥を飼うて老いにけり 野村喜舟
窓きしと拭けば小鳥や待降節 石川冬扇
草に木にこころ養ふ小鳥晴 日向佳世
草木染のたまの外出小鳥くる 影島智子
霜の朝鳥は逃げたる小鳥籠 寺田寅彦
霜柱踏む足音に小鳥散り 武藤由美子
足場組む茶髪青年小鳥来る 佐藤紀子
足袋干すや影を馴れゐる小鳥共 野村喜舟 小石川
太陽のまはり騒がし小鳥来る 仙田洋子 橋のあなたに
打つ畠に小鳥の影の屡(しばしば)す 夏目漱石 明治四十年
駄菓子にも真田の紋や小鳥来る 後藤雅夫
駄菓子屋にも真田の紋や小鳥来る 後藤雅夫
退院の決まりし窓に小鳥来る 村田芳水
台風一過小鳥屋の檻彩とび交ふ 大串 章
台風圏小鳥屋の鳥貌寄せ合ひ 宮坂静生 雹
大浦の甃みち朝たけて啼ける小鳥は十字架を負はず 山下陸奥
大空に又わき出でし小鳥かな 高浜 虚子
大空の抜け穴小鳥来たりけり 行方克己 昆虫記
大前の玉のそらより小鳥来る 坂口 かぶん
大道芸の鞄開けば小鳥来る 一 民江
大和には群山ありぬ小鳥来る 茨木和生 往馬
鷹わたる小鳥は低き山に湧き 宮津昭彦
滝の面を遡りたる小鳥かな 比叡 野村泊月
棚田よりつづく裏山小鳥来る 研斎史
谷うつぎ瀬鳴りに生きて小鳥呼ぶ 河野南畦 湖の森
短日の空よりはづす小鳥籠 文挟夫佐恵
地に下りし小鳥に赤し柑子の実 佐久間法師
地震あとの小鳥聡くて柿の秋 河野南畦 湖の森
地鎮めの撒米ひかり小鳥来る 中戸川朝人 星辰
茶の実鳴らす小鳥や水も温む頃 安斎櫻[カイ]子
虫送り欠かさぬ在所小鳥来る 藤本安騎生
朝のみの小鳥のこゑや青木の実 橋本 榮治
朝の日に画布の純白小鳥来る 橋本榮治 麦生
朝の偈を待つ回廊に小鳥来る 熊田 鹿石
聴診器色それぞれや小鳥来る 石渡穂子
鳥籠の小鳥おとなし野分宿 高木晴子 晴居
追竿に乱れし小鳥御嶽へ 福田蓼汀 山火
追込の小鳥靜まる秋の雨 秋雨 正岡子規
庭先のげんのしようこや小鳥来る 銀漢 吉岡禅寺洞
庭先の風と来て去る小鳥かな 小沢清汀
汀女忌と先触れ小鳥こゑに来し 新井悠二
哲学の道考へる小鳥居て 田畑美穂女
天遠く下り来し小鳥皆光る 内藤吐天
天上の言葉ついばみ小鳥来る 高橋謙次郎
渡りゆく小鳥に空の暗くなる 阿部みどり女
渡り来て島の小鳥となりにけり 大石悦子
唐寺の背山仰げば小鳥かな 八木林之介 青霞集
棟寄せてくらがり峠小鳥来る 犬童冴子
灯台は岬のしるし小鳥来る 原汀歩
豆飯や小鳥のやうに豆を食ふ 上野美智子
陶工の指の荒れ初め小鳥来る 栗原 政子
独り居や小鳥来てゐる些々の音 及川 貞
縄文の巨大柱や小鳥来る 千葉禮子
二つづつゐて皆違ふ小鳥かな 岡本松浜 白菊
尼ごぜのしづかな暮し小鳥来る 橋本 博
日あたりをほづ枝わたりに小鳥かな 阿波野青畝
日盛に知らぬ小鳥の遠音かな 泉鏡花
濡れ縁に小鳥くる日をなにか干す 稲垣きくの 黄 瀬
覗く一瞬誤解のみどりの小鳥 金子兜太
馬柵に結ふ白きポストや小鳥来る 小路智壽子
俳聖殿苔生す萱に小鳥来る 川浪玲子
廃校に大き算盤小鳥来る 松岡きよ
梅の枝に小鳥をつけて贈りけり 寺田寅彦
梅はやし山わは小鳥炭けぶり 中勘助
梅雨未明目覚めの早き小鳥たち 松村多美
白髪の乾く早さよ小鳥来る 飯島晴子
爆撃の朝新聞を立つ小鳥 阿部吉友
八幡宮ぱらぱら小鳥来そめけり 高澤良一 石鏡
鉢栽の連翹に来る小鳥哉 連翹 正岡子規
磐石に乗つかけてあり小鳥小屋 松本たかし
比叡の朝清々しさを鳴く小鳥 高木晴子 花 季
疲れきるまで描きし小鳥とスーパーマン 八木三日女
飛びながら小鳥の覗く一位の実 青柳志解樹
描き上げて筆置く窓辺小鳥来る 山田裕理子
病院に煉瓦の花壇小鳥来る 花田由子
病院の庭広ければ小鳥来る 今井杏太郎
敏感な秤の発条や小鳥来る 正木ゆう子 静かな水
不揃ひのクッキーが好き小鳥来る 原田愛子
浮樽や小鳥ものせて鰯引 鰯引く 正岡子規
風が来ただけでも外れ小鳥罠 後藤比奈夫 めんない千鳥
風にさかろうてあがつた小鳥 太陽にふれる 吉岡禅寺洞
風の後森隙だらけ小鳥来る 大熊輝一 『土の香』
風を追い追いつめてゆく小鳥売り 大西泰世 椿事
風荒き日は小鳥来ず誰も来ず 野崎 静子
風邪の夫小鳥より疾く飯終る 上野さち子
風邪声の離れゆく道小鳥くる 藤谷敦子
風呂敷に包む小鳥と秋の暮 梶 真久
風呂敷のするりと解けて小鳥くる 大木あまり 火球
福音をひとつ携へ小鳥くる 香取池代子
仏の山の明けてゆくなり押す小鳥 臼田亜浪 旅人
分校は大きな巣箱小鳥来る 茨木和生
平日の動物園にくる小鳥(横浜市立金沢動物園) 高澤良一 石鏡
平凡な暮し覗きに小鳥来る 柚山悦子
癖のあるチーズを食べて小鳥来る 錦織 鞠
片よれの拙き縄や小鳥刺す 松藤夏山 夏山句集
補聴器の子のまなざしに小鳥来る 水田むつみ
母おもふ子規の手紙や小鳥来る 近藤富士美
法然院雨に紛るる小鳥ごゑ 高澤良一 宿好
亡き父の日記四五行小鳥来る 堀口星眠 営巣期
忘れずに種まくやうに小鳥来る 小檜山繁子
密猟の小鳥を食はす峠かな 安田蚊杖
眠り欲る小鳥のごとく夜着かむり 岡本 眸
霧雨の絶壁小鳥よぎりけり 中田剛 珠樹
名ばかりの書庫に万巻小鳥来る 深見けん二 日月
鳴いている小鳥はすずめ紅の花 三橋敏雄
鳴いてくる小鳥はすずめ紅の花 三橋敏雄
鳴きながら来て鳴いてゐる小鳥かな 宮崎夕美
鳴き交はし葉を散らしつつ小鳥来る 長谷川草洲
網戸して小鳥のこゑのなかに病む 石田あき子
木の葉とび木の葉のやうな小鳥とび 草野駝王
木枯や小鳥の足を皿に残す 田川飛旅子
木洞の水新しく小鳥来し 内藤吐天
目覚めよき赤子を抱けば小鳥来る 小野 喬樹
野に眠る小鳥の声を臍に溜め 高野ムツオ
薬待つ椅子の固さよ小鳥来る 中西徳太郎
予定なきけふの始まり小鳥くる ふけとしこ 鎌の刃
幼子に言葉の殖えて小鳥来る 高野 教子
幼馴染と会ふ日やくろき小鳥飛ぶ 寺田京子
陽だまりに小鳥を移す母子の会話 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
雷雲に巻かれ来りし小鳥かな 高浜虚子
落ちてゐる金の釦や小鳥来る 藺草慶子
落花澄む路上日かげと居る小鳥 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
落柿舎にある投句箱小鳥来る 長谷川十四三
落柿舎に風聞きをれば小鳥来る 市野沢弘子
裏庭を愛する小鳥来たりけり 西村和子 かりそめならず
離れ住むことも倖せ小鳥来る 川野 洋子
離れ住む母思ふ日よ小鳥来る 廣田 幸子
林火忌の小鳥来て水散らし去る 上野さち子
蓮台のあとかたもなき小鳥かな 依光陽子
炉のへりの盃あつし小鳥焼く 大橋櫻坡子 雨月
路地奥のしづかな暮し小鳥来る 笠松裕子
露寒の美声悪声小鳥村 滝谷泰星
露座仏の掌の澄む水に小鳥来る 田中澄枝
露草や小鳥葬りし石ひとつ 井口光雄
老人はとしとりやすし小鳥来る 橋本榮治
老相撲負けて戻つて小鳥飼ふ 岡本松浜
蝋梅に小鳥落ちてゆく遊びか 金子皆子
六甲の小鳥こぼれて来る狭庭 山田弘子
檜皮葺くひとりの音に小鳥くる 福島良枝
楸邨の墨宙小鳥渡りけり 綾部仁喜 樸簡
睫というあえかな繁み小鳥くる 鎌倉佐弓
薔薇園に小鳥来る日の海の紺 原田青児
薔薇咲くや郵便受に小鳥の絵 大島民郎
藪くぐる小鳥雌雄も見ゆるかな 太祇

小鳥 補遺

ありがたき空気や水や小鳥くる 三橋敏雄
いちにちだまつて小鳥の声のもろもろ 種田山頭火 自画像 落穂集
うつむいて小鳥を聴けば草の露 加藤秋邨
おのれの羽かめるかすみの小鳥かな 阿波野青畝
ガラスの林檎ガラスの小鳥露けしや 山田みづえ まるめろ
こころしづかな小鳥きてなく香をたく 種田山頭火
この胸に眠れ九月の小鳥たち 佐藤鬼房
こんなに小鳥が知らせに来るよ雷来るぞ 金子兜太
しがらみのものを啄む小鳥かな 阿波野青畝
しくるゝや山こす小鳥幾百羽 正岡子規 時雨
その小鳥相思鳥とて濃き眸 後藤夜半 底紅
づく~と鳴く小鳥来る梢かな 河東碧梧桐
つくばひにこぼるゝもあり小鳥来る 飴山實 句集外
てらてらと小鳥も鳴かず百日紅 正岡子規 百日紅
トラピスト小鳥湧く山四方にあり 阿波野青畝
なべて憂し陽だまりに咳く小鳥ども 楠本憲吉 隠花植物
はこべらを小鳥にやりし手で物食ふ 山口誓子
はなやかに河畔の小鳥屋小鳥死なせ 金子兜太
ふと動く寝釈迦の口や小鳥影 佐藤鬼房
ふる郷の小鳥啼く一木撫でてみる 種田山頭火 自画像 層雲集
みどりごの目に小鳥来し別れかな 相馬遷子 山河
むれ來るや小鳥は小鳥雁は雁 正岡子規 渡り鳥
ラヂオ鳴り籠の小鳥の飛び交し 上野泰 佐介
らつきように籾かけをれば小鳥くる 飴山實
わが心ふとときめけば小鳥来る 中村汀女
わき立ちて小鳥は空にすぐ消ゆる 高浜年尾
われ生きて小鳥の骸をうち目守る 山口誓子
愛し子に阿吽の餌付け小鳥来る 上田五千石『天路』補遺
一食をぬけばたちまち小鳥来る 上田五千石 琥珀
一人木曾節唄へば和すや小鳥焼 松崎鉄之介
温む月棚床の子に小鳥覚め 飯田龍太
悔いるこころに日が照り小鳥来て啼くか 種田山頭火 草木塔
掛皿の花鳥はなやか小鳥来る 山口青邨
看経のつくばひに来る小鳥かな 飴山實 句集外
岩松の風の中交る小鳥かな 種田山頭火 自画像 層雲集
気落ちしてわが在りしとき小鳥来る 安住敦
記しては消す詩の片々や小鳥来る 上田五千石『風景』補遺
飢ゑし眼に小鳥飛び散る黄に赤に 中村草田男
虚空界念じてをれば小鳥来る 佐藤鬼房
魚屋に青物売つて小鳥来る 石川桂郎 四温
鏡よ壁に山の小鳥の訃の訪れ 金子兜太
空渡る小鳥赤子に一寿名 飯田龍太
袈裟がけに来て高鳴ける小鳥かな 飴山實 句集外
月光のまばたくたびに小鳥飛ぶ 飯田龍太
幸福に小鳥の頃は小鳥来て 富安風生
皇国(すめぐに)の秋美しと小鳥来る 山口青邨
沙丘の泉小鳥の浴み尾もひろげて 中村草田男
妻ゐぬと思ふ小鳥の来たりけり 石田勝彦 秋興以後
山荘や小鳥は夙に夜明前 高浜年尾
枝下りて下りて追けゐぬ小鳥二羽 阿波野青畝
死の軽さ小鳥の骸手より穴ヘ 西東三鬼
耳聡き小鳥に遠き雪の山 飯田龍太
酒沸いて小鳥焼けたり山は晴 松本たかし
秋の小鳥はらはらと枝に飛び移る 正岡子規 秋の鳥
秋の小鳥梟の目を笑ひけり 正岡子規 秋の鳥
秋富士にこずゑの小鳥向きかはる 松村蒼石 寒鶯抄
銃の音鴫と小鳥と立ちにけり 河東碧梧桐
小鳥あつまる聖者の壁画冷まじとも 金子兜太
小鳥がふみ落す葉を池に浮べて秋も深い 尾崎放哉 須磨寺時代
小鳥きて乳鉢使ふ醫師たり 岡井省二 鯨と犀
小鳥この頃音もさせずに来て居りぬ 村上鬼城
小鳥のごとく風に伏す茣蓙のはばたくや 荻原井泉水
小鳥らが先んじて鳴くミサの鐘 阿波野青畝
小鳥覚め膝の毛皮を脱ぎて寝に 石川桂郎 高蘆
小鳥交る大鳥も交るべく 正岡子規 鳥の巣
小鳥降る墓径なればよろこべり 岸田稚魚 紅葉山
小鳥小屋飛騨街道も一目なり 松本たかし
小鳥焼く十八娘恵那生れ 阿波野青畝
小鳥待つ垣の槙の実色づきて 松崎鉄之介
小鳥大群オリンピックの森に来る 山口青邨
小鳥湧き山荘すでに秋の景 高浜年尾
小鳥来てをり人々も続々と 星野立子
小鳥来てをるを園丁知つてをり 清崎敏郎
小鳥来て家に豊富なペンと紙 岡本眸
小鳥来て巨岩に一粒のことば 金子兜太
小鳥来て午後の紅茶のほしきころ 富安風生
小鳥来て人来てこの家賑やかに 星野立子
小鳥来て聖賢の手の籾食べる 山口誓子
小鳥来て啄め妻のふさぎ虫 石田勝彦 百千
小鳥来て内宮神楽殿の閑 鷹羽狩行
小鳥来て母亡き家を鳴き囲み 野澤節子 八朶集
小鳥来て羊歯をひつくりかへしつつ 阿波野青畝
小鳥来とうすく湯気吐くマンホール 岡本眸
小鳥来とほのかに遠き山のこゑ 飯田龍太
小鳥来よ若き日遠き山荘に 稲畑汀子
小鳥来るけはひ眼鏡を拭き直し 鷹羽狩行
小鳥来るこゑのいろいろ風炉名残 森澄雄
小鳥来るただそれだけで女来る 雨滴集 星野麥丘人
小鳥来るとりわけ一の沢辺り 佐藤鬼房
小鳥来るまた紅顔の人等来る 山口青邨
小鳥来るや板谷峠の朝の空 村山故郷
小鳥来る一人の家に飯噴いて 岡本眸
小鳥来る海金剛を目の中に 百合山羽公 寒雁
小鳥来る旧知の如くわが古園 山口青邨
小鳥来る枯木の空は暮れやすし 野見山朱鳥 愁絶
小鳥来る江尻囲といふところ 佐藤鬼房
小鳥来る高みに住めば高きより 山田みづえ 手甲
小鳥来る山茶花一つ花咲かせ 山口青邨
小鳥来る象(きさ)の小川の木もれ日よ 佐藤鬼房
小鳥来る人の暮しと玻璃隔て 稲畑汀子
小鳥来る説教台は一本足 石田勝彦 雙杵
小鳥来る全力疾走の小鳥も 金子兜太
小鳥来る双眼鏡つねに間に合はず 山田みづえ 草譜
小鳥来る太陽と落葉のみの庭 相馬遷子 山河
小鳥来る朝が逆さに匙の中 有馬朗人 母国
小鳥来る朝靄さめて奥信濃 松村蒼石 雁
小鳥来る天の傾斜に沿ひ流れ 上野泰
小鳥来る日々の果てなる今日の二羽 水原秋櫻子 旅愁
小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
小鳥来る函にあまたの小抽出 古舘曹人 樹下石上
小鳥来る母へ手紙を書きをれば 雨滴集 星野麥丘人
小鳥来る方を見やりて拭く眼鏡 鷹羽狩行
小鳥来る話となりて加はりぬ 星野立子
小鳥来る藁のぬくみの田がつづき 鷲谷七菜子 天鼓
小鳥来る蝙蝠序曲はなやかに 山口青邨
松笠に非ず小鳥の飛びたまり 阿波野青畝
沼はなればなれに小鳥来るを待つ 鷹羽狩行
城山の七谷晴れて小鳥来る 深見けん二
色色の小鳥の中の帰鴈かな 三橋敏雄
食ふ顔はかがやきてこそ小鳥来ぬ 藤田湘子 てんてん
新しき小鳥のむくろ私す 三橋敏雄
神棚に豆菊白し小鳥焼く 山口青邨
身の鱗ほろほろ剥がれ小鳥来る 林翔
人のごと小鳥もぬくし秋の暮 中村汀女
人の喪に気落ちしをれば小鳥来る 安住敦
水盤に小鳥がゐたり脚で立ち 山口誓子
杉葉もてもさと葺いたり小鳥小屋 松本たかし
裾野青芝日本にも夜を鳴く小鳥 中村草田男
石見から周防の梢へ小鳥来ぬ 飴山實
赤い羽根小胸にさせば小鳥来る 山口青邨
赤富士の天に小鳥の微塵かな 上野泰 春潮
千の葉に千々の朝日よ小鳥来る 大野林火 月魄集 昭和五十五年
浅瀬よりみちびく光り小鳥来る 鷲谷七菜子 花寂び
洗ひ髪いつしか乾き小鳥来る 鈴木真砂女
洗面の水三昧に小鳥来る 上田五千石 風景
双六岳越え来し小鳥岨に鳴く 水原秋櫻子 緑雲
早さとぶ小鳥見て山路行く 尾崎放哉 小豆島時代
巣に通ふ小鳥谷水往き来して 右城暮石 天水
追竿に乱れし小鳥御嶽へ 福田蓼汀 山火
追込の小鳥靜まる秋の雨 正岡子規 秋雨
低き巣を出づる小鳥の低きへ飛ぶ 右城暮石 句集外 昭和二十六年
倒れ木のここにかしこに小鳥くる 上村占魚
塔よりの色携へて小鳥来る 上田五千石『琥珀』補遺
灯を消して夜は暗くし小鳥店 後藤比奈夫
独り居や小鳥来てゐる些々の音 及川貞 夕焼
南天の箸二人前小鳥来る 飴山實 花浴び
日あたりをほずゑわたりに小鳥かな 阿波野青畝
白髪の乾く早さよ小鳥来る 飯島晴子
磐石に乗つかけてあり小鳥小屋 松本たかし
眉の上をよき雲ゆけり小鳥絶ゆ 百合山羽公 春園
風が来ただけでも外れ小鳥罠 後藤比奈夫
仏の山の明けてゆくなり押す小鳥 臼田亜浪 旅人 抄
母音習ふ日本語学科小鳥来る 上田五千石 天路
本の山そこにもここにも小鳥来る 山口青邨
霧深し屋根に小鳥も湿りたる 廣瀬直人 帰路
明烏真似ずに小鳥渡るなり 阿波野青畝
餅搗や小鳥来てゐるうめもどき 山口青邨
夕永し小鳥の餌箱黐の下 飯田龍太
浴室に小鳥あふれて霧のホテル 金子兜太
来そめたる小鳥ちらちらちらちらと 石田勝彦 秋興以後
裏の庭何か赤き実小鳥来て 山口青邨
冷えこみを言ひ小鳥籠布囲ひ 鷹羽狩行
腕組んでしづかにをれば小鳥来る 森澄雄
囮らの高音ひそみ音小鳥来る 松本たかし
涅槃絵のごと木菟引の小鳥かな 右城暮石 句集外 昭和十年
籠り飛ぶ小鳥あるらし大椿 松本たかし
駱駝一群みんなみす小鳥死ぬ上を 加藤秋邨
黐の木があるといふだけ小鳥来る 後藤比奈夫

by 575fudemakase | 2017-06-07 17:22 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26909171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02
俳句 の俳句
at 2017-12-15 07:58
田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29

外部リンク

記事ランキング