秋の川 の俳句

秋の川

アルプスの秋川常に碧き色 高木晴子 花 季
いちにちのひかりがあそぶ秋の川 飯島晴子
うらがへる音もまじりて秋の川 山上樹実雄
そろそろと秋もの凄し角田河 秋の川 正岡子規
つゝくりと五位の立けり川の秋 秋の川 正岡子規
はるかに光る秋の川来るか行くか 橋本多佳子
ひとすぢの油が浮いて秋の川 鷲谷七菜子
一群は地蔵流しか秋の川 寺田寅彦
一束の草を流せば秋の川 折井紀衣
鵜かがりの散りて音あり秋の川 永井東門居
煙草すて秋の川たり顔うつる 岸風三楼 往来
王子より王子へ流れ秋の川 赤木 範子
葛吹かれ秋篠川は秋の川 神尾久美子
韓の少女がバス待っている 秋の川べり 伊丹公子 メキシコ貝
橋いくつ潜るお江戸や秋の川 泉 弘子
見へぬ風見せて流るる秋の川 大西達夫
見るかぎり同じ速さの秋の川 山口誓子
吾に近き波はいそげり秋の川 橋本多佳子
荒れし跡名残ともなく秋の川 稲畑汀子
高速道下を流れる秋の川 大和田麗子
今朝秋の川の流れに風の影 荒木富喜子
汐引けば米とぐと言ふ秋の川 阿部みどり女
蛇さげて子ののぼりくる秋の川 綾部仁喜 樸簡
酒肆を出て蘆荻に橋や秋の川 飯田蛇笏 山廬集
秋の川いくたび越ゆるローカル線 松澤晴美
秋の川この世流るる響きもつ 長谷川秋子
秋の川ジキルとハイド流れおり 牛島伸
秋の川じんじんじんと卑下したり 寺井久子
秋の川そしらぬ態で流れゆく 中村苑子
秋の川に突き出し楼の句会かな 西山泊雲 泊雲句集
秋の川ほとけのものを洗ひけり 赤塚五行
秋の川みなかみの山をしかと画く 瀧春一 菜園
秋の川もつれし糸の解たるごと 福田甲子雄
秋の川堰き止められしまゝ涸れて 田子鴨汀
秋の川花流れ去り二度と見ず 峠谷清広
秋の川丘に戦国の塁をのこす 瀧春一 菜園
秋の川桑畑の色を遠ざくる 瀧春一 菜園
秋の川四条五条と急ぎけり 黒川花鳩
秋の川紙のごとくに流れをり 入江雪子
秋の川首伸べて鳴く夕べの牛 廣瀬直人
秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石
秋の川水がゆっくり平泳ぎ 鳴戸 奈菜
秋の川全く峡を出でにけり 尾崎迷堂 孤輪
秋の川毒流されしより痩せぬ 羽部洞然
秋の川入り行く末の須磨明石 松瀬青々
秋の川膝の高さの五輪塔 阿保恭子
秋の川膝までつかり釣りにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
秋の川冷々と岐れ集まれる 瀧春一 菜園
秋の川撓みて柿の村をいだく 瀧春一 菜園
秋の川藪に分れて流れけり 大峯あきら 宇宙塵
秋の風秋の川自動車速さ増す 林原耒井 蜩
秋の夜の川を流るる石の音 長谷川櫂 天球
秋江に沿ひゆき蔵書売らんとす 森川暁水
秋江や荷船うごかぬごと動く 角光雄
秋川になげる投網の光かな 中勘助
秋川に泳ぎしもののすぐ消えし 中川宋淵
秋川に崖水(はけみず)吾をのがれゆく 角川源義 『秋燕』
秋川に佇ちゐる帯のきつかりし 館岡沙緻
秋川のこつこつと流れゐたりけり 平井照敏 天上大風
秋川の雨空辷る磧なり 内田百間
秋川の音のかなたに父母います 金子兜太
秋川の音の彼方に父母います 金子兜太
秋川や駅にまがりて船だまり 飯田蛇笏 山廬集
秋川や岸に従ふ流れざま 尾崎迷堂 孤輪
秋川を黒犬游ぐ薄日かな 内田百間
少年が愛す窪地の秋の川 細見綾子
身につかぬこと曳きずりて秋の川 金田咲子
水汲みに驢馬引き入るる秋の川 太田土男
醒井を過ぎし秋川澄みにけり 石田波郷
石投げて少年離る秋の川 小合千絵女
洗ひ場に磴二三段秋の川 松田 トシ子
丹波路を越えて但馬の秋の川 京極杞陽 くくたち上巻
秩父嶺の藍より出でし秋の川 川崎展宏
中洲にも柳の家や秋の川 高浜虚子
町中を雑音を沈めて秋の川 阿部みどり女 笹鳴
底砂に浪目さやかや秋の川 比叡 野村泊月
飯食へばさみしくなりぬ秋の川 金谷信夫
蛭痩せぬ秋の野川の水清み 秋の川 正岡子規
物忌の灯を捨つる婦や秋の川 比叡 野村泊月
物浸けて即ち水尾や秋の川 高浜虚子
面売りにときどき光る秋の川 桂信子 黄 瀬
野の川を心に撰りし秋の帯 鈴木黎子
流れては秋川の身をさらけだす 鎌倉佐弓
流れゆくもの皆ゆるく秋の川 高浜虚子
流れ木に百羽鴉や秋の川 松根東洋城
蓼短く秋の小川の溢れたり 秋の川 正岡子規

秋の川 補遺

いちにちのひかりがあそぶ秋の川 飯島晴子
そろそろと秋もの凄し角田河 正岡子規 秋の川
つゝくりと五位の立けり川の秋 正岡子規 秋の川
ときどきの医師の微笑に秋の川 飯島晴子
ハイリゲンシユタツトの遺書秋の川 平井照敏
はるかに光る秋の川来るか行くか 橋本多佳子
ひとすぢの油が浮いて秋の川 鷲谷七菜子 天鼓
ぶつかつて来て流れ去る秋の川 山口青邨
一景に勾配ありぬ秋の川 岡井省二 前後
橋数多架け秋川を愛すなり 岡本眸
見るかぎり同じ速さの秋の川 山口誓子
吾に近き波はいそげり秋の川 橋本多佳子
砂利を採る仕掛がひとつ秋の川 山口青邨
師冷えゆく秋川硝子越しに哭き 廣瀬直人 帰路
指一本浸してぬらす秋の川 山口青邨
酒肆を出て蘆荻に橋や秋の川 飯田蛇笏 山廬集
秋の川の水際ばかり歩きたる 細見綾子
秋の川ひといつまでも後ろより 飯田龍太
秋の川ぼんの窪から流れけり 橋閒石
秋の川首伸べて鳴く夕べの牛 廣瀬直人 帰路
秋江の一景かくすジャンクの帆 鷹羽狩行
秋江へ或はうつす耳の裏 伊藤白潮
秋川にバケツ打ちつけては汲みぬ 岡本眸
秋川に崖水吾をのがれゆく 角川源義
秋川に釣して亀を獲たりけり 村上鬼城
秋川のこつこつと流れゐたりけり 平井照敏
秋川の音の彼方に父母います 金子兜太
秋川や駅にまがりて船だまり 飯田蛇笏 山廬集
醒井を過ぎし秋川澄みにけり 石田波郷
蛭痩せぬ秋の野川の水清み 正岡子規 秋の川
別の世を見てきたるらし秋の川 平井照敏
偏りし流れの深く秋の川 山口誓子
野の川と思へどかをる秋の潮 山口誓子
夕焼のはたと消えけり秋の川 村上鬼城
蓼短く秋の小川の溢れたり 正岡子規 秋の川


by 575fudemakase | 2017-06-07 17:29 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26909182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング