瓢 の俳句

瓢 の俳句


ありやうにすはりて青き瓢かな 涼莵
あをあをとかたちきびしき瓢かな 飯田蛇笏 山廬集
いと小さきも容そなへて瓢かな 中島月笠 月笠句集
いと小さき瓢も形とゝのへし 佐藤一村
いふがほや秋は色々のふくべかな 芭蕉 選集古今句集
おもしろう生きるは未だ青ふくべ 手塚美佐
かにかくに人は生きやう青ふくべ 高澤良一 寒暑
くぐらねばならぬところに瓢かな 石田勝彦
くゝりゆるくて瓢正しき形かな 杉田久女
くすぼりて黒くなりけり種ふくべ 高浜虚子
くち切やことし作りしふくべ共 木導 俳諧撰集「有磯海」
くびるるをうかと忘れし瓢かな 鈴木貞雄
くりぬいて中へはいらん種ふくべ 瓢 正岡子規
けさの水瓢の蔓を上りをり 長谷川櫂 蓬莱
この夏やひさご作りに余念なく 杉田久女
この露に瓢箪公事も有りけるや 中村史邦
しぶ~と瓢になりし形かな 浜田波静
しぶしぶと瓢になりし形かな 浜田波静
すみとりや丸瓢箪の生れつき 貞徳
すみふくべ母にかしづき母と老ゆ 栗林千津
その古き瓢箪みせよ鉢たたき 去 来
それ~の形決りし青瓢 十万南夫子
たのしみの其中にあるひさごかな 瓢 正岡子規
たれこめて瓢箪生らす亭主かな 阿波野青畝
だんだんに五十五才へ青瓢 斉藤夏風
どうしても悲しく吹けぬ瓢の宙 後藤比奈夫
にんげんをこわす音して青瓢 栗林千津
はじめから年とつて居る婆・瓢 清水径子
ピアノ連弾大小の瓢箪生る 林翔
ひさごから出して見せうか時鳥 時鳥 正岡子規
ひさご所望に漢の選れるおかめ貌 猪股洋子
ひとりはえてひとつなりたる瓢かな 高井几董
ひねくり者ありふくべ屋椿とぞ呼べる 椿 正岡子規
ひやう~と瓢の風も九月哉 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
ひやうひやうと瓢の風も九月かな 一茶
ぶうらりと瓢やこの世面白き 大井戸 辿
ふくべけふひさごとなりぬ山日和 岡井省二
ふくべより賜る酒や十三夜 星野麥丘人
ふくべ棚ふくべ下りて事もなし 高浜虚子
ふくべ棚声透くころとなりにけり 山田弘子
ふらふらとして怪我もなき青瓢 井上井月
ぶらぶらと小窓うれしき瓢哉 瓢 正岡子規
ぶらり瓢箪仰ぐだれもが隙ある顔 名取思郷
ポン~と瓢の音や寒念仏 河野静雲
ものひとつ瓢は軽き我が世かな 芭蕉
もの一つ我が世はかろきひさごかな 芭蕉
もの一つ瓢はかろきわが世かな もの一つ瓢はかろきわが世かな 松尾芭蕉
ゆさぶれば念なう音す瓢かな 高桑化羊
わが呼べばおとこたへそなふくべ哉 中勘助
ワルツ止み瓢箪光る黴の家 西東三鬼
われになき重心もてり青瓢 平野謹三
愛されず青瓢箪のくびれかな 大畠新草
庵に在りて風瓢々の夏衣 河東碧梧桐
井月の瓢は何処へ暮の秋 芥川龍之介
一つのみわがたのむなる瓢かな 小杉余子 余子句選
一生のいま佳かりける枯瓢 望月百代
一茶さんの俤戸主にひさご棚 鈴鹿野風呂 浜木綿
一瓢に酔ふや出初の鉢叩 名和三幹竹
一陽を出て走るや瓢の駒 松岡青蘿
雨雲の奥より日ざし瓢棚 山口恭徳
雨足の早くてひさごより雫 渋谷霞舟
嘘いふて歯を抜かれたる瓢かな 佐藤紅緑
何日も来る種の瓢の影法師 阿波野青畝
我捨てしふくべが啼か閑居鳥 蕪村遺稿 夏
我頭程の瓢を作り見ん 寺田寅彦
海境の高きに張れり種ひさご 中戸川朝人 尋声
街騒を遠くしてをり種ふくべ 澤村昭代
官を辞して大なる瓢を愛す哉 寺田寅彦
干飯や瓢の棚の蔭日なた 岡本癖三酔
貫之の棲みしと瓢枯れゆけり 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
帰省子に瓢の蔓の伸ぶ迅さ 阿部みどり女
気に染まぬ聟つまはじく瓢 尾崎紅葉
峡の家の昼は無人や種ふくべ 星野麦丘人
峡ふかく僧の養ふひさご棚 飴山 實
九官鳥オハヨーばかり種子瓢 伊藤いと子
九十九を他所に持たる瓢(ひさご)かな 千代尼
空に向く瓢の芯を摘みにけり 牧山 美佐子
空也忌のやれ瓢打つ太鼓打つ 前田比呂志
空也忌の護符のひさごの緒の朱く 遠藤みや子
空也念佛腰の瓢も踊りけり 成瀬櫻桃子 素心
形よき瓢もとめて仰ぎ寄る 軽部烏頭子
形よき瓢を種に残しけり 柿本英二
血脈をつたへて古き瓢かな 瓢 正岡子規
血脈をつたへて今に瓢かな 瓢 正岡子規
月の客瓢を舟とするはなし 田中裕明 櫻姫譚
元日やふくべの艶をなぶりけり 涼菟
枯芒風に削がれて瓢瓢と 早崎悦子
狐雨すぎし雫や青ふくべ 辻桃子
五つほど瓢箪みのる宝泉寺 永田由子
口を切る瓢や禅のかの刀 炭 太祇 太祇句選
甲斐曇にて瓢箪の強くびれ 遠山陽子
考えのひとつに死あり青ふくべ 寺田絵津子
行く秋の声も出づるや瓢から 千代尼
腰を摺る瓢箪かろし小松引 素丸
腰を落ちつけてしまへり種ふくべ 長田等
此あたり書出し入もふくべ哉 炭 太祇 太祇句選
此別れふくべ叩いて惜みけり 福田掬水
魂はふくべなりけり痩案山子 案山子 正岡子規
坐りよきことのをかしき青瓢 大橋敦子
妻の持つ我が恋文や青瓢 小川軽舟
作務僧の石に腰して瓢鳴らす 松本弘孝
子ふくべの微風頼みに老患者 岸田稚魚 筍流し
子ヲ育ツフクベヲ育ツ如キカモ 瓢 正岡子規
子規庵のふくべ仰げるへちま面 高澤良一 随笑
市中にふくべを植ゑし住まひかな 越人
糸瓜棚瓢を許し撓みをり 中戸川朝人
試ミニ名ヲハ巾着フクベカナ 瓢 正岡子規
似てをれどどこか違へる瓢かな 岩崎 裕
耳遠き僧へ手真似や青ふくべ 羽部洞然
漆もてひびを繕ふ炭ひさご 松本とも子
捨てらるゝさだめを茶器に種ふくべ 森川芳明
主居るかと棚の瓢に訊いてみる 鈴木鷹夫 千年
取付テ松ニモ一ツフクベカナ 瓢 正岡子規
種ふくべ一睡の顔ななめなる 亀田虎童子
種ふくべ何の力にくびれけん 瓢 正岡子規
種ふくべ垣根の闇にもつれけり 瓢 正岡子規
種ふくべ熟れすぎ棚の抜けてをり 木村里風子
種ふくべ昭和の果を見てゐたり 黛執
秋風やふくべに似たる老師の頭 小原菁々子
秋涼し山椒ふり出す小瓢箪 稲垣きくの 牡 丹
秋翳に一瓢の酒酌みゐたり 今泉貞鳳
出初を祝うて叩く瓢かな 一茶
順礼の目鼻書き行くふくべかな 蕪村
順禮の目鼻書ゆくふくべ哉 蕪村 秋之部 ■ 古人移竹をおもふ
初雪や夜すがら軒のなりひさご 立花北枝
女男にて棲むあわれさは共どもに瓢箪に呑み込まるるごとし 阿木津英
尻据ゑし厠の屋根の瓢かな 青嵐
身ひとつをよせる籬や種ふくべ 炭 太祇 太祇句選
人ありて琵琶にや作る長瓢 松岡青蘿
人の世に尻を居へたるふくべ哉 蕪村 秋之部 ■ 四十にみたずして死んこそめやすけれ
水琴窟寒の音色に瓢鮎図 田中英子 『浪花津』
世は口切瓢箪空し野人が軒調 枕子 選集「板東太郎」
清兵衛のふくべ吊らるる晩夏かな 入倉朱王
青く重き瓢手にあり木曾の果 林翔
青ふくべ一つは月にさらされて 日野草城
青ふくべ地をするばかり大いさよ 杉田久女
青ふくべ遊び疲れし顔のあり 小菅防風
青ふくべ容さだまり懐胎す 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
青瓢うつくしき声立ちにけり 原田喬
青瓢こころもとなく坐りけり 猪俣千代子 堆 朱
青瓢つつき解決まだ先に 浅野明子
青瓢ぶら~病の秋久し 尾崎紅葉
青瓢ふらりと教師立ち寄れり 益永孝元
青瓢ぶらりと輿に乗りたがる 中原道夫
青瓢ふらり散歩に出でしまま 櫛原希伊子
青瓢をめでて賢しき女かな 飯田蛇笏 山廬集
青瓢一寸にしてくびれあり 伊東美也子
青瓢成らせて子無き老夫婦 武田光子
青瓢日光浴の寝椅子あり 長谷川櫂 蓬莱
青嵐瓢に酒鳴る別れかな 幸田露伴 江東集
赤きもの見えて瓢の手もそこに 宇佐美魚目 天地存問
赤蜻蛉のせて流るゝ瓢かな 寺田寅彦
草の戸のふくべに満ちし施米かな 高田蝶衣
代々の瓢作りや瓢右衛門 岡田燕子
大ふくべ月の光を殖やしをり 石川志げゐ
大津絵の瓢のながき大暑かな 榎本 好宏
大瓢くびれて生きてゐる混沌 荒井良子
大瓢小瓢名前欲しさうに 山田弘子 懐
大瓢無用の用に乾されけり 安藤橡面坊
大風に三尺瓢箪まかり出る 本多やすな
叩く時ひさご飛び出せ時鳥 時鳥 正岡子規
嘆けとてふくべぞ残る垣の霜 山口素堂
歎けとて瓢ぞ残る垣の霜 素堂
炭取となりて年ふる瓢かな 寺野守水老
炭取のひさごより低き机かな 村上鬼城
炭取のひさご火桶に並び居る 蕪村
炭斗のひさごに残る蔓ぴんと 高濱年尾 年尾句集
炭斗の古きひさごに絵かきあり 高浜年尾
短冊の書はころころと青ふくべ 宇佐美魚目 天地存問
池籬や瓢すがるる蔓はなれ 飯田蛇笏 山廬集
遅れても急がぬ子なり青ふくべ 菅原哲男
中年や風の瓢のごときもの 大木あまり 火球
昼寝して顔のかなしき青瓢 森 澄雄
昼中にやねからおつるふくべかな 江戸-呂国 俳諧撰集「有磯海」
朝顏にからむ隣の瓢哉 朝顔 正岡子規
潮臭き軒に瓢を吊るしあり 仙田洋子
剃刀あてて数へてゐたる青瓢 森澄雄 鯉素
定形の中の鬱の字瓢の字 鈴木鷹夫 千年
庭せまき酒屋の裏の瓢哉 鈴木杏村
添へ板に尻落ちつけて大瓢 杉山三知子
吐せども酒まだ濁る瓢かな 河東碧梧桐
灘五郷ふくべに満たす今年酒 大橋克巳
二つ置く人の心や種ふくべ 生佛
日ざらしの石にひとつや瓢虫 中田剛 竟日
日の影の石にこぼるる瓢かな 巴人
日の入るを待ちかねて咲く瓢かな 原 鬼灯
馬鹿でかい夕顔瓢抱いてみる 後藤綾子
白鳥の乱舞に瓢湖暮れにけり 研 斎史
薄ら氷に雀のまろぶ瓢池 三谷道子
麦草庵居ず青瓢垂るるのみ 石田あき子 見舞籠
鉢叩かの岸とはん瓢箪船 椎本才麿
鉢釦かの岸とはん瓢箪船 才丸 選集「板東太郎」
晩涼やうぶ毛はえたる長瓢 杉田久女
晩涼やうぶ毛生えたる長瓢 杉田久女
髭植ゑて主に似せん瓢かな 大須賀乙字
百回忌修す瓢笛鳴らしたる 中原道夫
瓢(ひょん)の笛吹けば波音風の音 稲畑汀子 ホトトギス汀子句帖
瓢として尊き秋日一つかな 飯田蛇笏 山廬集
瓢のはなし聴かねば瓢呉れぬらし 鈴木しげを
瓢を抱て浅瀬に泳ぎ習ふ人 泳ぎ 正岡子規
瓢一ツいつ迄もいつ迄も下りけり 石井露月
瓢湖守終の白鳥見送りぬ 高坂 愛
瓢蒔き年寄りくさくなりにけり 森田公司
瓢実るみな手の届くところにて 風間啓二
瓢種貰ひに行くや蛸提げて 橘 肖吉
瓢植うしぐさも古りし日月図 宇佐美魚目 天地存問
瓢成て入り七合や今年酒 純
瓢然と出て戻りたる遅日かな 千田一路
瓢棚いづれが良い子悪い子ぞ 鍵和田[ゆう]子 浮標
瓢棚火だね絶やさぬ母なりし 宇佐美魚目 天地存問
瓢棚真下に瀬音ありにけり 樋口桂紅
瓢箪が夜あそび覚えはじめけり 山尾玉藻
瓢箪にしみさす迄や秋の雨 成美
瓢箪に興ず亭主の顔が見え 高澤良一 寒暑
瓢箪に先きだち落つる零余子かな 飯田蛇笏 山廬集
瓢箪のくびれる前の歳月や 山崎佳子
瓢箪のそだちさがりのふらりとす 松澤 昭
瓢箪のつるや隣をはばからず 涼菟
瓢箪のできすぎてをり水禍あと 寺田絵津子
瓢箪のぶらり本懐とげし顔 蔵巨水
瓢箪のみなちひさくて捨てられぬ 細川加賀 『生身魂』
瓢箪の花や今年を病弱に 森澄雄
瓢箪の括れにはもう適わない 岡 純子
瓢箪の種白かりし軽かりし 佐藤 亜矢子
瓢箪の出来の話も残暑かな 松本たかし
瓢箪の尻に集まる雨雫 棚山 波朗
瓢箪の尻に集る雨雫 棚山波朗
瓢箪の水の粉ちらす別れかな 丈草
瓢箪の窓や人住まざるが如し 高浜虚子
瓢箪の足らぬくびれを云々す 飯島晴子
瓢箪の大炭取の運ばるる 杉山 喜代子
瓢箪の中を思いてねむるなり 加茂踏青
瓢箪の瓢箪らしき形かな 大塚 あつし
瓢箪の夜遊び覚えはじめけり 山尾玉藻
瓢箪の用と無用を論ぜんや 関 萍雨
瓢箪の老美しく耳遠し 古舘曹人 砂の音
瓢箪は手作なるべし鉢たたき 桃隣
瓢箪は瓢箪となる妻が畑 山口青邨
瓢箪も亦やられけり根切虫 高松喜山
瓢箪や青葉につなぐ牧の駒 丸露 選集「板東太郎」
瓢箪や大張り小張り赤児の声 中村草田男
瓢箪や婆の三人の一人消え 岸田稚魚
瓢箪をぶらさげ二晩悔いており 中根和子
瓢入れて夜寒の柩狭からず 碧雲居句集 大谷碧雲居
瓢々と歩きつかれぬ羽抜鶏 吉武月二郎句集
瓢疵惜まれながら育ちけり 朴魯植
病ひよき妻ゆゑ眩し青瓢 成田千空
病よき妻ゆゑ眩し青瓢 成田千空
富士講の御師の胡座やあをふくべ 若山すみ江
浮寝鳥瓢湖に雲の低く垂れ 川合広保
父といへば眉雪ゆつくり瓢植う 宇佐美魚目 天地存問
父の世も空へ立てけり瓢竹 宇佐美魚目 天地存問
舞ふふくべ躍るふくべや薄月夜 月夜 正岡子規
蕪村また大器晩成種ふくべ 高澤良一 随笑
風の腰裾えて太りぬ青瓢 武田敬子
風の桜空しき瓢のうたゝ鳴る 尾崎紅葉
風立ちぬひさごと申す和菓子にて 鷲田 環
腹の中へ歯はぬけけらし種ふくべ 蕪村 秋之部 ■ 古人移竹をおもふ
物種を入れたる瓢炉辺にあり 高浜虚子
物種を入れたる瓢爐邊にあり 高濱虚子
抱く嬰の日毎に重し青ふくべ 奥田恵美 『再度山』
忘恩やくびれの足らぬ青瓢 服部百合子
盆棚に青瓢箪を吊るしけり 榎本文代
蔓長く下る飄の風もなし 瓢 正岡子規
茂吉の書読むかたはらに炭瓢 皆川盤水
門池にひたしふくべや山の家 河野静雲 閻魔
夕かぜやしぶ/\動く長ふくべ 高井几董
夕顔や秋はいろいろの瓢かな 松尾芭蕉
夕方はひとのこゑして種ふくべ 星野麥丘人
葉がさねのひさごの花や石の露 加舎白雄
葉のかげにあしたの莟青瓢 長谷川櫂 蓬莱
遥かなる思ひから覚め青瓢 長谷川櫂
羅の胸のあたりに青ふくべ 岩田由美 夏安
落書のやうに瓢箪生りにけり 岩淵喜代子
冷夏てふ巡り合はせに痩せふくべ 高澤良一 素抱
露けさやうぶ毛生えたる繭瓢 杉田久女
露の蟻瓢の肩をのぼりけり 阿波野青畝
老たりな瓢と我が影法師 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
藁屋根の右に傾くふくべかな 瓢 正岡子規
藁家の右に傾くふくべかな 瓢 正岡子規
簷に吊る瓢の種も蒔かばやな 杉田久女
絲瓜とも瓢ともわかぬ目利哉 糸瓜 正岡子規
蟷螂のすべりていかるふくべかな 言水
颱風に傾くままや瓢垣 杉田久女
黴拭きて古き瓢をいつくしむ 大橋櫻坡子 雨月

【参考】
青瓢 (←ここをクリック)

種瓢 (←ここをクリック)


瓢 補遺

あをあをとかたちきびしき瓢かな 飯田蛇笏 山廬集
いつまでも下る千生瓢(せんなり)冬の雨 山口青邨
いま聞きしふくべの方の声なりき 岡井省二 夏炉
くぐらねばならぬところに瓢かな 石田勝彦 秋興以後
この夏やひさご作りに余念なく 杉田久女
たのしみの其中にあるひさごかな 正岡子規 瓢
たれこめて瓢箪生らす亭主かな 阿波野青畝
なかなかにあがらぬ腰やひさご苗 石田勝彦 秋興以後
ひさごから出して見せうか時鳥 正岡子規 時鳥
ひともしてけふの古りゆくふくべかな 上田五千石 天路
ひねくり者ありふくべ屋椿とぞ呼べる 正岡子規 椿
ふくべけふひさごとなりぬ山日和 岡井省二 有時
ふくべより賜る酒や十三夜 雨滴集 星野麥丘人
ふくべをちぎり棗をたたく葉月かな 金子兜太
ふくべ棚の脇にてごかい掘を見て 岡井省二 鯨と犀
ぶらぶらと小窓うれしき瓢哉 正岡子規 瓢
へうたんの大きくなりぬ日照雨 星野麥丘人
へうたんの小さき方へ手を出しぬ 燕雀 星野麥丘人
へうたんを咲かせ誰にもかまはれず 亭午 星野麥丘人
まだくびれるやうな気がする瓢かな 岡井省二 猩々
ワルツ止み瓢箪光る黴の家 西東三鬼
一箪食一瓢飲の夏来る 高野素十
人の語に傷つきやすし青瓢 星野麥丘人
児等が植ゑしへうたんの蔓がのびたり 尾崎放哉 大正時代
全景に秋の湖あり瓢酒 森澄雄
冬の夜撫して飽かずこれや祖父の遺せし瓢なり 荻原井泉水
剃刀あてて数へてゐたる青瓢 森澄雄
十瓢をゑがける額も梅の宿 山口青邨
反古入れの大瓢箪に左右の塵 杉田久女
取付テ松ニモ一ツフクベカナ 正岡子規 瓢
句集上梓瓢箪もまたぶらさがる 山口青邨
叩く時ひさご飛び出せ時鳥 正岡子規 時鳥
吉凶に隣りてゆるる青瓢 飯田龍太
吐せども酒まだ濁る瓢かな 河東碧梧桐
咲涼やうぶ毛生えたる長瓢 杉田久女
増(ぞう)女にかかはりゐたる瓢かな 岡井省二 鯛の鯛
大ふくべ土箭を越えて多少あり 阿波野青畝
妻笑ふ瓢の苗をわれ植うる 上村占魚 球磨
子ふくべの微風頼みに老患者 岸田稚魚 筍流し
子ヲ育ツフクベヲ育ツ如キカモ 正岡子規 瓢
小瓢の声飛んで来よ 小賀玉咲く 伊丹三樹彦
山居図に瓢箪赤し鐵斎忌 相生垣瓜人 負暄
峡ふかく僧の養ふひさご棚 飴山實
川つたふ夕べの鐘や瓢棚 飴山實 句集外
干し瓢十ほど何となく頷く 飯島晴子
春の山瓢さげ行く女かな 正岡子規 春の山
昼寝して顔のかなしき青瓢 森澄雄
朝顏にからむ隣の瓢哉 正岡子規 朝顔
朝顔も咲かすべく瓢もならすべく 山口青邨
枯色の華紋しみ出し瓢かな 杉田久女
棚ふくべゐしきに板をもらひけり 石田勝彦 百千
此處にありぶらさがりたる瓢なり 岡井省二 前後
武具飾る千生瓢箪この家の紋 山口誓子
武者飾全の千成瓢箪照る 山口誓子
池籬や瓢すがるる蔓はなれ 飯田蛇笏 山廬集
炭取のひさごより低き机かな 村上鬼城
炭斗のひさごに残る蔓ぴんと 高浜年尾
炭斗や妹の故郷の大ふくべ 阿波野青畝
瓢(ひょん)くれて待つてゐるなり山に向き 加藤秋邨
瓢として尊き秋日一つかな 飯田蛇笏 山廬集
瓢より駒が出たる茶立蟲 石塚友二 玉縄以後
瓢を抱て浅瀬に泳ぎ習ふ人 正岡子規 泳ぎ
瓢亭やメ口ンを以て食事了 阿波野青畝
瓢亭や此処に待たしむ麻蒲団 阿波野青畝
瓢箪に先きだち落つる零余子かな 飯田蛇笏 山廬集
瓢箪の出来の話も残暑かな 松本たかし
瓢箪の棚に残してありし数 高浜年尾
瓢箪の老美しく耳遠し 古舘曹人 砂の音
瓢箪の足らぬくびれを云々す 飯島晴子
瓢箪の音にあやかる忌日かな 後藤比奈夫
瓢箪は瓢箪となる妻が畑 山口青邨
瓢箪や大張り小張り赤児の声 中村草田男
瓢見て倦かぬ齢となりにけり 亭午 星野麥丘人
白梅や教うるさき瓢鮎図(へうねんづ) 森澄雄
秋色のひとつのいろの青瓢 森澄雄
秋風や大小垂るる棚瓢 村山故郷
立ちにくし一旦転びたる瓢 後藤比奈夫
絲瓜とも瓢ともわかぬ目利哉 正岡子規 糸瓜
胡坐して眼の澄んでをり青瓢 森澄雄
舞ふふくべ躍るふくべや薄月夜 正岡子規 月夜
蔓長く下る飄の風もなし 正岡子規 瓢
藁家の右に傾くふくべかな 正岡子規 瓢
藁屋根の右に傾くふくべかな 正岡子規 瓢
蟋蟀や小さき瓢耳にみつ 加藤秋邨
血脈をつたへて今に瓢かな 正岡子規 瓢
血脈をつたへて古き瓢かな 正岡子規 瓢
試ミニ名ヲハ巾着フクベカナ 正岡子規 瓢
踊り子の酒のふくべの笑ふかな 角川源義
雨脚のかかりてをれる瓢苗 石田勝彦 秋興
露けさやうぶ毛生えたる繭瓢 杉田久女
露の蟻瓢の肩をのぼりけり 阿波野青畝
青く重き瓢手にあり木曾の果 林翔 和紙
青ふくべよろぼふ如く落ちしのみ 赤尾兜子 玄玄
青ふくべ一つは月にさらされて 日野草城
青ふくべ地をするばかり大いさよ 杉田久女
青瓢も君が家の子迎へらる 石田波郷
青瓢をめでて賢しき女かな 飯田蛇笏 山廬集
青瓢人待ち顔に見てゐたる 森澄雄
颱風に傾くまゝや瓢垣 杉田久女
餉のあとの顔ゆるびをり青瓢 森澄雄
魂はふくべなりけり痩案山子 正岡子規 案山子

瓢 続補遺

あそびよき頃や瓢も霄のはな 長翠
ありやうにすはりて青き瓢かな 凉菟
かまきりは枕ふくべと撫やらん 千那
くだけたるひさごの実や秋の霜 東皐
くち切やことし作りしふくべ共 木導
ころ~と春にもなりぬ七瓢 木因
そのふるき瓢箪みせよ鉢たゝき 許六
なでるほど命の長きふくべかな 桜井梅室
なでるほど齢の長き瓢かな 桜井梅室
ばせを会に瓢の底をたきけり 夏目成美
ひとつ我ぬしづいてをく瓢かな 木因
ひとりはえてひとつなりたる瓢かな 高井几董
ふくべにて茅屋おさゆるあらし哉 亀世
ふらついて瓢かたまる軒端かな 露印
ゆふがほやふくべやまがふ君が宿 万子
をのが葉に片尻かけて瓢かな 凉菟
一陽を出て走るや瓢の駒 松岡青蘿
九十九をよ所に持たる瓢かな 千代尼
人ありて琵琶にや作る長瓢 松岡青蘿
元日も身は山雀のふくべ哉 越人
元日やふくべの艶をなぶりけり 凉菟
八朔の庵もはやせやふくべ棚 鈴木道彦
六月にひやりと見たし青瓢 支考
初雪や夜すがら軒のなりひさご 北枝
十六夜の闇にぬれたる瓢かな 井上士朗
取おとす音を推する瓢かな 土芳
口を切る瓢や禅のかの刀 炭太祇
嘆けとてふくべぞ残る垣の霜 素堂
塀裏に鎮を付たる瓢かな 三宅嘯山
夕かぜやしぶ~動く長ふくべ 高井几董
夕顔やふくべとそだついとこどし 路健
夕~涼しがられてふくべかな 猿雖
夜の霜白きを見れば瓢也 基継
夜は鴨のこゑひゞくなりから瓢 井上士朗
大寺のけぶりにそだつふくべかな 完来
客ぶりに一入ほむるふくべかな 木導
寐がえりをさせて秋たつふくべ哉 露川
寐て居ても世はなり~や長瓢 桃妖
小ふくべの青みにつくやとぶほたる 夏目成美
山雀のふくべからはや冬ごもり 木導
川がりや冷しわすれし酒ひさご 東皐
市中にふくべを植し住ゐかな 越人
年立や団十良がふくべより 松窓乙二
御祓せん腰の瓢と二人前 鈴木道彦
手がたればせつ~なぶる瓢かな 我峰
摺小木もふらりと庵の瓢かな 吾仲
日の影の石にこぼるゝ瓢かな 早野巴人
昼中にやねからおつるふくべ哉 松木淡々
曲水におよぎならはゞ瓢かな 旦藁
朝皃の瓢かゝえて咲にけり 露川
桜や咲瓢箪出ていさむ駒 杉風
榾の火やふくべの色もかはきけり 探志
此あたり書出し入もふくべ哉 炭太祇
此外に見せふ物なし炭瓢 木因
此露に瓢箪公事も有けるや 史邦
浅からぬ瓢をいのち秋のあめ 加舎白雄
涼しさに中にさがるや青瓢 支考
澄月の雨や瓢も顔のかず 怒風
炭とりとしらで瓢のつぼみかな 支考
瓢から扣て出すや鶉の餌 釣壺
瓢の音霜夜は妙を出しけり 田川鳳朗
瓢よく空の心をいだきけり 寥松
瓢より頭巾わすれな鉢たゝき 鈴木道彦
瓢筆の軒端にさがる日あし哉 為有
瓢箪で鯰おさへてとしくれぬ 井上士朗
瓢箪といへばかるきがふくべ哉 魯九
瓢箪に酒いれて出よ鉢たゝき 芦角
瓢箪のうき所なき師走かな 中川乙由
瓢箪のかたまりすます時雨哉 斜嶺
瓢箪のさても達磨に似たる哉 其角
瓢箪のつるや隣をはゞからず 凉菟
瓢箪の尻もすはらず秋幾日 雪芝
瓢箪の形も定るや初しぐれ 中川乙由
瓢箪の水の粉ちらす別哉 丈草
百なりて中にひとつのひさご哉 尚白
秋はかくものゝかたちもふくべ哉 完来
竹の声許由がひさごまだ青し 其角
米切れた家に瓢箪の盛かな 三宅嘯山
終に身を入れしか古き炭ふくべ 寥松
芹摘とてこけて酒なき瓢哉 旦藁
茶の湯にはまだとらぬ也瓢汁 其角
草臥の相伴も有長ふくべ 凉菟
蔓ながら瓢を*叩く童かな 高桑闌更
行秋のそれも夜食か生リひさご 舎羅
行秋の声も出るや瓢から 千代尼
覗くにはおよばぬ垣のふくべかな 支考
身代のぶらりとさがる瓢かな 許六
酒呑にいひ号けあり生りひさご 支考
酒好の余の望みなきふくべかな 三宅嘯山
針たての撫~這入るふくべ哉 許六
鉢叩かの岸とはん瓢箪船 椎本才麿
鋭き物のかくは有まじ長瓢 加藤曉台
雷と一度に落るふくべかな 許六
霜さむし狐驚しの釣ひさご 卓池
青き中讃書ク人の瓢哉 凉菟
青ふくべひとり廻ッて一周忌 嵐雪
青瓢ふくるゝ果や秋の水 溝口素丸
音にたてゝふくべもなるや秋の果 夏目成美
駒の出んひさごをひたす清水哉 建部巣兆
鱒はしる浪には鈍し酒ふくべ 含粘
鳴むしをゆすりかねたり小瓢箪 乙訓
黒鴨のふくべのまねや夕涼み 野径

以上

by 575fudemakase | 2017-06-08 00:13 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26910052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング