蘭 の俳句

蘭 の俳句


ある時は淋しき花と蘭を活け 稲畑汀子
いづゝから日本風ぞ蘭の花 一茶
イブの夜も暮れて蘭の花抱けば人待つこころ微熱持ち初む 又江啓恵
おぼろなる仏の水を蘭にやる 大木あまり
かつて妻の胸にもありしカトレアよ 富田直治
カトレアの花ふさはしきたたずまひ 長谷川櫂 虚空
カトレアの卓に詩集とウォークマン 橋本榮治 麦生
カトレアを挿し花嫁の父となる 大石悦子
カトレアを置きし出窓や湖光る 島田愃平
きのこ図鑑蘭図鑑置き炭を焼く 茨木和生 野迫川
けざやかに秋蘭花のおびたゞし 高橋淡路女 梶の葉
こてふ蘭花の盛りの長きかな 芦苅 タマキ
この蘭や五助が庭にきのふまで 蕪村遺稿 秋
この蘭や五助が庭に昨日まで 蕪村
こんなふうにひと老いゆくか蘭の花 西山逢美
さゆの香にかくれて蘭のこころ哉 会津八一
シーバスの先客蘭の鉢抱へ 中戸川朝人 尋声
シャンデリアともして蘭の影散らす 稲畑汀子
すぐ傍の蘭に抱かれるたちくらみ 横山さつき
すんごりとなほなる蘭かことに月 広瀬惟然
つと入や蘭の香にみつ一座敷 松瀬青々
とまりし蛾蘭の花より来向へり 誓子
ならび咲いたユッカ蘭 踊るのは 石井漠の映像 吉岡禅寺洞
のうれんにおく蘭の香のこもり哉 青々
ひゆ肥える蘭の畑の四隅かな 玄伯「新類題発句集」
ビルの根に すばやい守宮 蘭匂う 伊丹公子 ドリアンの棘
フレームに蘭を育てて彫金師 水野征男
またも政変 蘭園に蘭は花弁巻く 伊丹公子 ドリアンの棘
まんじゆさげ蘭に類ひて狐啼く 蕪村
むせび泣くあまりに高き蘭の香に 渡辺恭子
もるゝ香や蘭も覆の紙一重 炭 太祇 太祇句選後篇
ユッカ蘭の 王冠 つばめがもつてきた埃です 吉岡禅寺洞
われをにくむ人に贈らむ蘭の花 会津八一
われ等みな名もなき山の蘭の花 会津八一
胃が痛む月夜や蘭の香の忽と 宮坂静生 樹下
遺言を守る十年や蘭の花 前川素泉
医に蘭と漢のありし世蛍草 友岡子郷「雲の賦」
医院開業五十周年蘭の花 佐藤晴代
一つ扨て生まれてさみし蘭の蝿 阿波野青畝
一つ扨て生れてさみし蘭の蝿 阿波野青畝
一鉢の蘭の生気を父のこす 中山純子
一鉢の蘭守る父や花過ぎし 碧雲居句集 大谷碧雲居
羽蝶蘭採りし岨道命綱 三浦妃代 『花野に佇つ』
雨しぶく書齋の椽や蘭の鉢 蘭 正岡子規
雨ばかりなれば蘭の香人につく 細見綾子
雲あそぶ後山の蘭に秋の頸 飯田蛇笏 霊芝
縁行けばびしよ~雨の馬蘭哉 尾崎紅葉
押花の蘭出づ癒えしたよりなり 三嶋 隆英
王女迎ふ躑躅紅紫の蘭館址 下村ひろし 西陲集
温室せまし洋蘭玻璃にふれ咲きて 田中 七草
温室は蘭ばかりやがて雪消えん 橋閒石 和栲
温室一歩曇る眼鏡に蘭百種 大津希水
家族四人雪夜は蘭のつぼみほど 高野ムツオ 鳥柱
花蘭けてつゆふりこぼす牡丹かな 飯田蛇笏 霊芝
海近しサロメは赤き温室の蘭 野見山朱鳥
崖落ちし話に買はる羽蝶蘭 三浦妃代 『花野に佇つ』
株分けの洋蘭咲かす女正月 秋川ハルミ
雁を射て湖舟に焼くや蘭の秋 飯田蛇笏 山廬集
既望は葉がくれに見る蘭の香ぞ 松岡青蘿
宮大工老いては蘭を愛しけり 野村喜舟
玉蘭の花売婆のほほかぶり 梅里全子 『祝矢』
銀蘭や汝も黙せる明るさに 花谷和子
句また焼くわが性淋し蘭の秋 飯田蛇笏 山廬集
形見ともなく手入れせし温室の蘭 稲畑汀子 汀子第二句集
桂ノ悼蘭ノ漿かも妻迎船 高橋淡路女 梶の葉
月落ちてひとすぢ蘭の匂ひかな 大江丸
硯の陸風蘭の香は漂うか 赤尾兜子
見舞はれて蘭の香にふと涙かな 毛塚静枝
元日や蘭の日南に常の如し 長谷川零余子
故園荒る書斎に庭の蘭を剪り 高浜虚子
虎落笛絨毯に曳く折鶴蘭 阿部みどり女
五年物十年物や蘭の鉢 保田白帆子
後山の蘭にあそびて梅佳節 飯田蛇笏
向き蘭やがて匂へり見つゝあれば 楸邨
皇太子蘭の温室(むろ)出し酔ひごころ 筑紫磐井 婆伽梵
香を踏て蘭に驚く山路哉 月居
香を踏みて蘭に驚く山路かな 月居

此の匂ひ蘭にもせうか零余子飯 呉老
紺紙なる金泥の蘭秋扇 高浜虚子
祭なり若者が来て蘭を嗅ぐ 中山純子
咲き初めし蘭の一鉢友見舞ふ 木原友子
桜蘭にオカリナ吹かな秋立ちぬ 菅原鬨也
山に蘭渓に石得て戻りけり 月斗
姉妹よければ加藤苔めきすべる蘭 加藤郁乎
子を生さでカトレアの香にむせにけり 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
紫の素描にしたり蘭一花 文挟夫佐恵 黄 瀬
紫の淡しと言はず蘭の花 後藤夜半
時雨るゝや蘭のぬるゝをまのあたり 尾崎迷堂 孤輪
室咲きの栄光といふ蘭の花 渕野 なぎさ
捨畳蘭の芽吹き出て敗戦日 中村草田男
酒濁れり蘭の詩を書く琴の裏 蘭 正岡子規
受賞者の胸のカトレア揺れやまず 中嶋秀子
受胎の妹 エアーメールに蘭封じ 伊丹啓子
秋田蘭画発祥の地の熊谷草 高澤良一 宿好
秋涼し蘭のもつれの解くるほど 野坡
十両を虻もすさめす蘭の花 蘭 正岡子規
小机の閑日月や蘭の秋 草城
小工面や馬蘭につゝむ余り糊 尾崎紅葉
松過ぎの蘭植ゑに来し人のあり 長谷川かな女 雨 月
蕉門に嵐蘭ありき一人静 金子兜太
食櫃に匂ひも移せ蘭の花 伽孝 俳諧撰集「藤の実」
人賤しく蘭の價を論じけり 蘭 正岡子規
水汲女通ひし径か蘭咲ける 藤原たかを
水遣って客間に運ぶ温室の蘭 稲畑汀子
星空も生者の側に蘭溢れ 花谷和子
清貧の家に客あり蘭の花 蘭 正岡子規
折鶴蘭鏡にうつり虎落笛 阿部みどり女 月下美人
雪の巴蘭真ッ赤な子供の手が咲くぞ 磯貝碧蹄館 握手
川の夢蘭を投じてをはりけり 飯島晴子
選り抜きの蘭の出荷口笹子鳴く 野本 嘉子
鼠老いて蘭の根を噛む夜もあらむ 会津八一
痩たるをかなしむ蘭の莟けり 炭 太祇 太祇句選
草萌えて蘭船火砲地に親し 下村ひろし 西陲集
霜柱の針の山中蘭の温室 殿村莵絲子 花寂び 以後
大いなる蘭の鉢あり応接間 虚子
滝ぐちの蘭のしげりや雲這へる 飯田蛇笏 山廬集
蜘の子やあるじ驚いて蘭を吹く 野村喜舟 小石川
竹の秋一焼す蘭のやまひかな 飯田蛇笏 山廬集
茶筅おく蘭の影さす白障子 浜田みずき 『石蕗の花
潮州の碑の石摺や蘭の花 蘭 正岡子規
蝶死せり続いて散れり蘭の花 雨人
吊されし折鶴蘭の風にゆれ 石井 小藤
典雅にふるえて 蘭の濃淡 華僑の店 伊丹公子 アーギライト
唐人の巻物見るや蘭の鉢 寺田寅彦
東洋のオリムピツクの蘭よ菊よ 筑紫磐井 婆伽梵
透ける洋蘭の呼吸音です植物園はいま 浅沼参三
闘牛の花蘭ねぶる暮秋かな 飯田蛇笏 霊芝
南十字星またたき蘭の花睡る 成瀬桜桃子
熱管とほるサボテンのうしろ蘭の背後 津田清子
年移るモンローといふ蘭の花 沢木欣一 往還以後
波の上波のながれて桔梗蘭 吉田紫乃
梅ちりて蘭青みたる山路かな 飯田蛇笏
白き蘭やがて匂へり見つつあれば 加藤楸邨
鉢の蘭黄塵ひと日窓を占む 秋櫻子
筆談の客と主や蘭の花 蘭 正岡子規
百合も蘭もふとにぎやかな通夜用意 平井さち子 紅き栞
百両の蘭百両の萬年青哉 万年青の実 正岡子規
百両を虻もすさめず蘭の花 蘭 正岡子規
病室に差し込む夕日蘭の花 田中信夫
夫留守の窓掛厚く蘭匂ふ 岩瀬典子
父在りし日の遠くなる蘭根分 伊藤京子
風死んでけふ喪の花のこてふ蘭 平井さち子 紅き栞
風涼し折鶴蘭の刎ねちがひ 西本一都 景色
鮒を蘭にさして通れり炎天に 細見綾子 花 季
母が絞るみどりの胃液蘭ひらく 久保純夫 瑠璃薔薇館
抱きおこされて妻のぬくもり蘭の花 折笠美秋 虎嘯記
抱き起こされて妻のぬくもり蘭の紅 折笠美秋
墨とカトレア漂うドレス 高階にて 伊丹公子 山珊瑚
霧に透く水晶蘭を山より得 栗生純夫 科野路
棉の花たまたま蘭に似たるかな 素堂
綿の花たまたま蘭に似たるかな 山口素堂
門に入ればそてつに蘭のにほひ哉 芭蕉 (守栄院)
門に入れば蘇鉄に蘭のにほひ哉 松尾芭蕉
門までの藪蘭につぶやいてゐる 折井紀衣
夜が去りて花ひえびえと蘭の露 野沢節子
夜の蘭香にかくれてや花白し 蕪村
幼な子が鼻よせて嗅ぐ蘭の花 細見綾子 花寂び
洋蘭と起き伏し七曜過ぎにけり 阿部みどり女
洋蘭に*ありまき師の頬すこし肥ゆ 八木林之助
洋蘭の真向きを嫌うかぜごこち 渋谷道
洋蘭や復活の如霜の著書 殿村莵絲子 雨 月
落第や世は蘭の咲く秋となり 松瀬青々
乱るゝは風の当字や蘭の花 横井也有 蘿葉集
乱れ咲く蘭へ日本語中国語 松田ひろむ
蘭あをく雨蕭々とくすり掘る 飯田蛇笏
蘭たがぬぎかけし野雪隠 工云 選集「板東太郎」
蘭というきれいな玩具たまわりぬ 柴田美代子
蘭に花芽ふいつと姉が大事なり 坂本敏子
蘭に水少し足しゐる手術前 佐藤ちさと
蘭のかや異国のやうに三ヶの月 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
蘭の花の風に祀りて吉備津彦 宮津昭彦
蘭の花はみだら晩学稚気多く 小野蒙古風
蘭の花我に鄙吝の心あり 蘭 正岡子規
蘭の花師の恵来を謝して酌む 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
蘭の花支那の言葉を話しけり 蘭 正岡子規
蘭の花文宣公の祭かな 蘭 正岡子規
蘭の花文宣公を祭りかな 蘭 正岡子規
蘭の花暮色の冷えにゐて匂ふ 磯野虎雄
蘭の花幽かに揺れて人に見す 三鬼
蘭の香にかなひて眠る薄瞼 飯田龍太
蘭の香ににび色の衣脱捨てし 蘭 正岡子規
蘭の香ににび色の下着脱きすてし 蘭 正岡子規
蘭の香にはなひ待つらん星の妻 其角 七 月 月別句集「韻塞」
蘭の香に一絃琴の音じめ哉 蘭 正岡子規
蘭の香に琴ひく人の聲ねびたり 蘭 正岡子規
蘭の香に舞樂の面の古ひ哉 蘭 正岡子規
蘭の香に遊ぶ日はなし菊の花 千代尼
蘭の香に老も若きも寐覚哉 白雄
蘭の香に來る人を待つ夕哉 蘭 正岡子規
蘭の香の温室にまはりて年賀かな 大熊輝一 土の香
蘭の香の言葉のはしにただよへり 米澤吾亦紅
蘭の香の父晩年の部屋に憑く 野沢節子
蘭の香はほしいままなるものならず 綾子
蘭の香は薄雪の月の匂ひかな 松岡青蘿
蘭の香も閑を破るに似たりけり 松岡青蘿
蘭の香やかけかへて見る床の軸 永井荷風
蘭の香やたふとい方とご不浄に 筑紫磐井 花鳥諷詠
蘭の香やむかし洋間と呼びし部屋 片山由美子
蘭の香や異国のやうな三日の月 一茶
蘭の香や異国のやうに三かの月 一茶
蘭の香や佳人髣髴として來る 蘭 正岡子規
蘭の香や角ふりもどす蝸牛 桃隣
蘭の香や角振り戻す蝸牛 桃隣
蘭の香や角振戻す蝸牛 桃隣「陸奥鵆」
蘭の香や菊よりくらき邊りより 蕪村遺稿 秋
蘭の香や菊より暗きほとりより 蕪村
蘭の香や君がとめ奇楠に若も又 炭 太祇 太祇句選
蘭の香や雑穀積たる船の底 高井几董
蘭の香や糸なき琴のしらべより 松岡青蘿
蘭の香や詩を読みて又た夜を寐ず 荻原井泉水
蘭の香や女詩うたふ詩は東坡 正岡子規
蘭の香や暖爐焚かざるきのふ今日 及川貞 夕焼
蘭の香や蝶の翅にたき物す 芭蕉
蘭の香や蝶の翅に薫物(たきもの)す 松尾芭蕉
蘭の香や派手を承知のアロハ買ふ 城 太郎
蘭の香や眉じり細くひきをはる 七菜子
蘭の香や浮世に遠き謦も鳴る 月渓
蘭の香や蘭の詩を書く琴の裏 蘭 正岡子規
蘭の香や旅の裝束脱ぎたまふ 蘭 正岡子規
蘭の根に茶かすきたなくひからびぬ 寺田寅彦
蘭の根を包みかねたる詩箋哉 会津八一
蘭の主花咲く事を厭ひけり 蘭 正岡子規
蘭の嵩やなかほどつぶさに花ざかり 平井さち子 完流
蘭の束と疲れて共にやわらかに 池田澄子
蘭の如き君子桂の如き儒者 蘭 正岡子規
蘭の鉢に南天の実のこぼれたる 寺田寅彦
蘭の名を問ひ菊の名を問はざりし 後藤夜半 底紅
蘭の夜の男にありしピアス穴 栗林千津
蘭の葉に小さき斑焦げて蠅ゐたり 楠目橙黄子 橙圃
蘭の葉のとがりし先や初嵐 永井荷風
蘭の葉のとがりし先を初嵐 荷風
蘭ふんでうへの清水へゆきにけり 永田耕衣 真風
蘭めでて人日の客みなをみな 小松崎爽青
蘭よりも大きリボンの付けられぬ 野中 亮介
蘭を愛す賓主の座いまだ定まらず 高井几董
蘭を愛す賓主の座未だ定まらず 几董
蘭を画て疊に透る墨の跡 蘭 正岡子規
蘭を画て疊に墨のこぼれ哉 蘭 正岡子規
蘭を買ひ年金生活始まれり 土井朝子
蘭菊の高きに上る詩聖かな 小澤碧童
蘭薫り身ぬちのどこか崩れたり 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
蘭五千鉢の匂ひて夢心地 後藤弘子
蘭咲きぬ鼻にも秋を驚かせ 也有
蘭咲きぬ碧雲睡る岩の*あな 幸田露伴 江東集
蘭咲くや大國香は墨の銘 蘭 正岡子規
蘭咲くや夢窓国師の名は疎石 尾崎迷堂 孤輪
蘭散て萬年青を愛す主哉 蘭 正岡子規
蘭秋や一生を読む書ミの嵩 尾崎迷堂 孤輪
蘭万年青なほ降り足らぬ霰かな 小杉余子 余子句選
蘭万年青猶降りたらぬ霰かな 小杉余子
蘭夕狐のくれし奇楠を(たか)む 蕪村 秋之部 ■ 澗水湛如監
蘭夕口角泡を飛ばしけり 会津八一
蘭剪つて蘭の香に佇つ異邦人 奥田恵美 『再度山』
蘭馥郁たれば我が孫郁と名附く 楠本憲吉
琉球の古名をちこち蘭の国 呉屋菜々
留守を訪ふて蘭に幽情を得たりけり 尾崎迷堂 孤輪
梁も山小屋造り蘭吊りて 遠藤はつ
林*けいの蘭にゝ風花かかりけり 石原舟月 山鵲
浪化忌の蘭白し下葉全けれ 筏井竹の門
老梅や逆さに生えしうろの蘭 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
椽側にさし入月や蘭の花 涼莵
獵の犬蘭の葎に探りけり 蘭 正岡子規
籔蘭と云ふも美し穂に出でし 斎藤 みつこ
藪蘭のうすむらさきに長命寺 山尾玉藻
藪蘭の花こぞりたる上梓かな 阪本謙二

蘭 補遺

かの山を烏の塒と蘭咲いて 岡井省二 山色
けふも儲うすき蘭を刈り蘭を乾す 山口誓子
けふ誰もおなじ蘭の花 後藤比奈夫
この谷にいつも霧あり蘭の秋 日野草城
とまりし蛾蘭の花より来向へり 山口誓子
どの瓶もみなカトレアの苗といふ 飴山實 句集外
ひとりゐて静に蘭の花影かな 村上鬼城
カトレアと十日あそびて風邪了る 水原秋櫻子 蘆雁
カトレアの幾夜目覚めて衰へず 水原秋櫻子 蘆雁以後
カトレアの白妙見れば世は濁る 山口青邨
カトレアの盛装我を彳たしむる 楠本憲吉 方壺集
カトレアや怠けてをれば瞑りて 燕雀 星野麥丘人
カトレアや齢の飾りに恋ふたつ 上田五千石『琥珀』補遺
シャンデリアともして蘭の影散らす 稲畑汀子
一つ扨て生れてさみし蘭の蝿 阿波野青畝
人賤しく蘭の價を論じけり 正岡子規 蘭
元日の昼となりたる蘭の部屋 岡井省二 山色
元日の蘭観念の花ざかり 飯田龍太
元日を訪うて活けある蘭の白 岡井省二 鹿野
先生の昼寝の蘭花磁枕かな 阿波野青畝
冬経たる蘭の一花の仔細かな 野澤節子 存身
凋落す双樹の下に蘭のあり 河東碧梧桐
十両を虻もすさめす蘭の花 正岡子規 蘭
去年今年蘭ときじくの香をはなち 飯田龍太
句また焼くわが性淋し蘭の秋 飯田蛇笏 霊芝
四君子といはるる蘭にまだ会はず 後藤比奈夫
夏の蘭まなざし育ちつつありぬ 飯島晴子
夜の蘭書くわれの二時三時知る 鷹羽狩行
寒流に朝焼けの蘭川鴉 飯田蛇笏 椿花集
小机の閑日月や蘭の秋 日野草城
岩蘭とかつて呼ばれぬ岩の上 飴山實 句集外
川の夢蘭を投じてをはりけり 飯島晴子
年暮るる闇の中なる蘭の香も 飯田龍太
幼な子が鼻よせて嗅ぐ蘭の花 細見綾子
形見ともなく手入れせし温室の蘭 稲畑汀子
後山の蘭にあそびて梅佳節 飯田蛇笏 白嶽
旅だちの一花や朝の駿河蘭 野澤節子 存身
格子戸の中に灯がつき蘭の花 細見綾子
桟道の蘭に斜陽や雪のこる 飯田蛇笏 家郷の霧
検温の暁さむく蘭にほふ 水原秋櫻子 餘生
横になることのここちや蘭の秋 岡井省二 五劫集
汀なら楽々歩く蘭の秋 岡井省二 大日
洋蘭は目よりも高く寒明けぬ 百合山羽公 樂土以後
海近しサロメは赤き温室の蘭 野見山朱鳥 幻日
清貧の家に客あり蘭の花 正岡子規 蘭
温室の蘭雪景の不二を聳えしむ 加藤秋邨
温室は蘭ばかりやがて雪消えん 橋閒石 和栲
温度高まり最高温の蘭科室 右城暮石 句集外 昭和三十五年
滝ぐちの蘭のしげりや雲這へる 飯田蛇笏 山廬集
滞留やこの蘭枕を借るあひだ 阿波野青畝
潮州の碑の石摺や蘭の花 正岡子規 蘭
瀧きほひ蘭の実枯れて時雨雲 飯田蛇笏 山響集
灯して蘭に霧吹く二月尽 飯田龍太
炎ゆカトレア酒も煙草も断ちし我に 楠本憲吉 方壺集
熨斗目蘭祝のこころは紫に 後藤比奈夫
熱管とほるサボテンの背後蘭のうしろ 津田清子 礼拝
父の日の触れてつめたき蘭の花 飯田龍太
獵の犬蘭の葎に探りけり 正岡子規 蘭
百両の蘭百両の萬年青哉 正岡子規 万年青の実
百両を虻もすさめず蘭の花 正岡子規 蘭
目の前に風邪のいろして蘭の花 飯田龍太
短夜の蘭混沌と病個室 佐藤鬼房
秋父人来て残雪に蘭を植う 水原秋櫻子 霜林
穂高見て深山の蘭を敷きいこふ 水原秋櫻子 秋苑
竹の秋一焼す蘭のやまひかな 飯田蛇笏 山廬集
筆談の客と主や蘭の花 正岡子規 蘭
紫の淡しと言はず蘭の花 後藤夜半 底紅
胸もとに湖のあり蘭の秋 岡井省二 山色
花温室の如し机辺に薔薇カトレア 水原秋櫻子 緑雲
花見えて四五枚蘭の長葉かな 村上鬼城
葱の香は直進し蘭の香はつつむ 加藤秋邨
藪に水しみ出て蘭の咲きゐたり 細見綾子
藪蘭にたしかに届き湖の月 岡井省二 山色
藪蘭や本草図譜を身辺に 飴山實 句集外
蘭あをく雨蕭々とくすり掘る 飯田蛇笏 白嶽
蘭さいて貌くれなゐに雉子孵す 飯田蛇笏 山響
蘭の主花咲く事を厭ひけり 正岡子規 蘭
蘭の名はマリリンモンロー唇々々 山口青邨
蘭の名を問ひ菊の名を問はざりし 後藤夜半 底紅
蘭の如き君子桂の如き儒者 正岡子規 蘭
蘭の店にて時待ちぬ勝鬘会 岡井省二 山色
蘭の影二つより添ふ寝待月 水原秋櫻子 餘生
蘭の根が顔にかゝりて水際なり 岡井省二 鯨と犀
蘭の根と頭吹かれし湖の國 岡井省二 猩々
蘭の根に蘭の如くにつららたれ 川端茅舎
蘭の浮根瀬戸内海の航路らし 山口誓子
蘭の砂採る末枯の朝明川 右城暮石 句集外 昭和五十五年
蘭の花の水にも空のくもりあり 能村登四郎
蘭の花幽かに揺れて人に見す 西東三鬼
蘭の花我に鄙吝の心あり 正岡子規 蘭
蘭の花支那の言葉を話しけり 正岡子規 蘭
蘭の花文宣公の祭かな 正岡子規 蘭
蘭の花文宣公を祭りかな 正岡子規 蘭
蘭の葉や分ちがたなく湖と日と 岡井省二 山色
蘭の香がつなぐ手術の前と後 加藤秋邨
蘭の香にかなひて眠る薄瞼 飯田龍太
蘭の香ににび色の下着脱きすてし 正岡子規 蘭
蘭の香ににび色の衣脱捨てし 正岡子規 蘭
蘭の香に一絃琴の音じめ哉 正岡子規 蘭
蘭の香に來る人を待つ夕哉 正岡子規 蘭
蘭の香に琴ひく人の聲ねびたり 正岡子規 蘭
蘭の香に舞樂の面の古ひ哉 正岡子規 蘭
蘭の香に青き夜空の出てゐるか 加藤秋邨
蘭の香はほしいままなるものならず 細見綾子
蘭の香やすぼめし傘の雫垂る 細見綾子
蘭の香や佳人髣髴として來る 正岡子規 蘭
蘭の香や女詩うたふ詩は東坡 正岡子規 蘭
蘭の香や旅の裝束脱ぎたまふ 正岡子規 蘭
蘭の香や暖爐焚かざるきのふ今日 及川貞 夕焼
蘭の香や眉じり細くひきをはる 鷲谷七菜子 黄炎
蘭の香や窓には冬のいわし雲 水原秋櫻子 蘆雁以後
蘭の香や蘭の詩を書く琴の裏 正岡子規 蘭
蘭は秋風ばかり檜笠 加藤秋邨
蘭ふんでうへの清水へゆきにけり 永田耕衣
蘭を伝ひ生るる蜻蛉に水鏡 松本たかし
蘭を愛で薄暑の葉巻くゆらする 飯田蛇笏 山響集
蘭を画て疊に墨のこぼれ哉 正岡子規 蘭
蘭を画て疊に透る墨の跡 正岡子規 蘭
蘭・冬の日かげり支へ誰も居らぬ 佐藤鬼房
蘭咲かせ遺愛の鉢もその中に 稲畑汀子
蘭咲くや大國香は墨の銘 正岡子規 蘭
蘭咲くや雨は枯木のなかに澄み 飯田龍太
蘭咲くを家中のもの知りて暮らす 細見綾子
蘭散て萬年青を愛す主哉 正岡子規 蘭
蘭散るや根方の砂利にうつ伏せに 細見綾子
蘭棚の影の 縞成す庭の 供花 伊丹三樹彦
蘭馥郁たれば我が孫郁と名附く 楠本憲吉 方壺集
道端に蘭を踏んだる涅槃変 岡井省二 猩々
酒濁れり蘭の詩を書く琴の裏 正岡子規 蘭
鈴鳴るとわが文字いさむ蘭の花 加藤秋邨
闘牛の花蘭ねぶる暮秋かな 飯田蛇笏 霊芝
雁のわが家わたりぬ熨斗目蘭 岡井省二 山色
雁を射て湖舟に焼くや蘭の秋 飯田蛇笏 霊芝
雨しぶく書齋の椽や蘭の鉢 正岡子規 蘭
雨ばかりなれば蘭の香人につく 細見綾子
雨落に藪蘭の花渓鬼荘 右城暮石 句集外 昭和五十八年
雨蕭々蘭の花老いて黒し 正岡子規
雪の窓灯れりカトレア・モッシェイに 星野麥丘人
雲あそぶ後山の蘭に秋の頸 飯田蛇笏 霊芝
静かな富士に温室の蘭花ひらく 飯田龍太
静けさや蘭の葉末の露一つ 日野草城
黄の洋蘭おごりて咲けり年の暮 細見綾子
鼻蘭の鉢高脚の台におく 山口青邨

以上

by 575fudemakase | 2017-06-08 03:51 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26910262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング