秋の蚊帳 の俳句

秋の蚊帳

あすありや六ヵ所村の秋蚊帳は 安藤五百枝
いちじくのいつまで青き別れ蚊帳 細川加賀
うらぶれて釣るや雨夜の九月蚊帳 日野草城
さしてゐる日の眩しさや秋の蚊帳 久保田万太郎 流寓抄
さす月もあな冷じの九月蚊帳 高井几董
たちまちに秋蚊帳となる風吹けり 萩原麦草 麦嵐
とことはの御別れ蚊帳となりにけり 竹下しづの女
とり出でて花散る黐に蚊帳を干す 西島麦南
ねんごろに妻とたゝみぬ別れ蚊帳 池田紫酔
ひそ~と寝ねぬ子どちや秋の蚊帳 金尾梅の門 古志の歌
ふるさとの暗き灯に吊る秋の蚊帳 桂 信子
みづうみに雨ふる蚊帳の別れかな 神尾季羊
音もなく妻は入り来む秋の蚊帳 村沢夏風
蚊帳の果変らぬ日本が吾を包む 原子公平
蚊帳の別れ釣手は残る廿日程 佐藤紅緑
蚊帳の別れ溲瓶に遠き心かな 蚊帳 正岡子規
干草のごとく押し込み秋の蚊帳 菊池緑蔭
看取りより解かれし蚊帳の別れかな 手塚金魚
疑へばわが世の地獄秋蚊帳に 石塚友二 方寸虚実
暁の寝すがた寒し九月蚊帳 暁台 五車反古
暁の寝姿さむし九月蚊帳 暁台
九月蚊帳吊られて一夜波郷が辺に 石塚友二
九月蚊帳天気はよしとおもひ寝る 大場白水郎 散木集
湖に雨降る蚊帳の別れかな 五十嵐播水 播水句集
後朝や顧みすれば秋の蚊帳 尾崎迷堂 孤輪
降りいでし音に覚めをり秋の蚊帳 及川貞
香煙のしみつく*蚊帳の別れかな 松村蒼石 露
合宿を解きて別れの蚊帳を干す 米谷孝
骨壺の白きを秋の蚊帳に見つ 瀧春一 菜園
山の戸やふる妻かくす秋の蚊帳 飯田蛇笏 山廬集
山霧にあせたる欄に蚊帳を干す 水原秋桜子
次の間の燈のさしてゐる秋の蚊帳 大野林火
疾風沐雨ひとりの灯消す秋の蚊帳 石塚友二
芝居みて来て眠るなり秋の蚊帳 久保田万太郎 流寓抄
朱の緒のなほ艶めくや別れ蚊帳 前田普羅
秋の蚊帳かみなりうすくきこゆなり 久保田万太郎 草の丈
秋の蚊帳たゝみてみどり古りにけり 行方克己 無言劇
秋の蚊帳たたみてみどり古りにけり 行方克巳
秋の蚊帳たゝめば落ちし蛾のむくろ 高橋淡路女 梶の葉
秋の蚊帳ふたことみこと言つて寝る 田原陽子
秋の蚊帳まさをく病軽からず 依田由基人
秋の蚊帳まだあかるきにつられけり 久保田万太郎 草の丈
秋の蚊帳もぬけし妻が濯ぎをり 萩原麦草 麦嵐
秋の蚊帳よく寝る母と寝たりけり 白水郎句集 大場白水郎
秋の蚊帳よく眠る母と寝たりけり 大場白水郎
秋の蚊帳四十路の末の髪乱れ 梅里全子 『祝矢』
秋の蚊帳吊りたる旅の一夜かな 鈴木 灰山子
秋の蚊帳吊れば僧上嬉ばれ 上野 静作
秋の蚊帳半分吊つてわづらへる 林克己
秋の蚊帳夫に抱かれゐて寂し 木田千女
秋の蚊帳蓬の風を炎えたゝす 萩原麦草 麦嵐
秋の蚊帳夜明けず遠く鉄を打つ 中島斌雄
秋の蚊帳夜明待たるゝ気の弱り 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
秋の蚊帳涙涸れたる妻臥さす 皆川白陀
秋蚊帳にねざめもやらず大逝す 飯田蛇笏 春蘭
秋蚊帳に仔猫も家の人の員 石塚友二
秋蚊帳に子菩薩となり寝落ちけり 赤松[ケイ]子
秋蚊帳に寝返りて血を傾かす 能村登四郎
秋蚊帳に踊聞えて寐入りけり 大谷句佛 我は我
秋蚊帳の一と夜一と夜と釣り来しか 石塚友二 光塵
秋蚊帳の干さるるみどり天に富士 村越化石
秋蚊帳の白きところは白き継 村尾梅風
秋蚊帳の枕に通ひ噎ぶ潮 石塚友二
秋蚊帳や墨東綺譚後記長し 内藤吐天
秋蚊帳を誰も出て来ぬあしたかな 中原道夫
秋蚊帳を堤防に干し拡げあり 岩崎健一
宿直憂し蚊帳の別れはいつのこと 森田峠
寝しわれにさやり吊らるゝ秋の蚊帳 篠田悌二郎 風雪前
寝すがたの行儀あはれや秋の蚊帳 久保田万太郎
寝るまへのートときいとし秋の蚊帳 久保田万太郎 流寓抄
水中花咲きたるまゝや蚊帳別れ 長沢 六郎
赤ん坊の片目大きく秋の蚊帳 川崎展宏
喪の家の二階に見える秋の蚊帳 南雲 夏
誰彼を泊め申しけり別れ蚊帳 岡田静女
長病の僧に吊り垂れ秋の蚊帳 久我清紅子
吊らでもの秋蚊帳なるを一夜なほ 石塚友二 方寸虚実
天井の高しと思ふ別れ蚊帳 河本遊子
灯して影をつくりぬ別れ蚊帳 原コウ子
道も狭に藻を干ししかも蚊帳を干す 佐野まもる 海郷
日あたりて覚めし女や秋の蚊帳 日野草城
日三竿あるじが寐たる秋の蚊帳 秋の蚊帳 正岡子規
泊め申す一夜の蚊帳を干しにけり 山口節子
筆モ墨モ溲瓶モ内ニ秋ノ蚊帳 秋の蚊帳 正岡子規
病みをれば蚊帳の別れも知らぬ間に 原菊翁
病人の息たえたえに秋の蚊帳 秋の蚊帳 正岡子規
父母のゐぬ秋蚊帳それも聳物(そびきもの) 中原道夫
風呂敷に包みて蚊帳の別れかな 上野 泰
腹なりを問はるゝ蚊帳の別れかな 金尾梅の門 古志の歌
別れ蚊帳干すも河畔のくらしかな 諸富芳子
別れ蚊帳上体月の中に覚む 馬場移公子
別れ蚊帳真白き繭ぞつきゐたる 加藤楸邨
別れ蚊帳吊りて繕ひよく畳み 高浜虚子
別れ蚊帳老うつくしきあしたかな 石橋秀野
母ときてふるさとに吊る秋の蚊帳 桂 信子
母へ垂る真水のごとし秋の蚊帳 坂巻純子
方寸に瞋恚やまざり秋の蚊帳 石塚友二
方寸に瞋恚息まざり秋の蚊帳 石塚友二
枕辺の障子しめけり秋の蚊帳 高橋淡路女 梶の葉
夢に鎌ひし人つれなくて秋の蚊帳 高橋淡路女 淡路女百句
明日よりお泊り保育蚊帳を干す 新井早苗(悠)
明日待ちて秋の蚊帳越しかたればや 久保田万太郎 流寓抄
毛のぬけしお岩の顔や秋の蚊帳 岡本綺堂 独吟
夜々の夢秋蚊帳畳むころほひぞ 石塚友二 光塵
頼りなく垂れし重さに別れ蚊帳 御堂御名子
裏店や貧乏見ゆる秋のとばり 秋の蚊帳とばり<巾+廚> 正岡子規
炉辺よりこたふる妻や秋の蚊帳 飯田蛇笏 山廬集
老いぬれば蚊帳の別れも惜しまれて 富安風生
俯せり寝の此頃の癖を蚊帳の果 内田百間
恙ある家人と寝たり蚊帳の果 小澤碧童
鐶鳴らし鳴らしたためり別れ蚊帳 細見綾子

秋の蚊帳 補遺

うらぶれて吊るや雨夜の九月蚊帳 日野草城
きぬ~や青さ眼にしむ九月蚊帳 日野草城
こち向いて巨籟寝ねたり秋の蚊帳 前田普羅 普羅句集
つゞくりの遂に破れて秋の蚊帳 内藤鳴雪
なほ眠るひとりふたりや秋の蚊帳 日野草城
ふるさとの暗き灯に吊る秋の蚊帳 桂信子 月光抄
めをとにはあらぬふたりの九月蚊帳 日野草城
やはらかくとらはれの身や秋の蚊帳 鷹羽狩行
家ゆする風の夜明けて九月蚊帳 村山故郷
蚊帳の果妻亡き君に思ひ走す 河東碧梧桐
蚊帳の別れ溲瓶に遠き心かな 正岡子規 蚊帳
蚊帳を干す磯岩に鳶下りにけり 水原秋櫻子 緑雲
疑へばわが世の地獄秋蚊帳に 石塚友二 方寸虚実
九月蚊帳吊られて一夜波郷が辺に 石塚友二 光塵
君等我等机定めつ蚊帳の果 河東碧梧桐
古蚊帳の別れとなりて恙かな 日野草城
山の温泉や居残つて病む秋の蚊帳 杉田久女
山の戸やふる妻かくす秋の蚊帳 飯田蛇笏 山廬集
次の間の燈のさしてゐる秋の蚊帳 大野林火 冬雁 昭和二十一年
疾風沐雨ひとりの灯消す秋の蚊帳 石塚友二 方寸虚実
朱の緒のなほ艶めくや別れ蚊帳 前田普羅 普羅句集
秋の蚊帳あたたかき旭の流れ来る 角川源義
秋蚊帳にねざめもやらず大逝す 飯田蛇笏 春蘭
秋蚊帳に仔猫も家の人の員 石塚友二 光塵
秋蚊帳に寝返りて血を傾かす 能村登四郎
秋蚊帳のひとの寝すがたみだれなし 日野草城
秋蚊帳の一と夜一と夜と釣り来しか 石塚友二 光塵
秋蚊帳の枕に通ひ噎ぶ潮 石塚友二 光塵
秋蚊帳やほと~夜半のこぼれ雨 石橋秀野
秋蚊帳や山は晴夜の日をともす 村山故郷
銃眼の蚊帳吊りぐさも秋の風 加藤秋邨
熟睡して白き面輪や秋の蚊帳 日野草城
女房のまうす寝ごとや九月蚊帳 日野草城
塵紙に蛾を包み置く別れ蚊帳 金子兜太
睡り覚めて怒りさめたる秋の蚊帳 藤田湘子
酔さめし女がくゞる九月蚊帳 日野草城
船宿にしばしまろねや秋の蚊帳 河東碧梧桐
吊らでもの秋蚊帳なるを一夜なほ 石塚友二 方寸虚実
日あたりて覚めし女や秋の蚊帳 日野草城
日三竿あるじが寐たる秋の蚊帳 正岡子規 秋の蚊帳
半日をもの言はず秋の蚊帳を吊る 橋閒石 雪
飛び石に広げて干しし別れ蚊帳 細見綾子
筆モ墨モ溲瓶モ内ニ秋ノ蚊帳 正岡子規 秋の蚊帳
病人の息たえたえに秋の蚊帳 正岡子規 秋の蚊帳
風紋の記憶明るし秋の蚊帳 橋閒石
風呂敷に包みて蚊帳の別れかな 上野泰 佐介
別れ蚊帳干す頃しじみ蝶多し 細見綾子
別れ蚊帳灼けたる石にひろげ干す 細見綾子
別れ蚊帳真白き繭ぞつきゐたる 加藤秋邨
別れ蚊帳霧じめりして干されけり 飯田蛇笏 白嶽
別れ蚊帳老うつくしきあしたかな 石橋秀野
母ときてふるさとに吊る秋の蚊帳 桂信子 月光抄
方寸に瞋恚まざり秋の蚊帳「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
方寸に瞋恚息まざり秋の蚊帳 石塚友二 方寸虚実
夜の秋の蚊帳つる湯女に言はぬ恋 日野草城
夜々の夢秋蚊帳畳むころほひぞ 石塚友二 光塵
薬やめしも蚊帳の別れの二三日 河東碧梧桐
痢人癒えてすゝれる粥や秋の蚊帳 杉田久女
裏店や貧乏見ゆる秋のとばり 正岡子規 秋の蚊帳とばり<巾+廚>
炉辺よりこたふる妻や秋の蚊帳 飯田蛇笏
老いぬれば蚊帳の別れも惜まれて 富安風生
鐶鳴らし鳴らしたためり別れ蚊帳 細見綾子

by 575fudemakase | 2017-06-08 03:56 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26910266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング