草蜉蝣 の俳句

草蜉蝣 の俳句

草蜉蝣

あきらかに草蜉蝣の翅の音 菅原多つを
きたりては水流怖る草蜉蝣 佐野美智
くさかげろふ酒泉にひたる暇なし(*酒=過ひのもとの意) 中原道夫
くさかげろふ心病めりとおもひけり 加藤三七子
たそがれの草蜉蝣になつてゐし 木村孝子
まぐはへることのうすうす草蜉蝣 桝井順子
やはらかくつつみて殺む草かげろふ 内田美紗 誕生日
影よりも影のごとくに草かげろふ 室伏文恵
忌の夜を草かげろふとひとつ灯に 山田弘子
祈る手に吹かれて来たり草蜉蝣 山田みづえ
月に飛び月の色なり草かげろふ 中村草田男
月の面をかすめて飛べるくさかげろふ 早川草一路
鍵穴と同じにおいの草蜉蝣 渋川京子
香水を秘むるバッグに草かげろふ 野沢節子
罪の如ストマイつんぼ草蜉蝣 石田波郷
寺に寝て草かげろふとゐたりけり 小坂 順子
終戦日風の行方のくさかげろふ 有馬籌子
僧行きて草かげろふをたたしめぬ 星野麥丘人
草かげろふいつよりぞわが夢あはき 根岸善雄
草かげろふさびしさは遠き風の音 柴田白葉女 『冬泉』
草かげろふ月光に舞ひ出でにけり 森田 峠
草かげろふ口髭たかきデスマスク 田中裕明「夜の客人」
草かげろふ指より翔たす妻護らん 川口重美
草かげろふ吹かれ曲りし翅のまま 中村草田男
草かげろふ髄に夕日のひびきけり 草刈勢以子
草かげろふ草に近づく影をもつ 河野多希女
草かげろふ灯にきて心瑕瑾なし 橋本鶏二
草かげろふ灯に透きし羽のたよりなし 道官朱雀
草かげろふ動かぬ竹の窓にこそ 石川桂郎 四温
草かげろふ夜をみづみづしくしたり 小島健
草かげろふ来しが写経を妨げず 白岩三郎
草蜉蝣かなしきものに子守唄 仙田洋子
草蜉蝣は多羅葉に書きし詩か 市村究一郎
草蜉蝣よく晴るる日を吉日に 増成栗人
草蜉蝣湖の夕焼けあつすぎる 伊藤 和
草蜉蝣死に抗いて灯にすがる 水谷田鶴
草蜉蝣真昼の山湖呟ける 望月紫晃
草蜉蝣人に見られてとまりけり 加倉井秋を 午後の窓
草蜉蝣透ける緑は影生れず 吉年虹二
草蜉蝣白きタイルに死と闘ふ 篠田悌二郎
草蜉蝣発たせて鳴らす花鋏 山口葭子
草蜉蝣枕辺の灯に逆らひし 大場美夜子
昼すぎの枕はたけば草蜉蝣 永末恵子 発色
昼過ぎの枕はたけば草蜉蝣 永末恵子
庭下駄に草蜉蝣をおどろかす 塚田文
灯に来れば草蜉蝣の月の色 関口英子
罰の如ストマイつんぼ草蜉蝣 石田波郷
仏頭にとまるとすれば草蜉蝣 水野恒彦
防火扉に挟まれてをり草蜉蝣 大石雄鬼
目覚めをり草蜉蝣とひとつ灯に 鷲谷七菜子
目録に読めぬ文字あり草蜉蝣 山本昌子

草蜉蝣 補遺

一夜羽音のくさかげろふと雨男 佐藤鬼房
僧行きて草かげろふをたたしめぬ 弟子 星野麥丘人
優曇華はくさかげろふの卵に過ぎず 日野草城
山小屋に覚めてくさかげろふをりぬ 雨滴集 星野麥丘人
新刊の書に草蜉蝣の影淡し 橋閒石 雪
昼の指一節にとまり草かげろふ 中村草田男
月に飛び月の色なり草かげろふ 中村草田男
柱廊に草蜉蝣の吹かれおり 橋閒石 卯
漂流の地図をたどれば草蜉蝣 佐藤鬼房
目覚めをり草蜉蝣とひとつ灯に 鷲谷七菜子 黄炎
罰の如ストマイつんぼ草蜉蝣 石田波郷
草かげろふ動かぬ竹の窓にこそ 石川桂郎 四温
草かげろふ吹かれ曲りし翅のまま 中村草田男
草蜉蝣影しつかりと生れけり 有馬朗人 立志
草蜉蝣開拓農の燈に緑 大野林火 雪華 昭和三十四年

以上

by 575fudemakase | 2017-06-08 04:02 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26910274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング