臥待月 の俳句

臥待月

シャネルココ去りゆく路地や寝待月 塩見 恵介
ひとり酌む寝待の月のしめりがち 清水基吉
まどろみて出づればまさに寝待月 阿部ひろし
もたれたる卓の赤きに寝待月 星野立子
雨に飽き臥待月を見せし雲 吉村ひさ志
雨声やみ寝待も過ぎし月照らす 水原秋櫻子
縁側の庇の暗し寝待月 高木 一水
温泉をおとす音のかすかに寝待月 西田美代乃
家々の甍ぬらして寝待月 吉田ひろし
臥待の月ともなれば忘れがち 江本 如山
臥待月隣りの異人館早寝 松崎鉄之介
吸殻あまた客去って寝待月 武末絹
居待月臥待月も妻亡き世 成瀬正俊
京のものからだによろし寝待月 田中裕明 先生から手紙
熊突の話果てたる寝待月 矢島渚男
月代も淋しき寝待月なりし 高浜年尾
月明し寝待はすでに更けやすし 下村梅子
高枝ほど白樺くらし寝待月 堀口星眠 営巣期
黒雲のまゆずみの下寝待月 平松措大
三つ編を解きたるままに寝待月 永島敬子
而して寝待の月の誘ひかな 京極杞陽
消えのこる舟屋の灯あり寝待月 松永みね子
照さるる照る照る坊主寝待月 阿波野青畝
常臥のわれに出でたる寝待の月 日野草城
食後また何煮る妻か寝待月 本多静江
寝る頃の美しくなり寝待月 高木晴子
寝待いま高しさぶしと袖あはす 篠田悌二郎 風雪前
寝待なる月がいづれば寝まりけり 阿波野青畝
寝待にて雨零しけり宵のくち 篠田悌二郎
寝待月ガラスに木影月の影 高木晴子 晴居
寝待月しとねのぶればまこと出づ 井沢正江
寝待月ひとり抱へる膝うすし 谷口桂子
寝待月ほのかに竹の奥を染め 林蓬生
寝待月わたくしは今ゼラチン質 たまきまき
寝待月雨来ていねし後知らず 水原秋桜子
寝待月雲より落ちて照らしけり 阿波野青畝
寝待月縁ちかければゐざり出る 阿波野青畝
寝待月火星は西へ翔けりけり 国樹かほる
寝待月子を眠らせて妻と出づ 福永耕二
寝待月舟もしづかに行き次第 智月 俳諧撰集玉藻集
寝待月出てしまひたる窓を閉づ 八木花舟女
寝待月上千本に上りたる 大峯あきら 宇宙塵
寝待月寝をしみ月となりゐたり 三田きえ子
寝待月寝間を二階にうつしけり 長谷川かな女 牡 丹
寝待月船も閑(しづ)かに行き次第 大津尼-智月 俳諧撰集「藤の実」
寝待月灯のいろに似ていでにけり 五十崎古郷
寝待月美しければ妻を待つ 立花ひかる
寝待月墓をであるくもの在らむ 河原枇杷男
寝待月母に小説読みきかす きくちつねこ
寝待月明るみ初めぬ寝よらむか 石塚友二 光塵
寝待月揚げ戻り来誕生日 石塚友二 方寸虚実
人出でて寝待の門に水を打つ 田中裕明 花間一壺
水嵩増す川の凄さよ寝待月 大谷句仏
星ひとつ連れて上りぬ寝待月 大峯あきら
雪国の深き庇や寝待月 森田 愛子
僧になほ晩学妻に寝待月 赤松[けい]子 白毫
長雨に臥待月も過ぎたりな 植村よし子
風あらぶ臥待月の山湯かな 飯田蛇笏
風吹いて寝待の月の窓にあり 高木晴子 晴居
母が焚く柴木明りや寝待月 小林康治
貌いちまい剥がして帰る寝待月 水谷郁夫
又ことし松と寝待ちの月出でぬ 一茶
夢と御座す臥待月は西の方 佐野左右也
鳴き枯れてがちや~止むや寝待月 石川桂郎
夜明かと寝ざめの母や寝待月 小松月尚
臨月でありし娘の咳く寝待月 堤信彦
寐る頃の美しくなり寝待月 高木晴子 晴子句集


臥待月 補遺

この月を居待寝待と指を折り 高野素十
さるほどに寝待の月のあがりけり 安住敦
ともかくも所思一句あり寝待月 阿波野青畝
なかぞらに寝待の月や誕生日 石塚友二 玉縄抄
ひんがしへ膝をにじれば寝待月 阿波野青畝
一つ家にふたたび訪ね寝待月 阿波野青畝
雨十日寝待の月となりはてぬ 山口青邨
姥捨の山も寝待の頃ならむ 山口青邨
臥待月旅の泊りに馴れず寝る 村山故郷
客とゐて寝待月夜や更けゐたり 村山故郷
泣きぬれしその枕べを寝待月 阿波野青畝
居待の月寝待の月、旅をもどれば籠りおる 荻原井泉水
月代も淋しき寝待月なりし 高浜年尾
肩冷えて寝待の月も出でざりき 石田波郷
行くさ来さ居待寝待を越路とす 阿波野青畝
照さるる照る照る坊主寝待月 阿波野青畝
常臥のわれに出でたる寝待の月 日野草城
寝そびれに忽と寝待のありにけり 上田五千石『琥珀』補遺
寝待なる月がいづれば寝まりけり 阿波野青畝
寝待月うすき衾に射しそめし 阿波野青畝
寝待月雨来ていねし後知らず 水原秋櫻子 霜林
寝待月雲より落ちて照らしけり 阿波野青畝
寝待月縁ちかければゐざり出る 阿波野青畝
寝待月顔くもらせてあがりけり 安住敦
寝待月掲げ戻り来誕生日 「方寸虚実」石塚友二
寝待月酸素惜しまむ心あり 石田波郷
寝待月遂に見ざりき憂ひ寝に 村山故郷
寝待月灯の残れるは我家のみ 水原秋櫻子 霜林
寝待月明るみ初めぬ寝よらむか 石塚友二 光塵
寝待月夜襲の如く漢中 松崎鉄之介
寝待月揚げ戻り来誕生日 石塚友二 方寸虚実
振り向けば鳥海山そびゆ寝待月 松崎鉄之介
石眠り寝待の月に照らさるる 日野草城
足指を踊らす体操 寝待月 伊丹三樹彦
中天に寝待の月や書屋も更け 山口青邨
湯河原や寝待の月をゆくりなく 阿波野青畝
道祖神居待寝待も佇ちたまふ 阿波野青畝
鼻呼吸におのれ安んじ 寝待月 伊丹三樹彦
風あらぶ臥待月の山湯かな 飯田蛇笏 山響集
母が焚く柴木明りや寝待月 小林康治 四季貧窮
夢もなきまどろみ覚めて寝待月 水原秋櫻子 殉教
鳴き枯れてがちや~止むや寝待月 石川桂郎 含羞
蘭の影二つより添ふ寝待月 水原秋櫻子 餘生

by 575fudemakase | 2017-06-08 04:11 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26910278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング